« 去り行く夏の星 | Main | FS60C直焦点、レデューサ無し »

10/20/2008

flの違いによる月の大きさ

トカラ列島皆既日蝕まで後9か月となった。
日蝕をもう一度この眼で見たいという希望はあるが、目処は全く立っていない。
前記事でちょっとふれたが、外部コロナまでの撮影を考えると35mm版カメラの場合、そのfl(焦点距離)は500mm~800mm程度でないかと思う。
だから、APS-C版デジ一眼の場合は300mm~500mm程度と思う。
一方、内部コロナの様子も日蝕では見逃せないものだ。旧い話で恐縮だが、初めて見た日蝕(ジャワ日蝕1983)では、外部コロナは7×50ファインダー、内部コロナは口径5cm40倍の望遠鏡で観察した。
黒い太陽の縁から無数のコロナ流線が髪の毛のごとく伸びている様子がとても見事だったことを覚えている。
トカラ皆既日蝕には多くの人が出かけると思う。天体望遠鏡やカメラなどがさぞかし売れることだろう。
撮影機材も重要だが、ぜひ低倍率双眼鏡と中倍率の望遠鏡で外部コロナと内部コロナの眼視観察されることをお勧めする。
前置きが長くなった。日蝕時に太陽を隠す月の撮影をして外部コロナや内部コロナ撮影に備えようというわけである。
実際、日蝕時の空は満月程度の明るさであり、撮影練習にもってこいなのだ。
カメラはE-410で撮影。フォーサーズ規格なので35mm版換算では2倍になる。
★高橋FC-60鏡筒fl=500mmで撮影(35mm換算で約1000mm)
Luna7889c16o1018ux
★高橋FS60C鏡筒+0.85レデューサfl=300mmで撮影(35mm換算で約600mm)
Luna_1527c13o1018sqsv
★高橋FS60C鏡筒fl=355mmで撮影(35mm換算で約710mm)
Luna_2834c7o1018sqsv
下2枚は長辺方向をトリミングしているが、幅は800ドットに揃えているので、上と同じ拡大率である。
【データ】
2008年10月18日25時50分頃~27時30分頃
E-410(ISO100,RAW)/高橋FC-60屈折、FS60C屈折
マニュアル1/250~1/320秒/初代PENTAX75赤道儀ノータッチ@自宅前

以前の記事で「初代PENTAX75赤道儀が不調」と書いたが、その原因が分かった。
この赤道儀の赤緯微動は押し引きねじ部分微動で、微動つまみ奥にあるバネの反発力でガタを解消する。
(昔の高橋TS式赤道儀と同じ方式)
失敗は、この赤緯微動ねじが緩み過ぎていた(赤警告マークが出ていた)からだった。
#いずれの失敗画像も赤緯方向にずれていることに早く気づくべきだった。
★M42↓FC-60屈折鏡筒(fl=500mm)直焦点、放置追尾↓
M42_9404c9o1018pux
月が近くにあり、明るい空の下で強行撮影(15秒~3分の多段階露光9枚コンポジット)
(もちろん、完全追尾とは言い難いが)fl=500mm直焦点で2,3分の露光ができそうだ。
=高橋初代P型赤道儀とほぼ同じ実力をもっているようだ。
(グリスが硬化しているらしく)特に、冬場は両軸とも動きが渋くてバランスが分かり辛くなる。

|

« 去り行く夏の星 | Main | FS60C直焦点、レデューサ無し »

「天文・星空」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 去り行く夏の星 | Main | FS60C直焦点、レデューサ無し »