« July 2016 | Main | September 2016 »

August 2016 posts

08/31/2016

実写版>9月の星空

9月15日だと21時頃の天頂付近(上旬は22時頃、下旬は20時頃)

--------------------------------------------------------------------------------------------------
1(木):●新月(アフリカ金環日食)/3(土):月が金星へ大接近/9(金):上弦の月が土星、火星へ接近/10(土):土星がアンタレスへ最接近/12(月):水星が内合/15(木):中秋の名月(十五夜)/17(土):半影月食(早朝)、○満月/19(月)敬老の日、彼岸の入り/22(木)秋分の日:ヒヤデス星団の食(未明〜早朝/23(金):下弦/27(火):木星が合/29(木):水星西方最大離角、月が水星へ接近
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
アストロアーツ社のWebサイトを参考にしました※
================================================================================================================
【データ】夏の大三角形/2016年8月25日22時21分〜(30秒×50枚スタック)/富士X-E1(ISO2000,RAW→TIF)/SAMYANG14mmF2.8→F4との中間/LX200赤道儀放置追尾@自宅星見台HANA
================================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)星空雑記簿交叉足跡はなの隠れ家すたーりぃないとハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

08/30/2016

8/25早朝、月齢21.9その2

8/25早朝、月齢21.9の月その2:月面南部<前回投稿(月面北部)の続きです↓【1】↓最南部付近(クラヴィウス、ティコなど)

↓【2】↓中央南付近(アルフォンスス、直線の壁など)

↓【3】↓中央付近(エラトステネス、コペルニクス、ケプラー、アリスタルコス)

カメラの撮像素子サイズはフォーサーズ(4/3)と同じ面積があるので、fl=1200?程度で月や太陽が画面にすっぽり収まる。0.75レデューサー付けてfl=2100mmのC11だと、南北2画面に分けてちょうど収まる勘定になるが、全画面動画キャプチャは8bitAVIでないと受け付けてくれない。それもコマ落ちが始まり実用的でない。16bitSER動画は1500ドット四方にトリミングすればコマ落ちも無くキャプチャー可能になる。しかし、これは元々のサイズの1/6しか使っていないことになる。もったいない事をしていると思うが、やむを得ない。
【データ】月齢21.9南部/FireCapture v2.5 beta Settings
------------------------------------
Observer=K-Yo/Scope=C11,0.75RC(fl=2100mm),NJPmount/Camera=ZWO ASI1600MC-Cool
Filter=RGB/Profile=Moon/Filename=2016-08-24-1938_3-K-RGB.ser/Date=240816/Start(UT)=193728.031/Mid(UT)=193818.739/End(UT)=193909.448/Duration=101.417s/Framescaptured=3000/Filetype=SER/Binning=no/ROI=1500x1500/ROI(Offset)=1792x1032/FPS(avg.)=29/Shutter=1.500ms/Gain=150(25%)/USBTraffic=100/HighSpeed=on/SoftwareGain=10(off)/Gamma=85/AutoHisto=75(off)/AutoExposure=off/WBlue=95/Brightness=1/TargetTemp=-18/HardwareBin=off/WRed=52/Histogramm(min)=18/Histogramm(max)=1956/Histogramm=47%/Noise(avg.deviation)=n/a/Limit=3000 Frames/Sensortemperature=-15.0°C
================================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)星空雑記簿交叉足跡はなの隠れ家すたーりぃないとハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

08/29/2016

8/25晩、M27亜鈴星雲@自宅

8/25晩、M20に続いて天頂付近のM27亜鈴星雲を狙った↓

ピント合わせ直したが、画像を見るとやや甘い感じ。(;´・ω・)/ただ、撮影を始めてしばらくして雲の往来が多くなり、星像が悪化したとも考えられる。↓撮影時のFireCapture画面↓

