« April 2015 | Main | June 2015 »

May 2015 posts

05/31/2015

実写版>6月の星空

6月15日だと午前2時頃の南空(上旬は3時頃、下旬は1時頃)

1(月):月、土星へ接近/3(水):○満月/7(日):金星東方最大離角/10(水):下弦/13(土):金星、プレセペ星団へ接近/16(火):●新月/20(土):月、金星へ接近/下旬:パンスターズ彗星が明け方に4等台/21(日):月、木星へ接近/22(月):夏至/24(水):上弦/25(木):水星西方最大離角/28(日):6月うしかい座流星群極大/29(月):月、土星へ接近
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
アストロアーツ社のWebサイトを参考にしました※
=================================================================================================================
【データ】2014年6月1日2時48分〜(60秒×25枚DSSスタック)、ペンミニE-PM2(ISO3200,RAW)/M.ZD17mmF2.8→F4/タカハシTG-SDノータッチ@高鷲スノーパーク
=================================================================================================================
HomePage(Nifty)星空雑記簿なんと!-e星空ハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

05/30/2015

5/30未明、北極星直近に接近中のラブジョイ彗星@自宅

本日5/30未明、北極星間近に接近中のラブジョイ彗星↓(画面中央、下の輝星は北極星)↓長辺方向トリミング

↓同、×2Drizzle↓

↓同、白黒反転画像↓

月明かりの影響を少しでも和らげるため、月が西天低くなるのを待っていたら、薄雲に阻まれ、撮影枚数を稼げなかった。>北極星が薄雲による滲みで膨らんでしまった。
【データ】2015年5月30日0時53分〜(30秒露光×23枚DSSコメットモード)/富士X-T1(ISO3200,RAW→TIF)/タカハシFS60C(B改)+0.72RC(fl=255mm)直焦点/ビクセンGPD(SynScan改)赤道儀@自宅前
=================================================================================================================
HomePage(Nifty)星空雑記簿なんと!-e星空ハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

05/29/2015

5/22未明、M17馬蹄形(デザリング追尾実験)@自宅

5/22未明、M-GENガイダーのデザリング機能を試してみた。↓M17馬蹄形星雲(x2Drizzle)

↓同、ノーマル画像(トリミングなし)

↓今回は、M-GENを載せたSXD赤道儀&PENTAX105EDHFで実験した↓

デザリングで撮影すると1コマごとに写野方向を少し変えるため若干時間をとられる>DSSスタック処理時、1コマごとにX,Y位置がズレているのがわかる(=デザリング成功を確認)/撮影枚数が少ないのと稚拙な処理術のため効果については未検証=実感に至らず。(*´∀`*)/薄雲越し強行撮影のため滲んでしまっている。m(_ _)m
【データ】2015年5月22日0時48分〜(60秒×21枚DSSスタック)/ペンタックスK-5(ISO3200,RAW)/PENTAX105EDHF屈折+0.77RC(fl=540mm)直焦点/ビクセンSXD赤道儀+M-GEN(100,デザリングガイド)@自宅前
=================================================================================================================
HomePage(Nifty)星空雑記簿なんと!-e星空ハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

05/28/2015

5/27晩、ボール状コマのラブジョイ彗星@自宅

前回はカメラレンズ・固定撮影の画像だったが、今回は30cmF5反射直焦点によるラブジョイ彗星↓

ぱっと見、バースト後のホームズ彗星と同じ感じで、彗星のコマ部分が球状に写っている。/眼視観察も行ったが、月明かりの影響もあって10cm屈折でかろうじて確認できた。30cm×54ではコマ部分が淡くぼんやりと見え、核部分の集光度はあまり無いようだった。拡散が進み、ひと頃の核部分の煌めきは全く感じられない。/現在彗星は北極星の直近に居るのでひと晩中観察可能だが、月が明るくなり観察の邪魔になってきた。
【データ】2015年5月27日22時22分〜(30秒露光×30枚DSSコメットモード)/QHY9(-30℃,Lのみ)/BKP300,F5反射+コマコレクター(fl=1500mm)直焦点/EQ8赤道儀放置追尾@自宅星見台HANA
=================================================================================================================
HomePage(Nifty)星空雑記簿なんと!-e星空ハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

