« October 2005 | Main | December 2005 »

November 2005 posts

11/30/2005

プロキオン周辺

先日紹介したこいぬ座プロキオン近傍です。
proc4n1123sv

| | Comments (0) | TrackBack (0)

11/28/2005

M42ほか

1)月明下のM42
m42c7e1123sv


2)再処理>M17(いずれの画像もクリックすると別窓に拡大表示します)
m17c24e718sv
2枚加算×4枚加算平均処理
元画像です(4枚加算平均処理のみ)
#上画像の方が明るい部分の「ノリ」がいい感じ?に思えます..
m17c4esv
【撮影データ】2005年7月18日0h08m-10m(30秒×4枚コンポジット)/EOS kiss_D(ISO800,RAW)

3)再処理>M16(いずれの画像もクリックすると別窓に拡大表示します)
m16c24e718svc
2枚加算×4枚加算平均処理
M16元画像です。(30秒4枚加算平均処理画像)
#上画像と見た目の差があまり感じられませんが..上画像の方が向上していると思う
m16c24esv
撮影データ:2005年7月18日0h16m-18m(30秒×4枚コンポジット)
EOS kiss_D(IRC除去機、ISO800,RAW)/ミード20cmF10SCT+F6.3レデューサ直焦点
LX90-20赤道儀ノータッチガイド
う〜む、まだまだ修行が足らない..(難)
4)こいぬ座α星プロキオン周辺
proc4n1123sv
M16とM17は、2枚加算×4枚加算平均処理に再チャレンジ
してみました..加算処理による効果は感じるのですが..
#まだまだ修行が足りません。(汗)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

11/27/2005

高山市近郊小鳥峠−3

1)二重星団h-x
hxc7e1123sv
FS-60C+0.85レデューサ/EOS kiss_D(ISO1600,RAW)


2)西に傾いたカシオペヤ座付近
casc4n1123tsv
Nikkor28mmF2,8→4/ニコンD70(ISO800,RAW)
EM-10赤道儀ノータッチガイド

| | Comments (0) | TrackBack (0)

11/26/2005

北米星雲、ペリカン星雲

#今回は、季節感全く無視の作例で失礼します。
覚えたばかりの加算処理..「ば○の一つ覚え」で..やってみました。
[2枚加算]×[3枚加算平均]の「北米星雲とペリカン星雲」
namuc3e718sv
画像を左クリックすると別窓にSVGA拡大表示します。


従来の処理=[6枚加算平均]の北米星雲とペリカン星雲
nape718fs60c6esv
見かけは↑こちらの方がいいような気がしますが..??
(実際には2回にわたり勾配の強いトーンカーブ修正をしています)
それでも上の加算2枚×3枚平均画像の方がどぎつく表われます。

結論..ノウハウ全くつかめず..まだまだ未熟ということか..

| | Comments (0) | TrackBack (0)

11/25/2005

加算と加算平均

ふうまさんの一連の記事を参考に、RegiStaxで加算平均する前に
StellaImage2で2枚加算をしてみました。
サンプルは22日に撮影した馬頭星雲とバラ星雲です。
1)-1撮影直後の馬頭星雲
bato_3601-rdkv
tif画像をjpg変換しリサイズしただけです
2枚加算処理した馬頭星雲
bato_36001c2v
tif画像をjpg変換しリサイズしただけです


1)-2撮影直後のバラ星雲
bara_3609-rdkv
tif画像をjpg変換しリサイズしただけです 
2枚加算処理したバラ星雲
bara_36107c2v
tif画像をjpg変換しリサイズしただけです
2)-1各々2枚加算した4枚を加算平均した直後の馬頭星雲
batoc4e1123stnv
bmp画像をjpg変換しリサイズしただけです
加算平均のみで処理した馬頭星雲
batoc7e1123nv
bmp画像をjpg変換しリサイズしただけです
2)-2各々2枚加算した4枚を加算平均した直後のバラ星雲
barac4e1123stnv
bmp画像をjpg変換しリサイズしただけです
加算平均のみで処理したバラ星雲
barac7e1123nv
bmp画像をjpg変換しリサイズしただけです
3)-1 2枚加算→4枚加算平均→最終調整
batoc4e1123stsv
加算平均のみの馬頭星雲
batoc7e1123sv
3)-2 2枚加算→4枚加算平均→最終調整
barac4e1123stsv
加算平均のみのバラ星雲
barac7e1123sv
結論?
見た目は差がないように見えますが、明らかに加算した
画像を加算平均する方がよい、と感じました。
画像が荒れているのは、月明かりとカメラの感度設定が
1600で高過ぎたためと思われます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

