« July 2018 | Main | September 2018 »

August 2018 posts

08/31/2018

実写版>9月の星空

9月15日だと21時頃の天頂付近↓天の川(夏の大三角付近)↓(上旬は22時頃、下旬は20時頃)

9月:21P(Giacobini-Tinner彗星)7等台/上旬:金星とスピカ大接近。水星とレグルス大接近/1(土)二百十日/2(日)21P,カペラに接近/3(月)下弦/8(土)白露/10(月)●新月、21P近日点&近地点通過/13(木)月、金星へ接近/14(金)月、木星へ接近/17(月)月、土星へ接近。上弦(月面X)/20(木)月、火星へ接近。彼岸の入り/21(金)金星最大光度/23(日)秋分の日/24(月)中秋の名月/25(火)◯満月
--------------------------------------------------------------------------------------------------
iOS版アストロガイド2018を参考にしました※
--------------------------------------------------------------------------------------------------
元画像↓8月13日深夜に撮影した天の川(夏の大三角付近)↓

周辺の星像が歪んで甘いのは、所有の旧銀塩用Nikkor広角レンズ28mm,F2.8を使ったことと、ペルセウス座流星群を捉えやすくしようと絞り開放で撮影したため。
同、別処理↓天の川(夏の大三角付近)↓


【データ】天の川、夏の大三角付近/2018年8月13日23時44分〜(60秒58枚)/EOS6D(HKIR,ISO3200,RAW)/Nikkor28mmF2.8絞り開放/三脚固定@自宅星見台前

HomePage(Nifty)(NSK)星空雑記簿交叉足跡はなの隠れ家すたーりぃないとハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

08/30/2018

8/29火星と土星

昨夜8/29晩に雲間から撮影した火星と土星↓

↓火星8/29,20h47m↓

↓土星21h03m↓

↓火星20h49m↓

↓土星8/29,21h01m↓

↓火星20h50m↓

↓土星21h00m↓

↓火星-2,20h50m↓

↓土星-2,21h00m↓

昨夜も雲が多い天候だった。20時過ぎ外を見ると火星と土星が雲間から顔を出していた。期待していなかったが、目視観察でも火星の極冠や模様がはっきり確認できたので、「大砂嵐」が収まっているのが分かった。地上大気も比較的マシなようなので、火星と土星を撮影した。各3ショットほど撮影し、仮処理を始めたところで南の雲が2惑星を隠してしまい、強制終了。比較的条件が良かったので残念。
【データ】火星、土星/2018年8月29日20時47分〜21時03分/ASI224MC(Gain215-325,Gamma40,Shutter8-20ms,45-125fps,x5000-10000コマAVI))/C9.25+×2Barlow+ADC(fl=約7700mm)/NJP赤道儀改@自宅星見台HANA

HomePage(Nifty)(NSK)星空雑記簿交叉足跡はなの隠れ家すたーりぃないとハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

08/29/2018

7/31太陽Hα像

7/31の太陽Hα像※画像をクリックすると別窓拡大表示します※西縁2時と東縁7時方向の噴出が目立つ。その反面、本体の方は寂しい状態が続いている。

↓全体(カラー1)↓7/31,10h38m

↓全体(擬似カラー)↓

↓東側(カラー1)↓7時方向の噴出が素晴らしい。

↓西側(カラー1)↓2時方向、広がりある噴出が素晴らしい。

↓東側(擬似カラー)

↓西側(擬似カラー)↓

↓全体(カラー2)↓

↓全体(白黒)↓

↓東側(カラー2)↓

↓西側(カラー2)↓

↓追記へ↓

Continue reading "7/31太陽Hα像"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

08/28/2018

さんかく座系外星雲M33

8/14未明に撮影したさんかく座の系外星雲M33↓

※各画像を左クリックすると別窓拡大表示します※
↓同、別処理↓

【データ】M33/2018年8月14日1時55分〜(60秒28枚)/EOSkissX7(IR改、ISO3200,RAW)/BKP200+コマコレ(fl=800mm)/EM200赤道儀改MGENガイド@自宅前
↓同、3年前7月にBKP300反射鏡で撮影したもの↓

