« April 2017 | Main | June 2017 »

May 2017 posts

05/31/2017

実写版>6月の星空(バンビの喉元?)

↓いて座、「バンビ」喉元付近M↓6月15日だと0時頃に南中(上旬は1時頃、下旬は23時頃)

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
1(木)上弦(Johnson彗星6等前後)/3(土)金星西方最大離角/4(日)月、木星へ接近/9(金)〇満月、土星と接近/12(月)Johnson彗星近日点通過/15(木)土星が衝/17(土)下弦/21(水)夏至、月が金星へ接近/24(土)●新月/27(火)6月うしかい座流星群極大/30(金)71P/クラーク彗星近日点通過
iOS版アストロガイド2017を参考にしました※
================================================================================================================
【データ】バンビの喉元?(訳あって長辺方向正方トリミング)/2017年5月29日2時2分〜(60秒19枚)/富士X-T1(ISO3200,RAW→TIF)/FS60C(B改fl=255mm)/GPD赤道儀(SynScan改)+Nexguide@自宅前
================================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)星空雑記簿交叉足跡はなの隠れ家すたーりぃないとハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

05/30/2017

5/28,41P/タットル・ジャコビニ・クレサック彗星

前回投稿記事と同じく5/28晩の41P/タットル・ジャコビニ・クレサック彗星↓カラーポジ

↓同、白黒反転↓

先月はJohnson彗星と比較的近い位置に居たが、今や両者離れていて日付が変わらないと天頂付近まで上って来ない。Johnsonn彗星の方は西に傾いている。
4月頃はJohnsonを上回る明るさと運動量だったが、その頃よりも遠ざかって衰えつつあるのが分かる。背景の星が流れているので移動しているのは間違いない。全体にぼんやり淡く広がっている印象で彗星本体の中央集光はあまり感じない。
【データ】41P/2017年5月29日0時13分〜(60秒19枚)/ASI1600MCC(-20℃,Gain16/25,Gamma6/10,FIT)/C9.25(fl=1763mm)/NJP赤道儀(SS1AGL)@自宅星見台HANA
================================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)星空雑記簿交叉足跡はなの隠れ家すたーりぃないとハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

05/29/2017

5/28,C/2015V2Johnson彗星

5/28晩のC/2015V2 Johnson彗星↓by C9.25(fl=1763mm)

↓同、白黒反転↓※7時方向に淡くスーッとイオン尾が伸びている

↓by BORG100ED,F4(fl=400mm)↓原板で見ると微かにイオン尾が分かる

画面右上端の輝星はεBoo(うしかい)プルケリマ2.4等/5cmファインダーでも目視確認できた。中心部恒星状で周囲が淡くぼやけて見えた。
【データ上,中】C/2015V2(by C9.25)/2017年5月28日21時46分(1分×52枚)/ASI1600MCC(-20℃,Gain16/25,Gamma6/10,FIT)/C9.25(fl=1763mm)/NJP赤道儀(SS1AGL)
【データ下】BORG100ED,F4/20時56分〜(1分×60枚)/EOSkissX7(ISO3200,RAW)/BORG100ED,F4屈折(fl=400mm)/LX200赤道儀(STV)@自宅星見台HANA
================================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)星空雑記簿交叉足跡はなの隠れ家すたーりぃないとハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

05/28/2017

5/27未明、北アメリカ星雲

5/27未明、前回撮影できなかった↓北アメリカ星雲↓を撮影した。

APS-C版カメラだとfl=400mmでは見た通り写野が窮屈でゆとりが全くない、というか不足。南北(上下)方向は目一杯で、東西(左右)方向はペリカン星雲が右端にはみ出す。
そこで、↓ペリカン星雲画像と一枚に繋ぎあわせたもの↓

↓北米星雲の西、ペリカン星雲部分(掲載済み)↓

【データ上】北アメリカ星雲/2017年5月27日2時22分(60秒42枚)/EOSkissX7改(ISO3200,RAW)/BORG100ED,F4屈折(fl=400mm)/LX200赤道儀(STV自動ガイド)@自宅星見台HANA
【データ下】ペリカン星雲/2017年5月20日1時4分〜(60秒30枚)/他は上に同じ
※中画像は両者をMicrosftICEで一枚につなぎ合わせたもの※
================================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)星空雑記簿交叉足跡はなの隠れ家すたーりぃないとハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

05/27/2017

5/27未明M27亜鈴星雲

昨夜は日付が今日に変わる頃になって天候回復した。雨上がりで透明度もよく天の川もはっきり目視できた。急ぎ星見台へ上ったが薄明開始まで3時間も無かった。その薄明始まる直前に撮り始めた↓M27亜鈴星雲↓

↓同、別処理↓(というか初期処理のみ)

↓C9.25接眼部↓左がガイド用5cmファインダー&ASI120MM/主鏡筒がASI1600MCC

Continue reading "5/27未明M27亜鈴星雲"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

05/26/2017

5/19,Johnson彗星のイオン尾?

