« March 2014 | Main | May 2014 »

April 2014 posts

04/30/2014

実写版>5月の星空

5月の星空↓5月15日だと23時頃の南東天〜天頂付近(上旬は24時頃、下旬は22時頃)↓

夜半頃になると夏の銀河が東天に姿を現す。来月の梅雨入り前に眺めておきたい。/6日(火):みずがめ座η流星群極大/11日(日):土星が衝、月が火星へ接近/14日(水)月が土星へ大接近/25日(日)水星東方最大離角/26日(月)細い月が金星へ接近
--------------------------------------------------------------------------------------------------
アストロアーツ社のWebサイトを参考にしました※
==================================================================================================
【データ】2014年3月4日4時29分〜(2分露光×4枚)/smc琢磨28mmF3.5→F4/EOS20D(ISO3200,RAW)/高橋P型赤道儀ノータッチ@自宅前
=================================================================================================================
HomePage(Nifty)星空雑記簿なんと!-e星空ハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

04/29/2014

4/28,ISS太陽面通過、動画版@金沢市森本

4/28(月)10時50分59秒、ISS国際宇宙ステーションの太陽面通過を高倍率ズームコンデジで動画撮影したもの↓

始めにウグイスの鳴き声が聞こえた後、高速連写モードのシャッター音がカシャカシャ鳴り出してすぐ画面中央上から左下に向けてISSがサーっと通り過ぎる。等倍速のままアップロードしているため、気を付けていないと見逃すかも知れない。
↓上の動画ファイルから通過部分の14コマを静止画として取り出し、それをSiriusCompで比較暗合成したもの↓

PowerShot_SX50HSの動画モードは、毎秒24コマで撮影している。14コマしかISSが写っていないことから、通過に要した時間は14/24秒=約0.6〜0.7秒という短時間であったことが分かる。/今回は太陽の中心通過経路を外しているためとも考えられるが、中心部を通過したとしても1秒はかかっていないと思われる=それだけISSの移動量が速く、シャッター速度を速くしないと、上の画像のようにISSの形が長く伸びて写ることになる(4月8日の月面通過時の動画像もISSが伸びて写った)/少なくとも1/500秒以上の高速シャッターでないとISSの動きを止められないと思うが、このカメラの動画撮影モードは、ほぼ全自動撮影となるため、シャッター速度を手動で制御できない。/対策として、減光フィルターを若干明るいタイプにすることも考えられるが、眩しい太陽光はカメラ撮像素子にダメージを与えることにつながる。/一番の原因は、雲越しの撮影であったため露光量を増やす方に自動設定されたことによるものと思われる。(なお、露光量は標準から2/3アンダーに手動設定できた)>次回、好天時に再挑戦したい。
【データ】2014年4月28日10時50分59秒(動画モードで撮影)/D5フィルター、ズーム×60,F7.1?-F8?(自動露光のため不明)/パワーショットSX50HS(ISO自動,MOV)/高橋EM10赤道儀でモーター追尾@石川県金沢市森本町
=================================================================================================================
HomePage(Nifty)星空雑記簿なんと!-e星空ハナのWeb天文台

| | TrackBack (0)