05/27/2015

5/26深夜、三脚だけで撮ったラブジョイ彗星

前回と同じ北天日周運動画像ですが、北極星すぐ近くに接近したラブジョイ彗星が写っています↓

↓同、等倍トリミング画像↓(画面中央付近の輝星が北極星、赤矢印が彗星)

彗星の軌跡をよく見ると、約70分余の間に僅かながら北方向へズレているのが分かる。(他の恒星の軌跡とズレている)/実は、前回投稿の北天日周運動画像もラブジョイ彗星狙いだったが、広角過ぎて微光星は写らなかった。そこで、今回は85mmレンズ(135換算で約130mm)を使って再挑戦した。/85mmレンズであっても、これだけ天の北極に近いと30秒露光しても星の移動はあまり無く、ほぼ点像に写る。=つまり、望遠鏡赤道儀を使わずカメラ三脚だけでラブジョイ彗星を写すことができるということになる。
【データ】2015年5月26日23時10分〜(30秒露光×140枚DSS比較明)/富士X-T1(ISO1600,RAW→TIF)/Nikkor85mmF1.4→F2.8/三脚固定@自宅星見台HANA
=================================================================================================================
HomePage(Nifty)星空雑記簿なんと!-e星空ハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

05/26/2015

5/21晩、北天日周運動@自宅

5/21晩、北極星を中心にした日周運動撮影にトライした。↓

総露光時間は約3時間半。カメラのバッテリーはまだ余裕あったが、このあと急に雲が張り出してきて諦めるしかなかった。/奇しくも北極星と航空機の軌跡が重なった(=北極星の真ん前を通過)/中央やや右の短い軌跡は流星と思われるが、他の軌跡は航空機、人工天体、イリジウム衛星の軌跡である。
【データ】2015年5月21日20時34分〜(30秒露光×423枚DSS比較明)/富士X-T1(ISO1600,RAW→TIF)/SAMYANG14mmF2.8半絞り/三脚固定@自宅星見台前
=================================================================================================================
HomePage(Nifty)星空雑記簿なんと!-e星空ハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

05/25/2015

5/24夕、月、木星、金星が西天に集結@自宅

5/24夕方、西空に月、木星、金星が明るく輝いていた。↓縦構図↓(月の右横に木星、斜め下に金星)

(山稜シルエットは医王山、その向こうが石川県金沢市)↓横構図↓

この時期は田植え時期と重なり、まさに瑞穂の国ニッポンを象徴する景色が見られる時期でもある。/そのまま星見台へ上がりたかったが、明日から平日業務なので諦めた。
【データ】2015年5月24日20時20分頃(5〜10秒、1枚撮り)/富士X-E1(ISO1600,RAW)/SAMYANG14mmF2.8→F4/三脚固定@自宅周辺
=================================================================================================================
HomePage(Nifty)星空雑記簿なんと!-e星空ハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

05/24/2015

5/23未明、M27亜鈴状星雲@自宅

5/23未明、新ガイダーM-GENの試行実験を兼ねて撮影した↓M27亜鈴星雲↓

↓×2Drizzle(DeepSkyStacker)↓

今回はM-GEN(100)の付属レンズを外し、本体を5cmファインダーに取り付けてガイドさせてみた。撮影中、雲の往来があり不安定な状況でガイド不良が発生し、撮影枚数を稼げなかった。何とか使えるのは6割に留まった。焦点距離が1000mm越すと器材の精度だけでなく天候の状況にも左右されることを実感した。
【データ】2015年5月23日2時02分〜(60秒×17枚DSSスタック)/富士X-T1(ISO3200,RAW→TIF)/GS200RC+0.75RC(fl=1200mm)直焦点/GM-8赤道儀+5cmファインダー(M-GEN)自動ガイド@自宅前
=================================================================================================================
HomePage(Nifty)星空雑記簿なんと!-e星空ハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