5/19晩に10cmF4屈折で撮影した↓C/2015V2 Johnson彗星↓

↓目を凝らして(心眼で)見ると7時方向にスッと淡く細い尾があるような、、↓白黒反転拡大像↓

赤い線の右横に並行してイオン尾が写っている?ように思う。(破線部分は願望優先で捏造:笑)

前日5/18晩、C9.25で撮影した同彗星のイオン尾(6時方向)※掲載済み※

【データ】5/19,C/2015V2 Johnson/2017年5月19日22時36分〜(60秒×60枚)/EOSkissX7(ISO3200,RAW)/BORG100ED,F4屈折(fl=400mm)/LX200赤道儀改(STVガイド)@自宅星見台HANA
================================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)星空雑記簿交叉足跡はなの隠れ家すたーりぃないとハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

05/25/2017

5/23晩、衛星イオ潜入

↓5/23晩の木星。ちょうど衛星イオが木星の裏側へ回り込んで見えなくなる(潜入)ところを捉えた※↓

【1】UT1254接近中のイオ(左下)

【2】UT1304木星裏側へ回り始めたイオ(左下)

【3】UT1306木星裏側に隠れる寸前(左下)

【4】UT1307完全に隠れてしまった。

【5】UT1309同上

【6】UT1313同上

※木星画像は望遠鏡視界と同じ「逆像」表示です※
相変わらずシャープさに欠ける木星画像ですが、衛星イオが木星裏側へ隠れるところを捉えた記録ということで、どうかお目こぼしを。m(_ _)m
※イオはガリレオ衛星の中では一番木星本体に近い軌道を回っているので、木星への潜入(や出現)はそれほど珍しい現象ではない。
【データ】FireCapture v2.5 Settings
Telescope=C9.25,x3Barlow,NJP eq.mount/Camera=ZWO ASI224MC
Filter=RGB/Profile=Jupiter/Diameter=41.57"/Magnitude=-2.30
CMI=89.8° CMII=200.1° CMIII=331.4°(during mid of capture)
FocalLength=5800mm/Resolution=0.13"/Filename=2017-05-23-1306_3-RGB.ser
Date=170523/Start(UT)=130542.005/Mid(UT)=130622.009/End(UT)=130702.013
Duration=80.008s/Framescaptured=2878/Filetype=SER/Binning=no
ROI=464x400/ROI(Offset)=584x312/FPS(avg.)=35/Shutter=19.64ms/Gain=320(53%)
Gamma=50/USBTraffic=82/WRed=52/WBlue=95/Noise(avg.deviation)=n/a
Limit=80Seconds/Sensortemperature=29.4℃
================================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)星空雑記簿交叉足跡はなの隠れ家すたーりぃないとハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

05/24/2017

5/20未明、ペリカン

5/20未明に撮影した↓ペリカン星雲(Pelican Nebula IC5067〜5070)↓

薄雲?黄砂?PM2.5?orこれらの複合か?透明度不良で、天頂付近が少しマシな星空だった。#すぐ左隣の北アメリカ星雲と一緒に並べて写せばよいものを、、(苦笑)
【データ】ペリカン星雲/2017年5月20日1時4分〜(60秒30枚)/EOSkissX7改(ISO3200,RAW)/BORG100ED,F4屈折(fl=400mm)/LX200赤道儀(STV自動ガイド)@自宅星見台HANA↓

Continue reading "5/20未明、ペリカン"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

05/23/2017

5/23未明71P/クラーク彗星

昨晩5/22も雲とPM2.5?の影響で透明度悪かったが21日晩ほど酷くはなかった。南低空のさそり座アンタレス付近に表記の周期彗星71P(クラーク彗星)が居るということで、口径10cm,F4屈折で検出を試みた。↓71P/クラーク彗星↓

※いずれも画面上が北方向※
この辺りは、写真に撮るとアンタレス周辺の散光星雲や暗黒星雲がカラフルに写ることで知られている。71Pがその暗黒帯から逃れて南の糠星密集地帯へ出たところで、糠星と紛らわしく見つけにくい。まだ暗黒帯を通過中の時の方がパッと見つけやすかったのではないかと思う。
↓X2Drizzle画像