前回掲載のM20の方がずっと大きいことが分かると思う。太陽系から約1235光年先、こぎつね座。中央がくびれた感じの形から、この名がついている。地図記号の銀行マークにも似ている。
【データ】M27亜鈴星雲/2016年8月25日23時38分〜(60秒×38枚スタック)
FireCapture v2.5 beta Settings
------------------------------------
Observer=K-Yo/Scope=C11,0.75RC(fl=2100mm),NJPmount/Camera=ZWO ASI1600MC-Cool/Filter=RGB/Profile=DSO/Filename=2016-08-25-1438_9-K-RGB.zip/Date=250816/Start(UT)=143857.515/Mid(UT)=144425.678/End(UT)=144953.842/Duration=656.327s/Framescaptured=11/File type=BMP/Binning=no/ROI=4656x3520/ROI(Offset)=0x0/FPS (avg.)=0/Shutter=60.0s/Gain=325(54%)/Brightness=1/WBlue=95/HardwareBin=off/WRed=52/TargetTemp=-18/AutoHisto=75(off)/AutoExposure=off/SoftwareGain=10(off)/Gamma=85/USBTraffic=100/HighSpeed=off/Histogramm(min)=0/Histogramm(max)=255/Histogramm=100%/Noise(avg.deviation)=n/a/Limit=600 Seconds/Sensor temperature=-16.9 °C
================================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)星空雑記簿交叉足跡はなの隠れ家すたーりぃないとハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

08/28/2016

8/25晩、M20三裂星雲@自宅

8/25晩、南中を過ぎ、高度を下げ始めたM20三裂星雲へ望遠鏡を向けた↓

↓同、導入補正用カメラEOSkissX7(BORG76ED屈折)で撮影したもの↓

Continue reading "8/25晩、M20三裂星雲@自宅"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

08/27/2016

8/25晩、はくちょう座、こと座@自宅

8/25夕、1日遅れの土星・火星・アンタレス集合を撮った後、カメラを天頂へ向けた↓

↓同、星座線入り↓

久しぶりにカメラレンズで星野写真を撮った気がする。フジノン標準単焦点レンズは二段絞るとシャープで周辺減光も軽度。処理段階でも修正していない(自画自賛です)
【データ】はくちょう、こと/2016年8月25日21時10分〜(30秒×111枚スタック)/富士X-T1(ISO1600,RAW→TIF)/FUJINON35mmF1.4→F2.8/LX200赤道儀放置追尾@自宅星見台HANA
=================================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)星空雑記簿交叉足跡はなの隠れ家すたーりぃないとハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

08/26/2016

一日遅れの土星・火星・アンタレス集合@自宅

8/25夕、土星・火星・アンタレスの集合↓

↓同、星名・星座線入り↓

↓広角レンズで撮ったもの↓

↓複数枚スタックしたもの↓

前晩8/24であればちょうど土星−火星−アンタレスが一直線上に並ぶのが見えたらしいが、天気が味方してくれなかった。一日遅れなので、土星−アンタレスのラインを火星が少し左へ曲げた感じに見えた。アンタレスの語源はアンチ・アーレス=火星に対抗するものという意なので、その両者が接近しているのは面白い。確かに両者とも赤い。
【データ】土星・火星・アンタレス集合/2016年8月25日20時05分(30秒1枚)/富士X-T1(ISO1000,RAW)/FUJINON35mmF1.4→F2.8/LX200赤道儀放置追尾@自宅星見台HANA
=================================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)星空雑記簿交叉足跡はなの隠れ家すたーりぃないとハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

08/25/2016

8/25早朝、月齢21.9@自宅

昨夕は雲に覆われ星見どころでなかった。土星・火星・アンタレスが接近し一直線に並ぶ日だったが見ることは叶わなかった。深夜から雲が無くなり下弦の月が空高く上っていた。↓月齢21.8↓(全体)

↓同、拡大1↓

撮影画像は、全て逆像(望遠鏡視界と同じ向き)です。

Continue reading "8/25早朝、月齢21.9@自宅"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

08/24/2016

8/24未明、球状星団M15@自宅

昨夜も雲が空を覆い下弦前の月さえはっきり見えぬ空。M15にしたのは南西方向に雲間あったからで、他意はない。↓球状星団M15↓

↓同、中央部トリミング↓

未だピントが今一つだが、取り敢えず酷い光軸ズレは修正できたようだ。

Continue reading "8/24未明、球状星団M15@自宅"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

