« August 2013 | Main | October 2013 »

September 2013 posts

09/30/2013

実写版>10月の星空

10月15日だと21時半頃、北方向のはくちょう−カシオペヤ間(ケフェウス付近)の銀河(上旬は22時半頃、下旬は20時半頃)↓

1(火):月、火星へ接近/5(土):●新月/7(月)月、水星、土星が接近/8(火):月、金星と接近、寒露(太陽黄経195゚)、土星、水星が接近/9(水):10月りゅう座流星群極大、水星東方最大離角/中旬:火星とレグルスが大接近、金星とアンタレスが大接近/11(金):水星、土星と接近/12(土):上弦/14(月):体育の日/15(火):火星、レグルスへ接近/17(木):十三夜、金星がアンタレスに接近/18(金):火星とC/2012 S1アイソン彗星が最接近/19(土):○満月(ヨーロッパ方面で半影月食)/20(日):秋の土用(太陽黄経207゚)/21(月):オリオン座流星群が極大/23(水):霜降(太陽黄経210゚)/26(土):月、木星へ接近/27(日):下弦/29(火):水星、土星へ接近/30(水):月、火星へ接近、土星と水星が最接近
【撮影データ】2013年9月27日23時07分(60秒露光×4枚加算平均)/M.ZD17mmF2.8→F3.5/ペンミニE-PM2(ISO3200,RAW)/タカハシTG-SD赤道儀ノータッチ@自宅
--------------------------------------------------------------------------------------------------
アストロアーツ社のWebサイトを参考にしました※
=================================================================================================================
HomePage(Nifty)星空雑記簿なんと!-e星空ハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

09/29/2013

M33さんかく座の渦巻き星雲@自宅

27日晩の撮影。下弦過ぎた月が東天に顔を出す前に、ボーグ10cmF4望遠鏡で秋の系外星雲を撮影した。↓

(長辺方向のみトリミング)↓中央部トリミング画像↓

天頂に近い位置にあり、久しぶりに使ったオートガイダーも順調だったので、もっと露光回数を稼ぎたかったが、月の出が気になったのとアンドロメダ星雲も撮りたかったので5分露光×4枚で止めた。
【データ】2013年9月27日22時27分〜(3分1枚+5分4枚、計5枚コンポジット)/ボーグ100ED屈折F4(fl=400mm)直焦点/ペンタックスK-5(ISO1600,RAW)/ビクセンSXD赤道儀+6cm屈折(Nexguide)@自宅前
=================================================================================================================
HomePage(Nifty)星空雑記簿なんと!-e星空ハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

09/28/2013

秋の)夏の大三角@自宅

27日は朝からすっきり秋晴れの好天で、そのまま夜になり秋の星空が広がった。
下弦過ぎた月が東天高く上る前に、ペンミニで秋の銀河と星野・星座を撮影した。↓

金沢市街地の街明かりの影響で画面下にかぶりが生じている↓星座線入り↓

「夏の大三角」がまだ西空高くに残る→わし座が西に沈みかかる頃、オリオンが東天に姿を現し始める。
【データ】2013年9月27日22時49分〜(60秒露光×4枚コンポジット)/M.ZD17mmF2.8→F3.5/ペンミニE-PM2(ISO3200,RAW)/タカハシTG-SD赤道儀ノータッチ@自宅
=================================================================================================================
HomePage(Nifty)星空雑記簿なんと!-e星空ハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

09/27/2013

9月26日晩のいるか座新星

今宵(26日晩)のいるか座新星。前回はカメラレンズで撮影した為、細かなところは怪しかったという反省もあり、今回は望遠鏡(25cmF6.3SCT)の直焦点で撮影した↓

すぐ近くの7.8等星とほぼ同程度の光度?と見積もった。8cm屈折(×20,×64)では、若干7.8等よりも暗いかも=7.9等前後と思った。雲の通過が激しく、雲の切れ間を待つ時間が多かった。(若干薄雲に阻まれているかも知れない)
↓【参考】発見後間もない先月8月16日のいるか座新星↓

