« March 2017 | Main | May 2017 »

April 2017 posts

04/30/2017

実写版>5月の星空

↓いて座M20三裂星雲とM8干潟星雲↓5月15日だと1時頃の南空(上旬は2時頃、下旬は0時頃)

--------------------------------------------------------------------------------------------------
2(火)八十八夜/4(木)上弦(月面X)/5(金)立夏/6(土)水がめ座η流星群/7(日)おとめ座γ星食/8(月)月が木星へ接近/10(水)C/2015ER61近日点通過/11(木)○満月/13(土)月が土星へ接近/18(木)水星西方最大離角/19(金)下弦/22(月)月が金星へ接近/26(金)●新月
iOS版アストロガイド2017を参考にしました※
==================================================================================================
【データ】M8干潟星雲とM20三裂星雲/2017年4月30日2時28分〜(120秒×18枚)/EOSkissX7(ISO3200,RAW)/WO-Star71(fl=350mm)/EM10赤道儀改+MGEN100ガイド@自宅前4/6未明、M8干潟星雲周辺/2016年4月6日3時5分〜(1分露光×25枚スタック
================================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)星空雑記簿交叉足跡はなの隠れ家すたーりぃないとハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

04/29/2017

4/28晩の木星

昨夜4/28晩の木星。透明度は良くなかった。上空大気も細かな流れがあった。昨年の乏しい勘が少し戻ってきた気はする(笑)↓※同時刻(UT)のモノが入っていますが、処理方法が異なっています(撮影から処理過程まで画一化できていないため)

【1】UT1242

【2】UT1244

【3】UT1246

【4】UT1321

【5】UT1321

【6】UT1324

【7】UT1324

【8】UT1326

【9】UT1326

【10】UT1326

【11】UT1326

【12】UT1326

【13】UT1327

【14】UT1327

【15】UT1327

【16】UT1327

(※画像は全て望遠鏡視野と同じ逆像表示にしているが、木星本体の南北ではなく天の赤道座標に対して南北を合わせているので、木星本体は若干シフトしている)
【共通データ】2017年4月28日21時42分〜
C9.25SCT,X2Barlow/ZWO ASI224MC(Gain285,Gamma30,8.8ms)90秒、約10.000コマ中15%〜50%を抽出/NJP赤道儀@自宅星見台HANA
================================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)星空雑記簿交叉足跡はなの隠れ家すたーりぃないとハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

04/28/2017

4/27晩、系外星雲M51(子持ち星雲)

昨日4/27晩は晴れていたが透明度今一つ良くなかった。>比較的透明度が良いのは天頂付近。ということで頭上に上り詰めていた↓りょうけん座の系外星雲M51を撮影した↓(M51,周囲トリミング画像)↓

↓同、x2Drizzle縦構図トリミング↓

透明度不良の影響もあってか?1時間余も露光かけた画像はパッとしない。(-_-;)/しかし、PCレスで撮影可能になるとPC周りにコード・ケーブル類が集中しないので常置場所であっても助かる。<過去に撮影中にPC接続ケーブルを引っかけてPC落下させ、1台お釈迦にしたことがある。( ;∀;)
【データ】M51/2017年4月27日23時11分(60秒78枚)/ASI1600MCC(-15℃,Gain12/25,Gamma7/10,TIF)/C9.25(fl=1763mm)/NJP赤道儀、自動ガイド@自宅星見台HANA
前回紹介したPCレスツール(CMOS CaptureとSS-one Guider)での撮影を試みた。撮影にPCを使用しないで済む=商用電源不要ということにつながり、野外で大いに活躍しそうである。と言いつつ、ここ1年余り県外での天体撮影していないのだが。↓左下:CMOS Capture,右上:SS-one Autoguider Light↓

================================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)星空雑記簿交叉足跡はなの隠れ家すたーりぃないとハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

04/27/2017

M16わし星雲とM17馬蹄形星雲

4/24未明、前回投稿M8,M20に続いて撮影したM16わし星雲とM17馬蹄形星雲。
↓M16わし星雲(上)とM17馬蹄形星雲(下) by WO-Star71↓

↓M16わし星雲 by C9.25&ASI1600MCC(再掲)↓

M16とM17は前回掲載のM8,M20の斜め左上(北東方向)にある。いて座の中でも北寄りにあり比較的高度あるため低空透明度不良の場合でも(M8やM20よりも)影響を受けにくい。
【データ】M16わし星雲(上)とM17馬蹄形星雲(下)/2017年4月24日3時13分〜(60秒31枚)/EOSkissX7(ISO3200,RAW)/WO-Star71(fl=350mm)/EM10赤道儀改+MGENガイド@自宅前

