« 冬(の星)との決別 | Main | M17オメガ星雲 »

04/06/2008

球状星団M13

4月最初の週末。幸い晴天に恵まれ、明るい月も無い。
今回は、20cm反射鏡筒を出した。
夜半もとうに過ぎ、ヘラクレス座が天頂付近まで上っている。
★M13
M13_8890c2k0405nbx
★トリミング拡大像(ピントが..)
M13_8890c2k0405nbsqv
M13は、球状星団の中では比較的大きなクラスで人気がある。
明るいことと、日本ではほぼ天頂付近まで上るので見やすいということもあろう。
(個人的にM13の形がもうちょっと、という気もするが)
中口径・中倍率以上の望遠鏡ではとても見応えがある。

★同、FS-60C(E-410)で撮影
M13_4060576ox
================================
2008年4月6日02時57分~03時22分(バルブ7分露光×2枚)
K10(ISO800/1600,RAW)/口径20cmF6反射(+パラコア合成fl=1380mm)
EM-200赤道儀+10cm屈折(DSI+PHDguiding)オートガイド

|

« 冬(の星)との決別 | Main | M17オメガ星雲 »

「天文・星空」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44126/40785717

Listed below are links to weblogs that reference 球状星団M13:

« 冬(の星)との決別 | Main | M17オメガ星雲 »