04/28/2014

速報>4/28,ISS国際宇宙ステーション太陽面通過@森本

本日4/28,10時50分59秒、ISS国際宇宙ステーションが太陽表面を通過した(@金沢市森本町)↓とりあえず静止画速報版です。

比較暗合成、太陽全体画像↓
部分トリミング画像・1↓
部分トリミング画像・2
部分トリミング画像・3
部分トリミング画像・4
部分トリミング画像・5
今回の迎撃ポイントのようす
久しぶりのISS太陽面通過で条件も良かったが、あいにく雲が邪魔をした。また、予定していた迎撃ポイントは私有地で、近くの公道も工事中で急遽ロケハンをやり直すしかなかった。結果的に予報通過経路よりも少し外れた箇所で迎撃となり、画面の通り、ISS通過は太陽中心部を外した。/通過時刻が迫ってきても厚い雲が太陽光を阻んでいた。準備中、雲が薄くなった時間に何とかピント合わせできたのは幸いだった。/直前になって雲が薄らいだが構図を合わせ直すのに精一杯で、同架した減光フィルター装着したガイド用望遠鏡での目視確認は諦めざるを得なかった。/ISSは、予報時刻ピッタシに太陽面を通過した。目視確認を諦めたことで時計をしっかり見ながら直前シャッターを切ることができ、タイミングを外さずに済んだ。よく見ると、日本の実験棟「きぼう」の出っ張りが写っているように思える。
【データ】2014年4月28日10時50分59秒(1/1250秒×6枚比較暗合成)/BORG125ED屈折+1.4テレコン(fl=1120mm)直焦点+バーダーアストロソーラーフィルター/ペンタックスK-5(ISO400,JPG高速連写モード)/ロスマンディGM-8赤道儀@石川県金沢市森本町
=================================================================================================================
HomePage(Nifty)星空雑記簿なんと!-e星空ハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

04/27/2014

4/25晩、ISS国際宇宙ステーション通過@自宅

4/25(金)晩、ISS国際宇宙ステーション自宅上空通過:対角魚眼レンズで連続撮影し、比較明合成したもの↓

画面中央やや下に流星状の光跡が写っているが、閃光型?人工天体と思われる(肉眼で確認済み)
上画像をSiriusCompで比較明合成する過程で、動画ファイルを作成したもの↓

前回(4/23)は、北西から北寄りコースを東方向へ通過したが、今回は、西から南寄りコースを通って南東方向へ通過した。しし座の下まで来ると地球の影に入ったため、急激に光度を落とし見えなくなった。
【データ】2014年4月25日19時45分頃〜(15秒露光×多数枚比較明合成)/Zenitar16mmFisheyeF2.8→F4/D700(ISO1600,JPG)/@自宅星見台前
=================================================================================================================
HomePage(Nifty)星空雑記簿なんと!-e星空ハナのWeb天文台

| | TrackBack (0)

04/26/2014

4/24晩、復活EM10赤道儀オートガイド実験>アンタレス付近@自宅

4/24晩、先月追尾モーター復活したEM10赤道儀のオートガイド実験を行った。対象は南東天低いさそり座αアンタレス付近↓

試写には先頃ガイド用から写真撮影用に戻したタカハシFS60Cを使った。小ぶりでflも短くノータッチでも問題なく追尾することは分かっていたが、オートガイド実験を最優先して手軽なもので済ませたかった。/ミニボーグ5cmアクロマート鏡筒を親子亀で取り付け、QHY5LIIカメラ(PHDguiding)で自動ガイドさせ見事成功した。ただ、ノートPC併用では大掛かりになるため、EM10赤道儀には実用的でないと思う。いずれ、カメラ単独でガイドするNexguide用の変換接続コードを用意したい。現在、EM10赤道儀コントローラー直付の自作コードを使っているためだ。
【データ】2014年4月24日23時32分〜(60秒露光×41枚DSSスタック)/タカハシFS60C屈折+0.85レデューサ(fl=300mm)直焦点/ペンミニE-PM2(ISO3200,RAW)/@自宅前
↓モーター換装したEM10赤道儀↓

【参考】EM10赤道儀追尾モーター復活(3/17記事)
=================================================================================================================
HomePage(Nifty)星空雑記簿なんと!-e星空ハナのWeb天文台

| | TrackBack (0)

04/25/2014

4/23晩、ISS国際宇宙ステーション上空通過・2@自宅

4/23晩、ISS国際宇宙ステーション自宅上空通過その2:対角魚眼レンズで連続撮影し、比較明合成したもの↓

上画像をSiriusCompで比較明合成する過程で、動画ファイルを作成したもの↓

雲が画面下(北)から次第に押し寄せて来るのが分かる。その雲がかろうじてISSの軌跡付近でとどまってくれて助かった。ISSは、終わり頃にサーっと画面左(西)から右(東)方向へ流れる。(15秒間隔で撮影した画像を毎秒15コマの動画にしてある)/
【データ】2014年4月23日19時50分頃〜(15秒露光×多数枚比較明合成)/Zenitar16mmFisheyeF2.8→F4/D700(ISO1600,JPG)/@自宅星見台前↓