Continue reading "M16わし星雲とM17馬蹄形星雲"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

04/26/2017

M20三裂星雲とM8干潟星雲

4/24未明、今季初めて夏の代表格?星雲を撮影した。
↓M20三裂星雲(上)とM20干潟星雲(下) by WO-Star71↓

↓M8干潟星雲 by BORG100ED,F4↓

冬の代表星雲がM42オリオン星雲ならば、夏の代表星雲はM8干潟星雲と思っている。若干南に低いため大気中の塵など透明度不良に阻まれることもあるが、このときは南中近い時間帯だったのでさほど影響を受けずに済んだ。
【データ上】M20三裂星雲とM8干潟星雲/2017年4月24日2時31分〜(60秒×30枚)/EOSkissX7(ISO3200,RAW)/WO-Star71(fl=350mm)屈折/EM10改赤道儀+MGENガイド@自宅前
↓M20,M8撮影中のステラショット画面↓

【データ下】M8干潟星雲/4月24日2時46分〜(45秒×60枚)/EOSkissX7改(ISO3200,RAW)/BORG100ED,F4(fl=400mm)屈折/LX200改赤道儀放置追尾@自宅星見台HANA
↓M8撮影中のステラショット画面↓

================================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)星空雑記簿交叉足跡はなの隠れ家すたーりぃないとハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

04/25/2017

M16わし星雲(創造の柱)

4/24未明、今季初めて夏の銀河=いて座の散光星雲M16わし星雲を撮影した。
↓画面中央付近、柱状の突起物が「創造の柱」↓

フォトショップ用ツール「Nik」を使い、訳も分からず弄っていたら↓こんなことに↓

「創造の柱」はハッブル宇宙望遠鏡の画像で一気に有名になった。ネット検索すれば画像が見つかると思うが、何かの機会に目にした方も多いと思う。ド素人が地上から口径9吋の望遠鏡で撮ったものはそれとは似ても似つかぬとんでも画像になってしまった。(笑)/この柱は星が誕生する現場として知られている。
↓M16撮影中のFIreCapture画面↓

【データ】M16わし星雲/FireCapture v2.5 Settings
Telescope=C9.25(fl=1763mm),NJPmount/Camera=ZWO_ASI1600MC-Cool/Filter=RGB/Profile=DSO/Filename=2017-04-23-1740_8-RGB.zip
Date=170423/Start(UT)=174049.873/Mid(UT)=175618.367/End(UT)=181146.861/Duration=1856.988s
Framescaptured=31+30/Shutter=60.0s/Gain=300(50%)/WRed=52/WBlue=95/Gamma=80/Sensortemperature=-20.0°C
================================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)星空雑記簿交叉足跡はなの隠れ家すたーりぃないとハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

04/24/2017

本日4/24未明41PとC/2105V2

彗星連投です(^_^;)/本日4/24未明の↓41Pタットル・ジャコビニ・クレサック彗星↓

↓C/2015V2Johnson彗星↓

画像で見る限り41PよりもC/2015V2 Johnson彗星の方が中心部はしっかりしていて尾が2時方向にハッキリ出ているのが分かる。※なお、今回は異なる望遠鏡で撮影しているので直接比較にはならない。
【データ上】41P/タットル・ジャコビニ・クレサック/2017年4月24日1時54分〜(60秒×30枚)/EOSkissX7改(ISO3200,RAW)/BORG100ED,F4(fl=400mm)屈折/LX200赤道儀改放置追尾@自宅星見台HANA
【データ下】C/2015V2 Johnson彗星/2時4分〜(60秒30枚)/EOSkissX7(ISO3200,RAW)/WO-Star71(fl=350mm)/EM10赤道儀改+MGEN100ガイド@自宅前

Continue reading "本日4/24未明41PとC/2105V2"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

04/23/2017

本日4/23未明の2彗星(41PとC/2015V2)

昨日は小惑星テントウムシ命名認定祝賀会@金沢から深夜に帰宅。
あまりの好天に本日4/23未明、接近中?の2彗星をねらった。↓41Pタットル・ジャコビニ・クレサック彗星↓