11/24/2005

小惑星ジュノー


現在、画像の通りオリオン座三ツ星の西側に見えます。
ブログページへどうぞ
7等級ですので、位置さえ分かれば小口径望遠鏡で眼視確認可能です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

撮影行@岐阜県高山−2

月明下の強行撮影その2..オリオン座の馬頭星雲
batoc7e1123sv
東に下弦前の月が煌々と輝いているため、SN比が悪い..(苦笑)


その3..ばら星雲(さらに月に近い中で強行撮影)
barac7e1123sv
かなり強引な強調ですが..色調レベル、トーンカーブ処理等
いずれも、FS-60C屈折+0.85レデューサ(合成fl=305mm)で撮影
EOS kiss_D(IRC除去機,ISO1600,RAW)/露出1分×7枚コンポジット

| | Comments (0) | TrackBack (0)

11/23/2005

撮影行@高山市小鳥峠−1

#文章表現駄目なのでタイトル名だけでも、と一部盗用?失礼します>ライナス様
初め、まさか遠征するとは思ってもいなかったのですが..昨日は夕方から天候回
復し、暗くなる頃は満天の星..これはチャンス。
明日は休日だし、腹ごしらえをしてから星見でも..と、夕食後外に出てみると、
何と小雨..空は一面の雨雲..急変する天候が恨めしい..悔しい。
しばらく様子をみたが変わりそうもないので、遠征を決意..21:30出発
下弦前の月が気がかり..案の定、現場到着時(23:10頃)は月明下でした。
msc4n1123sv
月の右の輝星が土星、その上にプレセペ星団(微かに写っています)
=画像をクリックしてSVGA拡大画像で↑何とか確認できるかも..
Nikon D70(ISO800,RAW)/Nikkor28mmF2.8→F4/24時45-46分
(露出15秒×3枚コンポジット)
今回の遠征場所は、岐阜県高山市清見町の国道158号、小鳥峠付近
(高山側へ少し下り、脇道に入った所)
で撮影開始。
自宅からは片道約100km。


【その1】オリオン座と小惑星ジュノー
(いずれも↓画像を左クリックすると別窓にSVGA拡大像表示します)
orionc4n1122tsv
赤マーカ交点がジュノーです。
ついでに11月4日、20日の位置を水色↓マーク入れました。
Nikon D70(ISO800,RAW)/Nikkor50mmF1.4→F4/23時38分-49分
露出2分×5枚コンポジット

【その2】オリオン中心部と小惑星ジュノー
oric4n1122tsv
Nikon D70(ISO800,RAW)/NikkorED180mmF2.8/24時07分−16分
露出2分×4枚コンポジット
【その3】オリオン三ツ星と小惑星ジュノー
mituc4n1123tsv
Nikon D70(ISO800,RAW)/NikkorED18050mmF2.8/24時18分−27分
露出2分×4枚コンポジット
【その4】小惑星ジュノー
junoc11e1123tsv
EOS kiss_D(ISO1600,RAW)/FS-60C+0.85レデューサ/23時37分−49分
露出1分×11枚コンポジット
同晩のジュノー予報位置(ステラナビゲータV6で作成)
juno1122
【共通データ】2005年11月22日〜23日
EM-10赤道儀ノータッチガイド/岐阜県高山市清見町、小鳥峠付近
【走行ルート】往路
自宅〜(東海北陸道)福光IC〜白川郷IC〜R156御母衣湖〜(東海北陸道)荘川IC〜
〜高山西IC〜R158小鳥峠。
帰路は、R158小鳥峠〜(東海北陸道)飛騨清見IC〜荘川IC〜..以降、往路と同じ
【後記】
月明かりにもめげず、撮影強行してきました。せっかく片道100kmの道のりをやって
来たのだから..これで、しばらくブログ用画像もストックできた..(笑)
現場周辺の外気温はマイナス2度。帰路、小鳥峠では濃霧が発生しており、路面も
雨で濡れたのが凍り付いているらしく、タイヤの轍(わだち)が幾筋も残っていた。
こんな所で事故っては大変なので慎重に峠を越えた後は飛騨清見ICへ..
もうすぐスタッドレス必要。
【追記】その1..ボツ画像↓
junoc4n1123tsv
器材
em10_1749sqv
器材−2
em10_1747sq
タカハシEM-10赤道儀、同社FS-60C鏡筒(EOS kiss_D)、NikonD70


| | Comments (0) | TrackBack (0)

11/21/2005

小惑星ジュノー11/20

11/20晩の小惑星ジュノーです。
月明かりが邪魔しますが、位置さえ分かれば小口径望遠鏡で眼視観察可能です。
mituc8e1120bsv
21時51分-22時00分(露出各1分×8枚コンポジット)


