« October 2014 | Main | December 2014 »

November 2014 posts

11/30/2014

実写版>12月の星空

12月15日だと24時頃の南天(上旬は25時頃、下旬は23時頃)↓11/24未明,南中する冬の星たち↓(星座線入り)

6(土):○満月/14(日):ふたご座流星群極大(期間12月5日〜20日)、下弦/20(土):月、土星へ大接近/22(月):冬至、●新月/23(火)天皇誕生日:こぐま座流星群極大(12月18日〜24日)/29(月):上弦
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
アストロアーツ社のWebサイトを参考にしました※
=================================================================================================================
【データ】2014年11月24日1時31分〜(2分露光×32枚DSSスタック)/SAMYANG14mmF2.8半絞り/富士X-T1(ISO2000,RAW→TIF)/ペンタックス75赤道儀、ノータッチ@自宅前
=================================================================================================================
HomePage(Nifty)星空雑記簿なんと!-e星空ハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

11/29/2014

11/23未明、樅の木星雲@自宅

11/23未明、星見台で撮影した↓樅の木星雲と馬頭星雲(27日掲載済み)から取り出した↓樅の木星雲(DSS,×2Drizzle)↓

元画像↓樅の木星雲(左)と馬頭星雲(右)↓

樅の木星雲は、意外にも空さえ暗ければ小口径望遠鏡でも目視確認できる(馬頭星雲とは雲泥の差)/隣り合わせの三ツ星(左下の星)の明るさに惑わされるがさほど影響を受けない。馬頭星雲だとこのような明るい星が同一視野にあると先ず無理なのとは対照的だ。
【データ】2014年11月23日3時11分〜(3分露光×21枚DSSスタック)/GS200RC+0.75RF(fl約1200mm)直焦点/富士X-E1(ISO3200,RAW→TIF)/NJP+8cm屈折(QHY5LII&PHD2)@自宅星見台HANA
=================================================================================================================
HomePage(Nifty)星空雑記簿なんと!-e星空ハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

11/28/2014

10/16~11/27までの太陽面

10月16日〜11月27日までの太陽面 by Powershot SX50HS↓

11月27日(木)
11月24日(月)
11月19日(水)巨大肉眼黒点→肉球黒点?
11月17日(月)
11月16日(日)
11月15日(土)
11月14日(金)巨大肉眼黒点回帰(再び東縁に登場)
11月12日(水)
11月11日(火)
11月10日(月)
10月7日(金)
10月5日(水)
11月4日(火)
11月2日(日)
10月30日(木)巨大肉眼黒点、西縁にほぼ隠れる。
10月29日(水)巨大肉眼黒点、西縁へ隠れ始める。
10月28日(火)巨大肉眼黒点、西縁へ到達
10月26日(日)
10月25日(土)
10月24日(金)巨大肉眼黒点、子午線付近へ到達
10月23日(木)子午線付近へ到達!雲越しの撮影
10月19日(日)
10月18日(土)巨大肉眼黒点が東縁に現る
10月16日(木)
10月下旬、近年稀に見る巨大肉眼黒点が現れた。→既に拡大トリミング画像を掲載済みなので、此処では全体画像だけとした。10月末に西縁へ姿を消した後、裏側を回って11月中旬に再び姿を現した(回帰)が、衰え始めており、その形はイヌやネコの肉球そっくりに見えた。
【データ】2014年10月16日〜11月27日/PowerShotSX50HS(ISO80,JPG)/×100,F7.1,D5,AF,マニュアル1/800,1/1000秒、ブレ補正On,傾斜経緯台、窓枠半固定手持ち撮影@市内山見地区及び自宅前
=================================================================================================================
HomePage(Nifty)星空雑記簿なんと!-e星空ハナのWeb天文台

| | TrackBack (0)

