« December 2017 | Main | February 2018 »

January 2018 posts

01/31/2018

実写版>2月の星空

↓冬のダイヤモンド↓2月15日だと22時頃の南天(上旬は23時頃、下旬は21時頃)

--------------------------------------------------------------------------------------------------
2(金)レグルス食/3(土)節分/4(日)立春/8(木)下弦の月、木星へ接近/中旬:火星とアンタレスが並ぶ/11(日)建国記念日/16(金)●新月/23(金)上弦
iOS版アストロガイド2018を参考にしました※


【データ】冬のダイヤモンド/2018年1月13日0時44分~(30秒18枚)/富士X-E1(ISO3200,RAW→TIF)/SAMYANG14mmF2.8→F4/P型赤道儀放置追尾@自宅前
================================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)星空雑記簿交叉足跡はなの隠れ家すたーりぃないとハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

今宵約2年10か月ぶり皆既月食

今宵、国内では約2年10か月ぶりの皆既月食。↓※月食の開始時刻、終了時刻は何処も同じ※↓
20時35分頃:半影月食/20時48分頃:部分月食/21時51分頃:皆既月食→23時8分頃:皆既明け/0時11分頃:部分月食終了/0時28分頃:半影月食終了。
↓昨夜=月食前夜の月齢13.3※高倍率ズームコンデジ(PowerShot_SX50HS)×75で撮影↓

↓同、×100で撮影↓

冬の天候は変わりやすいので、雲間から月が見えたとしても急転直下でどん曇りor降雪という事態も懸念される。それに滅茶苦茶冷え込む。なので、大掛かりな撮影道具を止めて↑上のように安着に横着撮影で済ます可能性が大。(^_^;)
↓2015年4月4日の皆既月食↓皆既前、皆既中、皆既後の3枚を合成したもの↓

Continue reading "今宵約2年10か月ぶり皆既月食"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

01/30/2018

しし座M95,M96,M105他

1/20未明に撮影した↓M96(中央)、M95(右)、M105(上端)↓(DSS,Autosave→FlatAide→CS6)

↓同2等倍トリミング↓

画面中央の系外星雲がM96で、その右がM95.画面上端M105の左隣の系外星雲はNGC3384で、その下の小さい系外星雲がNGC3389/M96系外星雲群はしし座のお腹の下辺りに集中している。
↓DSS一次処理後FlatAide→CS6↓

Continue reading "しし座M95,M96,M105他"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

01/29/2018

1/14,IC2177かもめ星雲

1/14深夜に撮影した↓IC2177,Seagull Nebulaeかもめ星雲↓(DSS,Autosave→FlatAide→CS6)

↓同2(DSS一次処理→FlatAide→CS6)↓

少しは進歩したかなあ??(^_^;)/天気に恵まれない冬の星空なので晩秋の未明に撮っておきたい対象。やや南に低いため、透明度も影響する。
↓昨年11月に撮影したもの↓DSS一次処理後→CS6↓

Continue reading "1/14,IC2177かもめ星雲"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

01/28/2018

1/20子持ち星雲M51

1/20未明に撮影した↓りょうけん座の子持ち星雲M51↓(DSS一時処理後FlatAide→CS6)

↓同、等倍トリミング↓

M51(NGC5194)はりょうけん座の系外星雲で伴星雲NGC5195(画面では上)があることから「子持ち星雲」と呼ばれている。視等級8.36等。目視で探すには隣のおおぐま座北斗七星の柄の先(Alkaid星)から辿った方が分かりやすい。
↓同(DSS,Autosave→FlatAide→CS6)↓

Continue reading "1/20子持ち星雲M51"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

01/27/2018

散開星団M48

1/20未明に撮影した↓うみへび座の散開星団M48↓(DSS一時処理後FlatAide→CS6)

↓同、等倍トリミング↓

M48(NGC2548)はうみへび座の先端(頭部)近くにある散開星団。視等級は5.8等で肉眼でもぼんやり見えるという。視直径54′ということは太陽や月よりも少し小さい程度の広がりがあることになる。

Continue reading "散開星団M48"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

01/26/2018

1/20、M101回転花火

1/20未明に撮影した↓おおぐま座の系外星雲M101(NGC5457)回転花火↓(DSS一時処理後FlatAide→CS6)

↓同2(DSS,Autosave→FlatAide→CS6)↓

M101(NGC5457)はおおぐま座の系外星雲で視等級は7.86等、視直径は約13'.88×13'.74(太陽や月の視直径の半分より少し小さい程度)。2011年夏に超新星が現れた。

