« January 2016 | Main | March 2016 »

February 2016 posts

02/29/2016

実写版>3月の星空

3月15日だと21時半頃の天頂〜南天付近、春の星座が空高く上っている(上旬は22時半頃、下旬は20時半頃)

1(火):月、火星へ接近/2(水):下弦、土星へ接近/5(土):啓蟄/7(月):月、金星へ接近/9(水):全国で部分日食(東南アジアで皆既日食)、木星が衝、●新月/14(月):ヒヤデス星団の食/16(水):上弦/17(木):彼岸の入り/20(日):春分の日/22(火):月、木星へ接近/23(水):水星外合、半影月食、○満月/29(火):月、火星へ接近/30(水):月、土星へ接近
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
アストロアーツ社のWebサイトを参考にしました※
=================================================================================================================
HomePage(Nifty)星空雑記簿すたーりぃ・ないとハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

02/28/2016

2/27未明、パンスターズ彗星(C/2014S2)@自宅

2/26深夜、月面撮影の望遠鏡を下ろして135mmレンズに載せ換え、パンスターズ彗星を山勘導入↓

彗星はこぐま座γ星(尻尾の付け根)付近で、135mm写野内への導入は一発で決まった。月明かりのため並列同架した6cm×20での目視確認はできなかった。
【データ】パンスターズ彗星(C/2014S2)/2016年2月26日24時1分〜(30秒×9枚スタック)/EOSkissX7(ISO800,RAW)/琢磨135mm,F3.5→F4/AR-1赤道儀放置追尾@自宅前
=================================================================================================================
HomePage(Nifty)星空雑記簿すたーりぃ・ないとハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

02/27/2016

2/26深夜、月齢18.0(AR-1追尾モーター変更試写)@自宅

2/26晩、遅くなるにつれ雪雲が薄れ天候回復した。MT-1モーター追尾時の微振動が気になりEQ5用のものに変更したAR-1赤道儀の状態をようやくチェックする機会ができた。↓月齢18.0(AR-1&EQ5用一軸モーターAfter)↓

↓変更前(AR-1&MT-1モーターBefore)に撮影した月↓月齢9.8

↑下Before画像は、追尾モーターによる微振動で僅かにブレが発生している。

Continue reading "2/26深夜、月齢18.0(AR-1追尾モーター変更試写)@自宅"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

02/26/2016

1年前、アンタレス付近(FS60CB改試写)@自宅

1年前、専用レデューサ導入しB型に改造したFS60C(B改)による試写の一つ↓アンタレス付近↓

すみまでシャープに補正された星像に驚かされた。もっと早くから専用レデューサーを導入すべきだったと後悔した。
【データ】2015年2月21日4時13分〜(1分露光×60枚スタック)/富士X-E1(ISO3200,RAW→TIF)/タカハシFS60C(B改)+0.72RD(fl=255mm)直焦点/ビクセンGPD(SynScan改)赤道儀ノータッチ@自宅前
↓1年前の2月、ようやくFS60CをFS60CBに改造した↓

↓冬の大三角とFS60C(B改)屈赤↓

=================================================================================================================
HomePage(Nifty)星空雑記簿すたーりぃ・ないとハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

02/25/2016

2/12未明、パンスターズ彗星(C/2014S2)・2@自宅

2/12未明、ステラショット導入用の小口径屈折と望遠レンズで撮影した(C/2014S2)パンスターズ彗星↓FS60CB(fl=255mm)↓

↓180mm望遠レンズ↓

縦構図・横構図になっているのは、画面の方向を合わせたため。意外と明るい?というよりはカタリナ彗星が暗くなり、この彗星との差があまり無くなったように思える。
【データ上】パンスターズ彗星/2016年2月12日3時37分〜(30秒×21枚スタック)/EOSkissX7(ISO3200,RAW→TIF)/FS60C(B改)+0.72RC(fl=255mm)直焦点/EQ8赤道儀放置追尾
【データ下】1時31分〜(30秒×13枚スタック)/EOSkissX7改(ISO3200,RAW)/NikkorED180mm,F2.8/NJP赤道儀放置追尾@自宅星見台HANA
=================================================================================================================
HomePage(Nifty)星空雑記簿すたーりぃ・ないとハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

