« September 2013 | Main | November 2013 »

October 2013 posts

10/31/2013

本日31日未明のラブジョイ彗星@自宅

本日31日未明のラブジョイ彗星(C/2013R1)>ようやく今朝になってとらえることができた。/当初、雲があまりに多く、諦めて片付けようとしたら、プロキオン周辺の雲間が広がったので慌てて撮影した。

(長辺方向のみ正方形トリミング)/ほぼ右(西)方向に淡く細いテールがある?ようにも見えるが..自信なし>白黒反転強調処理してみた↓

雲が切れた時にガイド用5cmファインダーで注意深く見たところ、淡くぼんやり広がっている同彗星を眼視確認できた。/5cmファインダーでも眼視確認できる上に、画面からも伺えるように、けっこう明るく見やすくなっているようだ。少なくとも8等以上で、それより暗いとは思われない。/現在、明け方の東空に8等台の彗星が4つ現れている(ラブジョイ、エンケ、「バースト」したリニア、アイソン)が、ラブジョイ彗星が一番明るくなっているように思われる。
【データ】2013年10月31日1時53分〜(60秒×5枚:彗星基準で比較明)/NikkorED300mmF2.8絞り開放/ペンミニE-PM2(ISO3200,RAW)/ビクセンGPD(SynScan改造)赤道儀@自宅前
=================================================================================================================
HomePage(Nifty)星空雑記簿なんと!-e星空ハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

10/30/2013

28日夕刻、ISS国際宇宙ステーション自宅上空通過

28日のISS国際宇宙ステーション通過をとらえるため、対角魚眼付きカメラを天頂付近に向け、連続して30秒露光固定撮影した。

画面上が南(違和感あるかも)/ISSは画面左下(北西)から右上(南東)へ通過し、消えた。/北西空に現れたときは、切り離されて間もないATV-4(欧州補給船)を伴っていることが肉眼でもはっきり分かった。(両者ほぼ同じ軌道を通ったため、画像では明るいISSの軌跡がATV-4の軌跡を潰してしまっている)この時はATV-4がやや遅れていたが、天頂付近を過ぎてから南東の空に下がる頃には、ATV-4が先行していた(ISS本体を追い抜いた)。珍しい光景を目撃することができてとても得した気分だった。
【データ】2013年10月28日18時9分〜(30秒露光×8枚比較明)/Zenitar16mmFisheyeF2.8→F4との中間絞り/ニコンD700(ISO1600,RAW)/三脚固定@自宅
=================================================================================================================
HomePage(Nifty)星空雑記簿なんと!-e星空ハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

10/29/2013

やっとカタチがはっきり写った>ISS国際宇宙ステーション

28日夕方18時過ぎ、ISS国際宇宙ステーションが日本上空を通過した。(しかもISS本体から切り離してさほど時間の経ってない)子分=補給船ATV-4を引き連れての来襲となった。/今回は、20cmSCT直焦点でISSの形を撮ることと、対角魚眼レンズでISS経過の様子=軌跡をねらっていた。/先ずはISSの形を撮ったものから紹介します。
↓以下、いずれもISSが天頂を過ぎてから撮影した↓その1↓

↓その2↓

↓その3↓
天頂通過後から鮮明に撮れ出しました。子分の位置に注目!

↓その4↓(この後、お供のSTV-4補給船の位置が変わります>「追記」へどうぞ)

【データ】2013年10月28日18時12分(1/2000秒)/Mead20cmSCT+0.63レデューサ(fl=1260mm)直焦点/ペンミニE-PM2(ISO3200,JPG)/手動待ち伏せ(栗栖)式@自宅前
=================================================================================================================
HomePage(Nifty)星空雑記簿なんと!-e星空ハナのWeb天文台

Continue reading "やっとカタチがはっきり写った>ISS国際宇宙ステーション"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