ステラナビV6による同晩ジュノーの位置
juno1120
ステラナビゲータはアストロアーツ社のソフトです
矢印↓先端が11/4の小惑星ジュノーがいた位置。
mituc6e1120asvt
21時41分-48分(露出各1分×6枚コンポジット)/NikkorED180mmF2.8→F4
同じ晩に撮ったおうし座周辺です。
ousic5e1120sv
21時21分-27分(露出各1分×5枚コンポジット)/Nikkor28mmF2.8→F4
同じく、プレヤデス(左下)と火星(右上)です
mpc7e1120sv
21時06分-16分(露出各1分×7枚コンポジット)/Nikkor50mmF1.4→F4
共通データ(撮影地は自宅:富山県南砺市)
2005年11月20日/EOS Kiss_D(IRC除去機,ISO1600,RAW)/PENTAX75赤道儀ノータッチガイド

| | Comments (0) | TrackBack (0)

11/18/2005

今宵しし座群の日..雲が..

昨晩は、氷雨交じりの悪天候のため、月とプレヤデス接近見られず..
で、ひと晩遅れの今宵は..しし座流星群の日..(満月直後だが)
夕方晴れていたのに..ご覧の通り..(泣)
mm_1919v
画像をクリックすると、別窓にVGA画像を表示します。
2005年11月17日21時37分/1/2秒/ニコンD70/NikkorED18-70標準ズーム


月周辺のアップ画像↓
mup_1921v
画像をクリックすると、別窓にVGA画像を表示します。
2005年11月17日21時38分/1/8秒/他は上と同じ
月と雲が無ければ..(4年前のしし座流星群↓)
leo19a4a
・ニッコール50mmF1.4→F2/フジカラーHG1600ネガ

流星痕↓
leo19a5a
データ:2001年11月19日02h〜03h/ニコンF2/固定撮影(平均5分露光)
撮影地 富山県福光町、立野ケ原
・デジタル化:ニコン製フィルムスキャナFS−1000使用

| | Comments (0) | TrackBack (0)

11/16/2005

月、火星接近

実は、前々回と前回のリベンジを果たすつもりだったのですが..
見事に「二度あることは三度ある」になってしまいました。(苦笑)
仕方ないので、表題の通り(↓画像の通り)となりました。
mmc4e1115sv
2005年11月15日22時42分/露出1/60秒×4枚コンポジット
EOS kiss_D(IRC除去機,ISO800,RAW)/NikkorED180mmF2.8
[言い訳1]この撮影をしたときは雲がなかったのです..


ところが、拡大撮影を決意して望遠鏡を出したところ..
gpd_1914v
(ボーグ12.5cmED屈折+3倍バロー+ToUcam↑)
..西空から急に雲が張り出してきて..雲間からの撮影..
今回は前回よりは拡大率低い3倍バローレンズでの拡大
撮影としたが..ピントが決まらない(=大気の揺らぎ大)
..で、結局は失敗に終わりました。(無惨)
動画取り込み用ノートPC↓(ThinkPad R30)
tp_1916v
ThinkPad(思考帳面)R30は、手持ちノートPCの中で最速マシン(笑)
しかし、作りが悪くF12キートップが前回の観察時に無くして以来
行方不明..キータッチも安っぽい..(嘆)
ともあれ、今回も見事に火星観察は失敗。
冬型の季節風が吹くようになってきたし、今季はこれで諦めかも..

| | Comments (6) | TrackBack (0)

11/14/2005

未確認物体?天体?


9月に撮影した二重星団の画像に、正体不明天体?が写っていました。

おそらく地球を回る人工天体(静止衛星?)の一つでないか?と思うの
ですが..素人には、お手上げです。UFOでないことは確かです(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

南天のオリオン(動画)

南の空を移動するオリオン座です。
ori-sv


| | Comments (0) | TrackBack (0)

11/13/2005

全山紅葉

久しぶりの快晴好天下の休日..家にいるのはもったいない..で、ぶらりと出かけてきました。
10年ぶりに天生峠(岐阜県白川村荻町〜飛騨市河合)を走破できました。
1)↓R360白川村側から白山連峰を望む
amo_1890v
2)↓R360天生峠付近
amo_1892v
3)↓R360飛騨市(旧河合村)天生地内
amo_1900v
4)↓下小鳥ダム付近(飛騨市河合町月ヶ瀬)
odori_1901v
5)↓紅葉に囲まれた家(高山市清見町)
kiyomi_1905v
6)↓全山紅葉(高山市清見町)
kiyomi_1910v


今回の走行コース
自宅〜(東海北陸道)白川郷IC〜(R360)天生峠〜(岐阜県道)高山市清見町〜(東海北陸道)
荘川IC〜(R156)御母衣湖〜白川郷IC(東海北陸道)〜自宅

| | Comments (0) | TrackBack (0)

11/12/2005

未確認物体?天体?