=================================================================================================================
HomePage(Nifty)星空雑記簿なんと!-e星空ハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

04/24/2014

4/23晩、ISS国際宇宙ステーション上空通過@自宅

4/23晩19時50分過ぎ、ISS国際宇宙ステーションが自宅上空を通過した。通過時のISS本体を望遠鏡で追いかけてみた↓

19時53分↓
19時52分↓
19時52分
19時53分
19時53分
19時53分
おおきさ比較用「木星」同率拡大トリミング
今回は、昨年10月28日のISS通過と同じで、補給船プログレスがISSの前を先行するのを迎撃用ファインダーで目撃した。/夕方までよく晴れていたが、ISS通過時刻が近づくにつれて北の空から雲が張り出してきて、ハラハラさせられた。また、通過開始直後に連写モードのシャッターが急にトラブルを起こし、対応していたら最接近位置までISSが到達しており、とても焦った。そのため、最接近時の画像は写野を外してしまったが、何とかカタチを捉えることはできた。
【データ】2014年4月23日19時50分頃〜(1/1600秒)/Mead20cmF10SCT(fl=2000mm)直焦点/ペンミニE-PM2(ISO2500,JPG)/@自宅星見台前
=================================================================================================================
HomePage(Nifty)星空雑記簿なんと!-e星空ハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

04/23/2014

4/23未明、高倍率ズームコンデジで土星の環が写った!

4/23未明、高倍率ズームコンデジ(PowerShot_SX50HS)だけで土星の環を写すことに成功した。↓

このカメラを手にしてから土星の環を撮ってみたかったが、この晩ようやく実現した。色ズレなど処理過程での課題は残っているが、とりあえず土星の環っかが高倍率ズームコンデジだけで写ることが分かった。
【データ】PowerShot_SX50HS(ISO80,JPG)/光学×50,デジタル×2.5=×125,→F7.1,MF,1/8秒(多数枚連写コンポジット)→原板等倍トリミング/高橋EM10赤道儀で追尾@自宅前
=================================================================================================================
HomePage(Nifty)星空雑記簿なんと!-e星空ハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

04/22/2014

4/20晩、土星とさそり頭部@自宅

4/20晩、雲間からの星空撮影>南東の空に土星が見えた↓

↓星座線入り↓

画面左下が青白く明るいのは、下弦を控えた月が上り始めているため。(低空の雲に隠されている)/土星は現在てんびん座に居る。左下にさそり座が顔を出しているが、厚い雲が邪魔してα星アンタレスもこの雲に阻まれて殆ど見えない状態だった。次の機会には土星の拡大撮影にもチャレンジしてみようと思う。
【データ】2014年4月20日23時52分〜(40秒×14枚スタック/M.ZD17mmF2.8→F4/ペンミニE-PM2(ISO3200,RAW)/タカハシTG-SD@自宅前
=================================================================================================================
HomePage(Nifty)星空雑記簿なんと!-e星空ハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

04/21/2014

4/20晩、火星とスピカ@自宅

昨夜(4/20)、雲間から星空が見えた。南の空には接近中の火星が明るく輝いていた。↓

↓星座線入り↓

赤い火星の左下に、青白くおとめ座α星スピカが光っている。火星や土星の拡大撮影にも挑戦したかったが、この後雲が多くなり諦めた。
【データ】2014年4月20日23時44分〜(40秒×8枚スタック/M.ZD17mmF2.8→F4/ペンミニE-PM2(ISO3200,RAW)/タカハシTG-SD@自宅前
=================================================================================================================
HomePage(Nifty)星空雑記簿なんと!-e星空ハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