10/28/2013

今朝の太陽(と月)@自宅

本日午前9時の太陽↓(ちょうど1週間ぶりの太陽撮影)全体像↓

等倍トリミング↓太陽東側

等倍トリミング↓太陽西側

西空を見ると↓下弦直後の月↓

【データ】2013年10月28日太陽:9時11分〜(1/8000秒、1枚画像)/月:9時22分(1/400秒、1枚画像)/ビクセンED102s10cmF9屈折+1.4コンバージョン(fl=1260mm)直焦点/オリンパスE-30(ISO100,JPG)/(月ISO400,JPG)/ビクセンGPD(SynScan改造)赤道儀ノータッチ@自宅前
=================================================================================================================
HomePage(Nifty)星空雑記簿なんと!-e星空ハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

10/27/2013

馬頭星雲、樅の木@自宅

今月11日未明の撮影その2「馬頭星雲、樅の木」↓

ペンミニE-PM2に300mmレンズを付けて撮影した。60秒露光なのでISO感度を3200まで上げたため、画全体画が荒れた感じになってしまった。感度で稼ぐのではなく十分露光を与えた方がよいとは思う。でも、(60秒露光に留め、シャッター遅延機能を利用すれば)シャッター手押しでレリーズ不要な超お気楽撮影ができるので止められない。
【データ】2013年10月11日1時0分〜(1分露光×10枚加算平均)/NikkorED300mmF2.8→F4/ペンミニE-PM2(ISO3200,RAW)/ビクセンGPD(SynScan改造)赤道儀ノータッチ@自宅前
=================================================================================================================
HomePage(Nifty)星空雑記簿なんと!-e星空ハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

10/26/2013

M42オリオン星雲@自宅

今月11日未明、アイソン彗星が上るのを待つ間に撮影した。/前日昼間に追尾システムをSynScan化して復活させたGPD赤道儀の試運転画像↓

(長辺方向のみトリミング)
旧日光ED300mmF2.8は、フルサイズで撮影すると色滲みや周辺減光が目立つが写野半分のフォーサーズではその影響も若干緩和される。/この旧サンニッパは、(60秒までなら遅延機能を利用して)シャッターを手で押すだけというペンミニでの利用が増えそうだ。
【データ】2013年10月11日1時18分〜(60秒露光×8枚加算平均)/NikkorED300mmF2.8絞り開放/ペンミニE-PM2(ISO3200,RAW)/ビクセンGPD(SynScan改造)赤道儀ノータッチ@自宅前
=================================================================================================================
HomePage(Nifty)星空雑記簿なんと!-e星空ハナのWeb天文台

|

10/25/2013

おうし座、オリオン座@白峰

白峰(西山)の星空-6:「おうし座、オリオン座」

↓星座線入り↓

ISO3200とはいえ、僅か60秒露光でもM45の散光星雲だけでなく赤いHII領域も微かに写っている。
【データ】2013年10月14日3時51分〜(60秒露光×7枚加算平均)/M.ZD17mmF2.8→F3.5/ペンミニ(ISO3200,RAW)/タカハシTG-SDノータッチ@石川県白山市白峰(西山)
=================================================================================================================
HomePage(Nifty)星空雑記簿なんと!-e星空ハナのWeb天文台

| | TrackBack (0)

10/24/2013

ぎょしゃ、おうし座@白峰

白峰(西山)の星空-5:「ぎょしゃ、おうし座」

↓星座線入り↓

その2でほぼ同じ構図で撮影したものを公開済みだが、若干おうし座の下が切れているのに気付き30分後に撮り直したもの。
【データ】2013年10月14日4時3分〜(60秒露光×7枚加算平均)/M.ZD17mmF2.8→F3.5/ペンミニ(ISO3200,RAW)/タカハシTG-SDノータッチ@石川県白山市白峰(西山)
=================================================================================================================
HomePage(Nifty)星空雑記簿なんと!-e星空ハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

