« May 2018 | Main | July 2018 »

June 2018 posts

06/30/2018

実写版>7月の星空

7月15日だと21時頃の南空↓M17〜バンビ付近↓(上旬は22時頃、下旬は20時頃)

上旬:金星、レグルスへ大接近/2(月)半夏生/6(金)下弦/7(土)新暦七夕、地球が縁日点通過/12(木)水星東方最大離角/13(金)●新月/16(月)海の日、月が金星へ接近/20(金)夏の土用、上弦(月面X)/23(月)大暑/25(水)月が土星へ接近/28(土)○満月※皆既月食(月没帯色)夏至/30(月)火星が地球と最接近(大接近)
------------------------------------------------------------------------------------------------------------
iOS版アストロガイド2018を参考にしました※


【データ】バンビ〜M17付近/2018年6月8日0時53分〜(90秒20枚×2shot合成)/EOS6D(HKIR,ISO1600,RAW)/WO-Star71(fl=350mm)/LX200赤道儀改ステラショット制御STVガイド@自宅星見台HANA

HomePage(Nifty)(NSK)星空雑記簿交叉足跡はなの隠れ家すたーりぃないとハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

06/29/2018

6/21太陽Hα像

6/21太陽Hα像>※6/20欠測※画像をクリックすると別窓拡大表示します※西縁2時方向及び5時方向にさほど大きくない噴出が見られた。東縁側は閑散としていた。/本体では2713群が西へ移動し、2715群が中央付近に移動していた。

↓全体(元画)↓6/21,9h53m

↓全体(疑似カラー)↓

↓東側(元画)↓

↓西側(元画)↓

↓東側(疑似カラー)↓

↓西側(疑似カラー)↓

↓全体(カラー)↓

↓全体(白黒)↓

↓追記へ↓

Continue reading "6/21太陽Hα像"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

06/28/2018

6/22未明M27亜鈴星雲

6/22未明に撮影した↓M27亜鈴状星雲(Autosave)↓Dumbbell Nebula

↓同(MediumKappaSigma)↓

↑上2枚はBKP200(口径20cmニュートン反射)で撮影※上方向が北※、

Continue reading "6/22未明M27亜鈴星雲"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

06/27/2018

6/19太陽Hα像

6/19太陽Hα像>※画像をクリックすると別窓拡大表示します※東縁10時半方向及び西縁2時方向を中心に大きくはないけれども広がった紅炎が噴いていた。/本体では2714群が西へ移動し、2713群が中央付近に移動していた。

↓全体(元画)↓6/19,9h39m

↓全体(疑似カラー)↓

↓東側(元画)↓

↓西側(元画)↓

↓東側(疑似カラー)↓

↓西側(疑似カラー)↓

↓全体(カラー)↓

↓全体(白黒)↓

↓追記へ↓

Continue reading "6/19太陽Hα像"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

06/26/2018

コマコレ無し(月齢8.7)と有り(月齢10.8)

※コマコレ=「コマコレクター」の略=コマ収差を軽減する補正レンズのこと※
BKP200で撮った月画像2種4枚>6/22に撮影した↓月齢8.7(コマコレ※無し)↓

6月24日晩に撮った↓月齢10.8(コマコレ有り)↓

上画像(コマコレ無し)と下画像(コマコレ有り)のそれぞれ月面中央部分と周縁部分を比べると、中央部はほぼ互角だがコマコレ無しの周縁部はピント甘いのが分かる。
↓同上、別処理↓

Continue reading "コマコレ無し(月齢8.7)と有り(月齢10.8)"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

06/25/2018

6/18太陽Hα像

6/18太陽Hα像>※6/15,6/16,6/17欠測※画像をクリックすると別窓拡大表示します※西縁3時方向を中心に広がった紅炎が噴いていた。/薄雲越しの影響か?原画がパッとしないため今回バリエーションを減らした。(効果的な処理手段&表示法を模索中)↓

