« June 2006 | Main | August 2006 »

July 2006 posts

07/29/2006

続>15cmF8屈折試写-2

前エントリィの続きです。
【その1】
Gin_4791sv2
【その2】M27
M27c2e0727sv
【その3】M31
M31c4e0727sv
【その4】M33
M33c3e0727sv
【その5】東天
East_4873sv
【その6】East_4873svt


| | Comments (0) | TrackBack (0)

07/28/2006

続>15cmF8屈折試写

梅雨明け間近となりました。昨晩(27-28日)は久しぶりに好天に恵まれました。
平日の晩でしたが、ついつい無理をしてしまいました。
★雲が切れるのを待ち、【15cmF8屈折】↓を出しました。
Ten_4787sv
天の川がすっきり見えています。(いつもの場所へ望遠鏡を運ばなかったので建物に邪魔されました)
雑多な人工物が目に入らなければ宇宙の中に居ると実感できます(?否、錯覚です)
★いずれの画像もクリックすると別窓に拡大表示します★
↓先ずは【M13ヘラクレス座の球状星団】を撮影
M13c2e0727sv
ほぼ、画面全体です。(アクロマート特有の色滲みが..)
↓原寸大に【部分トリミング】したもの(その1)
M13c2e0727sqsv
★いずれの画像もクリックすると別窓に拡大表示します★
↓原寸大に【部分トリミング】したもの(その2)
M13c2e0727svsq
★↓続いて【M57こと座のリング星雲】
M57c2e0727sv
◆アクロマート故の色滲み(青ハロ?紫ハロ?)が見られます。
前回の月面撮影で何となく眠たい画像だった原因はやはりこの色滲み(色収差)の影響だと思います。
★いずれの画像もクリックすると別窓に拡大表示します★
↓原寸大に【部分トリミングしたM57】
M57c2e0727sqsv
★↓魚眼画像に【流星】が写っていました。
Ama_4859sv
↓上画像から流星近傍をトリミングしたもの
Ryusei_4859sv


おまけです
★いずれの画像もクリックすると別窓に拡大表示します★
↓夏の大三角からいて座にかけての天の川
Ten_4790sv
↓上の画像を4枚コンポジットしたものです
Tenc4e0727sv
★いずれの画像もクリックすると別窓に拡大表示します★
【データ】2006年7月27日23時過ぎ~25時30分頃
キスデジ(IRC除去機、ISO1600、RAW)/PELENG8mmF3.5→F4、三脚固定撮影
15cmF8アクロマート屈折(f=1200mm)直焦点、センサー赤道儀ノータッチガイド
露出時間は(10秒)30秒、1分/自宅前で撮影

| | Comments (0) | TrackBack (0)

07/23/2006

つかの間の星空

梅雨明けが待たれる日々..
週末の晩で地区行事があり飲み会。晩になって目覚めたら晴れていました。
Ten636c4e0723sv
キスデジ(IDO1600,RAW)PELENG8mmF3.5→F4/1分露光×4枚コンポジット
↓上の4枚画像のうち、1枚のみを処理したもの
Ten_4765sv
画面下の斜線は小松空港へ向かう自衛隊?航空機の軌跡
【同、別コマ】
Ns_4767sv
【同、星座名入り】
Ns_4767svt
【長辺は東西方向】
Ew714c4e0723sv
【同、星座名入り】
Ew714c4e0723svt
【北方向】
Kita791c3e0723sv
【同、星座名入り】
Kita791c3e0723sv_1
【南方向】
Minami836c4e0723sv
【同、星座名入り】
Minami836c4e0723svt
【東南東方向】↓
Ese778c2e0723sv
やがて雲が空を覆いだし始めました。
Ese_4778sv
まだ粘れば次の晴れ間がありそうでしたが、本日も行事があるためここで諦めて家に入りました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

07/16/2006

月齢18

前エントリィで紹介した月面画像ですが、コンポジット直後のウエブレット画面のパラメータを少々変更して再処理してみました。
【月面全体画像-1】アクロマート15cmF8屈折直焦点画像です。
Moon5861c4e0714sv
★いずれも画像をクリックすると別窓に拡大表示します★
【月面全体画像-2】上(-1)とはパラメータを少々変更しました。
Moon5861c4e0714bsv
かなりシャープさが増した感じで、これ以上強くすると不自然になりそうな気がします。
【月面全体画像-3】上2枚に使った元画像を4枚から2枚に減らしました。
Moon589c2e0714svsq
★いずれも画像をクリックすると別窓に拡大表示します★