10/23/2013

アルビレオ@自宅

太陽黒点や月面の撮影用として復活したビクセンED102s屈折(F9)に×1.4コンバージョンレンズを付け、アルビレオを撮影してみた。

F9というと中途半端な焦点だが(ビクセンさんに失礼だが)意外とよく見える。極端に明るいF値ではないからだろう。
復活前はガイド鏡筒と眼視観察を兼ねていて、多くの星雲団や彗星などを眼視観察・堪能させてくれた貴重な望遠鏡でもある。
【データ】2013年10月14日22時03分〜(1秒露光×6枚加算平均)/VixenED102sF9屈折+BORG×1.4コンバージョン(fl=1260mm)直焦点/ペンミニE-PM2(ISO3200,RAW)/ビクセンGPD(SynScan改造)赤道儀ノータッチ@自宅前
=================================================================================================================
HomePage(Nifty)星空雑記簿なんと!-e星空ハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

10/22/2013

立待月@自宅

前回記事掲載の太陽黒点を撮影した望遠鏡から対物減光フィルターのみ外し、ほぼ12時間後に「立待月」を撮影した↓(長辺方向のみトリミング)

↓西側半分をトリミングしたもの(原板より若干縮小)↓

雲が多く、大気の揺らぎも気になるレベルだった。既に10月下旬なので、偏西風が強まっているのだろう。
【データ】2013年10月21日20時55分(1/800秒×141枚コンポジット)/ビクセンED10cmF9屈折+BORG×1.4コンバージョン(fl=1260mm)直焦点/オリンパスE-30(ISO800,JPG)/ビクセンGPD(SynScan改造)赤道儀ノータッチ@自宅前
=================================================================================================================
HomePage(Nifty)星空雑記簿なんと!-e星空ハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

10/21/2013

黒点撮影再開(3代目?太陽丸復活)

ほぼ1か月半ぶりに太陽黒点撮影に復帰です。望遠鏡は3代目ビクセンED102s(後掲)に変更。

フォーサーズだと太陽が写野いっぱいの大きさになる(長辺方向のみトリミング)。
あちこちにぼんやりと黒染みが..>コンバージョンレンズのごみ?と思われる(掃除してみます)
↓東側の大黒点付近を等倍トリミング↓

【データ】2013年10月21日8時50分(1/8000秒×58枚コンポジット)/ビクセンED10cmF9屈折+BORG×1.4コンバージョン(fl=1260mm)直焦点/オリンパスE-30(ISO100,JPG)/ビクセンGPD(SynScan改造)赤道儀@自宅前
=================================================================================================================
HomePage(Nifty)星空雑記簿なんと!-e星空ハナのWeb天文台

Continue reading "黒点撮影再開(3代目?太陽丸復活)"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

10/20/2013

冬のダイヤモンド+木星@白峰

白峰(西山)の星空-4:「冬のダイヤモンド」<これまでの掲載に使った画像をMicrosoft ICEに繋いでもらった。

↓星座線入り↓

画面左の一番明るい輝星が木星/「冬のダイヤモンド」は画面上から、ぎょしゃ座α(カペラ)、おうし座α(アルデバラン)、オリオン座β(リゲル)、おおいぬ座α(シリウス)、こいぬ座α(プロキオン)、ふたご座α(カストル、ないしはβポルックス)を結ぶ大きな六角形(画面では緑線)をさす。なお、黄線で結んだ三角形は「冬の大三角」、水色線は冬の星座を示す。
【データ】2013年10月14日2時0分〜(60秒露光×19枚から合成)/M.ZD17mmF2.8→F3.5/ペンミニE-PM2(ISO3200,RAW)/タカハシTG-SDノータッチ@石川県白山市白峰(西山)
=================================================================================================================
HomePage(Nifty)星空雑記簿なんと!-e星空ハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