9月9日深夜に撮ったペルセウス座二重星団画像ですが、よく見ると視野の左上から
左に向かって斜めに横切る暗い天体が写っていることが分かりました。
いずれも、180mmF2.8望遠レンズで撮影した画像の一部をトリミングしています。
以下、各1分露光の画像6枚を掲載します。(未確認物体?天体?は赤矢印の先)
No.1↓
hx_3216tsv


No.2↓
hx_3217tsv
No.3↓
hx_3218tsv
No.4↓
hx_3219tsv
No.5↓
hx_3220tsv
No.6↓
hx_3221tsv
元画像です↓(加算平均しているので未確認物体?は判然としません)
hxc6e909nsv
【撮影データ】
2005年9月10日0時53分〜01時00分(各コマ露出1分)/EOS Kiss_D(IRC除去改,ISO1600,RAW)
ニッコールED180mmF2.8/ノータッチガイド/撮影地は自宅(富山県南砺市)
1分間の間にわずかしか移動していないので、流れ星や航空機、一般的な人工衛星とは違うようです。
これだけ移動量が少ないと、静止衛星?..かな??

| | Comments (0) | TrackBack (0)

11/11/2005

火星

昨晩の火星です。
No.1↓
mar11112n
No.2↓
mar11113n
No.3↓
mar11114n
↓No.2を2倍に拡大してみたが..
mar111132xs
「火星くるくる」より...同時刻の火星予報図です。
m171111


【撮影データ】
2005年11月11日0時0分〜3分
ボーグ12.5cmED屈折(PL15mmアイピースで拡大)
ToUcamPro/ビクセンGP_D赤道儀ノータッチガイド
シーイング:2-3/5/毎秒15コマ×60秒=約900コマAVIのうち、
約9割をRegiStax3でコンポジット

| | Comments (0) | TrackBack (0)

11/10/2005

小惑星ジュノー

現在、オリオンの三ツ星の上あたりに居り、光度7.9等。
少し大きめの双眼鏡か、小口径望遠鏡でも眼視観察可能です。
junoc7e1104sv
↑この画面をクリックすると、別窓にSVGA相当に拡大表示します。
(赤色マーカーの交点が小惑星ジュノーです)先日のEFS18-55mm
ズーム試写で撮影したオリオン座に写っていました。


juno_1839v
これまた先日紹介した「昇るオリオン」動画に使用した固定撮影画像
各コマにも何とか写っているのが確認できました。↑
↓ステラナビV6で作成した同晩のジュノーの予報位置です。
junostl1104v

| | Comments (0) | TrackBack (0)

11/09/2005

カリフォルニア星雲

EOS kiss_D(IRC除去改,ISO800,RAW)とED180mmF2.8望遠によるカリフォルニア星雲です。
calc4e1104sv
画像をクリックすると別窓にSVGA相当拡大表示します。


EOS kiss_D(IRC除去改,ISO800,RAW)/ニッコールED180mmF2.8
2005年11月4日22時03分-19分(3分×4枚コンポジット)
初代PENTAX75赤道儀ノータッチガイド

| | Comments (0) | TrackBack (0)

11/08/2005

EFS18-55mm

キスデジ標準付属ズームEFS18-55mmレンズで星野を撮ってみました。
1)広角側18mmF3.5で撮影したおうし座周辺
ousic5e1104sv
EOS kiss_D(IRC除去改,ISO800,RAW)/露出3分×5枚コンポジット


2)写野周辺画像(左下端トリミング)
ousic5e1104edgv
さすがに写野端では星像がいびつになるが..
3)ズーム中間(約28mm?)で撮影したオリオン座
oric7e1104sv
EOS kiss_D(IRC除去改,ISO800,RAW)/露出3分×7枚コンポジット
Fが暗く、写りがイマイチ..露出時間を伸ばしたい
4)おまけ?(1)の撮影中に現れた流星が写ったコマ
ousi_3563msv
意外といける?..というのが感想。
以前テストしたニコンD70標準EDズーム18-70mmには負けているが
キスデジ標準添付の廉価版ズームであることを考えれば納得できる
性能では?と思った。
オートフォーカスの宿命か?ピントリングが軽めで少々心許ないのが
残念ではあります。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

