« 奇跡の大逆転>ISS日面通過@親不知 | Main | デネブ周辺@高鷲 »

07/16/2013

続)ISS日面通過@親不知

前回掲載の続編)まさに間一髪、際どい迎撃だった。↓ISS日面通過(俗称:フランケンシュタイン※)↓

(画面上が太陽面のほぼ北方向、右がほぼ西方向/ISSは右上:北西→左下:南東へ通過/地理的には、日本海側の親不知付近から長野、神奈川へと抜けた)
★ISSが意外と大きく写っているのに驚いた>真昼の太陽で、ほぼ頭上をISSが通過したことになり、(400km以上彼方とはいえ)空間的にかなり近いところを通過した証と言えそうだ。
★今回の迎撃ポイント(親不知海水浴場)は、予想通過経路中央よりもやや北にずれた地点(中央地点は親不知IC)だったにも関わらず、フランケンシュタイン顔は中心よりも上(北)にずれている。観察地点が北にずれたなら、撮影画像では下(南)にずれる筈なのに。ということから、予報通過経路が北側へ若干ずれた?可能性がある。(通過予想時刻の方はピッタシ12時21分42秒だった)
さて、何故に奇跡の大逆転、間一髪、際どい迎撃だったか?については、「追記」に掲載です。↓
2013年7月14日12時21分42秒(AVI動画高解像度モード※)/ペンタックスK-5(AVI動画、高画質モード)/BORG125ED屈折直焦点(fl=800mm)/ロスマンディGM-8赤道儀↓ノータッチ@新潟県糸魚川市、親不知海水浴場※静止画は、動画データから通過部分のコマを比較暗コンポジットで合成

到着直後の親不知海岸(中央が海水浴場の浜茶屋、道路がまだ濡れている)

↑画面中央下辺り(ガードレール側:駐車整理員の方にお願いして一番外れた場所)に駐車して迎撃した↑
全天ほぼ雲で覆われていて躊躇しつつも三脚と赤道儀マウントを出したところで降雨に見舞われ、慌ててクルマをバックさせテールゲートで屋根代わりにし、防寒具でマウント部分を雨から凌いだ↓

12時近くになって雨は収まり、西空に青空の部分があるのを見つける↓

(この隙間を見つけなかったら、観察は諦めていたであろう)
急いで望遠鏡を赤道儀に載せ、カメラを装着>雲間から太陽を写野中央に導入し、ピント合わせ↓

(画面奥の高架が北陸自動車道。その下に道の駅、一番下が海水浴場)
程なく雨雲が太陽を隠し、通過時刻3分前まで観察不能状態が続く>西空の青い隙間部分が太陽の方へ来るのをひたすら待ち続ける。といった具合だった。↓ISS通過直後の様子↓(周りは雲だらけ)

2013年7月14日昼/iPhone4s,PanasonicLX-3(いずれもオート露光)@新潟県糸魚川市、親不知海水浴場の臨時駐車スペース
=================================================================================================================
HomePage(Nifty)星空雑記簿なんと!-e星空ハナのWeb天文台

|

« 奇跡の大逆転>ISS日面通過@親不知 | Main | デネブ周辺@高鷲 »

「天文・星空」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44126/57800067

Listed below are links to weblogs that reference 続)ISS日面通過@親不知:

« 奇跡の大逆転>ISS日面通過@親不知 | Main | デネブ周辺@高鷲 »