10/19/2013

ぎょしゃ、ふたご座@白峰

白峰(西山)の星空-3:「ぎょしゃ、ふたご座」<南中時のぎょしゃ座やふたご座は立っている。

↓星座線入り↓

肉眼ではあまり感じないが、写真だとぎょしゃ座〜ふたご座の足下にかけての冬の銀河もバラエティに富んでいるのが分かる。
【データ】2013年10月14日2時29分〜(60秒露光×4枚加算平均)/M.ZD17mmF2.8→F3.5/ペンミニE-PM2(ISO3200,RAW)/タカハシTG-SDノータッチ@石川県白山市白峰(西山)
=================================================================================================================
HomePage(Nifty)星空雑記簿なんと!-e星空ハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

10/18/2013

月面3態@自宅

今宵は十三夜。ということで、白峰(西山)の星空はお休みして、月面画像3枚です。↓10月12日(上弦の月)※画像は全て上が南方向=見かけの月を半回転した状態です。

↓10月14日↓(月齢9.5)

↓今宵17日の月「十三夜」↓(月齢12.5)

画像のシャープさからいうと、12日「上弦の月」が一番マシ。他は、ピントなど今一つシャープさが無い。
【データ】2013年10月12日21時13分〜(1/360秒×9枚コンポジット)、2013年10月14日21時50分〜(1/250×7枚コンポジット)、10月17日2013年10月17日20時41分(1/400sec×4枚加算平均)/ビクセンED10cmF9屈折(102s)+BORG×1.4テレコンバーター(合成fl=1260mm)直焦点/ペンミニE-PM2(ISO400,JPG)/ビクセンGPD(SynScan改造)赤道儀ノータッチ@自宅前
=================================================================================================================
HomePage(Nifty)星空雑記簿なんと!-e星空ハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

10/17/2013

ぎょしゃ、おうし@自宅

白峰(西山)の星空-2:「ぎょしゃ、おうし座」<3時半を回り、ぎょしゃ座やおうし座は西へ傾き始めていた。

↓星座線入り↓

画面右、すばるの上にカリフォルニア星雲が赤く写っている。暗黒星雲も含め、この辺りの星雲はなかなかのものだと思う。
【データ】2013年10月14日3時31分〜(60秒露光×4枚加算平均)/M.ZD17mmF2.8→F3.5/ペンミニE-PM2(ISO3200,RAW)/タカハシTG-SDノータッチ@石川県白山市白峰(西山)
=================================================================================================================
HomePage(Nifty)星空雑記簿なんと!-e星空ハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

10/16/2013

白峰の星空-1(冬の大三角)

10月13-14日晩、白峰(西山)の星空-1:「冬の大三角」<湿気が多く、透明度も今一つだったのが残念だった。左上の輝星は木星。

↓星座線入り↓

【データ】2013年10月14日2時0分〜(60秒露光×4枚加算平均)/M.ZD17mmF2.8→F3.5/ペンミニE-PM2(ISO3200,RAW)/タカハシTG-SDノータッチ@石川県白山市白峰(西山)
=================================================================================================================
HomePage(Nifty)星空雑記簿なんと!-e星空ハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

10/15/2013

M45すばる@白峰

アイソン彗星が出てくるのを待つ間に撮影、初めて野外でオフアキシスガイドに挑戦した。

星が多いM45を対象にしたのが、すばる直近の星をガイド星に分捕った形になるため構図が左に寄ってしまった。
【データ】2013年10月14日1時45分〜(9分露光×5枚加算平均)/ペンタックス105EDHF屈折(fl=700mm)直焦点/ペンタックスK-5(ISO1600,RAW)/ビクセンGPD(SynScan改造)赤道儀、オートガイド@石川県白山市白峰
=================================================================================================================
HomePage(Nifty)星空雑記簿なんと!-e星空ハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