↓同、等倍トリミング

現在11等台らしい?が、周囲の糠星と区別し難いながらも写野中央に確認は出来た。ひとえにステラショットによる自動導入と導入補正機能のおかげだと思う。透明度の良い状況下、大口径で明るい光学系で撮られた画像では画面2時方向へ尾があるのが確認できる。機会あればC9.25などで狙ってみたい。
【データ】71P/クラーク彗星/2017年5月22日15時54分(UT)〜(60秒23枚)/EOSkissX7(ISO3200,RAW)/BORG100ED,F4屈折(fl~400mm)/LX200赤道儀(STV自動ガイド)@自宅星見台HANA
================================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)星空雑記簿交叉足跡はなの隠れ家すたーりぃないとハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

05/22/2017

5/22未明SN2017eaw in NGC6946

昨晩は薄雲とPM2.5?の影響で透明度が非常に悪かった。少しまともに星が見えるのは天頂付近ぐらいなものだった。条件良くないが↓NGC6946(超新星SN2017eaw)を狙ってみた。↓by C9.25

※いずれも画面上が北方向※
↓by BORG100ED

↓同、等倍トリミング

悪条件にも関わらずあっさりSN2017eawが写った。12等級ということなので、条件さえ整えばカメラ望遠レンズでの撮影も可能と思われる。
【データ上】NGC6946/2017年5月22日1時9分〜(2分18枚)/ASI1600MCC(-15℃,Gain15/25,Gamma7/10,TIF)/C9.25(fl=1763mm)/NJP赤道儀(PHD2)
【データ中下】2017年5月22日1時18分〜(1分30枚)/EOSkissX7(ISO3200,RAW)/BORG100ED,F4屈折(fl=400mm)/LX200赤道儀(STV)@自宅星見台HANA
================================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)星空雑記簿交叉足跡はなの隠れ家すたーりぃないとハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

05/21/2017

5/20木星@黒部

昨夜は黒部市吉田科学館の定例観察会(天文教室)があった。その会場で撮影した木星画像↓5/20晩の木星@黒部↓

【1】UT1112

【2】UT1137

【3】UT1153

【4】UT1154

【5】UT1200(=JST21h00m)

【6】UT1201

【7】UT1208

【8】撮像中のFireCapture画面

【9】16bitSER動画をスタック中のAS!3画面

【10】AS!3から引き継いで初期処理中のRegistax画面

※木星画像は望遠鏡視界と同じ「逆像」表示です※
移動しての観察ということで久しぶりにMead178MC(7吋マクフトスカセグレン望遠鏡)で撮影した。口径小さい方が上空大気状態の影響を受けにくいことを改めて実感した。気流状態は並み(普通)だったがそれなりに細部まで表出してきた。ただ、初期処理画面では微細に見えていたのに出来上がりはイマイチ、イマニ。木星自転補正(デロテーション)へかける以前の課題が残っていそうだ。
【共通データ】2017年5月20日20時12分〜21時08分頃/Mead178MC,X2Barlow/ZWO ASI224MC(Gain300,Gamma50,18ms)80秒、約4000コマ中25%〜50%を抽出/ADVX赤道儀@黒部市吉田科学館前広場
================================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)星空雑記簿交叉足跡はなの隠れ家すたーりぃないとハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

05/20/2017

C/2015V2 Johnson彗星イオンテール

5/18深夜のC/2017V2 Johnson彗星 by C9.25(1763mm)↓※画像はいずれも上が北方向※

よく見ると淡いながらも本体から真下6時方向(南)へイオンの尾がスーッと伸びているのが分かる。長くはないが2時方向に伸びたダストの尾も徐々に太くなり存在感が増してきた。
↓同 by BORG100ED(400mm)↓

(拙い処理術のため)中焦点ではイオンの尾がはっきりしない。
【データ(上)】C/2015V2 Johnson彗星/2017年5月18日23時07分〜(60秒30枚)/ASI1600MCC(-20℃,Gain300,Gamma80,FIT)/C9.25(fl=1763mm)/NJP赤道儀(PHD2)@自宅星見台HANA
【データ(下)】C/2015V2 Johnson彗星/2017年5月18日23時35分〜(60秒30枚)/EOSkissX'(ISO3200,RAW)/BORG100ED,F4屈折(fl=400mm)/LX200赤道儀(STV)@自宅星見台HANA
================================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)星空雑記簿交叉足跡はなの隠れ家すたーりぃないとハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

