« 上る | Main | EFS18-55mm »

11/07/2005

50mmF1.4(F4)琢磨と日光

銀塩一眼レフ時代の標準レンズ2本を撮り比べてみました。
旧タクマーと旧ニッコール、いずれも50mmF1.4です。
1)タクマー50mmF1.4→F4で撮影↓
psbc3e1104sv
周辺部(左下隅)の画像↓
psbc3e1104edgv


2)ニッコール50mmF1.4→F4で撮影↓
subac6e1104sv
周辺部(左下隅)の画像↓
subac6e1104edgv
タクマーは、∞位置ではピントが合わないようで、若干レンズを繰り出して撮影。
ピントは未だ不十分であり、そのため周辺部の歪みが目立つように思う。
きっちりピントが合えばニッコールと大差ないようである。
ただ、タクマーは色滲みが見られる。ニッコールはそれほど目立たない。
結論
旧タクマーはフィルター用ねじに凹みがあり、落下したかぶつけた形跡がある。
したがって、天体用はニッコールということに...

|

« 上る | Main | EFS18-55mm »

「天文・星空」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44126/6933447

Listed below are links to weblogs that reference 50mmF1.4(F4)琢磨と日光:

« 上る | Main | EFS18-55mm »