Continue reading "さんかく座系外星雲M33"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

08/27/2018

M17馬蹄形星雲2種4枚

8/9,同じ望遠鏡に2種類のカメラを使って撮影した↓M17馬蹄形星雲↓by EOSkissX7(MediumKappaSigma)

※各画像を左クリックすると別窓拡大表示します※
↓同、M17馬蹄形星雲↓by EOSkissX7(Autosave)

↓同、M17馬蹄形星雲↓CMOSカメラASI1600MCC(MediumKappaSigma)

Continue reading "M17馬蹄形星雲2種4枚"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

08/26/2018

7/30太陽Hα像

とうとう1か月近く開いてしまった。7/30の太陽Hα像※画像をクリックすると別窓拡大表示します※西縁2時方向の噴出が(高さは無いものの)目立つ。東縁7時方向の噴出も面白い。その反面、本体の方は寂しい状態が続いている。

↓全体(カラー1)↓7/30,9h30m

↓全体(擬似カラー)↓

↓東側(カラー1)↓

↓西側(カラー1)↓

↓東側(擬似カラー)

↓西側(擬似カラー)↓

↓全体(カラー2)↓

↓全体(白黒)↓

↓東側(カラー2)↓

↓西側(カラー2)↓

↓追記へ↓

Continue reading "7/30太陽Hα像"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

08/25/2018

台風一過、月齢13.1

昨夜8/24の月。台風一過の好天にはなったが、上空大気の状態は不良でメラメラ。本当は近くの火星を狙うつもりでいたが、肉眼でさえ火星がチラチラ瞬いて見え(通常、惑星が瞬いて見えることは無い)諦め、満月近い月齢13の月の横着撮り逃げと相成った。(-_-;)
↓月齢13.1(全体:正立像)↓※大気メラメラ状態の為、精細さが無い orz

↓同、東側↓(逆像※)

※天体望遠鏡の視界と合わせるため逆像表示にした※
↓同、東側↓(逆像、地名入り)

【データ】月齢13.1/2018年8月24日20時38分(1/1600sec,38%)/LumixG7(ISO800,4K,MP4,30fps,30秒間)/BKP200+コマコレ(fl=800mm)/EM200赤道儀@星見台前


HomePage(Nifty)(NSK)星空雑記簿交叉足跡はなの隠れ家すたーりぃないとハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

08/24/2018

8/23未明21P/Giacobibi-Tinner

本県は北以外の三方を衝立で囲まれた地形のため?台風20号の影響は大事に至らなかった。その24時間前(8/23未明)の21P↓
↓☆彡21P/Giacobini-Tinner彗星↓<彗星基準>(Average)

↓同、別処理↓(Autosave)

【データ】21P彗星基準/8月23日1時54分(JST)〜40秒18枚/ASI1600MCC(Gain16/25,Gamma5/10,0℃,TIF)/WO-Star71(fl=350mm)/GPD(SynScan改)放置追尾
↓☆彡21P/Giacobini-Tinner彗星↓<恒星基準>(Average)

Continue reading "8/23未明21P/Giacobibi-Tinner"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

08/23/2018

7/29太陽Hα像

約1週間近くブランクあって7/29の太陽Hα像※画像をクリックすると別窓拡大表示します※全体に寂しい状況だが、比較的西縁の噴出(1時半と3時、4時半方向)が大きめ。

↓全体(カラー1)↓7/29,8h38m

↓全体(擬似カラー)↓

↓東側(カラー1)↓

↓西側(カラー1)↓

↓東側(擬似カラー)

↓西側(擬似カラー)↓

↓全体(カラー2)↓

↓全体(白黒)↓※西縁3時方向の噴出は本体縁のダークフィラメントと繋がっているのが分かる。

↓東側(カラー2)↓

↓西側(カラー2)↓

↓追記へ↓

Continue reading "7/29太陽Hα像"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

08/22/2018

8/21,8/19未明の21P,Giacobini-Tinner

☆彡8/21未明の↓21P/Giacobini-Tinner彗星↓(14枚彗星基準合成)