10/14/2013

本日14日未明のアイソン彗星@白山市白峰

アイソン彗星が続きますが、記録という意味もあって連投です。本日(10月14日)未明のアイソン彗星↓

(彗星付近を中心に画像をトリミング、画面上がほぼ北方向)
Kさん持参の35cm反射のおかげで、初めて自分の眼でアイソンを観ることができた。中央集光が弱く拡散しているらしく見つけるのに手間取った。画像を見ると彗星の移動方向と尾の方向がほぼ一致していて、ただでさえか細い尾がさらに目立たない。
【データ】2013年10月14日3時24分〜55分(3分露光×10枚比較明:彗星を基準にコンポジット)/ペンタックス105EDHF屈折(fl=700mm)直焦点/ペンタックスK-5(ISO3200,RAW)/ビクセンGPD(SynScan改造)赤道儀+オートガイド@石川県白山市白峰
↓撮影地(白峰)の星空↓

撮影ポイント(石川県白山市白峰)は今回初めてだったが、3連休ということもあって広場はたくさんの人で、何人?何方が居たのか?殆どの方と挨拶する余裕も無かった。人里離れた山中でこんなに「人」と出会ったのは初めてだった。
=================================================================================================================
HomePage(Nifty)星空雑記簿なんと!-e星空ハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

10/13/2013

本日(10月13日)未明のアイソン彗星@自宅

本日(10月13日)未明のアイソン彗星↓(画面上がほぼ北方向)

実際には、(地平線基準で東方向を見た場合)彗星の尾は左上方向へ流れているはず。
1分露光9コマの内、追尾エラーのある2枚を間引きした7枚を彗星頭部基準で比較明合成した。背景の星が斜め右上方向へ少し流れていることから、約9分余の間に彗星が北東方向へ移動していることが分かる。彗星独特の美しいエメラルドグリーンが少し見えてきたようだ。ただ、後1か月余りで近日点通過だというのに、少し明るさが物足りない気もする。
【データ】2013年10月13日3時28分〜(1分露光×7枚比較明合成:彗星基準)/PENTAX105EDHF屈折(10cm,F7,fl=700mm)直焦点/同社K-5(ISO3200,RAW)/ビクセンGPD(SynScan改造)赤道儀ノータッチ@自宅前
=================================================================================================================
HomePage(Nifty)星空雑記簿なんと!-e星空ハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

10/12/2013

アイソン彗星(+いるか座新星)@自宅

■1■昨日掲載したアイソン彗星を口径25cmF6.3望遠鏡で撮影したもの↓

ピント不良に加え、1分のノータッチ追尾も駄目、しかも画が荒れている。口径(集光力)だけでは駄目という見本?
※コンポジット枚数を増やそうにも、他のコマは全て星像が流れていた※
【データ】2013年10月11日4時4分〜(1分露光×2枚加算平均)/Mead25cmF6.3SCT直焦点(fl=1600mm)/ニコンD700(ISO3200,RAW)/LX200赤道儀ノータッチ@自宅星見台HANA
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
■2■10月10日晩のいるか座新星↓(画面上がほぼ北方向)

300mm全景写野のうち長辺方向のみトリミング/右上隣の星(8.0等)よりも明らかに暗くなっていた。
【データ】2013年10月10日22時12分〜(1分露光×5枚加算平均)/NikkorED300mmF2.8→F4/ニコンD700(ISO3200,RAW)/ビクセンGPD(SynScan改造)赤道儀ノータッチ@自宅前
=================================================================================================================
HomePage(Nifty)星空雑記簿なんと!-e星空ハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

10/11/2013

ようやく尾が写った(アイソン彗星)@自宅

昨夜は、夜遅くなってから雲が無くなり、星空が広がった。昼の間に追尾システムをEQ5,SynScanに交換して復活させたGPD赤道儀の試運転もしたくて外に出た。(改造・復活GPD赤道儀の試運転結果については「追記」へどうぞ)彗星は明け方3時過ぎに撮影した↓