08/23/2016

8/21晩、M20三裂星雲@自宅

8/21晩、雲間から星が見え出したので月明かりを無視して強行撮影↓M20三裂星雲↓by C11

既に南西天低く、撮影枚数を稼げなかった。/同じ対象を30cmF5反射、白黒で撮ったもの↓by BKP300

↓導入補正用カメラEOSkissX7&FS60CBで撮ったもの(上中央:M20,下:M8)↓

DSO主体に考えているので、ASI1600MCから16bitRAW静止画像で撮影したいが、カメラが撮像時に16bitを拒絶してくる。仕方なく8bitBMP静止画で撮影したのが上の画像。2枚目は静止画FITで撮影したものの8bitのままでカラー情報なく白黒になってしまったもの。/先の投稿記事で、1500x1500程度にトリミングすれば16bitRAW(SER動画)保存できることは分かったが、動画データにした場合、不良コマを抽出削除できないことから、やはり撮像時は静止画モードにしたい。PCマシン性能にもよるとは思うが、いくら星見台で商用電源OKであっても最高性能デスクトップで撮影するというわけにはいかないのが実情。当面は、8bitBMP静止画像で行くしかないかと考えている。
【データ】M20三裂星雲/2016年8月21日21時30分
FireCapture v2.5 beta Settings
------------------------------------
Observer=K-Yo/Scope=C11,0.75RC(fl=2100mm),NJPmount/Camera=ZWO ASI1600MC-Cool
Filter=RGB/Profile=DSO/Filename=DSO_213008.zip/Date=210816/Start(UT)=123008.436/Mid(UT)=123512.985/End(UT)=124017.534/Duration=609.098s
Frames/captured=20/Filetype=BMP/Binning=no/ROI=4656x3520/ROI(Offset)=0x0/FPS(avg.)=0/Shutter=30.0s/Gain=300(50%)/HardwareBin=off/AutoExposure=off/Brightness=1/TargetTemp=-15/WRed=52
SoftwareGain=10/(off)/AutoHisto=75/(off)/USBTraffic=100/HighSpeed=off/WBlue=95/Gamma=75/Histogramm(min)=0/Histogramm(max)=255/Histogramm=100%/Noise(avg.deviation)=n/a/Limit=600 Seconds/Sensor temperature=-15.2 °C
=================================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)星空雑記簿交叉足跡はなの隠れ家すたーりぃないとハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

08/22/2016

8/18未明、月齢18.8@自宅

8/22未明、月齢18.8の月を撮影した。いずれも画面上が南方向(逆像)です↓その1↓

↓その2↓

追記へ↓

Continue reading "8/18未明、月齢18.8@自宅"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

08/21/2016

8/12未明、系外星雲NGC7331@自宅

8/12未明、ペガサス座のNGC7331を撮影した↓

↓同、x2Drizzle↓

NGC7331周囲に系外星雲が集まっている=系外星雲群を形成しているのが分かる。/ウィキペディアによれば発見者はウイリアム・ハーシェル、視等級10.4等、太陽系から約1200万光年の距離にあるとされる。
【データ】NGC7331/2016年8月12日0時15分〜(30秒×15枚)/ASI1600MCC(-15℃,BMP)/BKP300反射+コマコレ(fl=1500mm)直焦点/EQ8赤道儀+ミニボーグ5cm屈折(QHY5LII)ステラショット制御&自動ガイド@自宅星見台HANA
=================================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)星空雑記簿交叉足跡はなの隠れ家すたーりぃないとハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

08/20/2016

8/4深夜、M16わし星雲@自宅

8/4深夜、主砲30cm反射で同じM16のクローズアップ撮影時、導入補正用FS60C屈折&デジ一眼で撮影したもの↓M16わし星雲↓

↓同、色調派手にし過ぎたもの↓

↓元画像↓

本来は自動導入後の導入補正用に付けたガイド鏡筒だが、主鏡でクローズアップ画像を撮影中に(フローライト鏡筒を)遊ばせておくのはあまりにもったいないので、同時撮影したもの。
【データ】M16わし星雲/2016年8月4日23時50分〜(60秒×12枚スタック)/EOSkissX7(ISO3200,RAW)/タカハシFS60C(B改)+0.72RC(fl=256mm)直焦点/EQ8赤道儀+ミニボーグ5cm屈折(QHY5LII)ステラショット制御&自動ガイド@自宅星見台HANA
=================================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)星空雑記簿交叉足跡はなの隠れ家すたーりぃないとハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