↓全体(元画)↓6/1813h1m

↓全体(疑似カラー)↓

↓東側(元画)↓

↓西側(元画)↓

↓東側(疑似カラー)↓

↓西側(疑似カラー)↓

↓全体(白黒)↓

↓自宅星見台で観察↓

↓追記へ↓

Continue reading "6/18太陽Hα像"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

06/24/2018

6/22未明M17馬蹄形星雲

月齢7.7撮影後、6/22未明に撮影した↓M17馬蹄形星雲(Autosave)↓

↓同(MediumKappaSigma)↓

(↑画像を見る限り)コマコレクターは役割を果たしているようだ。135フルサイズを欲張らずAPS-Cまでなら自分の中では「これでいい」。と、光軸修正&コマコレの様子をみるための試写故90秒8枚しか撮らなかったので総露光時間は全く足りていない。
↓昨年9月、C9.25+ASI1600MCCで撮影したもの(再掲載)↓

Continue reading "6/22未明M17馬蹄形星雲"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

06/23/2018

6/14太陽Hα像

6/14太陽Hα像>※画像をクリックすると別窓拡大表示します※前日6/13外縁5時方向に見られた明るい紅炎が細いながらもかなり高く噴き上がっていた。↓

↓全体(元画)↓6/14,9h3m

↓全体(疑似カラー)↓

↓東側(元画)↓

↓西側(元画)↓

↓東側(疑似カラー)↓

↓西側(疑似カラー)↓

↓全体(カラー)↓

↓全体(白黒)↓

↓東側(カラー)↓

↓西側(カラー)↓

↓東側(白黒)↓

↓西側(白黒)↓

↓追記へ↓

Continue reading "6/14太陽Hα像"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

06/22/2018

6/21月齢7.7(と木星、ガリレオ衛星)

昨夜6/21晩に中華製BKP200反射(fl=800mm)で撮影した月齢7.7の月↓
18moon0621c62ut1157l4ap136sq
同じ望遠鏡&カメラのまま、木星に向けて(ガリレオ衛星も含め)撮影した。↓
18jupiter0621c35ut1203l4ap1sx
この画像幅を月画像に合わせ(=同倍率表示にする)て一枚に合成、並べてみた↓
18moon0621c62ut1157ljup
↑木星の周りを回るガリレオ衛星の広がりが意外大きいことが分かる。視力のいい人なら木星とガリレオ衛星を(明暗差あるので難しいとは思うが)肉眼で分離できるかも知れない。このように、同じ縮尺にして並べることで、見かけの大きさ比較が一目瞭然になる。
中華製BKP200反射は、観察会での電視観望や自宅外(=野外)でのDeepSkyObject撮影を目的として中古品を入手したが、実はISSの月面通過を4K画質(3840x2160)30fps動画機能をもつLumixG7(4/3機)で狙うことも考えている。パナソニック4/3撮像素子4K動画だとfl=800mm前後がちょうど程よく月面が写野に収まる(4/3静止画の場合はfl=1000mm前後が程よく収まる)からだ。
ただ、ISS日面通過の場合は光量&熱量ハンパないので従来通り10cm級屈折望遠鏡もしくは太陽Hα専用LUNT60を利用するつもり。
【データ】月齢7.7(と木星)/2018年6月21日20時57分(1/1000sec,62%)/LumixG7(ISO800,4K,MP4,30fps,15秒)/BKP200反射+コマコレ(fl=800mm)/ADVX赤道儀@自宅前


HomePage(Nifty)(NSK)星空雑記簿交叉足跡はなの隠れ家すたーりぃないとハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

06/21/2018

6/13雲越し太陽Hα像

6/13太陽Hα像>※6/9,6/10,6/11,6/12欠測※画像をクリックすると別窓拡大表示します※/梅雨空のため4日間ブランク後の太陽Hα観察@出先(小矢部市)/↓外縁西側5時方向に明るい噴出しが目に付いた。>これが翌日細長い噴出へと変貌した。
↓但し13日は雲越し太陽観察強行のため画像にムラが目立つ↓