05/23/2015

5/23早朝、ラブジョイ彗星@自宅

本日(5/23)早朝、北極星近くまで北上しているラブジョイ彗星を撮影した↓

↓白黒反転画像↓

※彗星が超接近している画面中央の星は北極星ではない。北極星は彗星を写野隅にすると入ってくる。さすがに衰えは隠せないが、それでも写真にはあっさりと写る明るさがある。/月のない週末だったが、前夜と大差ない天気で薄雲の往来があり、星像が滲んでしまった。
【データ】2015年5月23日2時50分(60秒露光19枚DSSスタック)/富士X-E1(ISO3200,RAW)/タカハシFS60C(B改)+0.72RC(fl=255mm)直焦点/ビクセンGPD赤道儀@自宅前
=================================================================================================================
HomePage(Nifty)星空雑記簿なんと!-e星空ハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

05/22/2015

5/21晴天の西天@自宅

5月21日は、夕方からよく晴れた。↓西天に集合した月、金星、木星↓

↓星名、星座線入り↓

あいにく平日晩なのが恨めしい。北極星に接近中のラブジョイ彗星のほか、新ガイダー試行実験の続きを行った。(今後、おいおいと公開するつもりです)
【データ】2015年5月21日20時13分(15秒露光1枚)/富士X-T1(ISO3200,RAW)/SAMYANG14mmF2.8半絞り/三脚固定@自宅星見台
=================================================================================================================
HomePage(Nifty)星空雑記簿なんと!-e星空ハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

05/21/2015

3年前、金環日食@佐久市

3年前の5月21日、日本中が金環日食で沸いた。/自宅では金環にならないので隣県佐久市まで出かけて撮影した↓
↓第2接触直後

↓「最大」前

★↓全経過画像↓

初めは少し雲があったものの、ほぼ全過程を雲に邪魔されずに済んだ。はるばる長野県まで来た甲斐があってよかった。
【データ】2012年5月21日07時34分※秒については調査中(320分の1秒)/オリンパスE-30(ISO100,RAW)/タカハシFC-60屈折直焦点500mm/高橋EM-10赤道儀ノータッチ■06時20分〜(250分の1秒)/ニコンD700(ISO100,RAW)/Nikkor28mmF2.8→F4/@長野県佐久市、道の駅ほっとぱーく浅科
★金環食の始まりから終わりまでを動画GIFにしたもの。↓

画面左が北方向、上が西方向
★木漏れ日↓意外と↓これがよかった。興味深かった。

(居合わせた日食観察の方が壁に画用紙を貼ってくださった)
【データ:動画】2012年5月21日06時18分頃〜09時頃/オリンパスE-30(ISO100,RAW)/タカハシFC-60屈折直焦点500mm/高橋EM-10赤道儀ノータッチ
【データ:下2枚】2012年5月21日/プログラムオート露光/オリンパスPEN E-P1(ISO Auto,JPG)/M.ZD17mmF2.8→Auto/@長野県佐久市、道の駅ほっとぱーく浅科
=================================================================================================================
HomePage(Nifty)星空雑記簿なんと!-e星空ハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

05/20/2015

5/19深夜、北極星5°以内のラブジョイ彗星@自宅

昨夜22時過ぎには快晴状態となった。周極星となっているラブジョイ彗星を探してみると、、
↓C/2014Q2ラブジョイ彗星↓(長辺のみトリミング)

右横の星団はNGC188↓同、白黒反転↓

よく見ると、1-2時方向に淡い尾が残っているようだ。それにしても、これだけ天の北極に近いと(北極星から5°以内)、赤道儀も放置追尾で十分な気がする。
【データ】2015年5月19日23時23分〜(1分×30枚恒星基準スタック)/富士X-E1(ISO3200,RAW→TIF)/ボーグED100,F4屈折(fl=400mm)直焦点/ビクセンGPD(SynScan改)赤道儀ノータッチ@自宅前
↓電線が横切っていることに気づかず、コメットモードでスタックしたもの↓

電線の影が邪魔なので、上2枚は通常の恒星基準スタック(Kappa-sigma)にして電線をキャンセルした。恒星基準でスタックすると彗星はその移動分だけ流れてしまうが、ごく僅かな移動量(下画像で、恒星が上下に流れている分が彗星の移動量)で、あまり目立たずに済んだ。
=================================================================================================================
HomePage(Nifty)星空雑記簿なんと!-e星空ハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