04/20/2014

3/28晩、木星いろいろ@自宅

3/28晩、まだ夜空高くに輝いていた頃の木星>同じ晩に撮影したものをいくつか集めてみた。
↓口径10cmF4屈折直焦点(fl=400mm※多数枚スタック)

↓高倍率ズームデジカメ↓木星+ガリレオ衛星×50

↓高倍率ズームデジカメ↓木星本体、×100(※多数枚コンポジット)

最大口径約3cmのレンズながら、高倍率ズームコンデジだけで木星本体の二本のバンドが写ったのには驚いた。
【データ】2014年3月28日20時53分〜(1秒、1/50秒)/ペンミニE-PM2(ISO3200,JPG)/PowerShotSX50HS(ISO80,JPG)/BORG100ED屈折(fl=400mm)直焦点、F4/×50,×100,F6.5,AF/ビクセンGPD(SynScan改造)赤道儀@自宅前
=================================================================================================================
HomePage(Nifty)星空雑記簿なんと!-e星空ハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

04/19/2014

4/19朝、明けの明星@自宅

4/19早朝、営農作業の出動前にベランダから東天の明けの明星(金星)をパチリ↓

(画角が広すぎて確認できないと思われます→画像をクリックして拡大してご覧下さい)
↓若干アップで撮影↓

※マーカー入れておりません。金星を探してみてください(画面中央付近です)※
この後、作業出動のため外へ出たら、南西の空に月を見つけたが、とき既に遅く作業開始に間に合わないので撮影は諦めた。
【データ】2014年4月19日04時45分、46分(1秒、1枚)/PowerShotSX50HS(ISO80,JPG)/4.3mmF3.4/8mmF4/AF,窓枠半固定、ブレ補正On,Pオート露光@自宅ベランダ
=================================================================================================================
HomePage(Nifty)星空雑記簿なんと!-e星空ハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

04/18/2014

4/14晩、月面周縁部の動画@自宅

月画像の連投で恐縮ですが)14日晩、満月直前の月周縁部を動画撮影したもの↓

この晩は、火星が地球に再接近の日であり、火星の拡大撮影を試みる前に先ず近くの月を撮影した。ほぼ満月に近い月表面の凸凹ははっきりしないため、月の周縁部に的を絞って望遠鏡を動かした。
【データ】2014年4月14日22時13分(MOV→AVI)/Mead25cmF6.3SCT+12.5mmアイピース拡大/ペンミニE-PM2(MOV動画モード)/LX200-25赤道儀@自宅星見台HANA
=================================================================================================================
HomePage(Nifty)星空雑記簿なんと!-e星空ハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

04/17/2014

月齢11.6~16.8@自宅

高倍率ズームコンデジ(PowerShot_SX50HS)導入により、その都度望遠鏡を準備せずに月面撮影可能となった。↓4月11日〜16日までの月面↓

4月17日(木)未明
4月15日(火)
4月14日(月)
4月13日(日)
4月12日(土)
4月11日(金)
日々の形の変化や主なクレーター、明部暗部模様などを捉えるだけなら高倍率コンデジで十分だ。しかし、小さなクレーターや詳細な月面地形を捉えるには解像度が大きく関係してくるので望遠鏡には適わない。高倍率ズームコンデジは、手軽さから来る速写性が最大の武器で、特に、月面や太陽黒点撮影が容易に行えることから、天文への興味関心を高める効果も期待される。
【データ】2014年4月11〜16日/PowerShotSX50HS(ISO80,JPG)/×100,F7.1,AF,傾斜経緯台、窓枠半固定、ブレ補正On,1/200〜1/30秒、マニュアル露光@自宅前
=================================================================================================================
HomePage(Nifty)星空雑記簿なんと!-e星空ハナのWeb天文台

|

04/16/2014

4/7-16の太陽面@自宅

高倍率ズームコンデジ(PowerShot_SX50HS)導入により、その都度望遠鏡を準備せずに日々の太陽黒点観察が可能となった。↓4月7日〜16日までの太陽面↓

4月16日(水)
4月15日(火)
4月14日(月)
4月13日(日)
4月12日(土)
4月11日(金)
4月10日(木)
4月9日(水)
4月8日(火)
4月7日(月)