08/19/2016

8/12,13,月齢9.6,10.6@黒部

8/12,13連続して黒部の観察会で月を撮った。↓8/12,月齢9.6↓

↓8/13,月齢10.6↓

月が画面に収まらないので南北2つに分けて撮影し、MicrosoftICEで1枚に繋いだ。合成前に後処理をやり過ぎると繋ぎ目が現れてしまうので、ひとまず動画AVIから静止画にしただけでICEへ持ち込んで1枚に合成してから後処理をした。
【データ】月齢9.6@黒部
FireCapture v2.5 beta Settings
------------------------------------
Observer=K-Yo/Scope=Mead178MC,GM-8Mount/Camera=ZWO ASI1600MC-Cool/Filter=RGB
Profile=Moon/Filename=Moon_204430.avi
Date=120816/Start(UT)=114402.097/Mid(UT)=114430.887/End(UT)=114459.678/Duration=57.581s/Frames captured=500/File type=AVI/Extended AVImode=true/Compressed AVI=false/Binning=no/ROI=4656x3520/ROI(Offset)=0x0
FPS (avg.)=8/Shutter=2.000ms/Gain=175(29%)/USBTraffic=100/HighSpeed=on/SoftwareGain=10 (off)/Gamma=75/AutoHisto=75(off)/AutoExposure=off/WBlue=95/Brightness=1
TargetTemp=-5/HardwareBin=off/WRed=52/Histogramm(min)=0/Histogramm(max)=255
Histogramm=100%/Noise(avg.deviation)=n/a/Limit=500 Frames/Sensor temperature=-4.9 °C
=================================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)星空雑記簿交叉足跡はなの隠れ家すたーりぃないとハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

08/18/2016

お盆休みの成果と課題・2

前回投稿の続き>天頂を過ぎた↓M27亜鈴星雲↓を試写。

明らかにピントが、、というより星像が片方向に歪んでおり、光軸ズレを確信した。火星接近前後からC11の像が何かおかしいと思っていたがこれではっきりした。道理でC11による遊星撮影で全敗してたわけだ。
シュミットカセグレン(SCT)の光軸修正は、補正板中央にある副鏡のネジを調節する。本当は主鏡や補正板の調整も必要だが、鏡筒の分解を伴うし、メーカー組立時に調整済みで(落下事故などに遭わない限り)滅多に狂うものでない。入手後は、移動運用など1回もなく星見台内のみでの使用だったので光軸ズレは起こらないと油断していた。(副鏡だけはニュートン反射の第二鏡と同様、中央止めネジ1本、周囲に引きネジ3本支持なので注意が必要)/目の代わりにCCDカメラを焦点位置より僅かにズラした位置にセットし、PCモニターに映る↓ドーナツ状の星像を見ながら3本のネジを調節した。↓

未だ2時方向に歪みがあるようで完璧でないのは確かだが、ひとまず大きな光軸ズレは修正できたように思う。

【データ】月明下のM27/2016年8月15日22時54分〜(15秒×118枚DSSスタック)/ASI1600MCC(-15℃,BMP,ゲイン300,ガンマ75)/C11+0.75RC(fl=2100mm)直焦点/高橋NJP赤道儀改+5cmファインダー(QHY5LII)ステラショット制御&自動ガイド@自宅星見台HANA
=================================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)星空雑記簿交叉足跡はなの隠れ家すたーりぃないとハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

08/17/2016

お盆休みの成果と課題・1

8/13,オーバーホール&追尾モーター交換を終えたNJP赤道儀がようやく戻ってきた。

早速、追加素人工作を施し、導入補正用カメラ&望遠レンズと目視用5cmファインダーを取り付け。これで、天体自動導入&導入補正&自動ガイド可能となった。。

C11を載せ、ステラショットによる自動導入及び導入補正、自動ガイド動作を試した。

Continue reading "お盆休みの成果と課題・1"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

08/16/2016

8/12未明、まゆ星雲(IC5146)・2

8/12未明、まゆ星雲を導入補正用カメラ(EOSkissX7,FS60CBfl=255mm)で撮ったもの↓

画面左(西方向)から伸びた暗黒帯の先部分にまゆ星雲(IC5146)があると分かる。
↓上の画像に向きを揃えた「まゆ星雲」↓(前回掲載画を180度反転した)