05/19/2017

5/19未明SN2017eaw in NGC6946

本日未明、渦中のNGC6946を捉えた↓SN2017eaw in NGC6946↓※画像はいずれも上が北方向※

↓昨年11/7にC11(fl=2100mm)で撮影したNGC6996↓

※赤丸枠付近が超新星位置※

Continue reading "5/19未明SN2017eaw in NGC6946"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

05/18/2017

5/18未明41P(NexGuide復活)

本日5/18未明の↓41P/タットル・ジャコビニ・クレサック彗星↓

(長辺方向トリミング、画面上が北方向)全体としては50分近く同彗星を1分連写を続けたが、途中、雲通過のため10枚(10分)余りが没になり、背景の星像が途切れた。
昨夜は前半雲が多く木星撮影は断念した。ここのところ天候に阻まれ続け星見できてなかったので諦めきれず、深夜になって雲の切れ間が少し空き出したのを見計らって同彗星を狙った。41Pは徐々に淡く暗くなっているようで本体部分も拡散状。
【データ】41P/2017年5月18日0時13分〜(60秒34枚)/EOSkissX7(ISO3200,RAW)/WO-Star71(fl=350mm)/EM10赤道儀改(NexGuide)@自宅前↓

Continue reading "5/18未明41P(NexGuide復活)"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

05/17/2017

再々処理>3/12木星

相変わらず不調の木星ですが、上空気流は2か月前の3/12未明が一番条件良かったようだ。/ということで懲りずに再々挑戦してみた。(※同一時間の画像が含まれていますが処理方法を変えている)↓3/12未明の木星↓

【1】UT1542
【2】UT1635

【3】UT1635-2

【4】UT1635-3

【5】UT1638

【6】UT1638-2

【7】UT1639

【8】UT1639-2

【9】UT1641

【10】UT1641-2

好条件だったにも関わらず×2Barlowを使用していて拡大率が低いようだ。言い訳として、気流状態思わしくない日が続いていて、強拡大する気になれなかった、そこまで思いが至らなかった、ということにしておこう。
【共通データ】2017年3月12日0時42分〜1時41分頃/C9.25SCT,X2Barlow/ZWO ASI224MC(Gain225-285,Gamma50,17.5ms)90秒、約6000コマ中25%〜40%を抽出/NJP赤道儀@自宅星見台HANA
================================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)星空雑記簿交叉足跡はなの隠れ家すたーりぃないとハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

05/16/2017

4/30未明NGC6992網状星雲

4/30未明に撮影した↓NGC6992網状星雲↓(長辺方向トリミング)

ステラショット導入だと6992中心部に合わせるためか、このfl長だと下側(南側)が一部ケラレてしまうようだ。>鏡筒方向を少し南へ振ってシフトさせるか、縦構図に変更する必要がある。
【データ】NGC6992(網状星雲)/2017年4月30日2時35分〜(45秒35枚)/EOSkissX7改(ISO3200,RAW)/BORG100ED,F4(fl=400mm)屈折/LX200赤道儀改、放置追尾@自宅星見台HANA
なお、網状星雲の東部分(下画像で右部分)だけなので、中央や西側も含めた網状星雲全体(下画像)を得るには分割撮影で合成するか、やや短焦点&フォーマット広い光学系で撮影する必要がある。
----------3年前9/22撮影の↓網状星雲(全体)↓----------

【データ】2014年9月22日22時54分〜(2分露光×21枚DSSスタック)/FS60C+0.85RC(fl約300mm)直焦点/富士X-T1(ISO3200,RAW→TIF)/ペンタックス75赤道儀ノータッチ@自宅
----------↓ちょうど1年前の今日5/16早朝に撮影した網状星雲↓----------

【データ】網状星雲NGC6992/2016年5月16日2時57分〜(60秒×12枚スタック)/EOSkissX7改(ISO3200,RAW)/PENTAX105EDHF+0.77RC(fl=540mm)直焦点/LX200赤道儀+5cmファインダー(QHY5LII)@自宅星見台HANA
================================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)星空雑記簿交叉足跡はなの隠れ家すたーりぃないとハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

05/15/2017

5/14晩、雲越しC/2015V2 Johnson彗星

昨夜5/14,雲越しに強行撮影した↓C/2015V2 Johnson彗星↓(長辺方向トリミング)