4月以降は6日を除き、7日から連続10日間太陽面を撮影した。望遠鏡の解像度には及ばないが、カメラを持ち出すだけで太陽黒点撮影できるという手軽さが有難い。
【データ】2014年4月7〜16日/PowerShotSX50HS(ISO80,JPG)/×100,F7.1,AF,傾斜経緯台、窓枠半固定、ブレ補正On,マニュアル露光@自宅前
=================================================================================================================
HomePage(Nifty)星空雑記簿なんと!-e星空ハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

04/15/2014

4/14晩、火星と満月直前の月@自宅

昨晩(4/14)は、月が火星のすぐ近くに居た。↓火星(左上)と満月直前の月↓

(月が明る過ぎて、火星が確認できないかもしれない→画像をクリックして拡大してご覧下さい)
↓満月直前の月↓

この晩は、火星が地球に最も近づいた日でもあった。星見台の望遠鏡で火星拡大撮影を試みたがメラメラ状態で静止画を起こせないでいる。↓動画から一部分(約1分余)を取り出したもの↓(デジタルテレコンON)

↓同(デジタルテレコンOFF)

【データ】(上2枚)2014年4月14日22時54分(1/60秒、1/200秒、1枚)/PowerShotSX50HS(ISO80,JPG)/×100,F7.1,AF,窓枠半固定、ブレ補正On,マニュアル露光@自宅前
(下動画)22時43分(MOV-AVI)/Mead25cmF6.3SCT+12.5mmアイピース拡大/ペンミニE-PM2(MOV動画モード)/LX200-25赤道儀@自宅星見台HANA
=================================================================================================================
HomePage(Nifty)星空雑記簿なんと!-e星空ハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

04/14/2014

3/22晩、かみのけ座中心部@自宅

3月22日晩、空高く南中している↓かみのけ座中心部(琢磨135mm)↓

しし座の尻尾とうしかい座の間に肉眼でもぼんやりと星の集まりがあるのを確認できる=この星がばらばらっと集まった部分がかみのけ座中心部にあたる。しし座寄り(画面右端から1/4位の所)に細長い系外星雲が小さく斜めに写っているのが分かるが、これがEdge on系外星雲の代表?として知られるNGC4565である。あのメシエがこの天体を見逃しているのは不思議な気もする。
【データ】2014年3月22日22時33分(JST)60秒×22枚スタック/琢磨135mmF3.5→F4/EOS20D(ISO1600,RAW)/高橋P型赤道儀ノータッチ@自宅前
=================================================================================================================
HomePage(Nifty)星空雑記簿なんと!-e星空ハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

04/13/2014

3/28晩、系外星雲M81,82@自宅

ここしばらく月や太陽の画像が続いた。ということで、おおぐま座の系外星雲M81,82です(4/2晩撮影)↓

此処の辺りは、ごく淡い分子雲があることでも知られているが、絶対露光時間が足りないことと、M82超新星に的を絞ったこともあって、バックは濃く落とした。M82超新星がまだ確認できる。↓

【データ】2014年3月28日21時26分(60秒露光×24枚スタック/BORG100ED屈折(fl=400mm,F4)直焦点/ペンミニE-PM2(ISO3200,RAW)/ビクセンGPD(SynScan改造)赤道儀ノータッチ@自宅前
=================================================================================================================
HomePage(Nifty)星空雑記簿なんと!-e星空ハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