↓C/2015V2Johnson彗星↓

両者ほぼ同倍率に長辺方向を切り詰め正方形トリミング、画面上が北方向。ぱっと見、41Pの方は明るく大きく広がり、Johnsonの方は芯と尾がハッキリしている感じ。Johnson彗星撮影中、あと数枚で30枚というところで雲に阻まれ25枚スタックで諦めた。/SS-one化改造で復活した初期型EM10赤道儀のステラショット自動導入制御、自動ガイド機能実験も兼ねて撮影した。
【データ】2017年4月23日1時37分〜(60秒×30枚、41P)2時20分〜(60秒25枚、C/2015V2)/EOSkissX7(ISO3200,RAW)/BORG100ED,F4屈折(fl=400mm)直焦点/EM10赤道儀改+MGEN100ガイド@自宅星見台HANA↓SS-oneコントローラ↓

================================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)星空雑記簿交叉足跡はなの隠れ家すたーりぃないとハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

04/22/2017

4/14未明、月齢16.5

4/14未明、月齢16.5の月を南部と北部に分けて撮影した↓月面南部↓

↓月面北部↓

↓南部と北部を1枚に繋いだもの↓(画像はいずれも逆像表示)

なお、前日4/13にも同じようにして月齢15.5を掲載している。
【データ】月齢16.5
ASI1600MCC/Filter=RGB/Profile=Moon/Filename=2017-04-13-1511_9-RGB.ser
Date=170413/Start(UT)=151126.047/Mid(UT)=151156.062/End(UT)=151226.077/Duration=60.030s
Framescaptured=510/Filetype=SER/Binning=no/ROI=4200x3150/ROI(Offset)=136x200/FPS(avg.)=8/Shutter=7.000ms/Gain=7(1%)/Gamma=60
Brightness=1/AutoHisto=75(off)/WRed=52/WBlue=95/USBTraffic=92/Limit=60Seconds/Sensortemperature=6.0℃
================================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)星空雑記簿交叉足跡はなの隠れ家すたーりぃないとハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

04/21/2017

小惑星2014JO25接近2:動画編

4/20未明、小惑星2014JO2の地球接近その2>M101付近通過中の画像60枚からパラパラ漫画動画を作成した↓

同じく、北斗七星(柄杓)の持ち手側末端の星アルカイド付近を通過する小惑星2014JO25↓

※いずれも秒3コマ再生なのでパラパラ漫画動画、カクカクした動きになってしまっている。
↓元画像1:M101付近通過中(前回掲載済)↓

↓元画像2:アルカイド付近通過中↓

【データ】M101横を通過中の小惑星2014JO25/2017年4月20日0時59分〜(30秒×60枚)/EOSkissX7(ISO3200,RAW)/BORG100ED,F4屈折(fl=400mm)/LX200改赤道儀放置追尾@自宅星見台HANA
================================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)星空雑記簿交叉足跡はなの隠れ家すたーりぃないとハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

04/20/2017

4/19-20小惑星2014JO25接近

昨夜(4/19)21時頃、小惑星2014JO2が地球から約180万km※まで接近した。その時は曇天で星は見えなかったが、深夜になって天候回復し、同小惑星を捉えることができた。↓おおぐま座の系外星雲M101(右)を通過する小惑星2014JO25の軌跡(左端)↓

↓上画像の1コマを撮影中のステラショット画面↓

↓同2星図表示モード↓

ステラショットはリアルタイム連動表示なので、星図中の緑マーカー(同小惑星)位置を確認しながら赤道儀のRA,DEC微動ボタンを押して連動する赤い写枠を都合良い位置にもってくるだけで済む。(白枠は導入当初の写枠)↓同3拡大表示画面↓

※宇宙規模で考えれば大接近に間違いないが、180万kmだと地球-月間の約5倍の距離である。数年前、小惑星2005YU55は地球と月の間の距離を通過したことがある。
【データ】M101横を通過中の小惑星2014JO25/2017年4月20日0時59分〜(30秒×60枚)/EOSkissX7(ISO3200,RAW)/BORG100ED,F4屈折(fl=400mm)/LX200改赤道儀放置追尾@自宅星見台HANA
================================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)星空雑記簿交叉足跡はなの隠れ家すたーりぃないとハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