雲が多く(ほぼ快曇状態)、40コマ撮影した内、かろうじて星が写っていたのは半分以下、彗星の光芒分かるのがそのまた半分。で、結局9コマで何とか上画像にした。自動導入&導入補正がなかったら捉えられなかったと思う。月明かりも影響した。
【データ】C/2015V2 Johnson彗星/2017年5月14日22時20分〜(30秒×9枚)/EOSkissX7(ISO1600,RAW)/BORG100ED,F4(fl=400mm)/LX200赤道儀改ノータッチ@自宅星見台HANA
---------------↓1年前、5/16早朝のパンスターズ彗星(C/2013X1)↓------------

【データ】5/16早朝のパンスターズ彗星/2016年5月16日3時14分〜(30秒露光×21枚コメットモード)/EOSkissX7改(ISO3200,RAW)/PENTAX105EDHF+0.77RC(fl=540mm)直焦点/LX200赤道儀ノータッチガイド@自宅星見台HANA
================================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)星空雑記簿交叉足跡はなの隠れ家すたーりぃないとハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

05/14/2017

5/13深夜、木星からガニメデ離脱

不調状態の木星撮影でスマソ。(^_^;)/昨夜5/13晩の木星↓衛星ガニメデが木星本体から離れ始めたところです↓

【1】UT1329

【2】UT1334

【3】UT1335-1

【4】UT1335-2

【5】UT1355ガニメデ離れ始める

【6】UT1356

【7】UT1358

【8】UT1359

【9】UT1438

←ガニメデの影が通過し始めたが、
 とき既に遅く、木星は西に傾き始めており
 ただでさえハッキリしない画像がさらに
 不鮮明になっており諦めがついた。
 (言い訳になりますが)
 雨上がりで湿気ひどく、また薄い雨雲が
 残っていた。
今回は、別のX3Barlowレンズを使用した。ADC使わなかったこともあり、大気差による?色ずれがあり、RGB補正を試みたが完全ではない。ガニメデはガリレオ衛星中最大級の大きさを誇るので、腕のいい大御所・ベテランはこの衛星の模様まで抽出されている。一応、ガニメデの模様抽出に的を絞ってみたいが、ほぼ絶望的。(苦笑)
【共通データ】2017年5月13日22時29分〜
C9.25SCT,X3Barlow/ZWO ASI224MC(Gain300,Gamma50-55,12-15ms)80秒、約3000コマ中25%〜50%を抽出/NJP赤道儀@自宅星見台HANA
================================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)星空雑記簿交叉足跡はなの隠れ家すたーりぃないとハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

05/13/2017

5/8深夜C/2015V2と41P

5/8深夜に撮影した↓C/2015V2 Johnson彗星↓

↓41Pタットル・ジャコビニ・クレサック彗星↓

近くに月が煌々と空を明るくしていて原板は昼の青空を撮ったような画だった。Johnson彗星(の尾が潰れるの)が気になったが、背景を落とし彗星本体のエメラルドグリーン色を損なわないようにした。(真っ正直に&尾に拘って処理すると、彗星本体が青白くすっ飛んでしまう)
--------4年前5/13未明のパンスターズ彗星(若干トリミング)-----------------------------------------

この後、パンスターズ彗星はレーザービームのような細長い尾を見せるようになり話題になった。
------------------------------------------------------------------------------------------
【データ上】C/2015V2 Johnson/2017年5月8日23時54分〜(30秒40枚)/EOSkissX7(ISO1600,RAW)/BORG100ED,F4(fl=400mm)/LX200赤道儀改+miniBORG50(STV)@自宅星見台HANA
【データ中】41P/2017年5月9日0時30分〜(30秒40枚)/EOSkissX7(ISO1600,RAW)/BORG100ED,F4(fl=400mm)/LX200赤道儀改+miniBORG50(STV)@自宅星見台HANA
【データ下】パンスターズ彗星/2013年5月13日0時48分〜(7分露光×3枚加算平均)/ペンタックスK-5(ISO1600,RAW)/オライオン20cmF6反射+パラコア(fl=1380mm)直焦点/EM200赤道儀+10cm屈折(DSI/PHDguiding)彗星核でガイド
================================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)星空雑記簿交叉足跡はなの隠れ家すたーりぃないとハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

05/12/2017

4/30未明M20三裂星雲

4/30未明に撮影したいて座の↓M20三裂星雲↓(C9.25で撮影)

↓直下にはM8干潟星雲が居る↓(BORG100ED,fl=400mmで撮影)