↓同、別処理↓

2日ほど前ならハート星雲脇をかすめる様子を捉えられたであろうに。( ;∀;)/雲通過が頻繁にあり、どの画像もその影響を受けた。
↓比較的影響の少ない2枚のみで合成したもの↓☆彡同、↓21P,2枚のみ↓

↓同、別処理↓

【データ】8/21未明の21P/2018年8月21日3時27分(90秒2枚及び14枚彗星基準)/EOS6D(HKIR,ISO3200,RAW)/WO-Star71(fl=350mm)/LX200赤道儀ステラショット制御STVガイド/自宅星見台HANA

Continue reading "8/21,8/19未明の21P,Giacobini-Tinner"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

08/21/2018

星空観察会@能美市

昨日8/20晩は、能美市、物見山運動公園での星空観察会に参加した。>観察会の合間に撮影した↓月齢9.0の月(3枚合成:中央火口列、直線壁付近)↓

↓観察会の様子1↓

Continue reading "星空観察会@能美市"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

08/20/2018

7/23太陽Hα像

7/23太陽Hα像※画像をクリックすると別窓拡大表示します※目立つのは東縁7時半方向と10時方向の噴出。他には目立つもの殆ど無いが、トゲ状の小さな突出がささくれだったように見られる箇所がある。

↓全体(カラー1)↓7/23,12h43m

↓全体(擬似カラー)↓

↓東側(カラー1)↓

↓西側(カラー1)↓

↓東側(擬似カラー)

↓西側(擬似カラー)↓

↓全体(カラー2)↓

↓全体(白黒)↓

↓東側(カラー2)↓

↓西側(カラー2)↓

↓追記へ↓

Continue reading "7/23太陽Hα像"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

08/19/2018

8/18月齢7.0未完成

8/18晩に雲間から月齢7.0の月を狙ったのだが、、↓月齢7.0の月↓

月が写野からはみ出すため南北3shotに分けて撮影開始。南側から撮り始め中央部までは順調だったが、残る北部分のshotに入る直前に雲が視界を遮ってしまい、結局、北部分が無い月面となってしまった。orz
↓1shotめ:月面南部↓(※いずれも掲載画像は望遠鏡視界と同じ逆像にしてある※)

↓2shotめ:月面中央部↓

【データ】月齢7.0 2枚合成/2018年8月18日20時7,8分(1/60sec,47%,50%)/LumixG7(ISO400,4K,MP4,30fps,30秒間×2枚合成)/C9.25(fl=2350mm)/NJP赤道儀@自宅星見台HANA


HomePage(Nifty)(NSK)星空雑記簿交叉足跡はなの隠れ家すたーりぃないとハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

08/18/2018

8/14未明、二重星団h-χ

8/14未明に撮影した↓ペルセウス座の二重星団h-χ↓

21P撮影後、近くに位置していることに気付き横着撮影。fl=800mmにAPS-Cカメラではちょっと窮屈な感じで、135フルサイズが程よい感じがする。総露光時間は10分余しかない。orz 星団なので何とか誤魔化せた。/この星団はカラフルで広がりがあり小口径低倍率望遠鏡(双眼鏡でも良い)で見ても美しい。
↓同、別処理(Autosave)↓

↓3年前10月に(PENTAX105EDHF,540mm/X-E1で)撮影したもの↓

Continue reading "8/14未明、二重星団h-χ"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

08/17/2018

7/22太陽Hα像

7/22太陽Hα像※画像をクリックすると別窓拡大表示します※目立つのは東縁7時及び10時方向。西縁はさほど目立つものが見当たらない。

↓全体(カラー1)↓7/22,8h54m

↓全体(擬似カラー)↓

↓東側(カラー1)↓

↓西側(カラー1)↓

↓東側(擬似カラー)

↓西側(擬似カラー)↓

↓全体(カラー2)↓

↓全体(白黒)↓

↓東側(カラー2)↓

↓西側(カラー2)↓

↓追記へ↓

Continue reading "7/22太陽Hα像"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