04/12/2014

4/11夕、月齢11.6@自宅、ほか

4/11,晩ご飯の前に、高倍率コンデジ(PowerShotSX50HS)で空高く上っている月を撮影した。

望遠鏡不要、カメラだけで月のクレーターが写せる。この手軽さ、簡単さが魅力だ。間もなく光学100倍ズーム機が登場するらしい。
【データ】2014年4月11日(1/125秒1枚)/光学ズーム50倍、デジタル2倍(×100)、AF/PowerShotSX50HS(ISO80,JPG)/傾斜経緯台@自宅ベランダ
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
※ISS国際宇宙ステーションその3ですm(_ _)m※
4/9夕、ISS月面通過の高速連写を比較明合成した静止画像です↓

【データ】2014年4月9日18時10分12秒(1/2000秒、11枚から比較明合成)/Mead20cmF10SCT+0.63レデューサー(fl=1260mm)直焦点/ペンタックスK-5(ISO1600,JPG)/LX90-20経緯台モード@富山市、常願寺川左岸河川敷
=================================================================================================================
HomePage(Nifty)星空雑記簿なんと!-e星空ハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

04/11/2014

4/9夕、ISS月面通過@富山・2

※ISS国際宇宙ステーションその2ですm(_ _)m※
4/9夕、若田船長が搭乗するISS国際宇宙ステーションが上弦を過ぎた月面前を通過した。
↓高倍率コンデジ(PowerShotSX50HS)動画から通過部分を切り出して比較明合成したもの↓

SX50HSの動画撮影はフルオート露光を基本としているため、シャッター速度がISSの動きを止められず、棒状に伸びている。これを何とか止められればカメラだけで撮影できるのでとても好都合なのだが。
↓望遠鏡直焦点(fl=700mm,ペンミニE-PM2)で撮影した動画↓

(前回掲載した静止画像はこの画像を元に作成した。画面上が北方向)
【データ】2014年4月8日18時10分12秒(動画MOV/MOV→JPEG切り出し22枚から比較明合成)/上:光学ズーム50倍、デジタル2倍(×100)/PowerShotSX50HS(動画モード、MF)/高橋EM-10赤道儀/下:PENTAX105EDHF(fl=700mm)直焦点/ペンミニE-PM2(動画モード)@富山市、常願寺川左岸河川敷
【参考】↓高倍率ズームコンデジで撮影した動画↓(画面左が北方向、再生速度1/2)

=================================================================================================================
HomePage(Nifty)星空雑記簿なんと!-e星空ハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

04/10/2014

4/9夕、ISS月面通過@富山

※またもISS国際宇宙ステーション記事で恐縮ですm(_ _)m※
4/9夕、若田船長が搭乗するISS国際宇宙ステーションが上弦を過ぎた月面前を通過した。
↓動画から通過部分を切り出して合成したもの↓

↓高倍率ズームコンデジで撮影した動画↓(画面左が北方向、再生速度1/2)

今回は、夕暮れの青色が残る空での通過で、青空にISSが白くなって写ったのは初めてのことだった。月面の明るい部分で重なって埋もれており、ぱっと見、月を貫通したかのような印象を受ける。ともあれ、夕暮れのISS迎撃が成功してよかった。
【データ】2014年4月8日18時10分12秒(動画MOV/MOV→JPEG切り出し50枚から比較明合成)/上:PENTAX105EDHF(fl=700mm)直焦点/ペンミニE-PM2(動画モード)/高橋EM-10赤道儀/下:光学ズーム50倍、デジタル2倍(×100)/PowerShotSX50HS(動画モード、MF)@富山市、常願寺川左岸河川敷↓

=================================================================================================================
HomePage(Nifty)星空雑記簿なんと!-e星空ハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