【月面中央部】元画像の中央部を原寸大でトリミングしたものです
Moon5861c4e0714bcsv
★いずれも画像をクリックすると別窓に拡大表示します★
【月面北側-1】上の原板を元に北側部分を原寸トリミングしたものです。
Moon5861c4e0714nsv
月面周縁部に青味と緑味が生じているのが分かります。
【月面北側-2】上とはコンポジット段階でパラメータを少々変更しました。
Moon5861c4e0714bnsv
★いずれも画像をクリックすると別窓に拡大表示します★
【月面南側-1】原板を元に南側部分を原寸トリミングしたものです。
Moon5861c4e0714ssv
★いずれも画像をクリックすると別窓に拡大表示します★
【月面南側-2】上とはコンポジット段階でパラメータを少々変更しています
Moon5861c4e0714bssv
【撮影データ】2006年7月14日23時12分
EOS kiss_D(IRC除去機,ISO400,RAW)/露出320分の1秒×4枚コンポジット
D=15cmF8屈折直焦点/センサー赤道儀/自宅前
【おまけ】たった10秒露出のM22↓(5枚コンポジット)
M2259c5e0714sv

| | Comments (0) | TrackBack (0)

月齢19


先頃衝動入手した口径15cmF8アクロマート屈折による試写です。
↓左右方向のみトリミングしてあります。
Luna5861c4e0714svsq
PL15mm(×80)でちょうど視野一杯に月が見えます。
#迫力もありますが..ま、眩しい

| | Comments (0) | TrackBack (0)

07/15/2006

アクロマート15cmF8試写-2

昨日は、午後から梅雨明け?のように天候が回復..しかし、こんな時に限って残務整理が..
結局、帰宅後、望遠鏡を出したのは21時をまわっていました。
C15367c2e0714sv
【1】先ずは、眼視観察。南西の空に低くなり始めた木星に向ける。(雲が気になる)
★PL15mm(×80),PL12.4mm(×97)=全く問題なし。
第3衛星ガニメデが木星表面の手前側を通過し始めたのがはっきり見える。
★PL6.4mm(×188)=少し暗くなるが形は崩れない。
大気の状態は、普通=並ですが(屈折鏡の美点というか)終始安定して見えます。
★HiOr4mm(×300)=「おー、さすがに暗くなった」..と、思ったら木星は雲の中でした(笑)
Jupitor714sv
↑予定していたToUcamによる撮影ができず、ステラナビV6による同時刻頃の木星です。
アクロマートレンズ故の青ハロ(緑ハロ?)が生じますが、気になるレベルではない。
#EDや蛍石アポクロマート鏡筒の3~数分の1以下の価格で買えることを思えば言うこと無し?(笑)
【2】木星撮影を諦め、雲に邪魔されてない方向のM天体巡り..
★アストロ製エルフレ32mm(×38)=視野が広がり明るいが周辺部は歪むアイピース
2インチ直角ミラーと組み合わせて使用(これがないと覗くときの姿勢がたいへん)
C15eye_2500sv
見た天体は、M8,M20,M13,M22..
#M13よりは(形は若干潰れた球になりますが)M22の方が大きいと思う。
強引にM22の直焦点撮影(10~15秒ノータッチガイド)をしてみた。
M22831c4e0714sv
やはり輝星に青ハロが生じています。(写真は正直ですね..)
キスデジ(ISO1600,RAW)で10~15秒露光を4枚コンポジット
C15_2501sv
【3】月が東空に姿を見せているので、眼視観察&撮影
全体像↓左右方向のみトリミングしてあります。
Luna5861c4e0714svsq
PL15mm(×80)でちょうど視野一杯に月が見えます。迫力もありますが..ま、眩しい..
東側を↓原板サイズからトリミングしたもの
Luna5861c4e0714psv
(月周縁部に少々青味が生じています)
西側を↓原板サイズからトリミングしたもの
Luna5861c4e0714tsv
高倍率で観察すると月旅行したような感覚になり..(ません?爆)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

07/08/2006

魚眼夏空-2

@能登-1
Noto022sv
@能登-2
Noto021sv
2006年6月28日/ペンタックスSPF/PELENG8mmF3.5→F4/バルブ露光1分
(三脚代わりに地面にカメラを置いて撮影)/撮影地:石川県羽咋市


西空↓
Nisi013sv
2006年6月18日/自宅前/撮影データは上と同じ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

07/06/2006

魚眼天の川


銀塩一眼全周魚眼レンズによる夏の天の川です。

駐車場で撮影中、1台クルマが通過..
おまけに夜露があり無防備な魚眼レンズで苦労しました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

07/05/2006

魚眼夏空-1

いずれの画像もクリックすると別窓に拡大表示します。
天の川【その1】
Nsym004sv
撮影した晩は夜露があり、レンズむき出し飛び出しの魚眼には大変不利な状況でした。
天の川【その2】
Nsym005sv
天の川【その3】
Nsym006sv
高橋初代P型赤道儀ノータッチガイド


梅雨空【その1】
Hbsn009sv
梅雨空【その2】見えるのは1等星だけ..
Hbsn009svt
【おまけ】キャンプファイヤー
Camp027sv
三脚固定撮影
共通データ
ペンタックスSPF/PELENG8mmF3.5→F4/フジクロームTREBI400

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« June 2006 | Main | August 2006 »