10/23/2017

馬頭星雲4態

深夜のうちに台風は通過した。夜半頃に風はおさまったが雨は朝まで断続的に降った。大きな被害が出なくてよかった。ともあれ、画像更新停滞したまま orz>過去画像から↓馬頭星雲を探してみた↓1600MCC&BKP300↓

↓QHY9s+C11↓

↓ASI178MM+PENTAX105EDHF↓

↓(X-E1+PENTAX105EDHF)↓

口径に勝るBKP300をもっと活用したいが、太い鏡筒が風に弱い(&取り回しが軽快でない)ため、晴れても稼働しないことがあった。積極的に使うという意識を持たねば。
【データ1】馬頭星雲/2016年11月8日1時0分〜(90秒×18枚スタック)/ASI1600MCC(-25℃,AVI→TIF)/BKP300,F5反射+コマコレ(fl=1500mm)直焦点/EQ8赤道儀+BORG50mm(ASI120MM,PHD2)ステラショット制御&FireCapture@自宅星見台HANA
【データ2】2016年10月4日2時46分〜(L3分×3枚+10/2のL1枚、計4枚スタック)/QHY9s(-25℃,FITS,L)/C11+0.63RC(fl=1764mm)直焦点/NJP赤道儀+5cmファインダー屈折(QHY5LII)ステラショット制御&自動追尾@自宅星見台HANA
【データ3】2017年9月29日1時37分〜(20秒65枚)/ASI178MM(Gain350,Gamma80,FIT)/PENTAX105EDHF+0.77RC(fl=540mm)/LX200赤道儀改STV自動ガイド@自宅星見台HANA
【データ4】モミの木星雲、馬頭星雲/2014年10月25日0時34分〜(3分露光×19枚DSSスタック)/PENTAX105EDHF+同0.77RC(fl約540mm)直焦点/富士X-E1(ISO3200,RAW→TIF)/ビクセンSXD赤道儀+5cmファインダー(QHY5LII+PHDguiding)@自宅前
================================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)星空雑記簿交叉足跡はなの隠れ家すたーりぃないとハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

10/22/2017

M31アンドロメダ星雲3態

今年は、特に8月以降晴天が少なく星見停滞したまま10月下旬に入った。11月以降の北陸は時雨れる日が多くなるので憂鬱だ。↓今年7/19に撮影したM31アンドロメダ星雲↓(ASI1600MCC&C9.25)↓

↓同7/20,QHY9s&BKP300↓

↓同9/29,ASI178MM&PENTAX105EDHF↓

3枚の中では、白黒L,10枚のみとはいえ口径に勝る2枚めの画像が一番精細に見える。
【データ上】M31アンドロメダ星雲/2017年7月19日1時15分〜(60秒41枚)/ASI1600MCC(-15℃,Gain15/25,Gamma8/10,FIT)/C9.25(fl=1763mm)/NJP赤道儀PHD2ガイド@自宅星見台HANA
【データ中】7月20日0時50分〜(60秒10枚)/QHY9s(-15℃,Gain50,FIT,L)/BKP300,コマコレ(fl=1500mm)/EQ8,5cmファインダー屈折(QHY5LII)ステラショット制御&自動ガイド
【データ下】9月29日0時40分〜(10秒43枚)/ASI178MM(Gain400,Gamma80,FIT)/PENTAX105EDHF+0.77RC(fl=540mm)/LX200赤道儀改STVガイド
================================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)星空雑記簿交叉足跡はなの隠れ家すたーりぃないとハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

10/21/2017

今宵オリオン群ピークなれど、、

全国的にみても今宵の天候はダメっぽい、、orz
2年前2015年10/22未明のオリオン群流星↓3時16分頃

↓同、3時17分頃↓

【データ】2015年10月22日03時16分、17分/バルブ30秒露光/オリンパスOMD-EM5(ISO3200,RAW)/Z.D12-60mmF2.8→広角端F3.2/高橋P型赤道儀放置ガイド@自宅星見台
========== メモ ==========
今宵20時過ぎからがピークと予想されているようだが出現期間に幅があり今晩でなければ見られないということではない。今宵でなくても構わない。この時期、オリオン座は夜半前(22時頃)、東空に上り始める。月も邪魔しないので好都合。以降、明け方までチャンスと思われる。
※オリオン座流星群の母彗星はハレー彗星。ピーク時でも1時間あたり10数個程度とされる。※

» Continue reading

| | Comments (0) | TrackBack (0)

«県内カノープス晩秋が好機