04/09/2014

4/8晩、ISS上空通過@自宅

4/8夕、若田船長が搭乗するISS国際宇宙ステーションが日本海上空を北上した。
↓ISS本体の高速連写・静止画像を繋いで動画風にしたもの↓

ISS位置が不揃いだったりテロップのタイミングが異なったりです、ご容赦を。(機会をみて作り直したい)
↓動画作成に使った画像から(最接近時)↓

↓動画作成に使った画像から(後半)↓

動画版にしたのは、中盤まではISSの位置が(地上からみて太陽方向で)良くなかったらしく、太陽パネルが分からずパッとしないため。後半は太陽方向から外れて太陽パネルがよく見えるようになったが、とき既に遅く地上からは遠ざかる一方で大きく写せなかった。
【データ】2014年4月8日18時57分〜19時01分(1/2000秒、32枚から合成)/Mead25cmF6.3SCT+0.8レデューサー(fl=1280mm)直焦点/ペンミニE-PM2(ISO2000,JPG)/LX200-25赤道儀クランプフリー手動@自宅星見台HANA↓

=================================================================================================================
HomePage(Nifty)星空雑記簿なんと!-e星空ハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

04/08/2014

4/7晩、月面エックス@自宅

4/7夕、上弦の月が空高く輝き、月面「X」を観ることができた。↓(画面上が北方向)

↓月面X部分を拡大トリミング↓

↓高倍率ズームコンデジ画像↓(画面上が北方向)

部屋の南側窓にカメラを置いて手持ち撮影したが、100倍でも強力な手ブレ回避機能のおかげで歩留まりよく撮影できた。背面液晶モニターでもハッキリと「X」地形が確認できた。もはや望遠鏡不要?と感じた瞬間だった。
【データ】2014年4月7日【上・中】19時39分(1/1600秒×19枚コンポジット)/Mead25cmF6.3SCT(fl=1600mm)直焦点/ペンミニE-PM2(ISO3200,JPG)/LX200-25赤道儀【下】18時34分(1/30秒)/×100,F6.5/PowerShotSX50HS(ISO80,JPG)/手持ち窓枠固定@自宅前
=================================================================================================================
HomePage(Nifty)星空雑記簿なんと!-e星空ハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

04/07/2014

4/2夕、地球照@自宅

4/2夕、西空に細い三日月(月齢2.6)と地球照がきれいに見えた>高倍率コンデジで撮影↓

地球照を出すためには露光不足気味だったので、処理過程でトーンレベルを少し持ち上げた。
【データ】2014年4月2日19時31分(1秒露光)/×50(215mm)→F7.1/PowerShotSX50HS(ISO200,JPG)/三脚固定@自宅前
=================================================================================================================
HomePage(Nifty)星空雑記簿なんと!-e星空ハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

04/06/2014

4/5晩、ISS上空通過@自宅

4月5日17時46-51分、若田船長搭乗中のISS国際宇宙ステーション上空通過を迎撃↓通過の全貌(対角魚眼)↓

雲越しの観察となったため、25cmSCT直焦点によるISS本体の高速連写は露光が足りず失敗した↓

対角魚眼によるISS通過画像を動画風にしたもの↓

今回は南西の空からの出現だったが、1等星程度しか見えない程の曇空で、ISS出現当初は近くのシリウスと見間違えて発見が遅れた。南南東の空高くに上り詰めた辺りで(地球の影に入ったため)急に暗くなり見えなくなった。
【データ】2014年4月5日19時48−51分(15秒露光×10枚、25枚比較明/Zenitar16mmF2.8→F4/D700(ISO1600,JPG)/三脚固定@自宅
=================================================================================================================
HomePage(Nifty)星空雑記簿なんと!-e星空ハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

04/05/2014

3/28,31,4/2,5朝、太陽の表情@自宅

太陽黒点観察は日々の継続がカギと考えているが、日記同様なかなか思うようにならない。3月28日〜本日4月5日まで撮影した太陽面です。
4月5日8時53分↓×100(2400mm相当)↓いずれも画面上が北方向