【データ】2013年9月26日23時5分〜(20秒露光、4枚加算平均)/25cmF6.3SCT+F3.3レデューサー(fl=約500mm)直焦点/ミニペンE-PM2(ISO1600,RAW,NR-Auto)/LX200赤道儀モード、放置追尾@自宅星見台HANA
=================================================================================================================
HomePage(Nifty)星空雑記簿なんと!-e星空ハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

09/26/2013

夜明け直前>ぎょしゃ座@自宅

台風18号が過ぎ去った18日早朝、夜明け直前の東天。その3:ぎょしゃ座

星座線入り↓

ぎょしゃ座は、画面右上、将棋の駒の形をしている。火星が見やすい位置まで上っていて、近くのアイソン彗星も狙ってみたが、うろ覚えに加えて寝ぼけた思考回路で位置を間違えていた。
【データ】2013年9月18日4時30分〜(1分露光1枚画像)/M.ZD17mmF2.8→F3.5/ペンミニE-PM2(ISO1600,JPG,NR-off)/タカハシTG-SDノータッチ@自宅前
=================================================================================================================
HomePage(Nifty)星空雑記簿なんと!-e星空ハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

09/25/2013

24日晩のいるか座新星@自宅

24日晩、晴れ。東天の月を気にしながらも夏の大三角付近の銀河が何とか見えたので撮影を強行した。前回の観察からかなりのブランクがあり、新星のその後が気になっていた。

↓新星付近をトリミング拡大したもの↓

↓星座線、名称入り↓

色が違うので何とも言えないが、すぐ近くの7.8等星とほぼ互角?かろうじて7等台を維持している?と思った。
【データ】2013年9月24日20時55分(1分露光×4枚加算平均)/MicroNikkor55mmF3.5→F4/ニコンD700(ISO1600,RAW)/タカハシTG-SD赤道儀ノータッチ@自宅
=================================================================================================================
HomePage(Nifty)星空雑記簿なんと!-e星空ハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

09/24/2013

月齢18の月(動画)@自宅

下弦に近づき始めた月齢18の月面※画は上下左右が逆になっています。(天体望遠鏡で見たイメージと同じ)
画面下=北から欠け際に沿って上(南)へ移動し、南から再び今度は縁に沿って下(北)へ戻ります。5分余りかかりますので、例によって見飽きたところで止めてください。

↓静止画21コマからICEで合成した月面↓

【データ】2013年9月23日22時過ぎ~/25cmF6.3SCT+3倍バーロー(fl=約4800mm)直焦点/ペンミニE-PM2(動画モード)/Mead LX200-25赤道儀@自宅星見台HANA
=================================================================================================================
HomePage(Nifty)星空雑記簿なんと!-e星空ハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

09/23/2013

ISS月面通過・2(動画編)@奥飛騨温泉郷

9月22日1時18分、ISS国際宇宙ステーションの月面通過・2(動画編)↓

今回の横断所要時間は0.5秒程度しかなくノーマル状態では速すぎる為、動画速度を1/2に落として作成した。
↓取り出した16コマの画像から比較暗合成した月面フランケンシュタイン画像↓

動画データは塗り潰したような画質で解像度をスポイルしている気がする。動画撮影時の画質設定変更ができないか?できるとすればどの設定が良いのか?試行錯誤しておきたい。
【データ】2013年9月22日1時18分28秒(MOV動画)/ボーグ125ED屈折直焦点(fl=800mm)/ペンミニE-PM2(1/2500シャッター速度優先)/ロスマンディGM-8赤道儀ノータッチ@岐阜県高山市、奥飛騨温泉郷
=================================================================================================================
HomePage(Nifty)星空雑記簿なんと!-e星空ハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

09/22/2013

ISS月面通過@奥飛騨温泉郷

本日22日未明1時18分、ISS国際宇宙ステーションが「立ち待ちの月」を横切る(月面通過)ということで、通過経路に当たる岐阜県高山市、奥飛騨温泉郷へ出かけてきた。↓

今回、ようやく月面通過を高速連写モードで撮影することに成功した。上画像は通過中のISSが写った4コマを比較暗合成したもの。
↓2コマめと3コマめのISS画像を等倍トリミングしたもの↓