11/27/2014

11/23未明、馬頭星雲付近@自宅

11/23未明、星見台で撮影した↓樅の木星雲(左)と馬頭星雲(右)↓

↓馬頭星雲(DSS,×2Drizzle)↓

DeepSkyStacker(DSS)の×2Drizzle処理は、(単純なトリミング拡大とは異なり)それほど画質を荒らさないで全写野から半分の領域をトリミング拡大表示することができる。しかし、撮影時の画像解像度が悪いと上に掲載したような結果(=トリミング拡大した殆ど意味がない)となる。やはり精密なピント、良好なシーイング、精度良い追尾が大切ということに尽きるが、小口径しか使えない庶民派アマチュア天文家には有難い機能といえそう。
【データ】2014年11月23日3時11分〜(3分露光×21枚DSSスタック)/GS200RC+0.75RF(fl約1200mm)直焦点/富士X-E1(ISO3200,RAW→TIF)/NJP+8cm屈折(QHY5LII&PHD2)@自宅星見台HANA
=================================================================================================================
HomePage(Nifty)星空雑記簿なんと!-e星空ハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

11/26/2014

11/22晩、M45すばる@自宅

長野県北部地震で被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。
11/22晩の「その時」、星見台で撮影中だった↓M45すばる、プレヤデス星団↓

↓地震発生時刻前後の4枚スタック画像↓

↓地震発生時に撮影中だったと思われる1枚画像↓

撮影中、いきなり携帯から地震警報が流れ驚かされた。注意深く静かに待機したが、画像のとおり揺れは感じなかった。その後の情報で、本市(富山県南砺市)は震度2ということであったが、少なくとも拙宅では震度0揺れ無しだった。/(画像はDSSスタック処理後の画像をトーンカーブ調整しただけのものです)
【データ】(上)2014年11月22日21時38分〜23時12分(3分及び5分露光、計23枚DSSスタック)/(中)22時02分〜15分(3分露光×4枚DSSスタック)/(下)22時06分〜09分(3分露光、1枚画像)/GS200RC+0.75RF(fl約1200mm)直焦点/富士X-E1(ISO3200,RAW→TIF)/NJP赤道儀+8cm屈折(QHY5LII+PHD2)@自宅星見台
=================================================================================================================
HomePage(Nifty)星空雑記簿なんと!-e星空ハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

11/25/2014

11/23未明、バラ星雲中央部@自宅

11/23未明の撮影、その2↓バラ星雲↓(ノーマル、全体画像)

↓同、×2Drizzle画↓

今回、DeepSkyStacker(DSS)で初期処理する際にノイズ処理のパラメータ変更をした結果、ノイズが目立ってしまった。そこで、NeatImageを利用して荒れた画像を滑らかにしようと試みた。↓同、ノーマル全体画像>NeatImage処理↓

↓同、×2Drizzle>NeatImage処理↓

NeatImageにより画像の荒れが収まり確かに滑らかにはなったが、明らかに眠くてモワっとした画になった。
【データ】2014年11月23日1時18分〜(3分露光×24枚DSSスタック)/GS200RC+0.75RF(fl約1200mm)直焦点/富士X-E1(ISO3200,RAW→TIF)/NJP赤道儀+8cm屈折(QHY5LII/PHD2)@自宅星見台HANA
=================================================================================================================
HomePage(Nifty)星空雑記簿なんと!-e星空ハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

11/24/2014

11/24未明、冬の大三角形@自宅

日曜日は朝から雨交じりの天候で、昼頃に雨は上がったものの雲厚く、星見は無理と諦めていた。が、未明になってふと外を見ると星空が広がっているではないか。慌てて外へ出た。↓冬の大三角形↓(琢磨28mm)

↓同、星座線入り↓

想定外の天気回復・星見であった上に寒さと睡魔に負け、広角レンズを装着したカメラを軽量赤道儀に載せて放置追尾でシャッターを切った後、自分は星見台で仮眠した。
約40年前のTakumar28mmレンズを初めてX-E1に使用してみた。星像はシャープなれど歪曲収差で周辺は星が放射状になる。最近のカメラはそれぞれ使用レンズの収差を修正する機能が付いているし、フォトショップにもレンズ収差修正機能がある。ただ、40年前のレンズなので、自前で補正量をカスタマイズする必要がある。
【データ】2014年11月24日1時31分~(2分露光×33枚DSSスタック)/琢磨28mmF3.5→F4/富士X-E1(ISO1600,RAW→TIF)/ペンタックス75赤道儀ノータッチ@自宅前
=================================================================================================================
HomePage(Nifty)星空雑記簿なんと!-e星空ハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