08/16/2018

8/3,8/5土星画像

8/3,8/5晩に撮影した土星↓

↓8/3,23h5m↓

↓8/3,23h8m↓

↓8/3,23h10m↓

↓8/5,21h28m↓

↓8/5,21h53m↓

↓8/5,21h55m↓

↓8/5,21h57m↓

↓8/5,22h16m↓

↓8/5,22h19m↓

※↓2年前(2016年7月24日)に撮影した土星↓※

口径7吋(178mm)マクストフカセグレン望遠鏡で撮影
【共通データ】8/3,8/5土星
2018年8月3日、5日、時刻は各画像)
ASI224MC(Gain300-350,Gamma45-50,Shutter20ms,50-70fps,x5000コマAVI))
C9.25+×2Barlow+ADC(fl=約6000mm)
NJP赤道儀改@自宅星見台HANA

今季の惑星観察は完全に出遅れた。既に西へ大きく傾いて低空となった木星は諦めた。orz/土星は現在暗くなる頃に南中しているが、天気と大気状態に恵まれず(と言い訳)観察のチャンスに恵まれない状態。実は5月や6月に木星や土星を観察しているがまともな映像にならず放棄していた。8/3,8/5も条件宜しくないが、記録ということで..。

HomePage(Nifty)(NSK)星空雑記簿交叉足跡はなの隠れ家すたーりぃないとハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

08/15/2018

8/14未明21P(+ペルセ群流星の残党)

8/13晩は晴れ間が広がった。もう一日早ければ良かったのに。8/14未明にかけてペルセウス座流星群の残党狩りをしつつ、気になっていた↓21P/Giacobini-Tinner彗星↓を撮影。

しばらく観察出来てなかったので気になっていたが、21Pは徐々に明るく、大きく、尾も発達して順調に推移しているようだった。
↓同、別処理↓

【データ】8/14未明の21P/2018年8月14日0時45分〜(60秒37枚、彗星基準)/EOSkixxX7(IR改、ISO3200,RAW)/BKP200+コマコレ(fl=800mm)/EM200赤道儀改ステラショット制御MGENガイド@自宅星見台
↓ペルセ群流星↓は雲にあまり阻まれなかったこともあり、透明度悪かったにも関わらず、彗星撮影の合間に空を見上げる超横着観察にも関わらず10個以上を目撃した。

Continue reading "8/14未明21P(+ペルセ群流星の残党)"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

08/14/2018

7/20太陽Hα像

7/20太陽Hα像※画像をクリックすると別窓拡大表示します※比較的目立つのは西縁1時半方向と東縁7時半方向。他は淡く目立たず規模も小さい。本体東(10時方向)側の活動域にダークフィラメントが見てとれる。

↓全体(カラー1)↓7/20,10h18m

↓全体(擬似カラー)↓

↓東側(カラー1)↓

↓西側(カラー1)↓

↓東側(擬似カラー)

↓西側(擬似カラー)↓

↓全体(カラー2)↓

↓全体(白黒)↓

↓東側(カラー2)↓

↓西側(カラー2)↓

↓追記へ↓

Continue reading "7/20太陽Hα像"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

08/13/2018

雲の隙間から辛うじて1個ゲット

黒部の定例観察会から帰宅後、本日8/13未明の曇り空の隙間から辛うじて捉えた↓今年のペルセウス群流星(流星部分トリミング)↓

光度−1〜−2等、一瞬残像のような痕あり。(単に網膜に焼き付いた残像かも知れないけど)
↓同、写野全景↓

正に雲の隙間から無理やりゲットしたのが分かっていただけるかと思う。
↓同、文字入り↓

↓流星付近、文字入り↓

Continue reading "雲の隙間から辛うじて1個ゲット"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