02/24/2016

2/12未明、カタリナ彗星(C/2013US10)・2@自宅

30cm反射望遠鏡で撮影した同彗星を既に掲載したが、その折、ステラショット導入用の小口径屈折及び望遠レンズで撮影したもの↓C/2013US10カタリナ彗星↓FS60CB(fl=255mm)↓

↓180mm望遠レンズ↓

焦点距離は若干異なるが、いずれも口径6cmレンズなので一見大差ない写りに思える。
【データ上】カタリナ彗星/2016年2月12日0時53分〜(30秒×27枚スタック)/EOSkissX7(ISO3200,RAW→TIF)/FS60C(B改)+0.72RC(fl=255mm)直焦点/EQ8赤道儀放置追尾
【データ下】カタリナ彗星/2016年2月12日0時11分〜(30秒×20枚スタック)/EOSkissX7改(ISO3200,RAW)/NikkorED180mm,F2.8/NJP赤道儀放置追尾@自宅星見台HANA
=================================================================================================================
HomePage(Nifty)星空雑記簿すたーりぃ・ないとハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

02/23/2016

2/12未明、系外星雲M81,M82@自宅

30cm反射望遠鏡で撮影したM81を2月16日に、M82を17日にそれぞれ掲載したが、今回はファインダー代わりに利用した6cm屈折望遠鏡で撮った画像です↓M81,M82↓

↓×2Drizzle↓

【データ】M81,M82/2016年2月12日01時30分〜(30秒×22枚スタック)/EOSkissX7(ISO3200,RAW→TIF)/タカハシFS60C(B改)+0.72RC(fl=255mm)直焦点/EQ8赤道儀放置追尾@自宅星見台HANA
=================================================================================================================
HomePage(Nifty)星空雑記簿すたーりぃ・ないとハナのWeb天文台

Continue reading "2/12未明、系外星雲M81,M82@自宅"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

02/22/2016

本日2.22ニャンニャンニャンの日(NGC6543キャッツアイ星雲)

本日2/22=ニャンニャンニャンで猫の日だそうニャ。野良育ち故、誕生日不詳なので(数ヶ月違う気はするが)この日を誕生日にしようかニャ。/「やまねこ座」はあるが「のらねこ座」とか「とらねこ座」は無いので↓NGC6543キャッツアイ星雲↓(×3Drizzle)

↓<(*ΦωΦ*)>↓≡^・.・^≡↓(`へ´*)ノ

【データ】NGC6543キャッツアイ星雲/2016年2月12日2時48分〜(30秒×L30,R5,G5,B5,計45枚スタック)/QHY9s(-30℃,FITS)/BKP300,F5反射+コマコレ(fl=1500mm)直焦点/EQ8赤道儀放置追尾@自宅星見台HANA
=================================================================================================================
HomePage(Nifty)星空雑記簿すたーりぃ・ないとハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

02/21/2016

2/19未明、りょうけん座の子持ち星雲M51@自宅

2/19未明、月明かりの中での強行撮影その2:りょうけん座の子持ち星雲M51↓(×2Drizzle)

↓同、(長辺方向トリミング)↓

↓Drizzle無し(元画像)↓

GS200RCで狙うには荷が重い、、(などと言う前に)そもそも総露光量が足りていない。次第にステラショット導入のコツをつかめてきたのは収穫。
【データ】子持ち系外星雲M51/2016年2月19日01時21分〜(30秒×55枚スタック)/富士X-T1(ISO3200,RAW→TIF)/GS200RC+0.75RC(fl=1200mm)直焦点/NJP赤道儀放置追尾@自宅星見台HANA
=================================================================================================================
HomePage(Nifty)星空雑記簿すたーりぃ・ないとハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

02/20/2016

2/19未明、M97ふくろう星雲@自宅

2/19未明、月明かりの中での強行撮影:M97ふくろう星雲↓

↓同、×2Drizzle(長辺方向トリミング)↓

北の空を移動中のパンスターズ彗星を撮影後、おおぐま座のM97ふくろう星雲に望遠鏡を向けた。露光量不足による無理な強調と月明かりの影響が背景ムラをより酷くしている。空の暗い時に再度狙いたい。
【データ】M97ふくろう星雲/2016年2月19日0時39分~(30秒×56枚スタック)/富士X-T1(ISO3200,RAW→TIF)/GS200RC+0.75RC(fl=1200mm)直焦点/NJP赤道儀放置追尾@自宅星見台HANA
=================================================================================================================
HomePage(Nifty)星空雑記簿すたーりぃ・ないとハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