04/19/2017

本日4/19未明、北天の41PとC/2015V2比較

本日4/19未明、↓北天の41P タットル-ジャコビニ-クレサック彗星とC/2015V2 Johnson彗星↓41P↓

↓C/2015V2↓

両者比較のため、いずれも同じ望遠鏡&カメラで撮影し、同比率でトリミングした。
41Pの方が明るくハッキリ写っている。前回4/15記事の内容は撤回です。(^_^;)
41Pは4/5に近地点通過し、その8日後に近日点通過したので明るい。ただ前回も書いたように4月始め頃よりは移動速度は鈍くなった。また、過去にアウトバーストを起こして急増光したことがあるのでしばらく目は離せない。/Johnson彗星はC41Pよりも地球から遠くにあり、6月に近日点通過する。/今は両者が一番近づいて見えており、135換算約80mmレンズで同一写野に程よく収まる。
【データ】41P タットル・ジャコビニ・クレサック彗星/2017年4月19日0時19分〜(60秒20枚)/EOSkissX7(ISO1600,RAW)/BORG100ED,F4屈折(fl=400mm)直焦点/LX200赤道儀放置追尾@自宅星見台HANA
※なお、今宵19日晩に直径650mの小惑星(2014 JO25)が地球に180万?まで接近する。(21時頃)明るさは約11等とのこと。
================================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)星空雑記簿交叉足跡はなの隠れ家すたーりぃないとハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

04/18/2017

4/16未明、月齢18.6中央欠け際付近

4/16未明、惑星用カメラで月面撮影を試みた。↓月齢18.6欠け際付近の画像を繋いだもの↓

以下、合成に使用した各画像↓ut1639↓

↓ut1637↓

↓ut1653↓

↓ut1652↓

↓ut1634↓

この程度の解像力でよいならば、惑星用カメラを使わないで普通のカメラで連写したものを1枚に合成した方が効率よく、かつ、早く作成できると思う。
【データ】月齢18.6
Telescope=C9.25(fl=2350mm)/Camera=ASI224MC/Filter=RGB/Profile=Moon/Filename=2017-04-15-1637_7-RGB.SER
Date=170415/Start(UT)=163717.022/Mid(UT)=163747.024/End(UT)=163817.027/Duration=60.005s
Framescaptured-2411/ROI=1280x960/ROI(Offset)=24x16/FPS(avg.)=40
Shutter=8.000ms/Gain=75(12%)/Gamma=60/WBlue=95/WRed=52/Limit=60Seconds/Sensortemperature=23.5°C
================================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)星空雑記簿交叉足跡はなの隠れ家すたーりぃないとハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

04/17/2017

雲間のJohnson彗星(中古赤道儀SS-one化で復活)

昨夜4/16は霞と雲で透明度不良だったが雲間から星は見えた。先日SS-one化改造依頼していたEM10赤道儀が戻ってきたばかりなので、家の前へ出して試運転してみた。試運転対象は↓C/2015V2 Johnson彗星↓

画面上が北方向。彗星基準でスタックしたが殆ど移動していない。長辺方向を中心に正方形トリミング。

↓PENTAX105EDHF鏡筒を載せた改造EM10赤道儀

↓SS-one2軸コントローラ↓

↓MGEN画面(※ブレてます)

↓ステラショット画面↓

↓PoleNavigator画面↓

【データ】
C/2015V2 Johnson彗星/2017年4月17日0時28分〜(1分露光×20枚)
富士X-T1(ISO3200,RAW-Tiff)/PENTAX105EDHF(fl=540mm)直焦点
SS-one改EM10赤道儀&MGEN100ガイド
初期型EM10赤道儀は約10余年前に中古入手した。外観は塗装の剥げ・擦り傷が目立ち、駆動モーターギヤ摩耗して動かなくなった時は中古同等品を探して交換してまで使ってきた。その理由は、基本的な追尾精度が良好だったから。超焦点・長時間撮影用に自動ガイド端子まで自作した。しかし、旧式化して電脳機器による自動導入は難しいこと、何よりも部品が手に入れ難い状況になったため、駆動部分を最近のモノにすげ替え再起させることにした。
所有ケーブル端子のオスメスがコントローラと合わず自動導入実験できなかったが、極軸内蔵カメラをPoleNavigatorで問題なく作動させられ機能したし、自動ガイドも問題なかった。ケーブル端子を合致させれば自動導入も問題ないものと確信している。
================================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)星空雑記簿交叉足跡はなの隠れ家すたーりぃないとハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

04/16/2017

4/15黒部観察会復帰

昨日4/15,黒部市吉田科学館の観察会に復帰した。年明けから別用と重なり欠席していた。透明度は今一つだったが好天に恵まれた。ちょうどISS国際宇宙ステーションが頭上付近を通過する日と重なり、早めに観察会場へ到着し迎撃を試みた。↓結果、悲惨な結果だったので画枠を小さくして載せます。(^_^;)↓

iPhone7でタイムラプス

←iPhoneを手提げカゴに寝かせて撮影
 (途中でカゴに接触したらしい)

↓7吋マクカセで迎撃するもブレブレ↓


←by 7吋マクカセ
 両側のパネルに日が当たってる
 らしいが、、、??

