03/20/2019

3/20太陽Hα像

3/20の太陽Hα像※いずれも画像をクリックすると別窓拡大表示します※/前回無名だった新黒点は2735の番号が付き、本体子午線付近付近へ進出。さらに西側に新たな番号の付いてない黒点群があり、2735群よりも大きく広がっている。/周縁部は前回同様東西あちこちに小規模な紅炎噴出上がっており、東縁8時方向のものは今回も目視確認できた。また、西縁3時方向のもの(2本)は淡いながらもそこそこの高さまで噴き上がっている。

↓全体(カラー1)↓3/20,9h27m

↓全体(擬似カラー)↓

↓東側(カラー1)↓

↓西側(カラー1)↓

↓東側(擬似カラー)↓

↓西側(擬似カラー)↓

↓全体(白黒)↓

↓全体(カラー2)↓

↓東側(白黒)↓

↓西側(白黒)↓

↓東側(カラー2)

↓西側(カラー2)↓

【データ】3/20太陽Hα像/2019年3月20日9時27分(1/40sec,70%)/LumixG7(ISO800,4K,MP4,30fps,18秒間)/LUNT60THa+1.4テレコン(fl=700mm)/LX200赤道儀@自宅星見台HANA

» Continue reading

| | Comments (0)

03/19/2019

3/17,ISS国際宇宙ステーションの月面通過@下梨

3/17晩、ISS国際宇宙ステーションの月面通過(月の前をISSが横切る)が市内下梨地区であった。1時間前になっても雨雲が空を覆っていたが、その隙間から月が顔を出して薄雲&ガス越しではあったが月面通過を見ることができた。↓原板動画(YouTube)より↓
↓原板動画から通過部分の15コマを比較暗合成して一枚の静止画にしたもの↓
見たた通り、ISSのシルエット(H形)が流れてしまっている。設定ダイヤルが「M動画モード」から一つ外れた「Mモード」になっていたことに気付かずに撮影したため、シャッターがマニュアル1/1600secではなく電子シャッターに切り替わりカメラが勝手にシャッター速度を遅くしてしまったため?と思われる。カメラファインダー内に「E」表示あることに違和感感じるも確かめなかったのが敗因。orz
↓現場で、、【1】↓

» Continue reading

| | Comments (0)

03/18/2019

3/18太陽Hα像

3/18の太陽Hα像※いずれも画像をクリックすると別窓拡大表示します※前回は3/9だったので9日間もブランクが空いてしまった。晴れた日もあったがタイミングが合わなかった。/本体東側に番号の付いてない小黒点あり、NICT情報によれば24期のものだとのこと。/周縁部は東西あちこちに小規模な紅炎噴出上がっており、このうち東縁8時方向のものはあっさり目視確認できた。また、西縁4時半方向のものは細長いトゲ状の噴出だった。

↓全体(カラー1)↓3/18,10h12m

↓全体(擬似カラー)↓

↓東側(カラー1)↓

↓西側(カラー1)↓

↓東側(擬似カラー)↓

↓西側(擬似カラー)↓

↓全体(白黒)↓

↓全体(カラー2)↓

↓東側(白黒)↓

↓西側(白黒)↓

↓東側(カラー2)

↓西側(カラー2)↓

【データ】3/18太陽Hα像/2019年3月18日10時12分(1/40sec,48%)/LumixG7(ISO800,4K,MP4,30fps,18秒間)/LUNT60THa+1.4テレコン(fl=700mm)/LX200赤道儀@自宅星見台HANA

» Continue reading

| | Comments (0) | TrackBack (0)

«3/16深夜、月齢9.9