↓全体(元画)↓6/13,13h8m

↓全体(疑似カラー)↓

↓東側(元画)↓

↓西側(元画)↓

↓北側(疑似カラー)↓

↓南側(疑似カラー)↓

↓全体(カラー)↓

↓全体(白黒)↓

↓東側(カラー)↓


↓西側(カラー)↓

↓追記へ↓

Continue reading "6/13雲越し太陽Hα像"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

06/20/2018

梅雨間の星空@黒部-3

6/16黒部市吉田科学館の定例天体観察会-3:今回は複数枚比較明合成した画像を載せる。
↓科学館前広場から南方向(6枚比較明)↓

↓南南西方向↓

↑参加者が亡霊のように写っている。(-_-;)↓同、別処理↓

Continue reading "梅雨間の星空@黒部-3"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

06/19/2018

6/8太陽Hα像

6/8太陽Hα像>※画像をクリックすると別窓拡大表示します※/2日連続で太陽Hα観察@出先(小矢部市)/↓前日程の明るさは無いが、東縁活発で8時及び11時方向の噴出が画像から確認できた。淡くて小さいが、画像をよく見ると西縁3時方向にも噴出がある。

↓全体(元画)↓6/8,8h57m

↓全体(疑似カラー)↓

↓東側(元画)↓

↓西側(元画)↓

↓東側(疑似カラー)↓

↓西側(疑似カラー)↓

↓全体(カラー)↓

↓全体(白黒)↓

↓東側(カラー)↓

↓西側(カラー)↓

↓東側(白黒)↓

↓西側(白黒)↓

【データ】6/8太陽Hα/】2018年6月8日8時57分(1/40sec,75%,1clr)/LumixG7(ISO800,4K,MP4,30fps,16秒間)/LUNT60THa+1.4テレコン(fl=700mm)/卓上小型フォーク赤道儀@小矢部市新西
↓追記へ↓

Continue reading "6/8太陽Hα像"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

06/18/2018

6/16黒部市吉田科学館の定例天体観察会-2
↓科学館前広場から東方向↓

↓同、星座戦入り↓

※車両の出入りや灯火の影響で画面下が明るくカブっている。それでも夏の大三角を天の川が横切っているのを目視確認できた。湿気多かったが透明度は良かった。
↓北方向↓

Continue reading ""

| | Comments (0) | TrackBack (0)

06/17/2018

6/16梅雨間の星空@黒部-1

昨夜6/16は黒部市吉田科学館の定例天体観察会があった。梅雨入り中で天候が懸念されたが暗くなる頃には星が見えるようになった。
↓科学館前広場から南方向↓

※画面の反射望遠鏡で電視観望を試みる心算だったがトラブルでアウト orz
>止む無くブログ用画像は広角レンズによる固定撮影に切り替える。(-_-;)
↓南西方向↓

Continue reading "6/16梅雨間の星空@黒部-1"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

06/16/2018

6/7太陽Hα像

6/7太陽Hα像>※6/5雲間の観察強行するも画像破綻、6/6欠測※画像をクリックすると別窓拡大表示します※/出先での太陽Hα観察。/↓東縁が活発で8時と10時半方向の噴出が明るく目立った。対して西縁は低調。

↓全体(元画)↓6/7,8h52m

↓全体(疑似カラー)↓

↓東側(元画)↓

↓西側(元画)↓

↓東側(疑似カラー)↓

↓西側(疑似カラー)↓

↓全体(カラー)↓

↓全体(白黒)↓

↓東側(カラー)↓

↓西側(カラー)↓

↓東側(白黒)↓

↓西側(白黒)↓

↓追記へ↓

Continue reading "6/7太陽Hα像"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

06/15/2018

梅雨入り直前悪あがき(最終編)

梅雨入り直前の悪あがき-4最終編>6/7深夜に撮影した画像を集めて繋いでみた↓バンビ周辺↓

合成に使った主な画像※以下、いずれも掲載済み※

Continue reading "梅雨入り直前悪あがき(最終編)"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

06/14/2018

6/4太陽Hα像

6/4太陽Hα像>※画像をクリックすると別窓拡大表示します※/午前中は天候に恵まれず観察不能。/↓東縁7時半と11時方向の噴出が明るく目立った。本体西縁2712群の活動域は健在でプラージュが見えている。