↓左:ISS迎撃と木星拡大用7吋マクカセ/右:彗星撮影用71mm,F5屈赤↓

メラメラ木星・1

メラメラ木星・2


←41P/タットル・ジャコビニ・クレサック彗星
【データ】
2017年4月15日21時23分〜(30秒22枚)
EOSkissX7(ISO1600,RAW)/WO-Star71(fl=350mm)
セレストロンADVX赤道儀放置追尾
@黒部市吉田科学館前広場
※載せるのがはばかられる画像が目につくが、まあ、記録ということで。(^_^;)
直近の観察では、41Pの動きは次第に緩くなり=地球から遠ざかり、同彗星より離れている=動きが目立たないJohnson彗星の方が明るくしっかりしているという印象だったが、この晩に限ってはJohnsonよりも写りが良かったという印象だった。小規模バースト??
================================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)星空雑記簿交叉足跡はなの隠れ家すたーりぃないとハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

04/15/2017

4/14未明のC/2015V2と41P

4/14未明↓月明の下、撮影を強行したJohnson彗星(C/2015V2)↓画像はいずれも上が北方向

2時方向に尾が伸びているようだ。↓同、タットル・ジャコビニ・クレサック彗星(41P)↓

ピント不良?追尾不良?(風の影響あり)などの影響か、彗星本体もズレが生じている。(^_^;)
現在、両彗星は共に北天高緯度にあり互いに比較的近い位置に居る。見かけ上の動きは41Pの方が大きくJohnsonの方は遅い(=地球から遠い)。近地点通過頃の41PはJohnsonよりも明るく尾もはっきりしていたが、今はJohnson彗星に負けているようだ。というか、Johnson彗星の方が41Pよりも明るく大きな彗星なんだろうと思う。
【データ】C/2015V2 Johnson彗星/2017年4月14日0時24分〜(30秒41枚)/ASI1600MCC(-20℃,Gain300,Gamma80,FIT)/C9.25(fl=1763mm)直焦点/NJP赤道儀放置追尾@自宅星見台HANA/※41Pは0時24分〜、他は同じ
================================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)星空雑記簿交叉足跡はなの隠れ家すたーりぃないとハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

04/14/2017

4/13晩の木星

昨夜4/13晩の木星。透明度は良好だったが上空大気の流れを常に感じた。↓

【1】ut1316

【2】ut1317

【3】ut1347

【4】ut1348

【5】ut1349

【6】ut1357

【7】ut1358

【8】ut1405

【9】ut1406

【10】ut1412

【11】ut1413

【共通データ】2017年4月13日22時16分〜23時13分
C9.25SCT,X2Barlow/ZWO ASI224MC(Gain285,Gamma25,8.5ms)
60秒、約5000コマ中25%〜50%を抽出
NJP赤道儀@自宅星見台HANA
(※画像は全て望遠鏡視野と同じ逆像表示になっている)
木星観察を始めたのは22時(UT13時)を過ぎてからだった。西側にかろうじて残っていた大赤班が裏へ回り始めたところだった。また、木星本体右下(北東)に第2衛星エウロパ(白○)とその影(黒●)が見え始めていた。画面を順に下へ追うと木星本体を通過していくのが分かると思う。
================================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)星空雑記簿交叉足跡はなの隠れ家すたーりぃないとハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

04/13/2017

4/10月齢13.4と4/13月齢15.5

4/10晩↓満月直前の月(月齢13.4)↓画像はいずれも上が南方向(逆像表示)

4/13未明↓満月後の月(月齢15.5)↓

fl=1763mmにフォーサーズでは満月近い月を1枚に収めるのは無理で南北二つに分けてもかなり厳しい。特に10日晩月齢13.4は本当に余裕がなかった。昨晩の月齢15.5は少し欠けたおかげで2枚に収めることができた。
【データ】月齢13.4 FireCapture v2.5 Settings
Telescope=C9.25(fl=1763mm)/Camera=ASI1600MCC/Filter=RGB/Profile=Moon/Filename=2017-04-10-1147_9-RGB.avi
Date=170410/Start(UT)=114725.816/Mid(UT)=114755.830/End(UT)=114825.845/Duration=60.029s
Framescaptured=449/ROI=4008x3000/ROI(Offset)=232x336/FPS(avg.)=7/Shutter=7.000ms
Gain=50(8%)/WRed=52/USBTraffic=92/WBlue=95/Gamma=60/Limit=60Seconds/Sensor temperature=6.8 °C
================================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)星空雑記簿交叉足跡はなの隠れ家すたーりぃないとハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