Continue reading "1/20、M101回転花火"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

01/25/2018

かに座の散開星団2つ

1/19深夜に撮影したかに座の散開星団M67↓(DSS,Autosave→FlatAide→CS6)

↓同2(DSS一時処理後FlatAide→CS6)↓

かに座では本体の中にある↓M44プレセペ星団↓が有名だが、M67はその少し南(カニの左前脚付近)に位置する。明るさは7.6等級でそこそこ大きな散開星団(月の視直径より少し小さい)。
↓M44プレセペ星団(DSS,Autosave→FlatAide→CS6)↓

Continue reading "かに座の散開星団2つ"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

01/24/2018

1/19,IC443クラゲ星雲付近

1/19深夜に撮影したIC443クラゲ星雲(画面左下)〜散開星団M35(右上)付近↓(DSS一時処理後FlatAide→CS6)

↓同2(DSS,Autosave→FlatAide→CS6)↓

先ずは「記録としての写真」と考えているが、星が輝きを失って沈んでしまわぬようにという気持ちはある。=科学記録として「作りもの」でない画像を第一とするが、「星の輝き・煌き」も残したい。

Continue reading "1/19,IC443クラゲ星雲付近"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

01/23/2018

1/20パンスターズ彗星@黒部

1/20晩は黒部市吉田科学館の定例観察会。悪天候の冬だからと殆ど諦めていたが出発前の空は少し明るさがあったので念のため屈折鏡筒1本とEM10赤道儀、カメラを積んで出かけた。到着時、すっかり暗くなっていたが星空が見えていた。とりあえず↓C/2016R2パンスターズ彗星↓(DSS,Autosave→FlatAide→CS6)

撮影始めた頃は晴れていたが途中から雲が襲ってきて、結局使えたのは撮り始めた頃の9枚だけ。orz
↓同2(DSS一時処理後FlatAide→CS6)↓

画面中央彗星本体から左(東)へ青くて淡い尾が捻れたようにのびているらしいが、総露光時間が少ないこともあって淡い部分を炙り出そうとすると画全体が酷いことに、、

Continue reading "1/20パンスターズ彗星@黒部"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

01/22/2018

1/19,M1かに星雲

1/19晩に撮った↓メシエ1番「かに星雲」↓

↓同2↓

レンズターボのみで0.7倍に縮小したが、見たとおり写野周囲はケラレが生じる。また、周辺減光や背景ムラが見られ、周辺像が収差により歪んで膨らみ甘くなる。>ならば思い切り縮小させて口径比を明るくしたらよいかも。
↓昨年9/25に撮影したもの(Autosave.tif→CS6)↓掲載済み

Continue reading "1/19,M1かに星雲"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

01/21/2018

1/16,1/21太陽Hα(1/21紅炎噴出)

1/16,1/21の太陽Hα像(※1/15,1/17-20欠測※逆順掲載※画像をクリックすると別窓拡大表示※)/1/21,10時半の太陽Hα像/冬の曇り空で端から諦めていたが9時を過ぎてから弱いながらも日差しがあり、ダメ元で星見台へ上がった。雲越し?PM2.5で極めてコントラストのない太陽Hα像だったが、4時半方向に比較的大きな紅炎噴出が飛んでいた。見つけた当初は地上のちぎれ雲?と勘違いしかかった。(苦笑)>再び全天曇りとなったので、その後の経過は分からず。

↓★1/14,11h29m全体(元画)↓

↓同(擬似カラー青緑)↓

↓全体(×1.5Drizzle)↓

↓同、全体(白黒L)↓

↓東側↓

↓西側↓

↓東側等倍(白黒L)↓

↓西側等倍(白黒L)↓

↓西側等倍(擬似カラー)↓

↓(青‐白)擬似カラー↓

【データ】1/21太陽Hα、紅炎噴出/2018年1月21日10時34分(1/40秒24枚)/Nikon1V1(ISO400,JPG)/LUNT60THa(fl=500mm)/LX200赤道儀改@自宅星見台HANA

Continue reading "1/16,1/21太陽Hα(1/21紅炎噴出)"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

01/20/2018

1/19,C/2016R2パンスターズ彗星

昨夜1/19から1/20未明にかけて晴れ間があった↓ナイター光が弱まるのを待って撮影したC/2016R2パンスターズ彗星↓(DSS,Autosave→FlatAide→CS6)