11/23/2014

11/23未明、M78ウルトラマン星雲@自宅

昨晩(11/22)は20日晩より透明度悪かったが、貴重な月明のない連休なので星見台へ上がった↓M78ウルトラマン星雲↓(DSS,×2Drizzle)

↓通常のDSSスタック処理画↓

ネットでDeepSkyStacker(DSS)スタック処理の過程で×2,×3Drizzleというのがあると知り、早速試してみた。画面を1/2,1/3にトリミングしただけのように見えるが、画像サイズはそのままで×2,×3に拡大されて画質はさほど荒れていないようだ。小さな天体のクローズアップや対象天体の部分クローズアップに都合良さそうに思った。
【データ】2014年11月22日24時0分~(3分露光×22枚DSSスタック)/GS200RC+0.75RF(fl約1200mm)直焦点/富士X-E1(ISO3200,RAW→TIF)/NJP赤道儀+8cm屈折(QHY5LII+PHD2)@自宅星見台HANA
=================================================================================================================
HomePage(Nifty)星空雑記簿なんと!-e星空ハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

11/22/2014

11/20晩、M45すばる中央部@自宅

11/20晩は前晩よりもすっきり晴れ渡った>夕食後、星見台へ上がりNJP赤道儀オートガイド実験↓M45すばる、プレヤデス星団↓

斜鏡スパイダーによる十字回折像が何とも目障りだ。しかもスパイダーが真っ直ぐになってないようで二重になっている。
↓DSSスタック処理直後に吐き出したTIF画をそのままJPEG変換したもの↓

3分露光を繰り返したが、ガイド不調でまともなのが少なく、特に値の低い画(全体の1/3程)は捨てた。その結果、総露光量40分余りになってしまった。
【データ】2014年11月20日21時35分〜(3分露光×14枚DSSスタック)/オライオン20cmF6反射+パラコア(fl=1380mm)直焦点/富士X-T1(ISO3200,RAW→TIF)/高橋NJP赤道儀+FS60C(QHY5LII&PHD2)@自宅星見台HANA
=================================================================================================================
HomePage(Nifty)星空雑記簿なんと!-e星空ハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

11/21/2014

11/20未明、M42オリオン星雲@自宅

11/19晩、EM10オートガイド実験後、星見台へ上がり過日EM200と入れ替えたNJP赤道儀のオートガイド実験を試みた。↓M42オリオン星雲↓

透明度は一時的に回復したが、撮影開始するとまた悪化、追尾不調も祟って星像がシャープでない。
↓NJP赤道儀には口径20cmF6反射を載せた↓

NJP赤道儀の搭載能力よりもはるかに軽量な望遠鏡を載せているのだが、どうもパッとしない。ギヤ類の遊びが結構大きいような気がする。>PHD2guidingの設定もさる事ながら、赤道儀の駆動系についても(自分にできる範囲で)さらに煮詰めたい。
【データ】2014年11月20日1時40分〜(10秒〜1分露光、計21枚DSSスタック)/オライオン20cmF6反射+パラコア(fl=1380mm)直焦点/富士X-T1(ISO3200,RAW→TIF)/高橋NJP赤道儀+8cm屈折(ASI120MM+PHD2)@自宅星見台HANA
=================================================================================================================
HomePage(Nifty)星空雑記簿なんと!-e星空ハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

11/20/2014

11/19晩、樅の木星雲、馬頭星雲

昨夜は、久しぶりに晴れた。残念ながら空全体に渡って透明度よくないが、北陸では貴重な晴れ間なので超久しぶりにEM10赤道儀のオートガイド実験を試みた。↓

透明度が悪く、3時間あまり粘ったが半分以上の画像は薄雲に散乱され捨てるしかなかった=映像的には収穫なかったが、旧い赤道儀でオートガイドできることが確認できてよかった。
↓ガイド実験中の様子↓

所有のEM10赤道儀は旧型でガイド端子が無いため、コントローラから自作の端子コードを引っ張り出してある。
↓PHDguiding画面↓ガイド鏡fl短いこともありガイドグラフは良好↓