04/12/2017

4/10晩C/2015V2 Johnson彗星

4/10晩、満月間近の月が空を明るくする中、41Pに続いて撮影した↓C/2015V2 Johnson彗星↓

↓同、白黒反転画像↓

Johnson彗星の方は、動きが殆ど無く明るさもあまり変化がない。41Pと同じく北天に位置しており今月下旬に41Pと近くなった後、6月に近日点通過を迎える。
【データ】C/2015V2 Johnson/2017年4月10日22時26分〜(20秒×60枚)/EOSkissX7(ISO1600,RAW)/WO-Star71(fl=350mm)/LX200放置追尾@自宅星見台HANA
================================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)星空雑記簿交叉足跡はなの隠れ家すたーりぃないとハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

04/11/2017

4/10月明下の41P

4/10晩、満月間近の月が空を明るくする中で撮影強行した↓41P/タットル・ジャコビニ・クレサック彗星↓

↓同2別処理↓

↓同、白黒反転画像↓

同彗星は先週5日に近地点通過し今週末には近日点通過する。地球からは少し遠ざかり移動量も明るさも少し大人しくなった印象。過去にバーストを起こしたこともある。相変わらず北天高緯度に位置していて一晩中観察可能。
【データ】41P/2017年4月10日21時58分〜(30秒×40枚)/EOSkissX7(ISO1600,RAW)/WO-Star71(fl=350mm)直焦点/LX200赤道儀放置追尾@自宅星見台HANA
================================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)星空雑記簿交叉足跡はなの隠れ家すたーりぃないとハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

04/10/2017

月齢7.3(中央火口列付近)、月齢12.4

4/4晩に撮影した↓月齢7,3の月↓(中央火口列付近)

欠け際に3つ縦に並んだクレーターは、上(南)から順にアルザッケル、アルフォンスス、プトレマイオスの名が付いている。月面中央付近にあるため(上弦及び下弦頃に)目につきやすい。
↓合成に使用した元画像・1↓

昨夜4/9晩、月齢12.4の月(高倍率ズームコンデジによる手持ち半固定横着撮影)

【データ】月齢7.3中央火口列付近/FireCapture v2.5 Settings
Telescope=C9.25,X3Barlow/Camera=ZWO ASI224MC/Filter=RGB/Profile=Moon/Filename=2017-04-04-1112_5-RGB.avi
Date=170404/Start(UT)=111203.439/Mid(UT)=111233.441/End(UT)=111303.443/Duration=60.004s
Framescaptured=3601/ROI=1304x976/FPS(avg.)=60/Shutter=6.000ms/Gain=200(33%)/WRed=52/Gamma=75/WBlue=95/USBTraffic=85/Limit=60Seconds/Sensortemperature=19.8 °C
================================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)星空雑記簿交叉足跡はなの隠れ家すたーりぃないとハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

04/09/2017

本日4/9午後ISS日面通過なれど、、(3年前ISS月面通過@富山)

本日4/9午後、金沢〜小矢部〜高岡〜氷見にかけてISS国際宇宙ステーションが太陽表面を通過する。ただ、天候が微妙。/ちょうど3年前の2014年4月9日、若田船長が搭乗するISS国際宇宙ステーションが上弦を過ぎた月面前を通過した。
↓動画から通過部分を切り出して合成したもの↓

↓高倍率ズームコンデジで撮影した動画↓(画面左が北方向、再生速度1/2)

夕暮れの青色が残る空での通過で、青空にISSが白く写ったのは初めてだった。月面の明るい部分で重なって埋もれており、ぱっと見、月を貫通したかのような印象を受ける。ともあれ、夕暮れのISS迎撃が成功してよかった。
【データ】2014年4月8日18時10分12秒(動画MOV/MOV→JPEG切り出し50枚から比較明合成)/上:PENTAX105EDHF(fl=700mm)直焦点/ペンミニE-PM2(動画モード)/高橋EM-10赤道儀/下:光学ズーム50倍、デジタル2倍(×100)/PowerShotSX50HS(動画モード、MF)@富山市、常願寺川左岸河川敷
【追記】通過ライン上の河北潟南側(金沢競馬場の南)へ出動したが、曇天でピント合わせられず&霧雨来そうで組立てならず、迎撃は諦め。orz↓