(右端の輝星は火星)↓彗星と火星部分をトリミングしたもの↓

ようやくアイソン彗星の「尾」が写った。すっかり気をよくして星見台ルーフにある口径25cmF6.3SCTでも撮影した。(後日掲載予定)
来月末には近日点を通過し、以降(12月)明るく見やすくなると思われるが、誰もが気付くほどの明るさになるか?は未だ分からない。
【データ】2013年10月11日3時11分〜(60秒露光×12枚加算平均)/NikkorED300mmF2.8絞り開放/ペンミニE-PM2(ISO3200,RAW)/ビクセンGPD(SynScan改造)赤道儀ノータッチ@自宅前
=================================================================================================================
HomePage(Nifty)星空雑記簿なんと!-e星空ハナのWeb天文台

Continue reading "ようやく尾が写った(アイソン彗星)@自宅"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

10/10/2013

秋の)夏の銀河@自宅

先月27日に撮影、掲載した夏の大三角と夏の銀河をモザイク合成しパノラマ化した。↓

↓星座線入り↓

「夏の大三角」がまだ西空高くに残り、ケフェウスやカシオペヤにかけてのHII領域・散光星雲がまだ狙える。
【データ】2013年9月27日22時49分〜(60秒露光×16枚合成)/M.ZD17mmF2.8→F3.5/ペンミニE-PM2(ISO3200,RAW)/タカハシTG-SD赤道儀ノータッチ@自宅
=================================================================================================================
HomePage(Nifty)星空雑記簿なんと!-e星空ハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

10/09/2013

下弦直後、月齢22の月@自宅

台風の影響で今朝は強風で始まった。とはいえ、九州地方などに比べようもないほどの強さでしかない=庭に置いてあったテーブルが横倒しになった程度で済んだ。↓9月28日未明、東に上り始めた下弦過ぎの月↓

高度が低い上に大気の揺らぎも影響して、まるで川底を見ているような感じ、静止画撮影は諦めた。LVでピント合わせしたが、×14,×10では合わせられなかった。動画にしたことで、望遠鏡を覗いている臨場感だけは伝わるかな?。
【データ】2013年9月28日0時45分〜/Mead25cmF6.3SCT+3倍バーロー(fl=約4800mm)直焦点/ペンミニE-PM2(動画モード)/LX200赤道儀モード追尾@自宅星見台HANA
=================================================================================================================
HomePage(Nifty)星空雑記簿なんと!-e星空ハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

10/08/2013

10月7日晩のいるか座新星@自宅

今宵10月7日晩の「いるか座新星」↓(※画面右が北方向です)

明らかに8等以下だと思われるが、暗い等級まで分かる星図やデータを持ち合わせてないため、詳しい光度には言及できない。(現在、PCにステラナビ等の等級が分かるソフトが入っていない)/眼視観察では、口径20cmに付けた一眼デジのカメラファインダー越しにかろうじて見える程度。画像を見ると新星が赤い色をしているのがよく分かる。
【データ】2013年10月7日19時25分〜(40秒露光×16枚加算平均)/オライオン20cmF6反射+パラコア(fl=1380mm)直焦点/EOS40D(SEO-SP2,ISO3200,RAW)/高橋EM200赤道儀ノータッチ@自宅星見台HANA
=================================================================================================================
HomePage(Nifty)星空雑記簿なんと!-e星空ハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

10/07/2013

本日10月7日のアイソン彗星@自宅

10月7日早朝のアイソン彗星/20cmF6反射直焦点だが、ISO3200,30秒露光では存在がやっと分かる程度で尾は写らなかった。

(いずれも画像は長辺方向のみトリミング)↓45秒露光↓

↓1枚目と2枚目を強引に加算平均合成したもの↓

自宅星見台のルーフが邪魔して4時過ぎまで観察できなかった。既に薄明が始まっており、彗星と確信できなかったこともあり長時間露光できなかったのが悔やまれる。ガイド用10cm屈折での眼視確認もできずに終わった。ただ、ネットにはちゃんと尾が写っている画像がUpされているので、露光をしっかりかけてやれば尾も写ったものと思う。今のところ期待よりも若干暗い感じはするものの、来月下旬の近日点通過(太陽のすぐそばを通過すること)でどう変化するかが最大のヤマ場であるのは間違いない。12月初めに肉眼彗星となることは十分期待できる(期待したい)
【データ】2013年10月7日4時19分(30秒露光1枚、1枚目)/4時32分(45秒露光1枚、2枚目)/オライオン20cmF6反射+パラコア(fl=1380mm)直焦点/EOS40D(SEO-SP2,ISO3200,RAW)/高橋EM200赤道儀ノータッチ@自宅星見台HANA
=================================================================================================================
HomePage(Nifty)星空雑記簿なんと!-e星空ハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