既に西空へ下がり始め、ナイター光と薄雲に邪魔されて条件は今一つ良くなかったが何とか捉えることができてホッとした。
↓同(DSS一時処理後FlatAide→CS6)

↓C9.25に中一光学0.7レンズターボ(fl=1645mm)で撮影(DSS,Autosave→FlatAide→CS6)

Continue reading "1/19,C/2016R2パンスターズ彗星"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

01/19/2018

おおぐま座M81,M82

1/15未明に撮影したおおぐま座の系外星雲2つ↓M81(下),M82(上)↓(DSS,Autosave→FlatAide→CS6)※×2Drizzle

↓同(DSS一次処理後FlatAide→CS6)※×2Drizzle↓

↓同(DSS,Autosave→FlatAide→CS6)No Drizzle

↓同(DSS一次処理後FlatAide→CS6)↓No Drizzle

やはりDSSスタック時Autosaveのまま後処理へ持ち込んだ方が良さそう。一時処理まで行うと派手気味?荒れ気味?になる。
【データ】M81,M82/2018年1月14日24時13分〜(45秒27枚)/EOS6D(HKIR,ISO1600,RAW→TIF)/BORG100ED(fl=400mm)/LX200赤道儀改&ステラショット制御STVガイド
================================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)星空雑記簿交叉足跡はなの隠れ家すたーりぃないとハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

01/18/2018

再度C/2016R2彗星

1/15未明のパンスターズ彗星(C/2016R2)を再度処理し直してみた↓(DSS,Autosave→CS6)

↓同(DSS一次処理後FlatAide→CS6)

↓前回投稿したもの↓(画としては此方のほうが多少マシ?)

元画像は前回同様C9.25,F10(fl=2350mm)に0.75レデューサ付けてfl=1763mmに縮小、さらにレンズターボ0.7を加え合成F5.25(fl=約1234mm)と無理やり口径比を明るくした画像。前回は彗星基準で合成したため背景の星が点像ではなく若干流れており、星像が実際どれだけ甘くなったか比較できなかった。/そこで、今回は恒星基準にしてみた。意外と周囲まで点(というか丸)に近いではないか!と思った。ただ、星の形が歪にならず丸に近いだけでピシッとシャープとは言い難い。それに凸レンズ系を2個重ねるのはやはり抵抗あるので、どちらか1個に止めようと思った。

Continue reading "再度C/2016R2彗星"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

01/17/2018

中途半端(M42)

やるならもっと強烈にしないといけない。でなければぐっと抑えた方が、、(^_^;)>1/15未明↓M42オリオン星雲

↓別処理↓

↓2年前11/24に撮影したもの↓

【データ上2枚】M42オリオン星雲/2018年1月14日24時29分〜(60秒18,58枚)/富士X-T1(ISO1600,RAW-TIF)/C9.25+0.75RC(fl=1763mm)/NJP赤道儀改SS1自動ガイド@自宅星見台HANA
【データ下】オリオン星雲/2016年11月24日22時02分〜(1秒99枚5秒100枚30秒55枚、計254枚スタック)/ASI1600MCC(-25℃,Gain300,Gamma80,FIT)/GS200RC+0.75RC(fl?1200mm)直焦点/AVX赤道儀+MGEN100ガイド@自宅前
================================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)星空雑記簿交叉足跡はなの隠れ家すたーりぃないとハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

01/16/2018

1/14,15の太陽Hα像

1/14,15の太陽Hα像(※1/8-13欠測※逆順掲載※画像をクリックすると別窓拡大表示※)/1/15,10時前の太陽Hα像/二日連続の晴天。ただ雲越しのためあまりコントラスト無く淡い紅炎は目視確認できなかった。前日とあまり大きな違いは無いように見えた。

↓★1/15,9h49m全体↓

↓同(擬似カラー青緑)↓

↓全体(×1.5Drizzle)↓

↓同、全体(白黒L)↓

↓東側↓

↓西側↓

↓東側等倍↓

↓西側等倍↓

【データ】1/15太陽Hα像/2018年1月15日9時49分(1/40秒39枚)/Nikon1V1(ISO400,JPG)/LUNT60Tha(fl=500mm)/LX200赤道儀改@自宅星見台HANA

Continue reading "1/14,15の太陽Hα像"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