↓全体(元画)↓6/4,14h17m

↓全体(疑似カラー)↓

↓東側(元画)↓

↓西側(元画)↓

↓東側(疑似カラー)↓

↓西側(疑似カラー)↓

↓全体(カラー)↓

↓全体(白黒)↓

↓東側(カラー)↓

↓西側(カラー)↓

↓東側(白黒)↓

↓西側(白黒)↓

【データ】6/4太陽Hα/2018年6月4日14時17分(1/40sec.55%)/LumixG7(ISO800,4K,MP4,30fps,16秒間)/LX200赤道儀@自宅星見台HANA
↓追記へ↓

Continue reading "6/4太陽Hα像"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

06/13/2018

梅雨入り直前悪あがき-3(M17~バンビ)

梅雨入り直前の悪あがき-3>6/7深夜に撮影した↓M17周辺(MediumKappaSigma)↓

↓同、別処理(Autosave)↓

↓同、中央トリミング↓

Continue reading "梅雨入り直前悪あがき-3(M17~バンビ)"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

06/12/2018

6/3太陽Hα4時半方向

6/3太陽Hα像>※画像をクリックすると別窓拡大表示します※↓何と言っても西縁4時半方向の噴出。明るくはないが高さがあり、モニター像で気付いた時は『おおーッ』と思った。東縁にも8時9時方向に明るい(けれど小さい)噴出がある。本体西縁へ寄った2712群の活動域は健在。

↓全体(元画)↓6/3,8h56m

↓全体(疑似カラー)↓

↓東側(元画)↓

↓西側(元画)↓

↓東側(疑似カラー)↓

↓西側(疑似カラー)↓

↓全体(カラー)↓

↓全体(白黒)↓

↓東側(カラー)↓

↓西側(カラー)↓

↓東側(白黒)↓

↓西側(白黒)↓

【データ】6/3太陽Hα/2018年6月3日8時56分(1/40sec.70%)/LumixG7(ISO800,4K,MP4,30fps,16秒間)/LUNT60THa+1.4テレコン(fl=700mm)/LX200赤道儀@自宅星見台HANA
↓追記へ↓

Continue reading "6/3太陽Hα4時半方向"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

06/11/2018

2年前はくちょう・こと座

昨日、北陸地方も梅雨入りが発表された。(賢明な判断かと思う)/パッとしない天候が続くようになった。そう言えば、ここしばらく広角や標準レンズを使った星座・星野写真から遠ざかっている。/ということで、
----------------↓2年前同期の記事から↓----------------
6/10未明、はくちょう座、こと座が天頂付近まで上り詰めていた↓

↓同、星座線入り↓

幸いなことに自宅周辺では晴れていて月明かりさえ邪魔しなければ天の川銀河をはっきり目視できる環境にある。ド田舎だから、と言われたらそれまでだけど、東海北陸道福光ICから約7,8分、北陸新幹線新高岡駅からクルマで約50分、隣県の県都金沢だと約30〜40分の距離にある。生活の上でクルマが無いと困るという不便さはあるが自然環境に恵まれている。
【データ】はくちょう、こと/2016年6月10日0時26分〜(45秒×26枚スタック)/EOSkissX7改(ISO3200,RAW)/琢磨28mmF3.5→F4/LX200赤道儀放置追尾@自宅星見台HANA


HomePage(Nifty)(NSK)星空雑記簿交叉足跡はなの隠れ家すたーりぃないとハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

06/10/2018

6/7木星、土星(の位置)

梅雨入り直前の悪あがき-2>6/7深夜に撮影した↓木星とα-Librae↓

↓同、星名入り↓(MediumKappaSigma)

先日来、惑星拡大撮影の方はさっぱり調子上がらない。>で、写野広めの安直撮影画像(^_^;)/肉眼ではちょっと難しいかも知れないが、双眼鏡やファインダー等の低倍率で木星を視野に入れると、そばに恒星(α-Librae)があるのが分かる。天秤座αは3等星で目立たないが、すぐ近くを黄道が通っているため、時々惑星や月がこの星をかすめ、或いは掩蔽(惑星や月に隠される)を起こすこともある。
↓土星、M22,M28(いて座)↓