↓4月2日8時28分↓

↓3月31日8時36分↓

↓3月28日8時34分↓

太陽黒点は、昨年7月頃より望遠鏡を使った継続観察を試みたが、準備に手間がかかり、雲があってもささっと観察するに至らず、天気が悪くなり始めた晩秋頃には止めてしまった。/試しにベランダに小口径望遠鏡を置いてみると、準備の手間は改善されたが、投影像が小さくて不満だった。/解像度はさらに落ちるが、高倍率ズームコンデジだけですぐ太陽面の撮影ができるのは有難い。/なお、太陽観察は強烈な熱線を含むため、しかも継続観察なので目によくないのは言うまでもない。この点からも背面液晶だけを見て撮影する方法は安全と言える。この方法だとファインダーを覗く必要がない。
【共通データ】×100,F6.5-7.1/D5フィルター、1/800-1000秒/PowerShotSX50HS(ISO80,JPG)/傾斜経緯台@自宅
=================================================================================================================
HomePage(Nifty)星空雑記簿なんと!-e星空ハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

04/04/2014

4/3未明、マルカリアンの鎖@自宅

4/3未明、「マルカリアンチェーン」と呼ばれる小宇宙群を撮影した↓

構図が南にズレたためマルカリアンチェーン中心部が上に偏ってしまった。しかし、写野の隅にも微小な系外星雲があちこち点在しており、構図を修正せずそのまま撮影した。
【データ】2014年4月3日0時54分(60秒露光×32枚スタック/BORG100ED屈折(fl=400mm,F4)直焦点/ペンミニE-PM2(ISO3200,RAW)/ビクセンGPD(SynScan改造)赤道儀ノータッチ@自宅前
=================================================================================================================
HomePage(Nifty)星空雑記簿なんと!-e星空ハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

04/03/2014

4/1早朝、ISS上空通過→金星ニアミス@自宅・3

4/1早朝のISS上空通過→金星ニアミスその3:静止画↓対角魚眼

↓金星近傍↓

↓金星にISSが一番近い辺り↓

ISSが金星付近を通過する頃には遠く離れたために見かけの移動量が少なっており、光度も暗くなって静止画変換しても点像も同然の状態だった。
【データ】2014年4月1日4時48−51分(10秒露光×22枚比較明/及び動画ファイルから通過部分切り出し)/Zenitar16mmF2.8→F4及びZD50-200mm(150mm位置)F5.6/D700(ISO1600,JPG)及びペンミニE-PM2(MOV→JPEG切り出し)/三脚固定、及び高橋P型赤道儀@自宅
=================================================================================================================
HomePage(Nifty)星空雑記簿なんと!-e星空ハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

04/02/2014

4/1早朝、ISS上空通過→金星ニアミス@自宅

4/1早朝4時50分頃、若田船長搭乗中のISS国際宇宙ステーションが日本列島上空を通過その2↓ISSと金星のニアミス(動画)↓画面上が北方向

ペンミニE-PM2で記録した動画映像の内のISS通過部分。既に視線方向の移動量が少ないため、写野を横断するのに30秒以上かかっている。
【データ】2014年4月1日4時50分頃/ZD50-200mm,150mm位置、F5.6/ペンミニE-PM2(MOV→WMV変換)/高橋P型赤道儀@自宅
=================================================================================================================
HomePage(Nifty)星空雑記簿なんと!-e星空ハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

04/01/2014

4/1早朝、ISS上空通過→金星をかすめる@自宅

4/1早朝4時50分頃、若田船長搭乗中のISS国際宇宙ステーションが日本列島上空を通過した。↓ISS上空通過時の様子(動画風)↓

対角魚眼レンズで撮影した22枚の静止画を「SiriusComp」というフリーソフトを使って比較明合成して一枚の画像にしたが、同時に動画AVIも作成したので、先ずその動画AVIから紹介する。
【データ】2014年4月1日4時48分頃〜51分頃(10秒露光×22枚JPEG→AVI)/Zenitar16mmF2.8→F4/D700(ISO1600,JPG)/カメラ三脚固定@自宅
=================================================================================================================
HomePage(Nifty)星空雑記簿なんと!-e星空ハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« March 2014 | Main | May 2014 »