01/15/2018

C/2016R2パンスターズ彗星

昨夜1/14は久しぶりの晴天(*´∀`*)/近くの地元スキー場ナイター光で西空全体が明るく糠星を見難くしているのが残念だが、何はともあれ冬の星空を拝めるのは希少。直ぐにナイター光害解消されるわけでもないし、ともあれ星見台へ上がった。
無事ルーフも開いたので先日撮影できなかった↓パンスターズ彗星(C/2016R2)↓

何とJPEGだけで撮影していたことに後で気付いた。orz/今更どうにもならずJPEG原板のまま処理を続行した。
C9.25はF10(fl=2350mm)だが、DSO撮影では0.75レデューサを付けてfl=1763mmに縮小している。今回はさらに(星像悪化は覚悟の上で)中一光学レンズターボ0.7を加え合成F5.25(fl=約1234mm)としてみた。この無茶な試みによる利点は、F10の光学系がF5余にまで明るくなること。星像が甘くなるのは避けられないが、露光時間を短縮できる明るい光学系になるのは有難い。※彗星基準で画像を加算平均合成しているので背景の星が点像ではなく若干流れるため、比較はできない※
↓BORG100ED,F4屈折望遠鏡で撮影した同彗星↓

西空がナイター光害で青く明るいので、RAW→TIF変換の際に少し背景の明るさと青みを抑えた。
↓星見台前から西方向↓県道を挟んで杉林があり、その向こうに地元スキー場(ナイター光害)の山裾が広がる。この杉林がナイター光直撃を遮っている。

Continue reading "C/2016R2パンスターズ彗星"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

01/14/2018

独習>Xマスツリー星団付近+近況

昨夜は吹雪>で、またも画像処理独習ですm(_ _)m
↓クリスマスツリー星団、コーン星雲付近↓(DSS,Autosave→FlatAide→CS6)

↓同(DSS,一次処理後FlatAide→CS6)↓

今回の大雪は1/12朝がピークと報道された。里雪型降雪により平野部=都市部に集中したので一般にはそれで間違いない。/↓ところが中山間地にあたる拙宅周辺はその前日1/11が酷かった。↓1/11朝の星見台↓

↑積雪は深いところで1m超、浅いところで50〜60cm↓同2↓

Continue reading "独習>Xマスツリー星団付近+近況"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

01/13/2018

冬のダイヤモンド

昨晩は珍しく晴れて星空が見えた。月明かりもなく好都合だったが、地元スキー場のナイター光が強烈で夜半前は自宅内で待機状態。orz
夜半に外を見るとまだ晴れていたので星見台へ。奇妙な尾で話題のパンスターズ彗星(C/2016R2)を狙うつもりだった。ところが、星見台ルーフが完全に凍てついていてびくともせず開けられない。=設置後初めての経験。昼間に解けた雪の水分が冷え込みによって開口部両面に凍り付き接着剤のようになってしまったらしい。仕方ないので彗星は諦め、庭先へ小型赤道儀を出して広角レンズで星空横着撮影↓冬のダイヤモンド↓

↓星座線入り↓緑線が「冬のダイヤモンド」

↓別処理↓(色がどぎつい画)

Continue reading "冬のダイヤモンド"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

01/12/2018

スキル独習>ばら星雲

1/12,拙宅周辺は積雪15cm程度(但し冷え込み厳しくシャッターが凍りついていた)で、昨日の方が酷い状況だったが、周辺都市部は今朝の方が大雪だった。金沢や高岡は記録的大雪で幹線道路以外は麻痺していたらしい。北陸自動車道も朝からストップしていた。/で、星見できない日の処理スキル独習(^_^;)>再度↓ばら星雲↓
↓DSS,Autosave→FlatAide→CS6↓今回処理(未公開)

↓DSS,Autosave一FlatAide→CS6↓当初の画像(未公開)

↓DSS一次処理後FlatAide→CS6↓今回処理(未公開)

Continue reading "スキル独習>ばら星雲"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

01/11/2018

再度M78~樅の木・馬頭星雲

1/11,一晩で一気に50〜60cmの積雪。くっ付く雪で除雪機のロータリー刃が目詰まりし作業が思うように捗らない。早朝から4時間かけて必要な箇所だけ何とか済ませた。/で、星見できない日の処理スキル独習>再度↓M78ウルトラマン〜樅の木・馬頭星雲↓
↓DSS,Autosave→FlatAide→CS6↓

↓DSS,Autosave一FlatAide→CS6↓前回掲載済み

↓DSS一次処理後FlatAide→CS6↓

Continue reading "再度M78~樅の木・馬頭星雲"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