05/19/2015

新オートガイダー試行・2>M17馬蹄形星雲@自宅

スタンドアロン型オートガイダー(M-GEN)の試行実験その2:100mmガイド用レンズでfl=1200mm直焦点を試す。
↓M17馬蹄形星雲付近↓

動作確認中の4コマ

その1:GS200RC鏡筒レールにアリ溝を介して取付
その2:ガイド状況を示すコントローラ画面(ガイド荒れ気味)
その3:M-GENは小さく目立たない
その4:撮影終了直後の背面液晶モニター画面(M57)
今回は、fl=100mmレンズでGS200RC(fl=1200mm)をガイドできるか試してみた。載せる架台をGM-8赤道儀に変更した。
1000mmを越す長焦点は、よほど短時間露光でない限りオートガイダー必須といえる。/掲載画像は20コマ中19コマは星像がほぼ真円に近くガイド修正もうまくいっているようだった。ただ、他の撮影画像では20コマ中9コマしかガイド成功していないものもあった=さすがに100mmレンズで1200mmをきっちり点像に収めるのは厳しいようである。/しかし、ガイド実験中は4方向修正ボタンLEDが点滅して必死に修正動作しているのを確認している=M-GENスーパーガイダーだけの問題ではなく、fl=1000mmを越すと赤道儀の追尾精度や天候による影響が出やすくなると考えられる。/赤道儀を調整し精度を上げることに加えて、M-GENのパラメータ設定を見直すことでもう少し精度よくガイド修正できる気がする。
【データ】2015年5月18日2時53分〜(1分露光×19枚DSSスタック)/富士X-E1(ISO3200,RAW→TIF)/GS200RC+0.75RC(fl=1200mm)直焦点/ロスマンディGM-8赤道儀+M-GEN@自宅前
=================================================================================================================
HomePage(Nifty)星空雑記簿なんと!-e星空ハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

05/18/2015

新オートガイダー試行・1>M27亜鈴状星雲@自宅

先週末、スタンドアロン型オートガイダー(M-GEN)が届いた。早速、動作確認を兼ねてM-GENで自動追尾させてみた。
↓M27亜鈴状星雲付近(全体画像)↓

↓M27亜鈴状星雲付近(×3Drizzle)↓

動作確認中の4コマ

その1:撮影カメラの制御もできる
その2:FS60C鏡筒の脇に取り付けてみた
その3:コントローラ本体
その4:低空の薄雲で星が滲んでしまった
稼働初実験ということで望遠鏡は小型のfl=255mmとした。オートガイダー無しでも追尾できる焦点距離だが、撮影枚数が増えると所用時間増大するので自動追尾修正した方がよいと思う。/感触としてはfl=1000mmに満たない場合は追尾に問題なさそうだ。/キャリブレーションに要する時間が想像以上に速くて驚いた。次回はfl=1200mmで追尾実験してみたもの。
【データ】2015年5月17日1時5分〜/富士X-E1(ISO1600,RAW→TIF)/バルブ1分露光×20枚DSSスタック/FS60C(B改)+0.72RC(fl=255mm)直焦点/ビクセンGPD(SynScan改)赤道儀+M-GEN@自宅前
=================================================================================================================
HomePage(Nifty)星空雑記簿なんと!-e星空ハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

05/17/2015

動画版>5/15国際宇宙ステーションの日面通過@丸岡町

5/15,10時42分、ISS国際宇宙ステーションの日面通過@福井県丸岡町の動画バージョンです。
↓高倍率ズームコンデジ×50で動画撮影したもの(通過は後半、連写音開始1秒後?)↓

今回、写野方向が太陽中心を外してますm(_ _)m/雲など邪魔して通過の瞬間が分からないかも。
↓通過中の16コマのみで秒2コマ表示のパラパラ漫画風にしたもの↓

↓高速連写で捉えた通過中の4コマのみで秒1コマのパラパラ漫画にしたもの↓

◆言い訳◆
雲が覆っている状態で、高速連写のピントや露光設定に気をとられ、動画撮影の方まで精査する余裕が無かった。ただ、通過時のISSを動画像に捉えられなくても天候(空)の様子は写るだろうし、音声記録からもある程度状況が伝わると思うので今後も高倍率ズームコンデジによる動画撮影は続けようかと考えている。
【データ】2015年5月15日10時42分58-59秒/(上・中)パワーショットSX50HS(ISO80,MOV)×50,F7.1,D5フィルター/タカハシTG-SD赤道儀/(下)ペンタックスK-5(ISO200,JPG)1/1000秒×4コマで動画作成/BORG125ED屈折+1.4テレコン(fl=1120mm)直焦点、アストロソーラーフィルター/GM-8赤道儀放置追尾@福井県丸岡町、竹田川右岸
=================================================================================================================
HomePage(Nifty)星空雑記簿なんと!-e星空ハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

