« 再掲)月と木星、大接近@自宅 | Main | ISS土星面通過@高鷲>迎撃するも命中弾無し »

08/07/2013

補給船「こうのとり(HTV4)」の軌跡@自宅

ようやくにして昨晩は晴天。星見できた→今宵はISS土星面通過があり、その前にどうしても確かめておきたいことがあった。
ISSの予想通過時間は19時19分で、まだ空が明るいため土星が目視できるのか?確かめておきたかったのだ。→結果は、肉眼では金星しか見えなかった。25分過ぎには土星もアークトゥルスもそれより暗いスピカも見える。一番めまぐるしく空の明るさが変わる時間帯と判った。
-------------------------------------------------------------------------------
そうこうするうちに薄暗くなりかけた空を航空機が通過する。>目で追っていると、航空機のそばを静かに横切る人工天体(後で、イリジウム77衛星らしいと判明)に気付く、1分ほどして南方向から北上するちょっと明るめの人工天体(当初はISSと勘違いした)に気付く。慌ててカメラを向けて撮ったのが↓これ「補給船こうのとりの軌跡」↓

(画面下にわし座:縦に並んだ3つの星中央がα星アルタイル)「こうのとり」は、夏の大三角を北東方向へ突っ切り、しばらくして地球の影に入って見えなくなった。画面左端で急増光(フレア)しているのは、微妙な回転による太陽光反射?もしくは軌道修正の為の噴射光?と思われる。
-------------------------------------------------------------------------------
土星が肉眼で見えない時間帯となると、望遠鏡の自動導入機能などを使って土星を写野に入れる必要がある。金星が見えるということはISS自体は目撃できそうである。暗かろうが小さかろうが少なくとも土星の輪が写るようにシャッターを切る必要がありそう、ISSが露光オーバーになっても致し方ないと思う。
天候は今のところよさそうですが、未だ高鷲へ出かけるか判断できない(小早川秀秋状態)です。
2013年8月6日19時39分(4秒露光×10枚比較明合成)/ニコンD700(ISO800,JPG)/Nikkor28mmF2.8絞り開放/三脚固定@自宅
=================================================================================================================
HomePage(Nifty)星空雑記簿なんと!-e星空ハナのWeb天文台

|

« 再掲)月と木星、大接近@自宅 | Main | ISS土星面通過@高鷲>迎撃するも命中弾無し »

「天文・星空」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44126/57944034

Listed below are links to weblogs that reference 補給船「こうのとり(HTV4)」の軌跡@自宅:

« 再掲)月と木星、大接近@自宅 | Main | ISS土星面通過@高鷲>迎撃するも命中弾無し »