↓撮影中のステラショット画面↓

目標天体にカーソルを合わせて指定することで自動導入する>ほぼ近い所へ望遠鏡向くが、この時に生じる微妙なズレを導入補正用カメラの撮影画像から星位置を読み取って修正動作してくれる。ファインダーの役目をカメラが行ってくれるわけで、対象天体が暗くて見えないなどの場合には大いに役立つ。目視確認できる天体(例えば月や明るい惑星など)には不要な機能かもしれないが、目では見えぬモノを見るために望遠鏡やカメラを使うのであるから、この機能は実に有難い。
【データ】まゆ星雲/2016年8月12日0時28分〜(30秒×115枚DSSスタック)/ASI1600MCC(-18℃,BMP,ゲイン300,ガンマ75)/BKP300反射+コマコレ(fl=1500mm)直焦点/EQ8赤道儀+ミニボーグ50mm屈折(QHY5LII),ステラショット制御&自動追尾修正@自宅星見台HANA
=================================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)星空雑記簿交叉足跡はなの隠れ家すたーりぃないとハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

08/15/2016

8/12未明、まゆ星雲(IC5146)@自宅

8/12未明、初めてまゆ星雲(IC5146)を撮影した。↓

まゆ星雲(IC5146)は、はくちょう座の端、ケフェウス座に近いところにある。ウィキペディアによれば太陽系からは4000光年先にあり、星雲は15光年ほどの範囲に広がっているとされるが、見かけは小さくこじんまりとしている。
↓撮影中のFireCapture画面↓

↓撮影ガイド中のステラショット画面↓

【データ】まゆ星雲/2016年8月12日0時28分〜(30秒×115枚DSSスタック)/ASI1600MCC(-18℃,BMP,ゲイン300,ガンマ75)/BKP300反射+コマコレ(fl=1500mm)直焦点/EQ8赤道儀+ミニボーグ50mm屈折(QHY5LII),ステラショット制御&自動追尾修正@自宅星見台HANA
=================================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)星空雑記簿交叉足跡はなの隠れ家すたーりぃないとハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

08/14/2016

8/13晩、北天日周運動@黒部

8/13晩、15秒露光の超広角静止画2254枚を比較明合成した↓北天の日周運動↓

中途半端な長さの光跡で判りにくいが、画面左に北斗七星(おおぐま)、円弧中央に北極星(こぐま)、右にカシオペヤ座)が写っている。/あわよくばペルセ群流星も、と考えていたが流星は写らなかった。ただ、途中で大西飛行士搭乗中の国際宇宙ステーションが画面左、縦に光跡を残してくれた。※日周運動の光跡と重なって見づらい※
↓同じ画像を使って毎秒4コマ表示の動画にしたもの↓

※動画の途中で、国際宇宙ステーションの光跡が画面左側、下から縦に現れる※
【データ】2016年8月13日20時25分〜(15秒×254枚比較明合成)/オリンパスOMD_EM5(ISO1600,JPG)/PELEMG8mmF3.5→F4/三脚固定@黒部市吉田科学館前広場
=================================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)星空雑記簿交叉足跡はなの隠れ家すたーりぃないとハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

08/13/2016

8/13未明のペルセウス群流星@自宅

本日8/13未明のペルセウス座流星群↓

流星が写った3コマを1枚に比較明合成した。あくまで印象だが、12日未明の方が出現数多かったかも?ピーク予想の12日晩、夜半前も多く流れたようだ。

【おまけ】↓12日晩の火星↓


↓12日晩の土星↓

ペルセ流星群はピーク時の出現数はあまり劇的に増えたりしないが、コンスタントに見られ、比較的息が長いことで知られる。もうしばらく見られると思うが、日を追うごとに月明かりが邪魔をする。
【データ】13日未明のペルセ群流星/2016年8月13日1時14分頃〜(30秒×3枚比較明合成)/富士X-E1(ISO3200,RAW)/SAMYANG14mmF2.8開放絞り/LX200赤道儀放置追尾@自宅星見台HANA
=================================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)星空雑記簿交叉足跡はなの隠れ家すたーりぃないとハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