11/07/2005

50mmF1.4(F4)琢磨と日光

銀塩一眼レフ時代の標準レンズ2本を撮り比べてみました。
旧タクマーと旧ニッコール、いずれも50mmF1.4です。
1)タクマー50mmF1.4→F4で撮影↓
psbc3e1104sv
周辺部(左下隅)の画像↓
psbc3e1104edgv


2)ニッコール50mmF1.4→F4で撮影↓
subac6e1104sv
周辺部(左下隅)の画像↓
subac6e1104edgv
タクマーは、∞位置ではピントが合わないようで、若干レンズを繰り出して撮影。
ピントは未だ不十分であり、そのため周辺部の歪みが目立つように思う。
きっちりピントが合えばニッコールと大差ないようである。
ただ、タクマーは色滲みが見られる。ニッコールはそれほど目立たない。
結論
旧タクマーはフィルター用ねじに凹みがあり、落下したかぶつけた形跡がある。
したがって、天体用はニッコールということに...

| | Comments (0) | TrackBack (0)

11/06/2005

上る


東空に上るオリオンを3分ごとに撮影し動画風にしてみました。
画像をクリックすると動画表示します
↑画像をクリックすると、VGA版(約3.3MB)を左上別窓に表示します。
ネット環境によっては、最初はすぐ表示されないかも知れません。
→しばらく待つと表示されると思います。(たぶんですが..)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

昇るオリオン(動画GIF)

東空から上るオリオン座を3分毎に1分露出1コマ撮影し、動画風にしてみました。
ori-ev
ニコンD70(ISO800,jpeg)/Nikkor28mmF2.8開放絞り
露出各1分(NR-on)×30コマ
→640×480ドットにリサイズ→毎秒2コマ動画に合成
3分×30=約90分を毎秒2コマ(計15秒)に縮めたので約360倍速です。
この動画GIFファイルは縮小版約1.3MBです。
↑画像をクリックすると、VGA版(約3.3MB)を左上別窓に表示します。
ネット環境によっては、最初はすぐ表示されないかも知れません。
→しばらく待つと表示されると思います。
なお、南天や西天、北天の空の星の動きについても作成の予定です。
しばらくお待ちを...
#小学校理科「星の動き」の学習に役立つかも(?)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

11/04/2005

コンデジによる月、金星..

本日4日は、金星及び水星が東方最大離角の日。
あいにく水星は日没時でも低空となるため、帰宅してからでは間に合わないと判断。
で、帰宅途中、持ち合わせていたコンデジ(IXY Digital400)で雲間から強引に撮影となりました。
1)↓17時38分撮影↓
ml_1737v
(非常に小さいですが)画面中央が月で、水星は月のやや右下になければならないが..


2)↓17時40分撮影↓
ml_1740v
月の右下に赤い点像=水星?←残念ながら地上の送電鉄塔の識別灯らしい
3)↓17時42分撮影↓
vml_1742v
金星がやっと雲から顔を出す..
4)↓17時43分撮影↓
vml_1743v
金星、月、水星と、いきたいが..水星近くは雲の影響大
5)↓18時01分撮影↓(自宅近くで撮影)
vns1746v
IXY Digitalマニュアル設定(ISO400)で15秒露光したもの
2)〜4)画像にある月右下の赤い点像は送電鉄塔の可能性大であることが判明。
6)↓同時刻頃のステラナビV6による予想図↓
vnsmq171104
IXY Digital400の場合、感度はISO400、露出は15秒が最大露光時間。
この機種は、長時間(15秒)露光時にダークノイズ撮影を先に行った後に実際の露光が始まるので、レリーズが無くてもカメラブレは防げる。
キャノンさんもなかなか粋なはからいをしている?と思った。
ついでに最大ISO感度800ぐらいはほしいのだが..

| | Comments (0) | TrackBack (0)

11/03/2005

再開

Niftyココログが大幅に容量増加されましたね..
(#なんと2GBになったとは..有り難い)
今春、地元プロバイダがブログサービスを始めたので
容量が気になっていたココログは放置に近い状態に
なってました。
何せ(文章よりも)画像が主なもので..

今回の容量増加に伴い、再開・再出発です。
m45c9e909v
(M45プレヤデス星団:今が見ごろです)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

11/02/2005

宵の明星


11/1夕方の金星とその周辺です。4日に当方最大離角となります。

(星座線と文字を入れてみましたが、少々ごちゃごちゃし過ぎ..)
同じく4日には水星も当方最大離角となります。
空が暗くなり始めたらすかさず探してみたいものです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« October 2005 | Main | December 2005 »