« 星空と蛍光 | Main | はくちょう座、こと座 »

06/29/2008

北斗七星とカシオペヤ

梅雨空の週末。星は見えるが全体に薄雲に阻まれる。
今回の移動先は、石川県羽咋市芝垣町。
出発が遅れ、現場到着は夜半過ぎ。月が東に顔を出し始めたところだった。
★下方通過を始めた北斗七星
Hokuto_5199bsx
★同、星座線入り
Hokuto_5199bsxt
★別画像とコンポジットしたもの
Hokuto_0099c2e0627bsx
2008年6月27日26時46分~51分(バルブ1分露光)
EOS20D(ISO800,RAW)/NikkorAuto24mmF2.8→F4
カメラ三脚固定撮影@石川県羽咋市郊外

★カシオペヤ座~北極星
Casi_9697c2e0524bsx
(ペルセウス座h-χ二重星団が右下に写っている)
★同、星座線入り
Casi_9697c2e0524bsxt
26時32分~43分(バルブ5分露光×2枚コンポジット)
<おまけ>
★下方通過を始めた北斗七星
Hokuto_0027bsx
(β、γ星が低空の雲に阻まれている)
★同、星座線入り
Hokuto_0027bsxt
ネット天気予想を見ると、新潟方面は晴れのようだ。
(この時期の北日本は梅雨の影響が少ない)
北方向を見ると、薄雲が切れているようだ。
昨年までは迷うことなく新潟方面へ北上したが、今年はガソリン代高騰で遠出したくない。
考えた末、能登方面へ出ることにした。(#能登も晴れているのではないか?)
時間的には1時間余だが、距離は往復100km余=半分で済む。
観察ポイントは、芝垣海岸から高台に上がった所で、朱鷺の台CCの近く。

|

« 星空と蛍光 | Main | はくちょう座、こと座 »

「天文・星空」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 星空と蛍光 | Main | はくちょう座、こと座 »