08/12/2016

8/12未明のペルセ群流星@自宅/今宵ピーク予想

昨夜も日中の暑さが災いしてなかなか雲が切れず、星が見え出したのは夜半頃からだった。
↓出現ピークを迎えているペルセウス座流星群↓

↓同、トリミング↓

↓同じ流星を別カメラ(対角魚眼)で捉えた画像↓

2台のカメラで撮影した合計約500コマをざっと点検して一番明るそうな流星を載せた。実際に目視確認してはいないが、おそらくマイナス等級、火球なみの流星であったろうと思われる。他にも10コマ以上流星が写っており、昨年よりも出現数多いのかも知れない。(ペルセウス座流星群はそれほど爆発的に出現しないが毎年安定して見られる)
なお、予想出現ピークは今宵なので、ぜひ夜空に目を向けて欲しい。夜半頃まで月明かりが邪魔するが、その月が西へ沈む頃には、北西の空にペルセウス座が見やすい位置まで上ってくるので観察しやすくなる。
観察には、なるべく周囲に目を幻惑する照明などが無く視界の開けた場所が望ましい。北西方向から飛ぶ流星はほぼペルセウス座流星群と思って良い。
【データ】8/12未明のペルセウス座流星/2016年8月12日2時24分頃(30秒1枚)/富士X-E1(ISO3200,RAW)/SAMYANG14mmF2.8→F4との中間/LX200赤道儀放置追尾@自宅星見台HANA
=================================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)星空雑記簿交叉足跡はなの隠れ家すたーりぃないとハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

08/11/2016

8/10晩、月面エックス(月齢7.6)@石川県能美市

8/10晩、能美市の天体観察会に参加した。タイミングよく↓「月面X」が見られる時間帯と重なった↓

月面X(エックス)は画面右上の欠け際↑(「X」の左側部分の写りが悪い)

Continue reading "8/10晩、月面エックス(月齢7.6)@石川県能美市"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

08/10/2016

8/8未明、M31アンドロメダ星雲@自宅

8/8未明に撮影した↓M31アンドロメダ星雲↓

深夜、一番眠い時間帯ということもあり、撮影開始後は機械に任せて仮眠した。
↓動画モードSERで撮影したM31(7/31掲載済)↓

FireCaptureの場合、直でカラー静止画を得ようとするとBMPしか選択できないのがもったいない。他制御アプリへの移行も含め、改善策を検討中。
【データ】M31アンドロメダ星雲/2016年8月8日1時41分〜(30秒×87枚DSSスタック)/ASI1600MCC(-16.5℃,BMP)/WO-Star71(fl=350mm)直焦点/LX200赤道儀改+M-GEN100ガイド@自宅星見台HANA
=================================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)星空雑記簿交叉足跡はなの隠れ家すたーりぃないとハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

08/09/2016

8/8未明、北アメリカ星雲・ペリカン星雲@自宅

8/8未明、天頂付近から西に傾き始めたはくちょう座↓北アメリカ星雲を撮影↓した。

当初は↑AVI動画形式で10分間を3ショット↑、続いて↓静止画BMPを80枚撮影した↓

Continue reading "8/8未明、北アメリカ星雲・ペリカン星雲@自宅"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

08/08/2016

8/8早朝、今季初のすばる(M45)@自宅

連日の猛暑のためか夕方は雲が多く、夜遅くから晴れる傾向にあるようだ>8/8早朝、今季初のすばる↓M45プレヤデス星団↓

平日前の晩なので、撮影開始後、器械に任せて星見台内で仮眠した。昼の猛暑が嘘のように真夜中の外気は誠に心地よい。
↓星見台内で簡易仮処理した撮って出し画像↓

明け方、目覚めると雲に覆われていた。えっ、そんなぁ?と撮影画像を点検したら全て星空で雲に阻まれておらず、ひと安心した。その雲も明るくなるとすっかり掻き消え、再び猛暑の空に戻っていた。
【データ】M45すばる/2016年8月8日2時34分〜(30秒×120枚DSSスタック)/ASI1600MCC(-16.5℃/BMP)/WO-Star71(fl=350mm)直焦点/LX200赤道儀改+MGEN100ガイド@自宅星見台HANA
=================================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)星空雑記簿交叉足跡はなの隠れ家すたーりぃないとハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