05/16/2015

詳報>5/15,10時42分58-59秒、国際宇宙ステーションの日面通過@丸岡町

5/15,10時42分58-59秒、ISS国際宇宙ステーションの日面通過@福井県丸岡町の詳報(その1)です。
↓望遠鏡直焦点/太陽面通過中を高速連写→4コマを比較暗合成したもの↓

通過中の4コマ

その1
その2:ほぼ太陽の中央付近
その3
その4:通過完了直前
原板を600×600ドット等倍トリミングしたものをフォトショップで1200×1200ドットに無理矢理広げた。/雲が終始邪魔し大気の状態も良くなかったので解像度にはあまり期待していなかった。そもそも雲による減光で露出設定が定まらず、最終的に快晴時の2倍にISO感度を上げ、露光時間を4倍にした。=写っただけでも吉という状態だった。はるばる福井まで出かけて坊主にならずに済んでよかった。
【データ】2015年5月15日10時42分58-59秒/ペンタックスK-5(ISO200,JPG)1/1000秒×4コマ比較暗合成/BORG125ED屈折+1.4テレコン(fl=1120mm)直焦点、アストロソーラーフィルター/GM-8赤道儀放置追尾@福井県丸岡町、竹田川右岸
=================================================================================================================
HomePage(Nifty)星空雑記簿なんと!-e星空ハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

05/15/2015

速報版>本日10時42分、ISS国際宇宙ステーションの日面通過@丸岡町

5月15日10時42分58秒〜59秒、ISS国際宇宙ステーションが太陽前を横切った(日面通過)@福井県丸岡町↓とりあえずの速報画像(背面液晶モニター画面より)↓

↓今回の迎撃ポイントです↓(竹田川右岸の土手です)

到着時、空は明るかったものの雲が多くピントすらなかなか合わせられない状況で、通過直前まで少々厚い雲が邪魔していた。なので迎撃できたのは超ラッキーとしか言いようがない。雲が切れたというか、薄くなった時にISSがさっと太陽面を横切るのを5cm×32望遠鏡で目視することができた。
秒速7コマ連写で通過部分の4コマを秒1コマに再生速度を落としたパラパラ動画です↓(実際は0.7秒程度で通過)↓

今回、地上から約430km上空通過で前回(@上市町)よりも100km程度近かった。今回はほぼ太陽のほぼ中央付近をピッタシ予報時刻に通っていった。ISS Transit Prediction PlotsによるISS通過ライン予報はほぼぴったりだったようだ。(次回、詳報を載せます)
【データ】2015年5月15日10時42分58-59秒(1/1000秒)/ペンタックスK-5(ISO200,JPG)高速連写モード/ボーグ125ED屈折+1.4テレコンバータ(fl=1120mm)直焦点、アストロソーラーフィルター/ロスマンディGM-8赤道儀ノータッチ@福井県丸岡町、竹田川右岸堤防
=================================================================================================================
HomePage(Nifty)星空雑記簿なんと!-e星空ハナのWeb天文台

| | TrackBack (0)

05/14/2015

5/14未明、周極星のラブジョイ彗星@自宅

昨夜は台風一過の晴れ。大陸からのPM2.5飛来?で透明度は今一つだったが朝まで星見できた。↓ラブジョイ彗星(C/2014Q2)

↑長辺方向のみトリミング↓同(白黒反転)↓

画面上方向がほぼ北方向。1時半方向に短く尾が伸びているようである。/同彗星は現在周極星となっているので、ひと晩中見ることができる。/撮影時は北極星のすぐ下(やや右)に居た。5cmファインダーでは厳しいが、10cm×26望遠鏡であっさり目視することができた。/明け方になるほど高度上がるので都合良いが、下弦を過ぎた月が東空に上ってくるので早めに撮影した。
【データ】2015年5月14日0時42分〜(60秒露光×36枚DSSスタック、コメットモード)/富士X-E1(ISO1600,RAW)/タカハシFS60C(B改)+0.72RC(fl=255mm)直焦点/高橋P型赤道儀ノータッチガイド@自宅星見台前
=================================================================================================================
HomePage(Nifty)星空雑記簿なんと!-e星空ハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