02/19/2016

2/19未明、パンスターズ彗星(C/2014S2)@自宅

2/19未明。西に傾いたとはいえ月齢10の月明かりが眩しい空で撮影を強行した↓C/2014S2,PanSTARRS↓

↓同、白黒反転↓

パンスターズ彗星も北の空を移動中で、一晩中観察できる上に放置追尾でも精度を比較的良好に保てるのが有難い。
【データ】PanSTARRS彗星(C/2014S2)/2016年2月19日0時6分〜(30秒×50枚スタック)/富士X-T1(ISO3200,RAWTIF)/GS200RC+0.75RC(fl=1200mm)直焦点/NJP赤道儀放置追尾@自宅星見台HANA
=================================================================================================================
HomePage(Nifty)星空雑記簿すたーりぃ・ないとハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

02/18/2016

2/11-12,星見台ルーフ内から@自宅

2/11-12,ルーフ内+星空のようすを魚眼レンズ&30秒露光繰り返して撮影し、パラパラ動画にしてみた。↓前編↓

↓同、後編↓

↓前編の静止画↓

↓後編の静止画↓

【データ】2/12星見台内から/2016年2月11日23時28分〜(30秒×540枚から作成)/富士X-E1(ISO3200,RAW→TIF,JPG)/PELENG8mmFisheye,F3.5→F4/三脚固定@自宅星見台HANA
=================================================================================================================
HomePage(Nifty)星空雑記簿すたーりぃ・ないとハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

02/17/2016

2/12未明、不規則型系外星雲M82@自宅

2/12未明に撮影した不規則型系外星雲M82↓

↓同、等倍トリミング↓

↓同、白黒反転↓

※※2年前、M82に超新星が現れた※※
2014年2月21日深夜のM82超新星(SN2014J)↓中央部トリミング↓

【データ】系外星雲M82/2016年2月12日1時45分〜(30秒×L36枚)/QHY9s(-30℃,FITS)/BKP300,F5反射+コマコレ(fl=1500mm)直焦点/EQ8赤道儀放置追尾@自宅星見台HANA
※2年前のM82と超新星※
【データ】2014年2月21日23時05分(JST)〜/60秒×16枚スタック/PENTAX105EDHF(fl=700mm)直焦点/オリンパスE-PM2(ISO3200,RAW)/ビクセンSXD赤道儀+6cm屈折(QHY5LII+PHDguiding)@岐阜県郡上市高鷲町、ひるがの高原
=================================================================================================================
HomePage(Nifty)星空雑記簿すたーりぃ・ないとハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

02/16/2016

2/12未明、系外星雲M81@自宅

2/12未明に撮影したおおぐま座の系外星雲M81↓

↓同、等倍トリミング↓

↓追記へ↓

Continue reading "2/12未明、系外星雲M81@自宅"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

02/15/2016

2/12未明、NGC6543キャッツアイ星雲@自宅

2/12未明に撮影したNGC6543キャッツアイ星雲↓

↓同、等倍トリミング↓

↓同、無理矢理赤っぽくした(^_^;)↓

NGC6543キャッツアイ星雲は、りゅう座にある惑星状星雲で、ウィキペディアによれば構造が最も複雑な部類という。視等級8.1等でカメラにはあっさり写り、ひと目で恒星と区別がつく。
【データ】NGC6543キャッツアイ星雲/2016年2月12日2時48分〜(30秒×L30,R5,G5,B5,計45枚スタック)/QHY9s(-30℃,FITS)/BKP300,F5反射+コマコレ(fl=1500mm)直焦点/EQ8赤道儀放置追尾@自宅星見台HANA
=================================================================================================================
HomePage(Nifty)星空雑記簿すたーりぃ・ないとハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

02/14/2016

2/12早朝、M63ひまわり星雲@自宅

彗星画像が続いた>2/12早朝にQHY9s&BKP300,F5反射で撮影した系外星雲M63ひまわり星雲↓(白黒ポジ)

