« 17日のすばる食 | Main | flの違いによる月の大きさ »

10/19/2008

去り行く夏の星

朝から晴天が一日中続いた。
月が昇り始めるまでの僅かな隙をついて夏の星座を撮ろう。
ではなく、マックノート彗星を撮るつもりで居た。
★主役(マックノート)の居ない画像
Itesaso_2168pbx
既に山影に隠れてしまったらしい。もっと早く、薄暗くなる前に探さないといけないようだ。


■それにしても、何故か南西方向は星の見え方が悪い■
★いて座と木星
Ite_2171pbux
どうやら、日中の汚れた空気のために地上の暗黒雲?が邪魔しているようだ。
Ite_2171pbuxt
天頂付近は比較的澄んでいる。夏の大三角が西に傾いていた。
★はくちょう座、こと座
Cyg_2172pbux

★同、星座線入り
Cyg_2172pbuxt
白鳥の翼がはみ出てしまった orz
フォーサーズでは35mm換算すると焦点が2倍。琢磨28mmだから56mmということになる。


彗星を拡大撮影しようと持ち出したED10cmF4屈折望遠鏡で撮影。
★M8(画面右上端にM20が..)
M8_3267pbsx
肉眼観察では、M8の場所は判然としない。
天の川も何とか確認できるが、とにかく透明度が悪い。
★M16(わし星雲)
M16_3268pbsx
いずれもISO800で撮影しているが、やはり写りが良くない。
★主役(網状星雲)無し画像-2
Aminasi_7172c2k1018pbsx
EM10赤道儀改によるオートガイドは安定していると分かったことが今回唯一の成果?
【データ】2008年10月18日19時~20時過ぎ頃
E-410(ISO800,RAW)/旧琢磨28mmF3.5→F4
バルブ3分~5分露光
K10D(ISO800,RAW)/ボーグED10cmF4屈折直焦点
バルブ7分露光
いずれもEM-10赤道儀によるオートガイド@市内立野原(ばんにん原)

|

« 17日のすばる食 | Main | flの違いによる月の大きさ »

「天文・星空」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 17日のすばる食 | Main | flの違いによる月の大きさ »