08/07/2016

8/5晩、M16わし星雲@自宅

8/5掲載のM16は白黒だったのでカラー撮影をし直した↓M16わし星雲↓

残念ながら前回ほど低空の透明度は宜しくなかった。ま、とりあえずカラーで静止画撮影できた、ということで。
↓中央部トリミング↓

今後は、前回の白黒画像をL画像として今回のカラー(RGB)画像と1枚に合成する手段が考えられる。>今回は時間切れで此処まで。忘れないうちにやろうと思う。
【データ】M33/2016年8月5日23時23分〜(30秒×51枚DSSスタック)/ASI1600MMC(-10℃,BMP)/30cm,F5反射+コマコレ(fl=1500mm)直焦点/EQ8赤道儀+ミニボーグ5cm屈折(QHY5LII)ステラショット制御&自動ガイド@自宅星見台HANA
↓M16撮影中のFireCapture画面↓

=================================================================================================================
HomePage(Nifty)星空雑記簿なんと!-e星空ハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

08/06/2016

半自動化へ・2>8/6早朝、さんかく座の系外星雲M33@自宅

昨夜も深夜〜明け方にかけて天候が良かった。前晩に続き冷やし中華赤缶(ASI1600MCC)の試写を繰り返した。↓午前3時を回り、天文薄明が始まっている中で強行撮影したM33さんかく座の系外星雲(星見台内で応急簡略処理)↓

↓M33撮影時のFireCapture画面↓

(センサー部冷却温度−19℃,ゲイン300,ガンマ75,シャッター30秒で撮像した)
今回の収穫は、BMP形式ではあるが赤缶から直で静止画データを得られたこと。撮像時に、AVI形式、SER形式、BMP形式、FIT形式、4つの選択肢あるが、このうち静止画はBMPとFIT形式。(前者2つは動画形式)/さらにカラー静止画像はBMPだけ。FIT形式を選ぶと白黒データとなる。前回の投稿(M16)は此処でつまづき、白黒になってしまったのだった。
【データ】M33/2016年8月6日3時13分~(30秒×56枚DSSスタック)/ASI1600MMC(-19℃,BMP)/30cm,F5反射+コマコレ(fl=1500mm)直焦点/EQ8赤道儀+ミニボーグ5cm屈折(QHY5LII)ステラショット制御&自動ガイド@自宅星見台HANA
=================================================================================================================
HomePage(Nifty)星空雑記簿なんと!-e星空ハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

08/05/2016

半自動化への試み>8/4晩、M16わし星雲@自宅

8/4晩。日中の暑さが災いして夕方頃は曇りの日が続く。暗くなるにつれ、その雲が減り星空広がるが、透明度は今一つ良くない。昨晩は、既に惑星たちは南西天低いので諦め、南中を過ぎたいて座の散光星雲を狙った。↓M16わし星雲↓

撮影時の設定が悪かったようで、出てきた画像は白黒モードになってしまった。orz
↓ガイド用キスデジ&小型屈折直焦点で撮影した↓M16わし星雲↓

今回は、撮影設定を動画モード(AVI)から静止画モードにした。いずれも複数枚撮影だとかかる時間は大差ないが、静止画だと処理段階で慣れ親しんだDeepSkyStackerが利用できるし、枚数が少ない場合にも対応できるから。

Continue reading "半自動化への試み>8/4晩、M16わし星雲@自宅"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

08/04/2016

8/3晩、火星&土星@自宅

8/3晩、湿気多いものの星夜となった。今宵は超久しぶりに主砲30?F5反射で火星と土星を狙った。↓火星↓

30?反射はfl=1500?で(まともなバーロー×2しかなく)拡大率上げられないのでDrizzle1.5×処理した。
↓土星↓

大気屈折による色収差軽減のため2枚重ねの薄プリズム(ADC)を使う。屈折望遠鏡などは、見た目の水平方向で同プリズム補正方向を簡単に決められるが、ニュートン反射の場合は見る方向により視野回転するため、実際の水平方向と一致させるのがややこしい。実は、これがあってニュートン反射での惑星撮影をためらっていた。/そこで、たまたま南中したばかりの土星の環の方向で水平方向を大雑把に判断した。ただ、180度ADCの向きが違っていたのか?いずれも南側がボケてしまった。/火星は接近時に比べるとずいぶん小さくなった。現在、どんどんアンタレスや土星の方向へ動いている。(土星もだが)夕方薄暗くなったらすぐに観察したい。