↓同、等倍トリミング↓

↓同、白黒反転↓

うずまき構造がひまわりに似ていることからこの通称名となったらしい。りょうけん座。/M51,M101と同じ系外星雲群に所属し、我が銀河系とほぼ同じ大きさがあるとされる。
【データ】M63ひまわり星雲/2016年2月12日4時4分〜(30秒×L10枚)/QHY9s(-30℃,FITS)/BKP300,F5反射+コマコレ(fl=1500mm)直焦点/EQ8赤道儀放置追尾@自宅星見台HANA
=================================================================================================================
HomePage(Nifty)星空雑記簿すたーりぃ・ないとハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

02/13/2016

2/12早朝、パンスターズ彗星(C/2014S2)@自宅

2/12早朝、久しぶりのQHY9s&BKP300,F5反射使用ついでにパンスターズ彗星も狙ってみた↓(白黒ポジ)

↓同、白黒反転↓

前回カタリナ彗星と同様、この彗星も北の空を移動中で、視野導入に手間がかからないこと、追尾にもそれほど気を遣わずに済むことが幸いした。カタリナ彗星よりも明るいようだった。ただ、北の空にあるため画面方向を間違えて載せているかもしれない。(北方向を画面上にしているつもり)
【データ】2/12早朝のパンスターズ彗星(C/2014S2)/2016年2月12日03時37分〜(L30秒×17枚スタック)/QHY9s(-30℃,FIT)/BKP300,F5反射+コマコレ(fl=1500mm)直焦点/EQ8赤道儀放置追尾@自宅星見台HANA
=================================================================================================================
HomePage(Nifty)星空雑記簿すたーりぃ・ないとハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

02/12/2016

2/12未明、カタリナ彗星(C/2013US10)@自宅

彗星連投です/本日2/12未明のカタリナ彗星↓久しぶりにQHY9s&BKP300,F5反射で撮影↓(白黒ポジ)

↓同、白黒反転↓

北の空を移動しているため、尾の方向変化が目まぐるしい印象?。画面方向を間違えて載せているかもしれない。
【データ】2/12未明のカタリナ彗星(C/2013US10)/2016年2月12日01時03分〜(L30秒×30枚スタック)/QHY9s(-30℃,FIT)/BKP300,F5反射+コマコレ(fl=1500mm)直焦点/EQ8赤道儀放置追尾@自宅星見台HANA
=================================================================================================================
HomePage(Nifty)星空雑記簿すたーりぃ・ないとハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

02/11/2016

2/11未明、カタリナ彗星(C/2013US10)@自宅

本日2/11未明のカタリナ彗星↓(GS200RC,カラーポジ)

↓同、白黒反転↓

↓同、白黒ポジ↓

彗星はかなり北上していて、未明だと北極星の西側へ回ってしまっていた。暗くなったらすぐ観察でき、ひと晩中見えている。残念なのは光度が落ちてきていること(10等?)。しかし、中望遠レンズ&30秒露光でもあっさり捉えられる。
【データ】2/11未明のカタリナ彗星/2016年2月11日0時50分〜(30秒×38枚スタック)/富士X-T1(ISO6400,RAW→TIF)/GS200RC+0.75RC(fl=1200mm)直焦点/NJP赤道儀放置追尾@自宅星見台HANA
=================================================================================================================
HomePage(Nifty)星空雑記簿すたーりぃ・ないとハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

02/10/2016

1年前、M42(QHY9s初試写)@自宅

冷却CCDカメラ(QHY9s)を導入して1年経過した。初試写時の記事を再掲
>届いて間もないQHY9カメラで初めて星(M42星雲)を撮影してみた。↓M42オリオン星雲↓(L8枚,RGB各2枚合成)

>同↓L5枚、RGB各2枚合成↓

>いずれのコマも30秒露光をしているが、やはり枚数を少しでも多くした方がよさそうだ。露光時間ももっと延長したい。
>▲コマコレクターとカメラ受光部位置が合ってないため、星像が甘く周辺になるほど収差が目立つ。▲また、三色合成・LRGB合成による撮影も初めてなので処理法も定かでない。▲さらに、今回は新設EQ8赤道儀で初のオートガイド撮影も行った関係で、いろいろ手間取って各露光時間は30秒で切り上げた。○EQ8赤道儀でBKP300反射望遠鏡のオートガイドは何とか目処がついた。●しかし、晴夜が滅多に無い季節のため初めての機材でいろんなことを一気に試すことになり、これら新機材に振り回されている状態と言える。習熟するのに時間がかかりそうだ。
【データ】2015年2月7日22時27分〜(L8枚、R,G,B各2枚、いずれも30秒露光)/QHY9/BKP300反射+コマコレ直焦点/EQ8赤道儀+76mm屈折(QHY5/PHD2)@自宅星見台HANA
>↓ルーフでM42撮影中のBKP300(30cmF5反射)↓左ファインダー背後に見えているのがQHY9