↓同じ望遠鏡(fl=400mm)で撮ったM20↓

中焦点だと小さく可愛らしく写る。カメラ標準レンズでもちゃんと写るが、詳細さと迫力に関しては長焦点優位。ただ、この辺りは銀河中心方向のため非常に賑やかで、広角〜望遠レンズでも十分楽しめる。双眼鏡等での目視確認も簡単だが、空の暗い所で見る機会があれば口径10cm以上の望遠鏡&中・低倍率がイチオシ。
【データ】M20三裂星雲/2017年4月30日1時42分〜(60秒26枚)/ASI1600MCC(-15℃,Gain12/25,Gamma7/10,TIF)/C9.25(fl=1763mm)直焦点/NJP赤道儀+5cmファインダー屈折(ASI120MM,SS-one Autoguider)@自宅星見台HANA
================================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)星空雑記簿交叉足跡はなの隠れ家すたーりぃないとハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

05/11/2017

4/30未明M17馬蹄形星雲(SS1guider)

4/30未明に撮影したいて座の↓M17馬蹄形星雲↓

↓野外用オートガイダーSS-oneAutoguiderLight(画面右上)を試してみた↓

↓自動ガイド中のSS-oneAutoguiderLight画面↓

操作部筐体は煙草箱程度しかないが問題なく自動ガイド動作する。野外で真価を発揮するのは間違いないが、SS-oneAutoguiderは常置場所固定設置でも重宝すると思う。PCにコードやケーブルが集中しないからだ。/実は、ケーブルをうっかり引っかけてノートPCをテーブルから落下させ、1台お釈迦にした苦い経験がある。
【データ】M17馬蹄形星雲/2017年4月30日2時25分〜(60秒30枚)/ASI1600MCC(-15℃,Gain12/25,Gamma7/10,TIF)/C9.25(fl=1763mm)/NJP赤道儀+5cmファインダー屈折(ASI120MM,SS-oneAutoguider)@自宅星見台HANA
================================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)星空雑記簿交叉足跡はなの隠れ家すたーりぃないとハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

05/10/2017

5/8木星エウロパ、イオ後編

木星とエウロパ、イオの後編です。と、その前にこの酷い静止画像をかき集めて無理やり動画化したもの↓
===============================================================================================

※注意※モニターから離れてご覧ください。近くから見ると頭がおかしくなります。(笑)
===============================================================================================
木星本体の左下:エウロパとその影/右:イオ

【15】UT1228

【16】UT1229

【17】UT1231

【18】UT1249

【19】UT1250

【20】UT1253

【21】UT1256

【22】UT1258

【23】UT1305

【24】UT1310

【25】UT1311

【26】UT1318

【27】UT1322

【28】UT1323

【29】UT1326

【30】UT1331

木星本体の黒い影がイオ
(※画像は全て望遠鏡視野と同じ逆像表示。木星本体の南北ではなく天の赤道座標に対して南北を合わせているので、木星本体は若干シフトしている)
【共通データ】2017年5月8日20時40分〜
C9.25SCT,BORGx3Barlow/ZWO ASI224MC(Gain300,Gamma30,10ms)80秒、約4500コマ中15%〜50%を抽出/NJP赤道儀@自宅星見台HANA
================================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)星空雑記簿交叉足跡はなの隠れ家すたーりぃないとハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

05/09/2017

5/8木星とエウロパ、イオ

相変わらず遊星撮影不調状態が続いている。昨夜5/8晩は衛星イオとエウロパが木星本体に影を残した。どう見ても精細さに欠ける画像ですが、その記録ということでご容赦を。

【1】UT1140

【2】UT1143

【3】UT1144

【4】UT1145

【5】UT1147

【6】UT1207

【7】UT1208

【8】UT1210

【9】UT1211

【10】UT1219

【11】UT1220

【12】UT1222

【13】UT1224

【14】UT1226

木星本体の左下:エウロパとその影/右:イオ
【共通データ】2017年5月8日20時40分〜
C9.25SCT,BORGx3Barlow/ZWO ASI224MC(Gain300,Gamma30,10ms)80秒、約4500コマ中15%〜50%を抽出/NJP赤道儀@自宅星見台HANA
※後半は次回掲載します※
================================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)星空雑記簿交叉足跡はなの隠れ家すたーりぃないとハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

05/08/2017

5/8未明の2彗星(C/2015V2,41P)