野外専用と割り切り、旧型モバイル省エネPC(Vaio_U型)を使ってDSIカメラでガイド星監視させるつもり。軽量コンパクトなのはよいが超鈍足が難点、省エネだけが取り柄?
【データ】2014年11月22時53分〜(3分露光×28枚DSSスタック)/高橋FC60屈折(fl=500mm)直焦点/富士X-E1(ISO3200,RAW→TIF)/高橋EM10赤道儀+5cmファインダー(DSI&PHDguiding)@自宅前
=================================================================================================================
HomePage(Nifty)星空雑記簿なんと!-e星空ハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

11/19/2014

11/19昼、(肉眼黒点→)肉球黒点

東縁に回帰した元「巨大肉眼黒点」が、本日19日子午線付近へ進出し「肉球黒点」となった。↓(等倍トリミング)

↓本日11/19昼の太陽面↓

↓同、トリミング画像↓

巨大黒点がバラけて「並み」の黒点群になってしまったが、形がイヌやネコの肉球に酷似していて面白い。
【データ】2014年11月19日昼/PowerShotSX50HS(ISO80,JPG)×100,F7.1,D5,AF,1/1000sec,窓枠半固定手持ち撮影@市内(宗守地区)
=================================================================================================================
HomePage(Nifty)星空雑記簿なんと!-e星空ハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

11/18/2014

昨夜は、しし座流星群ピーク

昨晩(11/17-18)は、しし座流星群出現のピーク予想日だった。↓12年前、大出現で話題になった↓しし座流星群の流星↓

明るい火球クラスの流星の他にいくつもの流星が写っている↓同流星の流星痕↓

昨年は、月明かりが邪魔した上にアイソン彗星が接近したため、しし座流星群はそれほど話題にならなかった。/今年は月明かりはさほど影響しなかったが、北陸では天気に恵まれず出現を捉えることができなかった。/テレビ報道では、太平洋側を中心に流星を観察できたようである。マスコミは、おうし座流星群と併せて報道していた。/来月14日は、三大流星群の一つに数えられるふたご座流星群がピークとなる。比較的安定して出現するので期待したい。しかし、冬型の天候になっているので、日本海側は天気が気がかりだ。
=================================================================================================================
HomePage(Nifty)星空雑記簿なんと!-e星空ハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

11/17/2014

11/15未明、東天に上る冬の星たち@自宅

11/15未明、雨雲が切れた東天に冬の星座が顔を出していた。すかさずポタ赤を出して撮影↓東天の冬の星たち↓

既に画面上に雲が邪魔し始めており、2枚目3枚目は雲が画面上半分を覆い尽くしてしまって撮影続行を諦めるしかなかった。
↓同、星座線入り↓

(正直なところ)星座線を引く作業は面倒くさい。星座線を入れていて、ふたご座とおおいぬ座が切れているのに気付いた。(;´д`)
【2014年】11月14日24時03分(1分露光、1枚画像)/SAMYANG14mmF2.8→半絞り/富士X-E1(ISO3200,RAW→TIF)/タカハシTG-SD赤道儀ノータッチ@自宅
=================================================================================================================
HomePage(Nifty)星空雑記簿なんと!-e星空ハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

11/16/2014

11/15,巨大肉眼黒点回帰?

先月下旬話題になった巨大肉眼黒点が太陽の裏側を回って再び東縁に姿を現し始めた。↓11/15午前の太陽面↓

↓同、トリミング画像↓

↓先月10/19日の同黒点↓「追記」へどうぞ↓

Continue reading "11/15,巨大肉眼黒点回帰?"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

11/15/2014

11/15未明、月と木星の接近@雲間

不安定な天候が続いている。雨雲に隙間ができた東空に下弦の月と木星が接近しているのを目撃>手すりにカメラを置いて撮影。↓木星と月↓

僅か30分程、雲の切れ間があり撮影することができた。この直後に降雨。
【2014年】11月15日0時14分(1秒露光1枚画像)/Fujinon35mmF1.4→F2.8/富士X-T1(ISO3200,RAW→TIF)/手すりに半固定@自宅物置
=================================================================================================================
HomePage(Nifty)星空雑記簿なんと!-e星空ハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