>↓QHY9冷却CCDカメラ↓(カメラらしく見せるため旧琢磨レンズを付けてみた)

=================================================================================================================
HomePage(Nifty)星空雑記簿すたーりぃ・ないとハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

02/09/2016

2/3晩、星見台ルーフ内から静止画版その2@自宅

2/3晩の星見台ルーフ静止画版その2です↓

↓同、星座線入り↓

画面右に冬のダイヤモンド、左に春の星座しし座が上り始める。
【データ】星見台ルーフ内から/2016年2月3日22時7分(30秒×1枚)/富士X-E1(ISO3200,RAW→TIF)/PELENG8mmFisheye,F3.5→F4/三脚固定@自宅星見台HANA
=================================================================================================================
HomePage(Nifty)星空雑記簿すたーりぃ・ないとハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

02/08/2016

2/3晩、星見台ルーフ内から静止画版@自宅

2/3晩の星見台ルーフ静止画版です↓

↓同、星座線入り↓

ルーフ全開に近い状態で星見する機会は殆どない。その理由は防風対策というよりは、寒いから(*´∀`*)
【データ】星見台ルーフ内から/2016年2月3日22時7分(30秒×1枚)/富士X-E1(ISO3200,RAW→TIF)/PELENG8mmFisheye,F3.5→F4/三脚固定@自宅星見台HANA
=================================================================================================================
HomePage(Nifty)星空雑記簿すたーりぃ・ないとハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

02/07/2016

2/3-4晩、星見台ルーフ内から@自宅

2/3-4晩の星見台ルーフ内から。断続的に固定30秒露光した画像を使ってパラパラ動画化してみた。途中、何度か構図を変えているが構わずそのままルーフを閉めるまでの画像を繋いだ。

久しぶりに両方の望遠鏡を稼働させ、ルーフはフルオープンに近い状態で、寒気が身にしみました。(1080HD画質でご覧下さい。音声はありません)
【データ】2/3-4晩、星見台ルーフ内から/2016年2月3日20時55分〜(30秒×175枚から作成1080HD画質)/富士X-E1(ISO3200,RAW→JPG)/PELENG8mmFisheye,F3.5→F4/三脚固定@自宅星見台HANA
=================================================================================================================
HomePage(Nifty)星空雑記簿すたーりぃ・ないとハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

02/06/2016

2/3-4のカタリナ彗星その2@自宅

2/3-4のカタリナ彗星その2>2/3晩、GS200RCで撮影したもの↓

↓同、白黒反転画像↓

↓同、白黒ポジ↓

時計で言うと、4時半方向に尾が伸びているように見える。
【データ】2/3晩のカタリナ彗星/2016年2月3日21時31分〜(30秒×81枚スタック)/富士X-T1(ISO3200,RAW→TIF)/GS200RC+0.75RC(fl=1200mm)直焦点/NJP赤道儀放置追尾@自宅星見台HANA
=================================================================================================================
HomePage(Nifty)星空雑記簿すたーりぃ・ないとハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

02/05/2016

2/4未明、カタリナ彗星(C/2013US10)@自宅

2/4未明、平日だったが天気良好なので、久しぶりにBKP300反射望遠鏡でカタリナ彗星を狙った。↓

↓同、白黒反転画像↓

フラット取得していないこともあり、背景ムラが酷い画像だが、よく見ると微かに4-5時方向へイオンテールがあるようにも見える。
【データ】2/4未明のカタリナ彗星/2016年2月4日2時17分〜(L30秒×18枚スタック)/QHY9s(-30℃,FIT)/BKP300,F5反射+コマコレ(fl=1500mm)直焦点/EQ8赤道儀放置追尾@自宅星見台HANA
=================================================================================================================
HomePage(Nifty)星空雑記簿すたーりぃ・ないとハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