本日5/8未明の2彗星↓C/2015V2 Johnson彗星↓

↓41Pタットル・ジャコビニ・クレサック彗星↓

月明かりが邪魔し、黄砂で透明度不良の中、天頂近くにいる時間に撮影した。/両者は比較的近い位置で北天に留まり、ほぼ一晩中見えるので、ついついペアで撮影することになる。/先月は互いに近寄っていたが徐々に離れつつあり、画面を見ると41P周辺は糠星だらけで賑やかだ。夏の天の川に近いからだろう。Johnson彗星は徐々に明るく尾もはっきりしてきているようだ。
【データ】C/2015V2 Johnson彗星/2017年5月8日0時58分〜(30秒40枚)/EOSkissX7(ISO800,RAW)/BORG100ED,F4(fl=400mm)/LX200赤道儀改+miniBORG50(STV)@自宅星見台HANA
※41Pは1時25分〜(30秒80枚)/EOSkissX7(ISO1600,RAW)/他は同じ
================================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)星空雑記簿交叉足跡はなの隠れ家すたーりぃないとハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

05/07/2017

こどもの日の月(月齢9.1)

5/5こどもの日の深夜に撮影した↓月齢19.1の月↓※画像は全て逆像表示です(天体望遠鏡視野と同じ)

南北2分割で撮影し1枚に合成した↓月面南部↓

↓月面北部↓

今季は木星など遊星撮影が芳しくないためモチベーション急速低下している。上空大気の問題だけではないと思われる。撮影方法も見直す必要ありそう。そういうこともあって月面部分拡大撮影もお休み中。
【データ】月齢9.1/2017年5月5日23時9分(北部),15分(南部)/(10.5msX60secX60%)/ASI1600MCC(Gain100,Gamma60,16bit_SER)/C9.25(fl=1763mm)/NJP赤道儀@自宅星見台HANA
================================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)星空雑記簿交叉足跡はなの隠れ家すたーりぃないとハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

05/06/2017

5/5こどもの日の彗星2つ(STV復活)

昨夜5/5こどもの日に撮影した彗星[1]↓C/2015V2 Johnson彗星↓

[2]↓41P タットル・ジャコビニ・クレサック彗星↓

月明かりの中、撮影を強行した。今回は両者とも光学系と露光条件を統一した。処理もなるべく合わせるようにした。/Johnson彗星は本体部分集光し明るく感じ、尾もしっかり確認できる。41Pは拡散している感じ。
【データ上】C/2015V2 Johnson/2017年5月5日23時24分〜(30秒40枚)/EOSkissX7(ISO3200,RAW)/BORG100ED,F4(fl=400mm)/LX200改+miniBORG50(STV)@自宅星見台HANA
【データ下】41P/23時54分〜(30秒40枚)/他は上と同じ

Continue reading "5/5こどもの日の彗星2つ(STV復活)"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

05/05/2017

5/4早朝C/2015ER61パンスターズ彗星

5/4早朝に撮影した↓C/2015ER61パンスターズ彗星↓(画面上が北方向)

【データ】C/2015ER61パンスターズ彗星/2017年5月4日3時21分〜(20秒40枚)/EOSkissX7改(ISO3200,RAW)/BORG100ED,F4(fl=400mm)屈折/LX200赤道儀放置追尾@自宅星見台HANA
★比較参考★4/30早朝に撮影した同彗星(掲載済)

【データ】C/2015ER61/2017年4月30日3時12分〜(30秒×22枚)/EOSkissX7改(ISO3200,RAW)/BORG100ED,F4(fl=400mm)屈折/LX200赤道儀改放置追尾@自宅星見台HANA
ぱっと見、然程変化はないようだ。夜明け前の低空でこれだけ見えるのだから健闘していると言える。バースト増光から1ヶ月経った。薄明の始まりが徐々に早くなってきているので明け方なるべく早いうちに見つけたい。
================================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)星空雑記簿交叉足跡はなの隠れ家すたーりぃないとハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

05/04/2017

5/3上弦の月(月齢6.9)月面Vと月面X

5/3は上弦の月(月齢6.9)で、都合よく暗くなる頃と「月面X」が見られる時間帯が重なった。↓上弦の月全体↓月面V(欠け際中央付近)と月面X(同、下)

薄雲越しだったが、「月面X」はハッキリ確認できた。↓月面X付近等倍トリミング↓

↓同、月面V(上)と月面X(中央)付近↓

(月面Vと)月面Xは上弦の月辺りに観察できるが、見られる時間帯が1時間余りなので、空が暗くなり南中前後の上弦で毎月見られるわけではない。※今回はいずれも正立像表示です(上が北方向)※
【データ】月齢6.9月面X FireCapture v2.5 Settings
Telescope=C9.25(fl1763mm),NJPmount,Camera=ZWO_ASI1600MC-Cool/Profile=Moon/Filename=2017-05-03-1059_5-RGB.ser
Date=170503/Start(UT)=105905.655/Mid(UT)=105935.664/End(UT)=110005.674/Duration=60.019sX4
Framescaptured=298/Filetype=SER/Binning=no/ROI=3200x3200/FPS(avg.)=4/Shutter=9.501ms
Gain=120(20%)/Gamma=65/WRed=52/WBlue=95/Sensor temperature=16.5 °C
================================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)星空雑記簿交叉足跡はなの隠れ家すたーりぃないとハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

