03/30/2017

2年前、NGC3628(しし座トリオの島宇宙)

2年前の3/16晩、ラブジョイ彗星の後に撮影した、しし座トリオの一角、系外星雲NGC3628↓カラーポジ画像↓

↓白黒ポジ画像↓

↓白黒反転↓

導入間もないBKP300反射とEQ8赤道儀、QHY9カメラに苦悩している。特に、ピントと追尾の問題だ。>撮影対象を変える度に(1回でもQHY9カメラを接眼筒から外したら)その都度ピントチェックした方がよさそうだ。追尾は、DEC修正がレスポンスよく確実に動作するようにしたい。まだまだ先が長いのは確か。
【データ】2015年3月16日23時03分〜(120秒露光×L12枚、RGB各4枚DSSスタック)/QHY9(-40℃,FIT)/BKP300,F5反射+コマコレクター(fl=1500mm)直焦点/EQ8赤道儀+10cm屈折(QHY5LII,PHD2)@自宅星見台HANA
================================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)星空雑記簿交叉足跡はなの隠れ家すたーりぃないとハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

03/29/2017

4年前、星見台HANA初稼働

4年前3/26晩。自宅星見台で初星見をした。以下、当時の掲載記事より↓満月直前の月↓

↓同、Registax6ウェブレットのパラメータを少し変更してみたもの↓

相変わらず月面撮影は苦手。LX200-25SCTは、ここ2年程は使う機会がなく極めて低い稼働率だった。Registaxも超久しぶりに使った。(確か前回はVer4のとき)
2013年3月26日23時23分〜(42秒間AVI動画)/ペンタックスK-5(ISO160?,AVI)/LX200-25SCT(fl=1560mm)直焦点/ノータッチガイド@自宅星見台HANA
【1】↓スライドルーフを開いたところ↓

【2】↓スライドルーフ内部↓

現在、画面の機材はいずれも入れ替えた。左:LX200-25→C9.25&NJP赤道儀/右:20cmF6N反射&EM200赤道儀→BKP300反射&EQ8赤道儀
================================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)星空雑記簿交叉足跡はなの隠れ家すたーりぃないとハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

03/28/2017

1年前3/28晩の木星@自宅

ちょうど1年前の3/28晩、上空大気良好下の木星/星が瞬き風もあったが、上空大気の状態はとても良好だった。1年前3/28晩の木星↓

【3/28晩・1】

【3/28晩・2】

【3/28晩・3】

【3/28晩・3-2】

【3/28晩・4】

【撮影中のPCモニター画面】

【右上】
今までで一番くっきりと表面模様がモニター画面で確認できた。
【右】
ウェーブレット段階であっさり詳細模様が浮かび上がってきた。
やはり、1にも2にもボケやブレの無い画像を取得するのが第一と思った。
【Registaxで処理中のPC画面】

アマチュア無線の世界と同じで、『1にロケ2にロケ、3,4が無くて5に望遠鏡』と思った。/遊星撮影を始めたばかりだが、何か判然とせずモヤモヤしていたものが一気に吹き飛んだ気がした。/とはいえ、見ての通り画像の色合い等、バラつきがある。処理過程に課題がある。
【共通データ】2016年3月28日/ASI224MC(動画Capture)/C11+×2バーロー/NJP赤道儀@自宅星見台HANA
================================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)星空雑記簿交叉足跡はなの隠れ家すたーりぃないとハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

«まゆ銀河NGC4490とまゆ星雲IC5146