↑※右下(進入後2コマめ)の影には日本の実験棟「きぼう」が写ってるような?気がする?
動画モード撮影では、撮像過程で動きの速いISSの形が歪んでしまっていた。高速連写による静止画撮影とすることで(通過中のコマ数は少なくなるものの)きちんとISSの形を記録することができる。ただ、高速連写モードでは、メディアへの記録バッファの都合上、連写継続時間が限られ(K-5の場合、約3秒間)直に連写がストップしてしまうので、せいぜい通過1秒ほど前からの連写開始とせざるを得ないのが厳しい。
今回は、連写開始の1コマめが何とISS月面進入1コマめだったことが判明した。自分では通過時刻(1時18分28秒)の1秒前(18分27秒)から連写開始したつもりだったので、たいへん際どかった!危なかった!といえる。1コマめから写せたことはラッキーだった!
画像を見ると月面中心を外しているが、たとえ中心部通過を捉えたとしても、5コマ写ったとは思えない。上の全体画像から絶妙のタイミングで4コマ撮れたことが分かっていただけるだろうか?
【データ】2013年9月22日01時18分28秒/20cmF10SCT直焦点+F6.3レデューサー(fl=1260mm)/ペンタックスK-5(ISO1600,JPG),1/2500秒(高速連写モード)/Mead LX90経緯台追尾@岐阜県高山市、奥飛騨温泉郷
=================================================================================================================
HomePage(Nifty)星空雑記簿なんと!-e星空ハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

09/21/2013

十六夜の月@自宅

台風一過の後は晴夜が続いている。ところが月が明るくて星がろくに見えない。というわけで月面画像の連投です。明22日(正確には今晩遅く)にISS国際宇宙ステーションが月面通過する為、その迎撃練習も兼ねて↓動画モードで撮影↓

※画面の上が南方向になっています※/前回同様、BGMは秋の虫たちが担当。やはり動画は動きがないと面白くないので月をぐるり一周した。5分以上かかるので、見飽きたところで止めてください(笑)
↓静止画像(7枚の月面拡大画像をICEでつないだもの)↓

大気の状態が良くなくメラメラで、画像を拡大しようが何枚繋ごうが効果なし。
【データ】2013年9月20日21時頃/25cmF6.3SCT直焦点+3倍バーロー(fl=約4500mm)/ペンミニ(高解像度HD動画モード)/Mead LX200赤道儀ノータッチ@自宅星見台HANA
=================================================================================================================
HomePage(Nifty)星空雑記簿なんと!-e星空ハナのWeb天文台

| | Comments (2) | TrackBack (0)

09/20/2013

「中秋の月」2態@自宅

昨夜は、実際の満月と一致する正真正銘の「中秋の月」。月面、特に満月は眩しいだけで関心ないが、(世間は大騒ぎだし)22日にはISS国際宇宙ステーションの月面通過があるので、その事前練習も兼ねて「中秋の月」を撮影した。↓動画モードで撮影↓

BGMは秋の虫たちが担当してくれたが、自動追尾せず日周運動で月が西へ動いていく画の方が動画らしくなったと撮影後にモニターしていて気づいた。↓静止画像(1枚撮り)↓

動画はペンミニE-PM2の動画モードで撮影、静止画はK-5で高速連写モードで撮影。22日のISS月面通過はこの2本立てを考えている。
【データ】2013年9月19日21時25分〜/[上]ボーグ125ED屈折直焦点(fl=800mm)/ペンミニ(高解像度HD動画モード)/ロスマンディGM-8赤道儀ノータッチ[下]Mead 20cmF10SCT+F6.3レデューサ(fl=1260mm)直焦点/ペンタックスK-5(ISO400,1/2000秒、JPG)/LX90経緯台モード追尾@自宅前
=================================================================================================================
HomePage(Nifty)星空雑記簿なんと!-e星空ハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

09/19/2013

夜明け直前>おうし座@自宅

台風18号が過ぎ去った18日早朝、夜明け直前の東天。その2:おうし座

星座線入り↓

東天は既に明るくなっており、これ以上の露光をかけられなかった。カリフォルニア星雲やプレヤデスに重なる星雲が微かに写っている。
【データ】2013年9月18日4時32分〜(1分露光1枚画像)/M.ZD17mmF2.8→F3.5/ペンミニE-PM2(ISO1600,JPG,NR-off)/タカハシTG-SDノータッチ@自宅前
=================================================================================================================
HomePage(Nifty)星空雑記簿なんと!-e星空ハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