10/06/2013

放置追尾2つ>オリオン星雲@自宅

10月2日早朝、ISSと木星のクロスの前に、M45に続いて撮影↓800mm直焦点(E-PM2)↓

↓NikkorED300mmF2.8直焦点(D700)↓

(FXフォーマットだとM42を少しオフセットすると樅の木星雲や馬頭星雲も写野に入る)
焦点が短い300mmの方がガイドエラーも殆ど感じられないが、絞り開放のため周辺減光が目立つ。
【データ】上)2013年10月2日1時56分~(40秒露光×2枚コンポジット)/ボーグ125ED屈折直焦点(fl=800MM)/ペンミニE-PM2(ISO1600,3200,RAW)/ロスマンディGM-8赤道儀ノータッチ/下)10月2日1時10分~(1分露光×12枚コンポジット)NikkorED300mmF2.8開放/ニコンD700(ISO1600,3200,RAW)/ビクセンSXD赤道儀ノータッチガイド@新潟県柏崎市米山福浦自然公園
=================================================================================================================
HomePage(Nifty)星空雑記簿なんと!-e星空ハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

10/05/2013

雲間のオリオン@自宅

昨夜(10月4日晩)の東空。天気が崩れるらしく、西空は完璧に雲に覆われてしまっていた。>雲間に見えたオリオン↓

↓星座線入り↓

雲が西空からどんどん勢力を東空に伸ばしつつあるため、せっかく月の無い週末だったが星見は諦めることにした。今回は、処理段階で「スターエンハンス」を試してみた。
【データ】2013年10月5日0時45分〜(40秒露光×2枚加算平均)/M.ZD17mmF2.8→F3.5/ペンミニE-PM2(ISO3200,RAW)/タカハシTG-SDノータッチ@自宅
=================================================================================================================
HomePage(Nifty)星空雑記簿なんと!-e星空ハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

10/04/2013

M45すばる(プレヤデス)@米山

10月2日早朝、ISSと木星のクロスを待つ間に撮影した。↓

※↑画像はプレヤデス付近をトリミングしています↑※↓トリミング無しの全体画像↓

明け方になると既に「すばる」は南中を過ぎてしまって西に傾き始めている。すっかり冬の星座が明け方の空を支配しているのに驚かされる。季節の移ろいを感じさせられた。
【データ】2013年10月2日1時10分〜(1分露光×12枚コンポジット)/NikkorED300mmF2.8開放/ニコンD700(ISO1600,3200,RAW)/ビクセンSXD赤道儀ノータッチガイド@新潟県柏崎市米山福浦自然公園
=================================================================================================================
HomePage(Nifty)星空雑記簿なんと!-e星空ハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

10/03/2013

初捕捉>アイソン彗星@米山

10月2日早朝は、ISS国際宇宙ステーションの木星面通過を見ることが主目的だったが、話題のアイソン彗星(C/2012s1)をまだ捉えていないので、木星面通過の前に撮影しておきたかった。↓(現在すぐ近くに火星がいるので探しやすい)↓

※↑画像は彗星付近をトリミングしています↑画面右の赤い星が火星↑※
帰宅後、撮影画像から彗星像を探したが、思いのほか作業は難航した。もう少し長焦点で露光を与えれば尾を伴った彗星独特の姿になり見つけるのに苦労することも無いと思った。
撮影地から東方向は、柏崎や長岡の街明かりで空が明るく、肉眼では火星以外には殆ど星が見えなかった。↓トリミング無しの全体画像↓