02/04/2016

2/3夕、ISS国際宇宙ステーション北西天パス動画@自宅

2/3夕刻18時28分〜。ISS国際宇宙ステーションが自宅上空を西→北北東方向へ通過していった。その迎撃風景を毎秒4コマ再生のパラパラ動画にしたもの↓

↓動画作成に利用した静止画75コマを比較明合成したもの↓

通過中にカメラ方向がズレてしまい、星の軌跡が崩れてしまった。ルーフ片隅の台に置いただけ=半固定状態だったため、振動を与えてしまったようだ。/それよりもショックだったのは、今回この対角魚眼による画像しか残せなかったこと=画面手前の主砲によるISS高速連写が露光設定のミスから全滅に終わったことだ。orz
【データ】2016年2月3日18時28分〜(9秒露光×75コマSiriusCompで作成)/ニコンD700(ISO1600,RAW→JPG)/Zenitar16mmFisheye,F2.8→F4/台座半固定@自宅星見台HANA
=================================================================================================================
HomePage(Nifty)星空雑記簿すたーりぃ・ないとハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

02/03/2016

2/2晩、雪雲隙間からカタリナ彗星@自宅

雪雲に覆われる毎日だったが、2/2晩、北の空に隙間が生じた。急ぎ↓ステラショット導入用180mm望遠レンズでカタリナ彗星を撮影した↓

精度を上げるため、導入用レンズと主鏡(GS200RC直焦点)の平行度を調整しているうちに再び雪雲に阻まれ、1枚しか撮れなかった。orz↓主鏡GS200RC直焦点画像(トリミング無し)↓

↓同、彗星部分トリミング拡大↓

目視確認する余裕なく断定できないが、1か月前に比べて暗くなりイオンテールも判然としなくなった印象。ただし、望遠レンズ&30秒露光でもあっさり写るのは確か。北の空にひと晩中見えている。
【データ上】2016年2月2日21時52分(30秒1枚)/EOSkissX7(ISO1600,RAW)/NikkorED180mmF2.8/NJP赤道儀、ステラショット導入@自宅星見台HANA
【データ下】2016年2月2日21時52分〜(30秒露光×4枚スタック)/富士X-E1(ISO3200,RAW→TIF)/GS200RC+0.75RC(fl=1200mm)直焦点/NJP赤道儀放置追尾@自宅星見台HANA
=================================================================================================================
HomePage(Nifty)星空雑記簿すたーりぃ・ないとハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

02/02/2016

1/31朝、青空下の月(月齢20.9)@自宅

1/31朝、天候回復し下弦直前の月が青空に見えていた>慌てて窓際から横着手持ち撮影した↓

1/28掲載した月齢17.5を再度処理し直したもの↓

【データ上】月齢20.9/2016年1月31日7時11分(1/320秒×4枚コンポジット)/パワーショットSX50HS(ISO400,JPG),×100,F7.1/窓際手持ち半固定@自宅
【データ下】月齢17.5/2016年1月27日22時45分(1/25秒×40枚コンポジット)/オリンパスE-30(ISO100,JPG)/長光60MAXIアクロマート屈折(fl=1200mm)直焦点/AR-1赤道儀@自宅前
=================================================================================================================
HomePage(Nifty)星空雑記簿すたーりぃ・ないとハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

02/01/2016

2015年12月~2016年1月の太陽面(可視光)@自宅

2015年12月6日〜2016年1月31日までの太陽面↓(可視光)

1月31日

1月31日等倍トリミング

1月26日

1月26日等倍トリミング

1月9日

1月9日等倍トリミング

2016年1月1日

1月1日等倍トリミング

12月30日

12月30日等倍トリミング

12月20日

12月20日等倍トリミング

12月9日

12月9日等倍トリミング

12月8日

12月8日等倍トリミング

12月7日

12月7日等倍トリミング

2015年12月6日

12月6日等倍トリミング

※各画像をクリックすると別窓拡大表示します※
12月は比較的天候良好だったが、太陽黒点撮影の機会を逸した日もあった。1月はさすがに撮影機会が減った。手軽な高倍率ズームコンデジを利用しなかったこともある。
【データ】2015年12月6日〜2016年1月31日/(1/2000秒×複数枚コンポジット)/オリンパスE-30(ISO100,JPG)/長光60MAXIアクロマート屈折(fl=1200mm)直焦点、アストロソーラーフィルター/NJP赤道儀@自宅星見台HANA
=================================================================================================================
HomePage(Nifty)星空雑記簿すたーりぃ・ないとハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 2016 | Main | March 2016 »