09/18/2013

夜明け直前>冬の大三角@自宅

月明や薄明の影響を受けない午前3時台に早起きしてアイソンを撮ろうと夕べは早めに就寝。ところが営農出役の疲れもあって寝過ごし、起きたのは4時>やむなくペンミニでお気楽ノータッチ撮影>寝ぼけていて全コマJPEGのみNR-offで撮影していた。orz

星座線入り↓(ISO4000,絞りF2.8開放のまま撮影したもの)

いわゆる「撮って出し」に近い状態です。原板ではピクセルノイズ目立ちますが、掲載にあたり画サイズ縮小しているのでPC画でもあまり目立たないと思います。
【データ】2013年9月18日4時19分〜(1分露光1枚画像)/M.ZD17mmF2.8→F3.5/ペンミニE-PM2(ISO1600,JPG,NR-off)/タカハシTG-SDノータッチ@自宅前
=================================================================================================================
HomePage(Nifty)星空雑記簿なんと!-e星空ハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

09/17/2013

台風一過の月面@自宅

昨日は、台風18号の影響で午前中はしっかりした雨雲が空を覆い雨も降っていたが、昼過ぎから回復し始め、暗くなる頃にはほぼ晴れ。まさに「台風一過」、すっきり綺麗な星空が..といきたかったが、満月を控えた月が明るく空を照らしていた。
来週はISS月面通過があるのでその練習も兼ねて月面撮影を考えたが、台風の影響か上空大気はメラメラ状態。やむなく動画撮影に切り替えた。

ペンミニの動画はMOV形式なので初めてMPEG4に変換した。
20cmSCTは経緯台モードで追尾したが、しばらくすると月が写野から外れそうになるなど、調子が良くなかった。赤道儀ウエッジ三脚も所有しているが、重くかさばるため運搬・組立が面倒だ。経緯台モードでの追尾はLX200シリーズの方が圧倒的に快適で正確だと思う。
【データ】2013年9月16日21時02分~(MOV形式→MPEG4変換)/LX90-20SCT+F6.3レデューサ(fl=1260mm)直焦点/ペンミニE-PM2(MOV動画モード、ISO400,1/640秒)
=================================================================================================================
HomePage(Nifty)星空雑記簿なんと!-e星空ハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

09/16/2013

二重星団h-χ@自宅

先月25日晩の撮影。月明かりが邪魔するため、短時間露光を繰り返して撮影した。

ZD50-200mm竹レンズには三脚取り付け台座が付いており、小型ミラーレス機にも安心して装着できる。標準ZD12-60mmF2.8(竹)もペンミニに付けてみたいが、台座がない為マウントやボディが歪む恐れがある。
【データ】2013年8月26日0時49分(10秒露光×5枚コンポジット)/ZD50-200mm望遠端絞りF4/ペンミニE-PM2(ISO800,RAW,NR-Auto)/高橋P型赤道儀ノータッチ@自宅前
=================================================================================================================
HomePage(Nifty)星空雑記簿なんと!-e星空ハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

09/15/2013

上弦の月@自宅

9月13日晩の月。全127コマ中、Registax6で101枚を使って合成した。

※慣例に従い、画面上が南方向(=見た目の月と逆さ)になっています。
↓同、欠け際を縦にトリミングしたもの↓

直線壁の夜明けが見られる頃の月は好きだが、以降、下弦までの月は明るすぎて(眩し過ぎて)困る。すっきりシャープな画像でないのは、月が低くなり始めていてシーイングが良くなかったから?ということにしておこう。
【データ】2013年9月13日20時43分(1/160秒×101枚コンポジット)/オライオン20cmF6反射+パラコア(fl=1380mm)直焦点/EOS40D(SEO-SP2,ISO640,JPG)/高橋EM200赤道儀@自宅星見台HANA
=================================================================================================================
HomePage(Nifty)星空雑記簿なんと!-e星空ハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