08/12/2018

今宵ペルセウス座流星群ピーク

今宵〜明朝(8/12-13)は三大流星群の一つ、ペルセウス座流星群のピークと予想されている。今年は月明かりに阻まれる心配もなく、観察に適している。国立天文台Webサイト( https://www.nao.ac.jp/astro/feature/perseids2018/ )より
今年のピークは日本時間で13日午前10時。昼間なので星は見えないが、その前後の晩は見ごろとなる。輻射点であるペルセウス座が上り始めるのは夜遅くなってからなので今宵〜明朝が一番のチャンスといえる。(先週から今宵を挟んでお盆過ぎまでは出現期間中)/今年は月明かりにも邪魔されないので条件がよい。
ということで、過去画像から拾い集めてみた。↓
2年前2016年8月13日未明に撮影した↓ペルセウス群流星↓

上画像のように、同流星群はペルセウス座の方向から流れる。=他の方向から流れるのはペルセウス群ではない。
夜半前は北東低空、ペルセウス座が上り始めるのと呼応して徐々に高度が上がる。
【データ】13日未明のペルセ群流星/2016年8月13日1時14分頃〜(30秒×3枚比較明合成)/富士X-E1(ISO3200,RAW)/SAMYANG14mmF2.8開放絞り/LX200赤道儀放置追尾@自宅星見台HANA
↓11年前2007年8月13日未明のペルセ群流星(GIF動画)↓

↓同、GIF動画に使用した中から、流星が出現した画像(流星部分トリミング)↓

【データ】2007年8月12日25時14分〜18分頃(バルブ4分露光)/EOS20D(ISO1600,RAW)/Tamron AF17-35mmF2.8(Di)→F4/初代P型赤道儀ノータッチガイド
↓☆彡流星観察のコツ☆彡↓

Continue reading "今宵ペルセウス座流星群ピーク"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

08/11/2018

7/19太陽Hα像

7/19太陽Hα像※画像をクリックすると別窓拡大表示します※比較的目立つのは西縁1時半方向。東縁は目立つもの無いが、8時方向に淡く細長い突出あり。

↓全体(カラー1)↓7/19,9h2m

↓全体(擬似カラー)↓

↓東側(カラー1)↓

↓西側(カラー1)↓

↓東側(擬似カラー)

↓西側(擬似カラー)↓

↓全体(カラー2)↓

↓全体(白黒)↓

↓東側(カラー2)↓

↓西側(カラー2)↓

↓追記へ↓

Continue reading "7/19太陽Hα像"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

08/10/2018

いて座M8,M20界隈(と土星)

8/5晩に撮影した↓いて座M8,M20と土星↓

↓同、別処理↓

この夏は、天の川で一番賑やかな界隈を土星がウロチョロしている。/空の透明度悪く、90秒×27枚と粘った割に写りがパッとせず、宜しくない。低空ということもあろう。
↓昨年7月14日にBORG100EDで撮影したもの↓

Continue reading "いて座M8,M20界隈(と土星)"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

08/09/2018

火星大接近中8/3,4,5,7

7/31大接近後、徐々に地球から離れつつあるも(地球と並走中で)まだまだ十分大きく明るく見える火星。8/3,8/4,8/5,8/7(※8/6,8/8は天候不良で欠測)画像を並べてみた。↓大砂嵐の影響が改善しない。↓8/3,4,5,7の火星↓

↓8/3,22時35分↓

↓8/3,23時19分↓

↓8/3,23時19分↓

↓8/3,23時22分↓

↓8/3,23時24分↓

↓8/3,23時26分↓

↓8/3,23時53分↓

↓8/3,23時54分↓

↓8/3,23時56分↓

↓8/4,23時19分↓


↓8/4,23時24分↓

↓8/4,23時26分↓

↓8/5,22時59分↓

↓8/5,23時0分↓

↓8/5,23時17分↓

↓8/5,23時19分↓

↓8/5,23時21分↓

↓8/7,22時44分↓

↓8/7,22時46分↓

↓8/7,22時47分↓

↓8/7,22時50分↓




【共通データ】8/1,2火星/2018年8月3,4,5,7日22時〜24時/ASI224MC(Gain200-225,Gamma35-40,Shutter8ms,100-120fps,SER)/C9.25+×2Barlow+ADC/NJP赤道儀@自宅星見台HANA

HomePage(Nifty)(NSK)星空雑記簿交叉足跡はなの隠れ家すたーりぃないとハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