05/13/2015

2年前、M27亜鈴状星雲@自宅

季節外れの台風接近で星見ままならなかった。>2年前に撮影したM27亜鈴状星雲↓(長辺トリミング)

↓同上(M27付近を拡大トリミング)↓

5月も中旬に入った。好天に恵まれているが満月期と重なったこともあり、DeepSkyから見放されている。今宵は晴れそうなので何とか星見したい。
2013年5月9日2時28分〜(5分露光×2枚)/ペンタックスK-5(ISO1600,RAW)/オライオン20cmF6反射+パラコア(fl=1380mm)直焦点/EM200赤道儀+10cm屈折(DSI/PHDguiding)@自宅星見台
=================================================================================================================
HomePage(Nifty)星空雑記簿なんと!-e星空ハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

05/12/2015

4/25晩、月齢6.6@自宅・3

4/25晩に撮影した月面その3↓月齢6.6(月面中央付近)↓

前回とは違い、BKP300,F5反射+ASI120MMによる月面画像。写野平坦化レンズ(コマコレクター)すら使ってないので、写野狭い惑星用CCDカメラといえども周辺像が甘くなっている。
【データ】2015年4月25日21時05分〜(160枚コンポジット)/ASI120MM(AVI動画モード)/BKP300,F5反射(fl=1500mm)直焦点/EQ8赤道儀@自宅星見台HANA
=================================================================================================================
HomePage(Nifty)星空雑記簿なんと!-e星空ハナのWeb天文台

| | TrackBack (0)

05/11/2015

5/1晩、月齢12.7@自宅

昨夜は好天に恵まれたが田園スポーツの疲れと寒さにめげて寝てしまった。>5/1晩に撮影した月面↓月齢12.7(全体)↓

↓月面南部↓

↓月面北部↓

BKP300,F5反射&EQ8赤道儀の導入以降、ルーフ内での存在感が薄れ稼働率下がる一方の25cmF6.3SCTだったが、月面等で出番がありそう?/ただ構造上、温度順応に時間がかかり安定感に欠けるのとF6.3仕様なので良像範囲が狭い。とはいえ、フォーク式赤道儀は取り回しに優れ、導入精度も良好なので今後も利用するつもりでいる。
【データ】2015年5月1日21時27分〜(1/125秒×65枚コンポジット→6枚ICE合成)/オリンパスOMD_EM5(ISO200,JPG)/MeadLX200-25SCT+パラコア(fl=1840mm)直焦点@自宅星見台HANA
=================================================================================================================
HomePage(Nifty)星空雑記簿なんと!-e星空ハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

05/10/2015

5/9晩、久しぶりのラブジョイ彗星@自宅

5/9晩、現在北天で周極星状態になっているラブジョイ彗星(C/2014Q2)と久しぶりに再会した↓ポジ(長辺方向トリミング)

↓同、白黒反転↓

既に地球から相当離れているものと思われるが、同彗星が意外と明るさと大きさを保っているように感じた。画面1時方向(北東方向?)に尾が伸びているようにも見える。おそらく8〜10cm程度の小口径望遠鏡でもあっさり目視確認できると思う。既に最初の観察から半年が過ぎているし、意外と大きな彗星なのだろうと思っている。
【データ】2015年5月9日22時33分〜(30秒露光×40枚DSSスタック:コメットモード)/富士X-E1(ISO1600,RAW)/タカハシFS60C(B改)+0.72RC(fl=255mm)直焦点/P型赤道儀ノータッチガイド@自宅前
=================================================================================================================
HomePage(Nifty)星空雑記簿なんと!-e星空ハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