今回の迎撃ポイントは小さな公園で、桜は7〜8分咲き?。ミニ桜見物して帰投。

================================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)星空雑記簿交叉足跡はなの隠れ家すたーりぃないとハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

04/08/2017

月面南部(月齢7.3)

4/4晩に撮影した↓月齢7,3の月↓(月面南部)

↓合成に使用した元画像・1↓

↓合成に使用した元画像・2↓

久しぶりに遊星用カメラで月齢7.3の月面を撮影した。薄雲越しの撮影で月が暈を被っていた。そのためか少し眠い階調に感じられる。上空気流の状態も今一つで大きな揺らぎがあった。
【データ】月齢7.3/FireCapture v2.5 Settings
Telescope=C9.25,X3Barlow/Camera=ZWO ASI224MC/Filter=RGB/Profile=Moon/Filename=2017-04-04-1108_6-RGB.avi
Date=170404/Start(UT)=110837.216/Mid(UT)=110841.356/End(UT)=110845.497/Duration=8.281s
Frames captured=398/Binning=no/ROI=1304x976/ROI(Offset)=0x0/FPS(avg.)=48/Shutter=6.500ms
Gain=200(33%)/WRed=52/Gamma=75/WBlue=95/USBTraffic=85/AutoHisto=75(off)/Brightness=1
Limit=60 Seconds/SensorTemperature=19.5 °C
================================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)星空雑記簿交叉足跡はなの隠れ家すたーりぃないとハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

04/07/2017

アンタレス近傍

4/3,6の2回に分けて撮影した↓さそり座αアンタレス付近↓(上部)

↓同、中央がアンタレス↓

眼視だと然程に感じないが、アンタレス周辺の領域は画像にするとガス雲などが広がりとても起伏に満ちている。引き続き周囲へ撮影範囲を広めていきたい。
【データ上】アンタレス上部/2017年4月6日3時3分〜(2分露光×24枚)/EOSkissX7改(ISO3200,RAW)/WO-Star71(fl=350mm)直焦点/LX200赤道儀+MGENガイド@自宅星見台HANA
【データ下】アンタレス付近/2017年4月3日1時33分〜(2分×30枚)/以下、上に同じ
================================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)星空雑記簿交叉足跡はなの隠れ家すたーりぃないとハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

04/06/2017

蜘蛛の糸(Lovejoy彗星)

前回、月明が邪魔しないうちにスッキリ晴れて欲しいと書いたが、意外に早く好機到来した。
↓本日4/6早朝のラブジョイ彗星(C/2017E4)↓ポジ

細くスーッと伸びた尾はさながら蜘蛛の糸のようだ。↓同、白黒反転画像↓

(いずれも画面上が北方向)/BKP300反射での同彗星本体近傍の拡大撮影も考えていたが、残念ながら風があって鏡筒揺すられるため断念した。C9.25鏡筒の方が風の影響を受けにくいが、今回撮影に使ったWO-Star71鏡筒&LX1200からはモロに同彗星の方向になる(=写野を遮る)ため使えなかった。
【データ】C/2017E4 ラブジョイ彗星/2017年4月6日4時4分〜(60-20秒、計28枚)/EOSkissX7(ISO3200-1600,RAW)/WO-Star71(fl=350mm)直焦点/LX200赤道儀放置追尾@自宅星見台HANA
================================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)星空雑記簿交叉足跡はなの隠れ家すたーりぃないとハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

04/05/2017

本日4/5早朝のラブジョイ彗星(C/2017E4)

本日4/5早朝、話題のラブジョイ彗星(C/2017E4)を雲越しに捉えた。↓by BKP300,白黒ポジ

↓同、白黒反転画像↓(いずれも画面上が北方向)

↓同 by WO-Star71↓カラーポジ

↓同、白黒反転画像↓

低空で天文薄明が始まっていた。それよりも、雲越し強行撮影のため透明度最悪で星の写りが芳しくなかった。FaceBookを見ると淡く細長い尾がかなり伸びているようだ。月が邪魔し始めないうちにスッキリ晴れてほしい。
【データ上】C/2017E4 ラブジョイ彗星/2017年4月5日3時49分〜(60秒×26枚)/QHY9(-25℃,Gain50%,L)/BKP300反射(fl=1500mm)直焦点/EQ8赤道儀放置追尾@自宅星見台HANA
【データ下】3時25分〜(30秒×79枚)/EOSkissX7(ISO3200,RAW)/WO-Star71(fl=350mm)直焦点/LX200赤道儀放置追尾
================================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)星空雑記簿交叉足跡はなの隠れ家すたーりぃないとハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

