11/15/2019

1年前11/15彗星2つ

11月も半分過ぎた。予想外にも太陽Hα欠測日数が3日に留まったが、これから以降は貴重な晴天、星夜となることは間違いないだろう。
---------- 以下、1年前11/15未明に捉えた彗星2つ -----------
11月も中旬になり時雨る日が多い。昨夜から今朝にかけて、文字通り雨雲の隙間からようやく話題の2彗星を捉えることができた。その1↓64P/ウィルタネン彗星↓(長辺方向トリミング)
258967353_orgv1542236557
18c46p1114c4ut1323autfcsxsq posted by (C)龍吉
ステラショットで導入補正用に一枚試写したところで雨雲越し撮影となる。orz>試写30秒程度でもあっけなく写った。現在6等台らしい。
↓同、等倍トリミング↓

18c46p1114c4ut1323autfcupsq posted by (C)龍吉
【データ】46P/2018年11月14日22時23分〜(60秒4枚)/EOS6D(HKIR,ISO3200,RAW)/WO-Star71(fl=350mm)/LX200赤道儀改ステラショット制御@自宅星見台HANA


いったんルーフ閉じ、その間ダーク撮影を実行。新彗星が上り始める明け方まで仮眠し、4時過ぎに目覚めたが快曇状態。
薄明で空が青くなり始める頃になってようやく少し雲に隙間ができた。すかさず新彗星C/2018V1(マックホルツ-藤川-岩本彗星)を撮影↓(長辺方向トリミング)

18c18v1d1114c23ut2017autfcsxsq posted by (C)龍吉
第一発見者は米国マックホルツ氏だが、日本人2人(藤川繁久氏、岩本雅之氏)も独立発見している。近日点通過を控えていて、彗星の運動がけっこう速く、8分余りの間に背景の恒星が長く伸びている。>同彗星は今後さらに明るくなり、近日点通過後は夕方の空に見られるようになるとの由。
↓同、等倍トリミング↓

18c18v1d1114c23ut2017autfcupsq posted by (C)龍吉
すでに薄明下で十分な露光がかけられず、かつ雨雲越し撮影で状況最悪だった。写っただけでも吉としよう。撮影後、外を見たら再び雨雲に覆われていた。
【データ】C/2018V1/2018年11月15日5時17分〜(20秒23枚彗星基準)/EOS6D(HKIR,ISO3200,RAW)/WO-Star71(fl=350mm)/LX200赤道儀改ステラショット制御@自宅星見台HANA
【追記(おまけ)】

» Continue reading

| | Comments (0)

11/14/2019

StarNet++独習(M78,樅ノ木馬頭星雲)

忘れないようにStarNet++の独習。今回は11/6未明に撮影したオリオン座のM78〜樅ノ木、馬頭星雲付近↓
↓スタック時MiddleKappaSigma↓
19bato1105c22ut1659mkstntuxp
↓スタック時Average↓(↑背景の色彩キツい印象なので彩度下げたら、、↓)

» Continue reading

| | Comments (0)

11/13/2019

11/13太陽Hα像

本日11/13,9時半前の太陽Hα像※いずれも画像をクリックすると別窓拡大表示します※昨日南東縁に現れた新活動域に伴う明るい部分が此方側へ回り始めたことにより少しだけ見やすくなっていた。NICT情報によれば、本日この活動域のすぐ南縁に新黒点が現れたとのこと。ただ、未だ黒点番号は付いていない。新25期黒点か?についても縁に辛うじてあるため極性が判定できてないという。拙画像では存在すら確認できない。orz/昨日目視確認した10時方向の紅炎はその後噴き飛んだらしく?跡形が見当たらなくなっていた。代わりに1時方向に噴出見られ、比較的目につくようになっていた。

↓全体(カラー1)↓11/13,9h16m

↓全体(擬似カラー)↓

↓東側(カラー1)↓

↓西側(カラー1)↓

↓東側(疑似カラー)↓

↓西側(疑似カラー)↓

↓追記へ続きます↓

» Continue reading

| | Comments (0)

«11/12月齢15.3朧満月