11/14/2014

11/14未明、月齢20.7@自宅

昨日は、冷たい風と氷雨の一日だった。就寝直前、慌ててベランダから横着撮影。↓月齢20.7(一枚撮り画像)↓

11月に入ると、北陸は時雨れて肌寒く氷雨の日が多くなる。/寝る前に窓から外を伺うと、何と雲間から下弦前の月と冬の星座が顔を見せていた。↓同、3枚コンポジット↓(トリミング画像)

未だ月が低空な上に冬型の乱れた大気状態のため、良好な画像少なくコンポジットの意味殆ど無し。そもそもが元々横着撮影だし..。
【2014年】11月14日0時02分(1/30秒)/PowerShot_SX50HS(ISO80,JPG)/×100,F7.1,AF,手ブレ補正On,傾斜経緯台@自宅ベランダ
=================================================================================================================
HomePage(Nifty)星空雑記簿なんと!-e星空ハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

11/13/2014

11/10晩、M42オリオン星雲@自宅

NJP赤道儀(Pyxis仕様)+ASI120MMカメラ+PHD2によるオートガイド実験その2↓M42↓

明るい月が近くにあったので1分を越す露光は無理であり、何よりもNJP+ガイダーテストが主目的のため総露光時間30分にも足りず、まさに試写画像となった。→月が無いとき&ガイダーが機嫌のいい時に再チャレンジしたいと思う。
【2014年】11月10日22時50分〜(3秒〜40秒露光、計89枚DSSスタック)/GS200RC+0.75RC(fl約1200mm)直焦点/高橋NJP赤道儀+8cmガイド鏡(ASI&PHD2)@自宅星見台HANA
=================================================================================================================
HomePage(Nifty)星空雑記簿なんと!-e星空ハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

11/12/2014

11/11未明、系外星雲M74@自宅

星見台の望遠鏡架台をNJP赤道儀(Pyxis仕様)へ変更後、ASI120MMカメラ+PHD2によるオートガイド実験で試写した↓M74↓

これまでのEM200赤道儀(NS企画DOG仕様)はオートガイド可能だったが、天体導入に関してはエンコーダが無く導入スピードも遅いため、効率的とは言えなかった。/換装したNJP赤道儀はエンコーダ付きなので、クランプを緩めて手動で天体導入を手早く行えるメリットがある。/ただ、ささっとスイスイと快適に天体導入を行うには若干の慣れと経験が必要な気がする。/オートガイドも完璧にはまだ程遠く、此の試写画像ではガイドエラー等により半分近くを捨てざるを得なかった。
↓オートガイド試写中の「ガイドグラフ」↓

(しばらく↑この山と谷を小さくするのに手間取りそう)
【2014年】11月11日0時33分〜(1分露光×14枚DSSスタック)/GS200RC+0.75RC(fl約1200mm)直焦点/高橋NJP赤道儀+8cmガイド鏡(ASI&PHD2)@自宅星見台HANA
=================================================================================================================
HomePage(Nifty)星空雑記簿なんと!-e星空ハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

11/11/2014

11/11未明、月齢17.7@自宅

元々星雲・星団用に設計された望遠鏡(GS200RC)で月面撮影するなど、血迷ったとしか思えないのだが..
↓月齢17.7の月面↓(30枚コンポジット)

↓同、一枚撮り画像↓

星見台の赤道儀をEM200から耐荷重性のあるNJPへ換装した。エンコーダー付きなので、下手な電動式自動導入よりも天体導入を手動で早く済ませられるというメリットもある。/ところが、オートガイドでつまづいている。昨晩は、PHD2に弄ばれ、ガイドグラフが一向に改善できなかった。何にも収穫なしでは腹の虫が収まらないので、とりあえず、怒り心頭?血迷って?お月様を撮ったという次第。>高倍率ズームコンデジで撮った方がマシと皆に笑われそうだ。(;´д`)
【データ】2014年11月11日1時11分〜(1/250秒×30枚コンポジット、1枚撮り)/GS200RC+0.75RC(fl約1200mm)直焦点/富士X-E1(ISO200,JPG)/高橋NJP(Pyxis)赤道儀+8cmガイド鏡(ASI+PHD2)@自宅星見台HANA
=================================================================================================================
HomePage(Nifty)星空雑記簿なんと!-e星空ハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