08/08/2018

7/18太陽Hα像

7/18太陽Hα像※画像をクリックすると別窓拡大表示します※約3週間の遅れが生じている。掲載方法、枚数を変更する必要アリかも?/比較的目立つのは東縁9時及び10時方向。淡く小さいながらも西縁4時方向や1時半方向にも噴出が見られる。本体に黒点は見られないが、西3時方向に大きな活動域がある。

↓全体(カラー1)↓7/18,8h54m

↓全体(擬似カラー)↓

↓東側(カラー1)↓

↓西側(カラー1)↓

↓東側(擬似カラー)

↓西側(擬似カラー)↓

↓全体(カラー2)↓

↓全体(白黒)↓

↓東側(カラー2)↓

↓西側(カラー2)↓

↓追記へ↓

Continue reading "7/18太陽Hα像"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

08/07/2018

NGC7000北米・ペリカン星雲

8/5晩に撮影した↓北アメリカ星雲、ペリカン星雲↓

↓昨年7月20日に同じ機材で撮影したもの↓

カメラや望遠鏡は同じだが、ISO感度、露出時間、総露光時間が異なる。露光量は此方の方が圧倒的に勝っている。
↓2年前7月28日にCMOSカメラで撮影したもの↓

冷却CMOSカメラASI1600MCCで撮影。総露光時間はたったの6分で、比較にならない。
【データ上】北アメリカ星雲・ペリカン星雲/2018年8月5日23時15分〜(90秒24枚)/EOS6D,HKIR(ISO1600,RAW)/WO-Star71(fl=350mm)/LX200赤道儀改ステラショット制御STVガイド@自宅星見台HANA
【データ中】北米星雲・ペリカン星雲/2017年7月20日22時55分〜(150秒30枚)/EOS6D(HKIR,ISO3200,RAW)/他は上と同じ
【データ下】NGC7000北アメリカ星雲、ペリカン星雲/2016年7月28日23時41分〜(40秒×15枚)/ASI1600MC_C(AVI)/他は上と同じ


HomePage(Nifty)(NSK)星空雑記簿交叉足跡はなの隠れ家すたーりぃないとハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

08/06/2018

8/5未明21P/Giacobini-Tinner彗星

8月5日未明に撮影した☆彡↓21P/Giacobini-Tinner彗星↓☆彡(等倍トリミング)

ぱっと見、彗星本体から分離した噴出物が写っているように見える。
↓同、マーカー入り↓

ところが、各コマを調べると、この噴出物にあたる光芒が確認できない。背景の星軌跡の延長線上にあるのが気になる。全てのコマで彗星位置を指定したわけでなく、コンピュータに補間を任せたコマがあり、スタック段階で誤って認識補間して合成された疑いが強くなった。
>そこで、27コマ全部について彗星中心部を手動で指定してスタックをやり直した↓
↓スタック段階からやり直した画像↓(周囲一部トリミング)

↓同、別処理↓

結果、偽光芒は消え去った。横着してコンピュータに補間処理をさせたため、彗星本体位置を誤ったものと思われる。

Continue reading "8/5未明21P/Giacobini-Tinner彗星"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

08/05/2018

7/17太陽Hα像

7/17太陽Hα像※画像をクリックすると別窓拡大表示します※比較的目立つのは東縁9時〜104時方向。淡いながらも7時半方向や西縁2時、3時方向にも噴出が見られる。相変わらず本体に黒点が見当たらない。

↓全体(カラー1)↓7/17,10h6m

↓全体(擬似カラー)↓

↓東側(カラー1)↓

↓西側(カラー1)↓

↓東側(擬似カラー)

↓西側(擬似カラー)↓

↓全体(カラー2)↓

↓全体(白黒)↓

↓東側(カラー2)↓

↓西側(カラー2)↓

↓追記へ↓

Continue reading "7/17太陽Hα像"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