01/10/2018

カリフォルニア星雲再度

星見できない日の処理スキル独習>再度↓カリフォルニア星雲↓
↓DSS一次処理後FlatAidePro→CS6↓

↓DSS一次処理後FlatAidePro→CS6↓前回投稿済み

↓DSS,Autosave→FlatAidePro→CS6↓

Continue reading "カリフォルニア星雲再度"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

01/09/2018

魔女の横顔再度

今のところ比較的穏やかに正月上旬過ぎようとしているが、星見出来そうな晩は無い。orz >ということで再度↓魔女の横顔↓処理(DSS,Autosave→FlatAidePro→CS6)

↓前回処理したもの(DSS,Autosave→FlatAidePro→CS6)掲載済↓

魔女が紫色っぽい。究極目指す気は端から無いが妥協レベル?がかなり曖昧、というか甘い。
↓同(DSS一時処理後CS6)

↓前回処理したもの(DSS一次処理後FlatAidePro→CS6)掲載済↓

【データ】魔女の横顔/2017年11月12日22時45分〜(2分32枚)/EOS6D(HKIR,ISO1600,RAW-TIF)/WO-Star71(fl=350mm)/LX200赤道儀改STVガイド@自宅星見台HANA
↓撮影中のEOS6D,WO-Star71,LX200赤道儀改STVカメラ↓

================================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)星空雑記簿交叉足跡はなの隠れ家すたーりぃないとハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

01/08/2018

1/2,1/7太陽Hα像

1/2,1/7の太陽Hα像(※1/3-6欠測※逆順掲載※画像をクリックすると別窓拡大表示※)/1/7,13時過ぎの太陽Hα像/久しぶりの晴天なので雲越しになるが強行撮影した。コントラスト無く精細さにも欠け、画面あちこちに破綻が見られる。東縁8時方向に大きなループ状の噴出しあるが淡い。目視観察はできなかった。

↓★1/7,13h37m全体↓

↓同(擬似カラー青緑)↓

↓全体(×1.5Drizzle)↓

↓同、全体(白黒L)↓

↓東側↓

↓西側↓

↓東側等倍↓

↓西側等倍↓

【データ】1/7太陽Hα/2018年1月8日13時11分(1/50秒17枚)/Nikon1V1(ISO400,JPG)/LUNT60THa(fl=500mm)/LX200赤道儀@自宅星見台HANA

Continue reading "1/2,1/7太陽Hα像"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

01/07/2018

1/6,ISS月面通過@中島町その2

1/6未明、国際宇宙ステーションの月面通過(@七尾市中島町、別所岳SA)その2↓通過部分を含む60コマ静止画を毎秒5コマ再生の動画もどきにしたもの。

ちょうど中間あたり(5秒前後)で画面右上から左下へチラッと4コマ流れていく。
1/6未明、国際宇宙ステーションの月面通過(@七尾市中島町、別所岳SA)その2↓通過部分を含む30コマ静止画を通常スタックで一枚の静止画にしたもの。(ISSの影は埋もれて見えない)

↓撮影に使用した望遠鏡↓

Continue reading "1/6,ISS月面通過@中島町その2"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

01/06/2018

1/6未明ISS国際宇宙ステーション月面通過@七尾市中島町

本日1/6未明、金井飛行士搭乗中の国際宇宙ステーションが月面前を通過した。↓(@七尾市中島町、別所岳SA)↓

通過時の月齢は18.4(18.5直前)↓通過4コマめ↓

↓通過3コマめ↓

Continue reading "1/6未明ISS国際宇宙ステーション月面通過@七尾市中島町"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

01/05/2018

再度勾玉星雲付近

天気に恵まれない日の画像処理独習>勾玉星雲付近↓(Autosave→FlatAide→CS6)

↓同、前回掲載のもの↓

↓同、DSS一次処理後FlatAidePro→CS6↓

↓同、前回掲載のもの↓

こうした過程にはあまり深入りしたくないが、体感主義でしか身につかない(それすらも怪しいが、頭の中で理屈を理解し実践できるタイプでない)のであれこれやってみるしかない。そういう訳なので、拙い画像ですがご容赦を。m(_ _)m
【データ】勾玉星雲付近/2017年11月21日20時58分〜(2分38枚)/EOS6D(HKIR,ISO1600,RAW→TIF)/WO-Star71(fl=350mm)/LX200赤道儀改ステラショット制御STVガイド@自宅星見台HANA
================================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)星空雑記簿交叉足跡はなの隠れ家すたーりぃないとハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