11/10/2014

10/29晩、樅の木星雲、馬頭星雲@自宅

10/11画像処理講習会in東京をきっかけに画像処理の見直し改善に取り組んではいるが、遅々とした状況が続いている。>(その証として?)同じ光学系&カメラで撮影した「樅の木星雲・馬頭星雲」です。↓10/29晩撮影↓

↓同、10/25未明撮影↓(10/25掲載済)

前回との違いは総露出時間(57分→90分)ぐらいで大差ない。つまり、殆ど進化していないことが見て取れる orz>そういうわけで、懲りもせず年末12/27(土)天体画像処理講習会in大阪に再び参加させていただくことにした。(;´д`)
【データ(上)】2014年10月29日23時41分~(3分露光×30枚DSSスタック)/PENTAX105EDHF+0.77RC(fl約540mm)直焦点/富士X-E1(ISO3200,RAW→TIF)/ビクセンGPD(SynScan改)赤道儀+5cmガイド鏡(QHY5LII+PHDguiding)
【データ(下)】2014年10月25日0時34分〜(3分露光×19枚DSSスタック)/PENTAX105EDHF+同0.77RC(fl約540mm)直焦点/富士X-E1(ISO3200,RAW→TIF)/ビクセンSXD赤道儀+5cmファインダー(QHY5LII+PHDguiding)@自宅前
=================================================================================================================
HomePage(Nifty)星空雑記簿なんと!-e星空ハナのWeb天文台

| | TrackBack (0)

11/09/2014

11/8未明、M42トラペジウム付近ほか@自宅

11/8未明、モノクロ1/3吋カメラ(ASI120MM)で試写↓M42トラペジウム付近↓

↓木星とガリレオ衛星↓

↓付属レンズ>ルーフ内からの星野↓

ASI120MMはオートガイドを主目的にして導入したが、できればカメラ本来の使い方も試してみたい。
◆白黒カメラなので、カラー画像にするにはLRGB個々に撮像し、合成する必要がある。DeepSkyObjectが最終目標だが1/3吋では写野が狭すぎ本格導入前の前段階?。◆惑星や月の拡大撮影への応用だが、シーイングが改善するまで待つ忍耐力に乏しいのがネック。◆付属広角レンズによる流星撮影も面白そうだが監視カメラで使われる動体感知シャッターが必要?>結局、オートガイド用となる公算が大。(*´∀`*)
【データ】2014年11月8日未明(AVI動画ファイルから静止画切り出し→コンポジット静止画)/MeadLX200-25F6.3,付属レンズ/ASI120MM(AVI動画形式)@自宅星見台HANA
↓ASI120MMモノクロ1/3吋カメラ↓

=================================================================================================================
HomePage(Nifty)星空雑記簿なんと!-e星空ハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

11/08/2014

11/8早朝、暁の空に水星が光っていた。↓全体画像(原板)↓

↓原板から水星部分を等倍切り出し↓

初めはスピカ?と思ったが、時間が経ってもこれより明るい星は見えなかった。あれ?とカメラのモニターで調べたら、水星の右上にスピカが写っているのを確認。水星の方が肉眼ですぐに分かるほど明るいと納得した。スピカは肉眼では分からなかった。水星は、今月1日に西方最大離角で徐々に高度を下げている。
【データ】2014年11月8日5時47分〜(1/15秒1枚)/Fujinon35mmF1.4→F2.8/富士X-T1(ISO400,JPG)/星見台手すりに半固定@自宅前
◆おまけ◆昨晩は、星見台ルーフの望遠鏡赤道儀をEM200からNJPに取り替えた。↓

安定感が増し、エンコーダ付きで電動導入よりも早く手動天体導入もできるが、頼みのオートガイダーがうまく働かないと判明し、現在暗礁に乗り上げ状態。orz
=================================================================================================================
HomePage(Nifty)星空雑記簿なんと!-e星空ハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