05/09/2015

4/25深夜、系外星雲M100@自宅

4/25深夜にL画像のみで撮影した。↓系外星雲M100↓白黒ポジ

↓同、白黒反転↓

EQ8赤道儀アライメントをせず、大凡のホームポジション位置からいきなりM100を指定してみた。さすがに写野には入ってなかったが、目視用望遠鏡の視野隅にかろうじて入っていた。導入精度はLX200-25にまだ負けている。
【データ】2015年4月25日23時26分〜(L,30秒露光×12枚)/QHY9(-40℃,FITS→TIF)/BKP300,F5反射+コマコレクター(fl=1500mm)直焦点/EQ8赤道儀+6cmガイド鏡(QHY5LII,PHD2)@自宅星見台HANA
=================================================================================================================
HomePage(Nifty)星空雑記簿なんと!-e星空ハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

05/08/2015

5/5こどもの日14時51分、国際宇宙ステーションの日面通過@上市、その3

5/5こどもの日14時51分国際宇宙ステーション日面通過その3↓高倍率ズームコンデジ(SX50HSで撮影)↓HDモードでご覧ください。

↓同、通過部分だけを秒1コマ表示に遅くしたもの↓

日面通過に限っていえば、望遠鏡を使わずとも此のカメラだけで撮影できると分かった。高解像度を狙った高速連写には向かないが動画撮影ならこれほど手軽な方法はないかも知れない。
【データ】2015年5月5日14時51分4秒/パワーショットSX50HS(ISO80,AVI)×50,F7.1,MF,D5フィルター/タカハシTG-SD赤道儀@富山県中新川郡上市町旭(公園駐車場)
=================================================================================================================
HomePage(Nifty)星空雑記簿なんと!-e星空ハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

05/07/2015

5/5こどもの日14時51分、国際宇宙ステーションの日面通過@上市、その2

5/5こどもの日14時51分国際宇宙ステーション日面通過その2↓元動画(fl=1120mm直焦点)↓HDモードでご覧ください↓

ISSは後半に現れ右上(北西)→左下(南東)へ通過する。通過部分は17コマしかなく25fpsなので通過するのに1秒もかかっていないことになる。
↓同、通過部分だけを秒1コマ表示に遅くしたもの↓

5cm望遠鏡×35で目視観察もしたが、サーっと黒いものが太陽を横切っていった。点や丸でないことは確かだが何か小さな虫のような感じでパネルの形までははっきり確認できなかった。
【データ】2015年5月5日14時51分4秒/ペンタックスK-5(ISO160,AVI)/BORG125ED屈折+1.4テレコン(fl=1120mm)直焦点、薄膜ソーラーフィルター/GM-8赤道儀@富山県中新川郡上市町旭(公園駐車場)
=================================================================================================================
HomePage(Nifty)星空雑記簿なんと!-e星空ハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

05/06/2015

5/5こどもの日14時51分、国際宇宙ステーションの日面通過@上市

こどもの日の5/5午後、太陽の前を国際宇宙ステーションが通過した(@中新川郡上市町)
↓通過部分の動画から作成↓(fl=1120mm直焦点)

↓同、高倍率ズームコンデジ×50だけで撮影したもの↓

今回は地上から560km先の通過で4/26の時よりも100km以上遠かった。かつ、強烈な熱量・光量の太陽面通過なので、減光フィルターの都合と安全面の問題もあり、ある程度の口径を必要とする高速連写撮影は諦めた。/高速連写よりも解像度は落ちるが、比較的成功率高い動画撮影に的を絞り、動画ファイルからミシン目画像(というかフランケンシュタイン画というか)を作成することにした。
【共通データ】2015年5月5日14時51分4秒@富山県中新川郡上市町旭(公園駐車場)
<上>ペンタックスK-5(ISO160,AVI)/BORG125ED屈折+1.4テレコンバータ(fl=1120mm)直焦点、薄膜ソーラーフィルター/GM-8赤道儀放置追尾
<下>パワーショットSX50HS(ISO80,MOV)×50,F7.1,MF,D5フィルター/タカハシTG-SD赤道儀放置追尾
↓今回の撮影ポイント↓富山県中新川郡上市町旭(公園駐車場)

(此処へは自分も含め3名の迎撃隊員が集結した)
=================================================================================================================
HomePage(Nifty)星空雑記簿なんと!-e星空ハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