↓同、星名入り↓

土星は現在いて座の銀河に浸っている。この時はM22と「バンビ」との間で輝いていた。ただ、さらに東へ目をやると地球に接近し始めた火星が土星よりも明るく赤く光って目立つ。同じく広めの写野で火星の位置を撮ろうと思ったが、下弦過ぎた月が東空に上り始めたのと雲が邪魔し出したので諦めるしかなかった。
【データ上2枚】木星とα-Librae/2018年6月7日22時54分(30秒20枚)/EOS6D(HKIR,ISO1600,RAW)/WO-Star71(fl=350mm)/LX200赤道儀改ステラショット制御STVガイド@自宅星見台HANA
【データ下2枚】土星とM22,M28(いて座)/2018年6月7日23時33分(90秒20枚×2ショット合成)/EOS6D(HKIR,ISO1600,RAW)/WO-Star71(fl=350mm)/LX200赤道儀改ステラショット制御STVガイド@自宅星見台HANA


HomePage(Nifty)(NSK)星空雑記簿交叉足跡はなの隠れ家すたーりぃないとハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

06/09/2018

6/2太陽Hα像

結局5/28が5月最後の観察となった。天候に恵まれずタイミングも合わなかった>※5/29,30,31,6/1は欠測※6/2太陽Hα像※画像をクリックすると別窓拡大表示します※↓外縁は西縁4時半方向のトゲ状噴出のみでパッとしないが、本体西へ移動した2712群活動域が気を吐いていた。

↓全体(元画)↓6/2,9h26m

↓全体(疑似カラー)↓

↓東側(元画)↓

↓西側(元画)↓

↓東側(疑似カラー)↓

↓西側(疑似カラー)↓

↓全体(カラー)↓

↓全体(白黒)↓

↓東側(カラー)↓

↓西側(カラー)↓

↓東側(白黒)↓

↓西側(白黒)↓2712群に白い部分(プラージュ)が見られる。

↓追記へ↓

Continue reading "6/2太陽Hα像"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

06/08/2018

梅雨入り直前の悪あがき:バンビ

本日6/8未明に撮影した↓いて座バンビ↓(MediumKappaSigma)

↓同、別処理↓(Autosave)

梅雨入り直前であるため、透明度今一つ宜しくない上に下弦の月が東空を上り始めたが、DSO撮影を強行。/次は何時狙えるか分からないので、撮影対象を稼ぐことを優先したため1対象あたりの総露光時間はまるで足りていない。今回載せたバンビ画像の総露光時間が一番長いが、それでも総計30分にしかならない。(前回5/11に撮影したものも合わせようかと思案中)/当初はいて座付近から天の川を北上し白鳥座辺りまで狙うつもりだったが、明らかな雲が空を覆ってきたため敢え無く断念した。
--------5/11未明に撮影した↓いて座バンビ↓--------

Continue reading "梅雨入り直前の悪あがき:バンビ"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

06/07/2018

5/28太陽Hα像

5月末の太陽連続観察>5/28太陽Hα像※画像をクリックすると別窓拡大表示します※↓外縁は東リム7時、9時、11時方向に噴出があり、特に7時方向のは明るく容易に目視確認できて見応えあった。本体東側の2712群は徐々に中央寄りへ進んでいる。

↓全体(元画)↓5/28,14h12m

↓全体(疑似カラー)↓

↓東側(元画)↓

↓西側(元画)↓

↓北側(疑似カラー)↓

↓南側(疑似カラー)↓

↓全体(カラー)↓

↓全体(白黒)↓

↓東側(カラー)↓

↓西側(カラー)↓

↓東側(白黒)↓

↓西側(白黒)↓

↓追記へ↓

Continue reading "5/28太陽Hα像"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