09/14/2013

いるか座新星の色

昨夜(9月13日晩)のいるか座新星(画面中央)↓

反射望遠鏡直焦点で撮影したが、明らかに赤味が強くなっていた。画面右上の7.8等星よりも未だ明るく見えている。
【データ】2013年9月13日21時24分(30秒露光×7枚コンポジット)/オライオン20cmF6反射+パラコア(fl=1380mm)直焦点/EOS40D(SEO-SP2,ISO1600,RAW)高橋EM200赤道儀@自宅星見台HANA
=================================================================================================================
HomePage(Nifty)星空雑記簿なんと!-e星空ハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

09/13/2013

いて座付近の銀河@自宅

昨夜(12日晩)は曇天。連日の営農出役で全身が筋肉痛で疲れもたまっており、爆睡だった。いて座付近の銀河(と雲)↓

横構図、星座線入り↓

8月終わり頃の撮影だが、9月の天気を象徴するような画面になった。夏の大三角付近は晩秋まで見えるが、いて座付近は見辛くなる一方だ。
【データ】2013年8月28日20時41分〜(いずれも60秒露光×2枚加算平均)/M.ZuikoD17mmF2.8→F3.2/ペンミニE-PM2(ISO1600,RAW)/タカハシTG-SD赤道儀ノータッチ/@自宅
=================================================================================================================
HomePage(Nifty)星空雑記簿なんと!-e星空ハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

09/12/2013

M33さんかく座の渦巻き銀河@自宅

昨夜(11日晩)は、晴れ間から星が見えたが、道具を準備している間に雲に覆われてしまった。しばらく待ったが回復の見込みが無いので星見は諦めた。今回は、20cmF6反射鏡によるM33画像↓

元々暗い上にF値の暗い光学系で露光不足。それを強引に2枚加算した画像3枚(計6枚)で合成した為か粗い画像となった。
【データ】2013年8月15日1時32分(5分3枚、7分3枚、2枚加算→3枚加算平均)/オライオン20cmF6反射+パラコア(fl=1380mm)直焦点/高橋EM200赤道儀+10cm屈折(DSI/PHDguideing)/@自宅星見台HANA
=================================================================================================================
HomePage(Nifty)星空雑記簿なんと!-e星空ハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

09/11/2013

9月10日のいるか座新星@自宅

昨夜(10日晩)は透明度が今一つな感じだった。営農作業が連日続き、その疲れもあって星見の方はいるか座新星に限定した。明け方のアイソンを狙ってみたいのだが..。
今回は、NikkorED300mmF2.8とペンミニE-PM2で新星を狙った↓

ミラーレスでは新星位置をなかなか捉えられず、同じフォーサーズマウントのオリンパスE-3に替えて探したら、難なく見つかった。重いけど光学ファインダーが有り難い。今後は両者併用で行こうと思う。
周辺の星にその光度を記入したもの↓(※1)

この画像から、新星の光度は7.5等前後?と見積もった。
【データ】2013年9月10日20時35分〜(40秒露光×4枚加算平均)/NikkorED300mmF2.8絞り開放/ペンミニE-PM2(ISO1600,RAW,NR-Auto)/ビクセンSXD赤道儀ノータッチ@自宅
=================================================================================================================
HomePage(Nifty)星空雑記簿なんと!-e星空ハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

09/10/2013

9月9日晩のいるか座新星@自宅

9日の夕方は雲が多かったものの、徐々にその雲が切れそうな感じだったので夕食後外へ出た。9月に入っているか座新星の画像は撮れてなかったので、早速望遠レンズで付近を狙ってみた。
今回はカメラファインダーでもはっきり見えた「や座」から新星位置にたどり着いた↓

周辺の星にその光度を記入したもの↓(※1)

※下条博美さんがFacebookに公開された光度比較用画像を参考に等級を数字で記入した↑※
この画像から、新星の光度は7等台中ほど(7.5等前後)位?と見積もった。
【データ】2013年9月9日20時18分〜(3分露光1枚)/PENTAX-M135mmF3.5→F4/高橋EM10赤道儀ノータッチ@自宅
=================================================================================================================
HomePage(Nifty)星空雑記簿なんと!-e星空ハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