【データ】土星/FireCapture v2.5 beta Settings
------------------------------------
Observer=K-Yo/Scope=BKP300,EQ8Mount/Camera=ZWO ASI224MC/Filter=RGB/Profile=Saturn/Diameter=17.39"/Magnitude=0.36/CMI=242.2° CMIII=82.9° (during mid of capture)/FocalLength=5700mm (F/80)/Resolution=0.14"/Filename=Sat_203617.avi
Date=030816/Start(UT)=113532.736/Mid(UT)=113617.401/End(UT)=113702.067/Duration=89.331s/Frames captured=10000/File type=AVI/Extended AVI mode=true/Compressed AVI=false/Binning=no
ROI=412x320/ROI(Offset)=408x376/FPS (avg.)=111/Shutter=8.929ms/Gain=350/(58%)/Brightness=1/WBlue=95/HardwareBin=off/AutoHisto=75 (off)/WRed=52/SoftwareGain=10 (off)/Gamma=80/USBTraffic=100/AutoExposure=off/HighSpeed=off/Histogramm(min)=0/Histogramm(max)=144/Histogramm=56%/Noise(avg.deviation)=n/a/Limit=10000 Frames/Sensor temperature=33.2 °C
=================================================================================================================
HomePage(Nifty)星空雑記簿なんと!-e星空ハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

08/03/2016

7/29未明、サドル付近@自宅

7/29未明、透明度は今一つなれど星空が広がった。↓サドル付近のHII領域↓

サドル(はくちょう座γ星)は、画面中央の輝星。白鳥の胴体、翼の付け根にあたる星。はくちょう座は「北十字」ともいわれるが、十字の真ん中の星。
【データ】サドル付近/FireCapture v2.5 beta Settings
------------------------------------
Observer=K-Yo/Scope=WO-Star71(fl=350mm),LX200Mount,MGEN100/Camera=ZWO ASI1600MC-Cool/Filter=RGB/Profile=DSO/Filename=DSO_002835.avi
Date=290716/Start(UT)=151323.670/Mid(UT)=152835.264/End(UT)=154346.858/Duration=1823.188s
Frames captured=46/File type=AVI/Extended AVI mode=true/Compressed AVI=false/Binning=no/ROI=4656x3520/ROI(Offset)=0x0/FPS (avg.)=0/Shutter=40.0s/Gain=300 (50%)/WRed=52/WBlue=95/Brightness=1/TargetTemp=-5/AutoHisto=75 (off)/SoftwareGain=10 (off)/AutoExposure=off/HighSpeed=on/HardwareBin=off
USBTraffic=100/Gamma=65/Histogramm(min)=0/Histogramm(max)=255/Histogramm=100%/Noise(avg.deviation)=n/a/Limit=1800 Seconds/Sensor temperature=-5.0 °C
=================================================================================================================
HomePage(Nifty)/(NSK)星空雑記簿すたーりぃないと交叉足跡ハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

08/02/2016

7/31未明、今季初!さんかく座の系外星雲M33@自宅

今季初M31アンドロメダ星雲に続き、今季初↓M33さんかく座の系外星雲↓

↓同、等倍トリミング↓

Continue reading "7/31未明、今季初!さんかく座の系外星雲M33@自宅"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

08/01/2016

実写版>8月の星空

8月15日だと19時半頃の天頂付近(上旬は20時半頃、下旬は18時半頃)

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
3(水):●新月/6(土)月(月齢3.3)木星へ接近/7(日):立秋/9(火):旧暦七夕/10(水):月齢7.3※月面X/11(木):上弦/12(金):月、火星と土星へ接近、☆彡ペルセウス座流星群極大☆彡(期間7/20〜8/20)/17(水):水星東方最大離角/18(木):はくちょう座κ流星群、○満月/20(土):金星、木星へ大接近、/下旬:火星、土星へ接近/24(水):小惑星パラスが地球に最接近(2.3984AU,9.2等)、火星とアンタレス最接近/25(木):火星、土星へ最接近、下弦/26(金):月、アルデバランへ最接近/27(土):水星、金星へ接近/28(日):金星、木星最接近/31(水)二百十日
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
アストロアーツ社のWebサイトを参考にしました※
=================================================================================================================
【データ】はくちょう、こと/2016年6月10日0時26分〜(45秒×26枚スタック)/EOSkissX7改(ISO3200,RAW)/琢磨28mmF3.5→F4/LX200赤道儀放置追尾@自宅星見台HANA
=================================================================================================================
HomePage(Nifty)星空雑記簿なんと!-e星空ハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« July 2016 | Main | September 2016 »