06/06/2018

6/2,4木星画像

今季、遊星画像は全くもってパッとしない。大気状態(シーイング)が今一つ宜しくないとはいえ、良コンディションを見逃さない忍耐が無いというか、モチベーション上がらないのが最大の理由と思っている。現に、大接近まで2か月を割った火星に至っては1度もチャレンジしていない。orz
以下、決して拡大せずこのままの状態でご覧ください。(-_-;)↓6月2日と4日の木星画像↓

↓【6/2,ut1334】↓

↓【6/2,ut1334】↓

↓【6/2,ut1336】↓

↓【6/2,ut1336】↓

↓【6/2,ut1333】↓

↓【6/2,ut1333】↓

Continue reading "6/2,4木星画像"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

06/05/2018

5/27太陽Hα像

5月末の太陽連続観察>5/27太陽Hα像※画像をクリックすると別窓拡大表示します※↓外縁は東リム8時と11時方向に噴出あるが目立つ程でない。西縁はほぼ壊滅?状態。本体の方2711群が西縁へ至り、2710群は中央付近、小規模フレア発生した2712群が東側に見られる。

↓全体(元画)↓5/27,8h16m

↓全体(疑似カラー)↓

↓東側(元画)↓

↓西側(元画)↓

↓東側(疑似カラー)↓

↓西側(疑似カラー)↓

↓全体(カラー)↓

↓全体(白黒)↓

↓東側(カラー)↓

↓西側(カラー)↓

↓東側(白黒)↓

↓西側(白黒)↓

↓追記へ↓

Continue reading "5/27太陽Hα像"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

06/04/2018

1年前6/3月齢8.6

1年前6/3晩に、撮影した月齢8.6の月↓中央火口列及び直線の壁付近をモザイク合成したもの。↓

↓合成に使用した画像・1「直線の壁」付近↓by Mead178MC
※以下の画像は逆像表示(南が上)です※

↓同2、別ショット画像↓

Continue reading "1年前6/3月齢8.6"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

06/03/2018

5/26太陽Hα像

連続観察が続く>5/26太陽Hα像※画像をクリックすると別窓拡大表示します※↓外縁には目立つ噴出が見当たらなかったが、本体の方は3つの活動域が見られプラージュと呼ばれる白く明るい部分もあり救われた。

↓全体(元画)↓5/26,13h17m

↓全体(疑似カラー)↓

↓東側(元画)↓

↓西側(元画)↓

↓東側(疑似カラー)↓

↓西側(疑似カラー)↓

↓全体(カラー)↓

↓全体(白黒)↓

↓東側(カラー)↓

↓西側(カラー)↓

↓追記へ↓

Continue reading "5/26太陽Hα像"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

06/02/2018

3年前5/31,6/1,連日のISS上空通過

3年前の5/31晩、21時8分、ISS国際宇宙ステーションが自宅上空を通過していった。

その1
その2
その3
その4
その5
その6
その7
その8
今回は、BKP300,F5反射で迎え撃った。今回のパスではパネルには光が当たらず、片側だけ少し光が当たっている状態だったと思われるが、手元にISSの模型が無いのでよく分からない。/なお、今宵6/1,20時12分過ぎにもパスしていくのが見られる。

Continue reading "3年前5/31,6/1,連日のISS上空通過"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

06/01/2018

5/25太陽Hα像

5/25太陽Hα像※画像をクリックすると別窓拡大表示します※↓東縁8時方向及び10時方向に大きくないが比較的明るい噴出。9時方向に淡いけれども大き目な噴出がある。西縁は目立った噴出無し。太陽本体は東から(小規模フレア発生した)2712群が登場しており、中央寄りに2710群が移動。2711群は西縁に迫っていた。

↓全体(元画)↓5/25,10h1m

↓全体(疑似カラー)↓

↓東側(元画)↓

↓西側(元画)↓

↓東側(疑似カラー)↓

↓西側(疑似カラー)↓

↓全体(カラー)↓

↓全体(白黒)↓

↓東側(カラー)↓

↓西側(カラー)↓

↓追記へ↓

Continue reading "5/25太陽Hα像"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« May 2018 | Main | July 2018 »