09/09/2013

モザイク合成>M45すばる@自宅

8月の未掲載画像その5=モザイク合成「M45すばる」↓

20cmF6反射による画像を「ICE」で試しに合成したもの。撮影範囲を広げる=枚数を増やすことと、露光時間を延長する必要がある。(昨日掲載したM45画像と比べてみてください)
【データ】2013年8月15日2時26分〜(5分露光×8枚モザイク合成)/オライオン20cmF6反射+パラコア(fl=1360mm)/EOS40D(SEO-SP2/ISO1600,RAW)/高橋EM200赤道儀+10cm屈折(DSI/PHDguiding)@自宅星見台HANA
=================================================================================================================
HomePage(Nifty)星空雑記簿なんと!-e星空ハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

09/08/2013

M45すばる(プレヤデス)@高鷲

8月の未掲載画像その4:M45すばる(プレヤデス星団)↓長辺方向トリミング

もっと露光をかけられる星空だったが、薄明が気になる時間帯であり延長できなかった。7分露光を2枚ずつ加算して得た4枚の画像を加算平均した。(計8枚コンポジット)
【撮影データ】2013年8月13日1時57分〜(7分露光×2枚加算×4枚加算平均=計8枚合成)/ボーグ100ED屈折(fl=400mm,F4)直焦点/EOS40D(SEO-SP2/ISO1600,RAW)/ビクセンSXD赤道儀+6cm屈折(Nexguide)@岐阜県郡上市高鷲町、高鷲スノーパーク
=================================================================================================================
HomePage(Nifty)星空雑記簿なんと!-e星空ハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

09/07/2013

M27亜鈴状星雲@自宅

8月の未掲載画像その2=「こぎつね座のM27亜鈴状星雲」↓

別称「銀行マーク」/いるか座新星はこぎつね座との境界付近のため、標準レンズ程度で同じ写野に収められる。
↓同、中央部正方形トリミング↓

【データ】2013年8月13日24時08分〜(3分露光×3枚コンポジット)/オライオン20cmF6反射+パラコア(fl=1360mm)/EOS40D(SEO-SP2/ISO1600,RAW)/高橋EM200赤道儀+10cm屈折(DSI/PHDguiding)@自宅星見台HANA
※7日土曜晩は、高岡市内で一泊の予定(月の無い週末ですが星見できない)※
=================================================================================================================
HomePage(Nifty)星空雑記簿なんと!-e星空ハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

09/06/2013

「ICE」によるモザイク合成

多数の広角画像を無理矢理「ICE」で繋ぐと破綻することが分かったので放り込む画像を減らした。↓カシオペヤ〜ペルセウス座↓

↓ふたご座、オリオン座↓

繋ぎ方を考えて撮影すれば、広角画像多数枚でももう少し繋いでくれそうな気もする。
【撮影データ】2013年9月3日1時24分〜(60秒露光×10枚合成)/M.ZD17mmF2.8→F3.5/ペンミニE-PM2(ISO1600,RAW/NR-Auto)/タカハシTG-SD赤道儀ノータッチ@長野県塩尻市内
=================================================================================================================
HomePage(Nifty)星空雑記簿なんと!-e星空ハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

09/05/2013

「ICE」の盲点

未明の東天に上り始めた初冬の星座たちの画像10枚を「Microsoft ICE」で無理矢理繋いでもらった。が、何か変?↓

↑何処か分かりますか?↑↓(答えは「星座線入り」画像をご覧下さい)↓

そう、ぎょしゃ座が見当たらない。画面左下に双子座と木星が写っているが、その上にぎょしゃ座が無ければならない。否、あるにはあるが、ぎょしゃ座を形成する主要な星のいくつかが欠落している。
どうやら広角画像をたくさん繋ぎ合わせるには無理があるようだ。
【撮影データ】2013年9月3日1時24分〜(60秒露光×10枚合成)/M.ZD17mmF2.8→F3.5/ペンミニE-PM2(ISO1600,RAW/NR-Auto)/タカハシTG-SD赤道儀ノータッチ@長野県塩尻市内
=================================================================================================================
HomePage(Nifty)星空雑記簿なんと!-e星空ハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