05/05/2015

4/30晩、月齢11.7@自宅

(月面画像が続きます)4月30日晩、月齢11.7の月↓全体(静止画コンポジット→ICE合成)↓

↓南部↓

↓北部↓

【データ】2015年4月30日20時19分〜(1/250秒×140-150枚コンポジット→15枚ICE合成)/オリンパスOMD_EM5(ISO400,RAW)/MeadLX200-25SCT+パラコア(fl=1840mm)直焦点@自宅星見台HANA
=================================================================================================================
HomePage(Nifty)星空雑記簿なんと!-e星空ハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

05/04/2015

4/25晩、月齢6.6@自宅・2

4月25日晩、月齢6.6-7の月その2↓惑星用カメラ(前回より中央寄り)↓

【データ】2015年4月25日21時06分〜(516枚コンポジット→3枚ICE合成)/ASI120MM(AVI動画モード)/BKP300,F5反射(fl=1500mm)直焦点/EQ8赤道儀@自宅星見台HANA
【番外】ようやくFireCaptureを起動させることができた↓

起動時エラーに阻まれ走らせられずにいたが、ネット検索で回避策を見つけ何とか自力解決した。これでようやくスタートラインに立てた。
=================================================================================================================
HomePage(Nifty)星空雑記簿なんと!-e星空ハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

05/03/2015

5/2夕、水面に映る金星ほか@自宅

5月に入った。4月下旬からの好天が続いている。一気に暑い日ばかりとなったが、爽やかな風なので救われる。/2日夕、西空高くに金星が光っていた。田植えが済んだばかりの田んぼの水面にも金星が映っていた。↓

↓自宅星見台と金星↓

画面中央右、雲間から金星、左下の輝星はシリウス、左上の輝星はプロキオン(星見台ルーフすぐ上にベテルギュースが居るはずだが雲に隠された)↓ちぎれ雲が多いため月面拡大画像は諦めた↓

【データ上】2015年5月2日19時40分(15秒露光1枚)【データ中】19時47分(10秒露光1枚)【データ下】19時52分(4秒露光1枚)/いずれもオリンパスOMD_EM5(ISO800,RAW)/ZD12-60mm広角端F2.8→F3.5/いずれも三脚固定@自宅前
=================================================================================================================
HomePage(Nifty)星空雑記簿なんと!-e星空ハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

05/02/2015

4/25晩、月齢6.6@自宅

4月25日晩、月齢6.6の月をいろいろな手段で撮影してみた↓【1】惑星用カメラ↓

ASI120MMによる動画ファイルを1280×960ドット静止画像156枚に書き出してコンポジット
【2】APS-Cデジ一眼ボディを使用し、複数枚コンポジット&合成↓月全体・1↓

【3】まだ青空の時間帯に高倍率ズームコンデジで撮影したもの↓

【データ:1】2015年4月25日21時10分(AVI動画、約30秒)/ASI120MM(AVI動画形式→156枚静止画コンポジット)/BKP300,F5反射(fl=1500mm)直焦点/EQ8赤道儀
【データ:2】2015年4月25日20時25分〜(1/500秒、18枚コンポジット×5枚MicrosoftICEで合成)/富士X-T1(ISO400,JPG)/BKP300,F5反射+パラコア(fl=1725mm)直焦点/EQ8赤道儀@自宅星見台HANA
=================================================================================================================
HomePage(Nifty)星空雑記簿なんと!-e星空ハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

05/01/2015

実写版>5月の星空

5月15日だと22時頃の南西空(上旬は23時頃、下旬は21時頃)↓

1(金):水星、プレアデス星団へ接近/3(日):憲法記念日/4(月):みどりの日、○満月/5(火):こどもの日、月と土星が大接近/6(水):振替休日、みずがめ座η流星群極大/7(木):水星東方最大離角/11(月):下弦/15(金):月と天王星が接近/18(月):●新月/下旬:金星とポルックスが接近/23(土):土星が衝/24(日):月と木星が接近/26(火):上弦/31(日):水星が内合
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
アストロアーツ社のWebサイトを参考にしました※
=================================================================================================================
【データ】2015年4月18日23時45分(30秒露光1枚画像)/富士X-T1(ISO1600,RAW)/SAMYANG14mmF2.8開放絞り/三脚固定@ベランダ
=================================================================================================================
HomePage(Nifty)星空雑記簿なんと!-e星空ハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« April 2015 | Main | June 2015 »