11/07/2014

11/5深夜、月齢12.7@自宅

11/5深夜、月齢12.7の月を高倍率ズームコンデジSX50HSで撮影した↓全体画像(原板)↓

↓原板から月面北東部分を等倍切り出し↓

↓原板から月面南東部分を等倍切り出し↓

↓原板から月面北西部分を等倍切り出し↓

↓原板から月面南西部分を等倍切り出し↓

◆(自画自賛で恐縮だが)等倍トリミング画像4枚は、たかだか口径3cmファインダー程度の解像度しかない高倍率ズームコンデジとしては上等の出来と思う。<満月直前の月がほぼ頭上の高い位置にあってジェット気流による揺れの影響をあまり受けなかったお陰かも知れない。
◆この晩の月は、「ミラクルムーン」とか言うそうだが、全く知らなかった。(詳しくはウィキペディア等で調べてもらうことにして)旧暦(太陰暦)の話らしいが、全くと言ってよいほど関心はない。占星術か何かの世界か??わざわざ「ミラクルムーン」などと名称を付けてまで騒ぎ立てることも無かろうに。
【データ】2014年11月5日23時19分〜(1/250秒×14枚コンポジット)/PowerShot_SX50HS(ISO80,JPG)/×100,F7.1,AF,手ブレ補正On,Manualモード/小型赤道儀手動追尾@自宅前
=================================================================================================================
HomePage(Nifty)星空雑記簿なんと!-e星空ハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

11/06/2014

11/5未明、月明下のM42オリオン星雲@自宅

11/4夜、月齢12近い月明かりの下で撮影した↓M42オリオン星雲↓

↓(初期処理DSSスタック段階で吐き出された)元画像に比較的近い画像↓

この晩、月明かりはあるが透明度高く、NJP赤道儀のオートガイドテストを行った。>結果、ガイドケーブル端子がイモ半田状態で失敗。>せっかく久しぶりに出したNJP赤道儀をこのまましまうのは癪なので、20cmF6反射直焦点・放置追尾テストに切り替えた。>30秒位だと追尾に問題ないことは確認できた。/画像処理は相変わらず苦手で、先月の講習会以降、さらに迷走酷い状態。・゜・(ノД`)・゜・
【データ】2014年11月5日1時6分〜(7秒30枚、17秒60枚、30秒30枚DSSスタック)/オライオン20cmF6反射+パラコア(fl約1380mm)直焦点/富士X-E1(ISO3200,RAW→TIF)/高橋NJP赤道儀放置追尾@自宅前
=================================================================================================================
HomePage(Nifty)星空雑記簿なんと!-e星空ハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

11/05/2014

10/29晩、M45すばる、プレヤデス星団@自宅

画像処理暗中模索状態シリーズ:M45すばる、プレヤデス星団↓

この辺りは分子雲と呼ばれる淡いガスが広がっている。自分の拙いスキルでは背景表現が難しい。また、プレヤデス周辺の明るい星雲に生気が感じられない。
【データ】2014年10月29日21時51分〜(3分露光×18枚DSSスタック)/PENTAX105EDHF+0.77RC(fl約540mm)直焦点/富士X-E1(ISO3200,RAW→TIF)/ビクセンGPD(SynScan改)赤道儀+5cmガイド鏡筒(QHY5LII+PHDguiding)@自宅前
=================================================================================================================
HomePage(Nifty)星空雑記簿なんと!-e星空ハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

11/04/2014

10/29晩、M31アンドロメダ星雲@自宅

後処理が暗中模索状態でなかなか思うようにならないシリーズ:M31アンドロメダ星雲↓

アンドロメダ星雲は中心部の輝度が強過ぎて周辺部埋もれがちになる。もう一つは周囲の糠星が目立つこと。やはり星マスクなのか?>自分のスキルでは如何ともし難い/これもノータッチのため、一枚あたりの露光時間を30秒に止めた。(それでも少し星が流れている)/総計176コマで総露光量は約90分=やはり放置追尾では駄目、オートガイドすべきであろう。
【データ】2014年10月29日18時53分〜(30秒露光×176枚DSSスタック)/PENTAX105EDHF+0.77RC(fl約540mm)直焦点/富士X-E1(ISO3200,RAW→TIF)/ビクセンGPD(SynScan改)赤道儀ノータッチ@自宅前
=================================================================================================================
HomePage(Nifty)星空雑記簿なんと!-e星空ハナのWeb天文台

| | TrackBack (0)

