« 今晩~明朝ピーク>ペルセウス座流星 | Main | 追加>8/13ペルセ流星 »

08/13/2008

-2等、痕あり

昨晩から今朝にかけてはペルセウス座流星群がピーク、ということだった。
自宅で夜遅くまで待ったが、月が雲間から見え隠れしている状態のまま。
その月もかなり西に傾いた。#これ以上は待てない。
(ガソリン代高騰のため、遠征にはかなり勇気がいるのだ)
ネットで天気を調べると、北へ行くほど晴れているようだ。
2200頃、出発。(比較的近い能登方面にするか迷ったが)北陸自動車道を北上。
富山市を過ぎる頃から晴れてきたが、さらに北上を続ける(#ガソリンが減る..)
ロケ地を県内東端の朝日町辺りにするか迷ったが、途中から曇るのは困るので新潟県へ入る。
2400頃、現着=今回のロケ地は、新潟県能生町筒石漁港。(倉庫裏側のスペース)
倉庫の建物で国道や人家の街灯から逃れる。月はもうすぐ沈みそうだ。
深夜の漁港とはいえ、夜釣りや早朝の出漁準備などでけっこうクルマが行き来する。
空は、そこそこ暗い。もちろん天の川はちゃんと見える。
しかし、肝心のペルセウス座流星はなかなか出現しない。(目撃した流星は10数個にとどまった)
★一番明るかった流星↓は、26:47~26:48頃に出現=-2等(流星痕を伴う)
Sstar_5344pstmbsx
★27時(午前3時)の時報から数秒後に現れた流星↓
Sstar_5347pstmbsx
(上2枚は、EOS20Dで撮影)
天文薄明が始まる頃まで粘ったが、出漁の漁船やクルマの往来も活発になり終了。
結局、まともにカメラに写った流星は2個だけ。
#目撃した中で一番明るい流星は仕留めることができたので吉としよう(笑)

以下2枚は、同じ流星を別カメラ(KissDX)でとらえた画像
★この晩、唯一痕を残した明るい流星
Sstar_0284ptmbsx
★27時(午前3時)の時報数秒後に現れた流星
Sstar_0286pstmbsx
★星座線入り(カシオペヤ座の東、ペルセウス座からアンドロメダ座、さんかく座方向へ流れた)
Sstar_0284ptmbsxt
【共通データ】
2008年8月12日26時47分~52分(バルブ5分露光/EOS20D)
同、26時45分~50分(バルブ5分露光/KissDX)
EOS20D(ISO800,RAW)/SIGMA28mmF2→F4
EOS KissDX(ISO800,RAW)/smcTakumar28mmF3.5→F4
EM-10赤道儀ノータッチ(EOS20D)/TG-SD改ノータッチ(KissDX)
撮影地は、新潟県能生町筒石

|

« 今晩~明朝ピーク>ペルセウス座流星 | Main | 追加>8/13ペルセ流星 »

「天文・星空」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 今晩~明朝ピーク>ペルセウス座流星 | Main | 追加>8/13ペルセ流星 »