04/04/2017

4/2,41P/タットル・ジャコビニ・クレサック彗星

4/2深夜の41P/タットル・ジャコビニ・クレサック彗星↓

↓ステラショット画面より↓(41Pの位置を中央より少し上へシフト)

↓撮像中のステラショット画面↓

しばらく見ないうちに大きく明るくなったという印象。移動量もそこそこあり41Pが比較的近いことを感じさせる。予報から尾がもう少し長いものと思い彗星本体を画面中央から上へシフトさせたがさほど写らなかった。
【データ】41P/2017年4月2日23時1分〜(60秒×30枚)/EOSkissX7(ISO3200,RAW)/WO-Star71(fl=350mm)/LX200赤道儀+MGEN100ガイド@自宅星見台HANA
================================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)星空雑記簿交叉足跡はなの隠れ家すたーりぃないとハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

04/03/2017

4/3未明の木星@自宅

地域行事に忙殺されていて昨夜久しぶりに星見台へ上がった。天気はまずまず良好。4/3未明の木星↓

【UT1539】

【UT1540】

【UT1711】

【UT1717】

41Pを狙ったりしていて木星に取り掛かったのは日付が変わってから。今回C9.25に初めてBORG×3Barlowレンズを使ってみた。モニター上でも細かな表面模様が見えていた。(上2枚)10年以上前の旧型バーローレンズだがこれは使えると思った。ただ、C9.25接眼部をいったん外さなくてはならないのが面倒。/その後しばらくして大赤班が見え出す頃から気流が悪化し、ピンボケ状態になる時間が長くなり始めたので終了した。(下2枚)
【共通データ】2016年3月28日/ASI224MC(Gain285,Gamma30,75FPS,13.7ms)/C9.25+×3バーロー/NJP赤道儀@自宅星見台HANA
================================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)星空雑記簿交叉足跡はなの隠れ家すたーりぃないとハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

04/02/2017

ω(オメガ)星団@自宅

我が家の視界からはほぼ南限と言ってよい対象。↓ω星団(2011年4月撮影)↓

(↓1枚画像)

(星団直下の山は「袴越山」、ぼやけた黒い縦縞は、立木の影※)
※その後、約3m観察位置が上がった(笑)。多少立木の影響は避けられる気はするが再度狙ってみたい。
【データ】ω星団/2011年4月12日23時23分〜(60秒露光×8枚)/オリンパスE-3(ISO400,RAW)/NikkorED300mmF2.8/高橋P型赤道儀ノータッチ@自宅
================================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)星空雑記簿交叉足跡はなの隠れ家すたーりぃないとハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

04/01/2017

LX200設置1周年(252P/LINEAR彗星)

ちょうど1年前、星見台に設置したLX200-20用赤道儀で撮影した↓252P/LINEARリニア彗星↓

【データ】リニア彗星252P/LINEAR(2016)/2016年4月1日4時27分〜(15秒×20枚DSSコメットモード)/EOSkissX7改(ISO1600,RAW)/WO-Star71(fl=350mm)直焦点/LX200赤道儀放置追尾@自宅星見台HANA

フォーク式赤道儀は子午線通過時のTE,TWの切り替えが不要で、見かけによらず作動時の専有空間が小さく邪魔にならない。/ということで1年前のこの日、3台目の赤道儀として星見台の片隅に無理やり設置した。/画像のWO-Star71鏡筒やPENTAX105EDHF鏡筒だとルーフや壁に当たることもないのでルーフ閉めるだけで急な降雨にも回避できる。/構造上極軸望遠鏡が無く精度よく設置し難いのが難点だが、その後PoleNavigaterを利用して極軸合わせを追い込むことができた。常時設置なので頻繁に極軸合わせする必要もない。/LX200の自動導入精度はなかなかのもので、極軸が合っていればアライメント不要。ステラショットと連動すれば(初めの基準星からよほど離れてなければ)ほぼ一発で写野中央へ目的天体を導入できる。なのでファインダー不要となり撤去。代わりにMGENガイダーのみ載せている。
================================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)星空雑記簿交叉足跡はなの隠れ家すたーりぃないとハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« March 2017 | Main | May 2017 »