11/03/2014

10/29晩、M33さんかく座の系外星雲@自宅

後処理が暗中模索状態でなかなか思うようにならないシリーズ:M33さんかく座の系外星雲↓

糠星に輝きがない。処理過程でM33中心部の白トビを抑えようとした影響か?(こういう時に星マスクを使うのか?)
【データ】2014年10月29日20時27分〜(30秒露光×140枚スタック)/PENTAX105EDHF+0.77RC(fl約540mm)直焦点/富士X-E1(ISO3200,RAW→TIF)/ビクセンGPD(SynScan改)赤道儀ノータッチ@自宅前
=================================================================================================================
HomePage(Nifty)星空雑記簿なんと!-e星空ハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

11/02/2014

バラ星雲2態@自宅

先月撮ったバラ星雲2態です。後処理が暗中模索状態でなかなか思うようにならない。
↓10cmED屈折、fl約540mm↓

↑望遠鏡口径(6cm→10cm)と露光量(22分→90分)を増やしてみた。
↓6cm蛍石屈折、fl約300mm↓

↑放置追尾では2分露光が限界(原板では星が流れている)>露光量が全く足りないと思い無理したらハイキーになってしまった。(´;ω;`)
【データ(上)】2014年10月25日2時33分〜(3分露光×30枚DSSスタック)/PENTAX105EDHF+同0.77RC(fl約540mm)直焦点/富士X-E1(ISO3200,RAW→TIF)/ビクセンSXD赤道儀+5cmガイド鏡(QHY5LII+PHDguiding)
【同(下)】2014年10月19日2時1分〜(2分露光×8枚DSSスタック)/タカハシFS60C+0.85RC(fl約300mm)直焦点/富士X-E1(ISO3200,RAW→TIF)ビクセンGPD(SynScan改造)赤道儀ノータッチ@自宅前
=================================================================================================================
HomePage(Nifty)星空雑記簿なんと!-e星空ハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

11/01/2014

10/29夕、火星とM8干潟星雲の接近@自宅

10月29日ISS月面通過直後、その月の下に火星がM8干潟星雲へニアミスしていた。↓

その前日28日夕方は、雲に阻まれすっきりした画像は得られなかったので撮り直した。ISS月面通過の撮影に使用した望遠鏡をそのまま火星とM8へ向けた。/極軸合わせしていないので露光時間は延長できず(30秒露光でも微妙に星がズレている)、また、明るくなり始めた月が近くに輝いているため、ISO感度を下げるしかなかった。
【データ】2014年10月29日18時13分〜(30秒×24枚DSSスタック)/PENTAX105EDHF+0.77RC(fl約540mm)直焦点/富士X-T1(ISO1600,RAW→TIF)/ビクセンGPD赤道儀放置追尾@自宅前
=================================================================================================================
HomePage(Nifty)星空雑記簿なんと!-e星空ハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

実写版>11月の星空

11月15日だと22時過ぎの東天(上旬は23時頃、下旬は21時頃)↓10/24未明,東天に上る冬のダイヤモンド↓(星座線入り)

上旬:おうし座流星群/1(土):水星西方最大離角/3(月)文化の日/6(木)おうし座南流星群極大/7(金):○満月、立冬/13(木)おうし座北流星群極大、土星と金星が最接近/15(土):下弦/17(月):しし座流星群極大/22(土):小雪、●新月/23(日)勤労感謝の日/24(月)振替休日/29(土):上弦(月面X)
--------------------------------------------------------------------------------------------------
アストロアーツ社のWebサイトを参考にしました※
==================================================================================================
【データ】2014年10月24日1時04分〜(1分露光×67枚DSSスタック)/SAMYANG14mmF2.8→半絞り/富士X-E1(ISO3200,RAW→TIF)/ペンタックス75赤道儀ノータッチ@自宅前
=================================================================================================================
HomePage(Nifty)星空雑記簿なんと!-e星空ハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« October 2014 | Main | December 2014 »