思いの外、彗星は暗いような気がした。この後、来月下旬には近日点通過(太陽をぐるりと回る)するが、この近日点通過時に太陽から猛烈な熱を受けて彗星表面が溶けるというか表面が裂けて吹き出すというか、分解(ばらける)というか、あまりに早く彗星がばらけてしまっても、さほどばらけないままでも困る。程良くタイミングよくばらけてくれると大彗星らしい見事な尾が観られるかも知れない。と、期待している。
【データ】2013年10月2日2時47分〜(1分露光×4枚加算平均)/NikkorED300mmF2.8→F4/ニコンD700(ISO800,RAW)/ビクセンSXD赤道儀ノータッチガイド@新潟県柏崎市米山福浦自然公園
=================================================================================================================
HomePage(Nifty)星空雑記簿なんと!-e星空ハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

10/02/2013

ISS木星面通過@米山

本日(10月2日)早朝、ISS国際宇宙ステーションの木星面通過が見られるということで、通過経路にあたる新潟県柏崎市(米山町)へ出かけて来た。今回は、20cmSCT直焦点(高速連写)と動画モードでの撮影に加えて、望遠レンズによる通過時刻を挟んでの1分露光も急遽付け加えた3方式での迎撃を試みた。3つのことを同時に進行させるのは無理なので、動画や1分露光追尾撮影は約1分前から撮影を始め、通過時刻前後は高速連写に専念するつもりだった。
結果は、↓ご覧の通り↓

(画面中央付近の星が木星で、見たとおりISSがほぼ木星本体と串刺し状にど真ん中を突っ切っているのだが...)
望遠レンズによる1分露光でISSの軌跡がかろうじて斜線として残っただけで、高速連写の方は雲で木星が隠されシャッター切れず終いでアウト、動画モードによる撮影も、木星面はともかく通過時のISSを捉えることはできなかった。

↑この画像は、雲間から木星が見えた時間帯に1分露光した画像で、雲さえなければ木星よりははるかに明るいISSを捉えられた筈。
【データ】2013年10月2日04時31分〜(1分4枚)/ボーグ250ED屈折F6.4(fl=1280mm)直焦点/ペンタックスK-5(ISO400,RAW)/ビクセンSXD赤道儀+6cm屈折(Nexguide)@新潟県柏崎市。望遠レンズによる1分露光でISSの軌跡がかろうじて斜線として残っただけで、高速連、動画モードによる撮影は失敗に終わった。此処に掲載した画像が唯一の証拠画像と言ってよい。かろうじて薄皮一枚で坊主は免れたような気がする。
=================================================================================================================
HomePage(Nifty)星空雑記簿なんと!-e星空ハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

10/01/2013

M31アンドロメダ星雲@自宅

いよいよ秋本番10月に入った。トップバッターは、9月27日晩のM31アンドロメダ星雲。月が東天に顔を出す直前に撮影した。↓

明るい中心部よりも、そこから広がる腕に沿って見える暗黒帯や周辺部がこの星雲の魅力だと思う。だから、人には手で持てるような双眼鏡よりも中口径以上の望遠鏡に低倍率で(最低有効倍率からすると50倍程度)見る方を薦めることにしている。眩しい位の中心部を敢えて視野外とし、暗さに順応させた眼で覗くと周辺部が見えてくる=びっくりすること間違いない。
撮影は、この明暗差を少しでも緩和する為に1分と5分の2段階の露光で対処した(HDR合成というらしい)。
【データ】2013年9月27日23時05分〜(5分4枚+1分4枚、計8枚コンポジット)/ボーグ100ED屈折F4(fl=400mm)直焦点/ペンタックスK-5(ISO1600,RAW)/ビクセンSXD赤道儀+6cm屈折(Nexguide)@自宅前
=================================================================================================================
HomePage(Nifty)星空雑記簿なんと!-e星空ハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« September 2013 | Main | November 2013 »