08/04/2018

7/31未明、月齢17.5

7/31火星大接近観察の合間に同じ望遠鏡のまま撮影した月(月齢17.5)↓

↓0時47分↓

危難の海の夕暮れ、静かの海
↓0時48分↓

ピレネー山脈、テオフィルス
↓0時49分↓

夕暮れ迫る神酒の海
↓0時50分↓

ジャンセン、メティウス
↓0時51分↓

ジャンセン、マクロリュコス
↓0時52分↓

ティコ(チコちゃんではない)
↓0時53分↓

ティコ〜雲の海(微かに直線壁)
↓0時59分↓

晴れの海、夢の湖

↓上の画像をつなぎ合わせたもの↓

【共通データ】7/31未明,月齢17.5/2018年7月31日0時47分〜/ASI178MM(Gain225,Gamma65,Shutter1ms,30fps,SER,30秒間)/C9.25(fl=2350mm)/NJP赤道儀@自宅星見台HANA

HomePage(Nifty)(NSK)星空雑記簿交叉足跡はなの隠れ家すたーりぃないとハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

08/03/2018

火星大接近中8/1,2

火星大接近(最も地球と近くなる日)は7月31日だったが、8,9月は徐々に地球から離れ、西へ移動しつつも、まだまだ十分大きく見える。徐々に収まりつつあるらしいが火星で発生した大砂嵐の影響が残っている。↓8/1,2深夜に撮影した火星↓

↓8/1,23時28分↓

↓8/1,23時31分↓

↓8/1,23時33分↓

↓8/1,23時50分↓

↓8/1,23時53分↓

↓8/1,23時54分↓

↓8/2,23時28分↓

↓8/2,23時24分↓

↓8/2,23時27分↓

↓8/2,23時34分↓白黒

↓8/2,23時37分↓

↓8/2,24時12分↓

↓8/2,24時16分↓

↓8/2,24時53分↓

↓8/2,24時56分↓

【共通データ】
8/1,2火星
2018年8月1,2日23時〜24時
ASI224MC,ASI178MM
(Gain200-225,Gamma35-40,
Shutter8ms,100-120fps,SER)
C9.25+×2Barlow+ADC
NJP赤道儀
@自宅星見台HANA


HomePage(Nifty)(NSK)星空雑記簿交叉足跡はなの隠れ家すたーりぃないとハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

08/02/2018

7/16太陽Hα像

7/16太陽Hα像※画像をクリックすると別窓拡大表示します※比較的目立つのは東縁9時〜104時方向と西縁1時半方向の噴出。外周全体にわたって細く細かい突起噴出(スピキュール)が光球表面に貼り付き、絨毯の断面を見ているような感じに見える。本体には黒点が見当たらない。

↓全体(カラー1)↓7/16,10h39m

↓全体(擬似カラー)↓

↓東側(カラー1)↓

↓西側(カラー1)↓

↓東側(擬似カラー)

↓西側(擬似カラー)↓

↓全体(カラー2)↓

↓全体(白黒)↓

↓東側(カラー2)↓

↓西側(カラー2)↓

↓追記へ↓

Continue reading "7/16太陽Hα像"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

08/01/2018

火星大接近中

火星大接近(最も地球と近くなる日)は昨晩7月31日。残念ながら雲間の撮影となりコマ数稼げなかった。なので、その前晩に撮ったものを付け加えます↓7/31,30深夜に撮影した火星↓

↓7/31,23時49分×1.5Drizzle↓

↓7/31同23時49分Drizzle無し↓

↓7/31,23時51分↓

↓以下7/30,23時16分↓

↓7/30,23時30分↓

↓7/30,23時30分B↓

↓23時38分↓

↓23時41分↓

↓23時42分↓

↓23時49分↓

↓23時51分↓

↓23時55分↓

↓23時58分↓

↓23時59分↓

↓24時1分↓

↓24時9分↓

↓24時11分↓

↓24時21分※ASI178MMで撮影↓

【共通データ】
7/31,30火星/2018年7月30,31日23時〜24時

ASI224MC(Gain225,Gamma45,Shutter8ms,100fps,SER)

C9.25+×2Barlow+ADC/NJP赤道儀@自宅星見台HANA




HomePage(Nifty)(NSK)星空雑記簿交叉足跡はなの隠れ家すたーりぃないとハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« July 2018 | Main | September 2018 »