05/03/2017

5/2未明M101回転花火

5/2未明に撮影した↓系外星雲M101回転花火↓(画面上が北方向)

【データ】M101回転花火/2017年5月2日0時10分〜(120秒34枚)/ASI1600MCC(-15℃,Gain300,Gamma80,FIT)/C9.25(fl=1763mm)/NJP赤道儀+5cmファインダー屈折(ASI120MM,PHD2)@自宅星見台HANA
★比較参考★2年前4/22に撮影した↓系外星雲M101(白黒ポジ)↓

【データ】系外星雲M101(白黒ポジ)/2015年4月22日22時39分〜(L,30秒×11枚)/QHY9(-40℃,FITS)/BKP300,F5反射+コマコレ(fl=1500mm)直焦点/EQ8赤道儀+6cm屈折(QHY5LII,PHD2)@自宅星見台HANA
使った望遠鏡光学系、口径の差(30-23.5=6.5cm)を感じる。上空大気の状態もさる事ながら、望遠鏡内部の状態(筒内気流)の影響もある。なのに口径劣る方(C9.25)での撮影が多いかというと、何よりも取り回しが良いから。皮肉なことに30cmニュートン反射は上空大気よりも地上風で鏡筒を揺すられ易い。頑強な架台も必要だろうがドームを回して風を避ける対策が有効と思う。なので、風がある晩は30cm反射は使えない。
================================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)星空雑記簿交叉足跡はなの隠れ家すたーりぃないとハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

05/02/2017

5/1月齢5.1

昨日5/1は朝から雨模様の天候だったが、午後から晴れ間が多くなり暗くなってからはほぼ快晴に近い状態になった。取り敢えず西に傾いた↓月齢5.1の月を撮影↓

※画面はいずれも上が南方向(望遠鏡視野と同じ逆像)です※
月面を南半分と北半分に分けて撮影し、Microsoft ICEで1枚に合成した。元画像1↓月面南部↓

↓同、月面北部↓

【データ】月齢5.1 FireCapture v2.5 Settings
Telescope=C9.25(fl=1763mm)/Camera=ASI1600MC-Cool/Filter=RGB/Profile=Moon/Filename=2017-05-01-1142_5-RGB.ser
Date=170501/Start(UT)=114205.094/Mid(UT)=114235.089/End(UT)=114305.085/Duration=59.991s
Framescaptured=309/Filetype=SER/ROI(Offset)=744x648/FPS(avg.)=5/Shutter=6.501ms/Gain=100(16%)/Gamma=75
Brightness=1/WRed=52/USBTraffic=92/WBlue=95/Limit=60Seconds/Sensortemperature=9.6°C
================================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)星空雑記簿交叉足跡はなの隠れ家すたーりぃないとハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

05/01/2017

4/30早朝C/2015ER61パンスターズ彗星

昨日4/30早朝、ようやくC/2015ER61パンスターズ彗星を捉えることができた。↓

薄明開始直前、ようやくルーフ越しに撮影したが低空で透明度はパッとしなかった。/同彗星は4/4にバースト増光してから3週間以上経っているので衰えは否めないが、4時方向に尾が確認できる。(画面上が北方向)
【データ】C/2015ER61/2017年4月30日3時12分〜(30秒×22枚)/EOSkissX7改(ISO3200,RAW)/BORG100ED,F4(fl=400mm)屈折/LX200赤道儀改放置追尾@自宅星見台HANA
★比較参考★その1週間前(4/23)に同じ望遠鏡で撮影した↓C?2015V2 Johnson彗星↓

※倍の露光量で撮影しているから直接比較にならない。しかも天頂付近(V2)と低空(ER61)のハンディもある。
【データ】C/2015V2/2017年4月23日2時20分〜(60秒×25枚)/EOSkissX7(ISO3200,RAW)/BORG100ED,F4屈折(fl=400mm)直焦点/EM10赤道儀改+MGEN100ガイド@自宅前
================================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)星空雑記簿交叉足跡はなの隠れ家すたーりぃないとハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« April 2017 | Main | June 2017 »