01/04/2018

M45すばる再処理

2か月前の11/9晩に撮影したM45すばるを再度処理し直してみた。↓(DSS,Autosave→FlatAide→CS6)

↓同2↓(DSS一次処理後FlatAide→CS6)

Continue reading "M45すばる再処理"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

01/03/2018

Web年賀2018戌・3+

2018年戌、あけましておめでとうございます。

旧年中はお世話になりました。今年もどうぞ拙ブログを宜しくお願いします。


↓雲間から星が見えたので動作テスト↓

↑内臓モーター交換と極望カメラ設置なので外観は変わらない。↑↓先ずは極軸合わせ↓電子極望(Polarモード)画面↓

内臓モーター交換により光学式の極軸望遠鏡が使えないため、極望用CCDカメラで合わせる。赤緯体を水平(パネル部が下)にし、表示される小円に北極星を合わせる。(指標小円は内臓時計を元に時角自動計算済)↓追記へどうぞ↓

Continue reading "Web年賀2018戌・3+"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

01/02/2018

12/29,1/1の太陽Hα像

戌年の元旦1/1,先月12/29の太陽Hα像(※12/25-28,30,31欠測※逆順掲載※画像をクリックすると別窓拡大表示※)/1/1,13時半の太陽Hα像/不安定な天候下、氷雨が止んだ僅かな時間に雲越し強行撮影したため、コントラスト全く無く精細さにも欠ける。西縁2時方向の噴出しのみかろうじて目視観察できた。

↓★1/1,13h37m全体↓

↓同(擬似カラー青緑)↓

↓全体(×1.5Drizzle)↓

↓同、全体(白黒L)↓

↓東側↓

↓西側↓

↓東側等倍↓

↓西側等倍↓

【データ】1/1太陽Hα/2018年1月1日13時37分(1/40秒11枚)/Nikon1V1(ISO400,JPG)/LUNT60THa(fl=500mm)/LX200赤道儀改@自宅星見台HANA

Continue reading "12/29,1/1の太陽Hα像"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Web年賀2018戌2+

2018年「戌」明けましておめでとうございます。

旧年中はお世話になりました。本年もどうぞ宜しくお願い致します。


依頼していた旧EM200赤道儀の駆動部SS-one化改造が終わり、暮れに戻ってきた。↓

↓追記へどうぞ↓

Continue reading "Web年賀2018戌2+"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

01/01/2018

実写版>1月の星空

↓冬の大三角形↓1月15日だと23時頃の南天(上旬は24時頃、下旬は22時頃)

--------------------------------------------------------------------------------------------------
上旬:火星と木星が大接近/1(月)元旦、月齢13.9/2(火)水星東方最大離角、〇満月(スーパームーン)/4(木)しぶんぎ座流星群極大/5(金)小寒/7(日)火星と木星最接近/8(月)成人の日/9(火)下弦/13(土)水星と土星が最接近/17(水)●新月/20(土)大寒/24(水)月面X/25(木)上弦/27(土)東北北部から北でアルデバラン食/31(水)○満月※皆既月食※
iOS版アストロガイド2018を参考にしました※


【データ】冬の大三角/2017年12月24日1時21分〜(30秒40枚)/Nikon1V1(ISO3200,RAW→TIF)/Nikkor10mm,F2.8/GPD赤道儀(SynScan改)放置追尾@自宅星見台HANA
================================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)星空雑記簿交叉足跡はなの隠れ家すたーりぃないとハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Web年賀2018戌

2018年「戌」新年明けましておめでとうございます。

旧年中はお世話になりました。本年もどうぞ宜しくお願い致します。



【データ】FireCapture v2.5 Settings/Profile=Sun
Telescope=LUNT60THa/Camera=ASI178MM/Filter=L/Filename=2017-08-28-0455_0-L.avi
Date=170828/Start(UT)=045455.427/Mid(UT)=045500.443/End(UT)=045505.459
Duration=10.032s/FramesCaptured=305/Binning=no/ROI=3096x2080
FPS(avg.)=30/Shutter=0.500ms/Gain=250(49%)/Gamma=80/USBTraffic=100
Brightness=1/Histogramm(min)=0/Histogramm(max)=168/Histogramm=65%
Noise(avg.deviation)=n/a/Limit=10Seconds/SensorTemperature=52.2°C
@石川県能登町松波地区
================================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)星空雑記簿交叉足跡はなの隠れ家すたーりぃないとハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« December 2017 | Main | February 2018 »