09/04/2013

網状星雲@高鷲

8月の未掲載画像その2:「はくちょう座の網状星雲」ペルセ群流星観察と平行して撮影↓

望遠鏡の方向を定めてオートガイドを開始したら、後は流星観察するだけだったが、やはり流星観察は疎かになりがち=「二兎を追う者は一兎をも得ず」の諺通りとなった。
【撮影データ】2013年8月12日23時24分〜(7分露光×4枚×3コマ=12枚合成)/ボーグ100ED屈折(fl=400mm,F4)直焦点/EOS40D(SEO-SP2/ISO1600,RAW)/ビクセンSXD赤道儀+6cm屈折(Nexguide)@岐阜県郡上市高鷲町、高鷲スノーパーク
=================================================================================================================
HomePage(Nifty)星空雑記簿なんと!-e星空ハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

09/03/2013

9月3日の太陽表面@自宅

先月30日以来、4日ぶりの太陽表面です。この間、天候不良が続いていた。午前9時を過ぎておりシーイング悪化が懸念されたが、これ以上ブランクを空けるのは嫌なので撮影を強行した。↓全体画像(元画像)↓

↓太陽の西側部分↓

(前回まで東側に見えていた黒点群は皆西側へ移動し、とても賑やかだ。白斑も見える)
↓太陽の東側部分↓

(黒点は確認できず、白斑だけがいくつか見える。そろそろ次の黒点が..)
☆雲が点在していたが、30分ほど雲が邪魔しない状態が続いたので多数枚撮影ができた。全部で200コマを目標に高速連写と(保存のための)休止を繰り返したが、それでも撮影に6分間を要した。ただし、目標を5割上回る300コマ余りを撮影できた。1コマ撮りの時は準備から撮影、撤去まで3分以内を目標にしていたが、コンポジットの場合は10分ぐらい必要なようだ。
☆9時を過ぎており、さすがにシーイング悪化していたらしく、Registaxに撮影した300コマ全てを投入したが、200コマ以上が篩いにかけられボツとなり(最良100とした時80迄を「良」に設定:実際、80を境にがくんと画質曲線が落ちていた)、残った94コマでコンポジット処理となった。つまり、今日実際に使えたのは3割程ということになる。
★太陽像の縁に不自然なスジが見られる。ウェブレット時のパラメータを見直し改善する必要がある。ともあれ、今回はシーイングの影響で1コマ画像は少しぼやけていたにも関わらず、94コマのコンポジット画像は明らかに解像度が1桁上がっていることが実感できた。可能な限りコンポジット撮影に切り替えたいが、撮影に要する時間と、それ以上に処理に要する時間が長くなるのが最大の課題といえそうだ。(ささっと手軽に短時間で済ませられないと長続きしない、と思っているので)
【撮影データ】2013年9月3日9時11分〜17分(1/8000秒×94枚コンポジット)/PENTAX105EDHF屈折(fl=700mm)直焦点+対物金属薄膜フィルター/御リンパスE-30(ISO100,JPG)/タカハシEM10赤道儀ノータッチ@自宅
=================================================================================================================
HomePage(Nifty)星空雑記簿なんと!-e星空ハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

09/02/2013

ピクチャーモード

E-PM2のRAW現像は、今のところ添付の「OlympusViewer2」で行っているが、この段階で画像の仕上がり(ピクチャーモード)を変えられることを知った。で、早速試してみた。
↓Flat(全景)↓

↓Natural(全景)↓

↓画像が続くため「追記」へどうぞ↓

Continue reading "ピクチャーモード"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

09/01/2013

こと座の環状星雲M57@自宅

長月9月に入った。8月前半は「ICEによる合成」「ISS通過」「スピカ食」「ペルセ群流星」と続き、そのまま「いるか座新星」「ペンミニ導入」と記事には事欠かない月だった。そのため、未掲載画像もそこそこ生じた>その1つ=「こと座の環状星雲M57」↓

↓同、中央部正方形トリミング↓

【データ】2013年8月13日23時08分〜(2分露光×9枚コンポジット)/オライオン20cmF6反射+パラコア(fl=1360mm)/EOS40D(SEO-SP2/ISO1600,RAW)/高橋EM200赤道儀+10cm屈折(DSI/PHDguiding)@自宅星見台
=================================================================================================================
HomePage(Nifty)星空雑記簿なんと!-e星空ハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« August 2013 | Main | October 2013 »