« April 2019 | Main | June 2019 »

May 2019の記事

05/31/2019

実写版>6月の星空案内

↓M16(わし星雲)とM17(馬蹄形星雲)>6月15日だと22時半頃の南天(上旬は23時頃、下旬は21時半頃)

-----------------------------------------------------------------------------
3(月)●新月/6(木)芒種/7(金)月、プレセぺ星団へ接近/10(月)上弦/16(日)月、木星へ接近、ケレスの食/17(月)◯満月/19(水)水星と火星が最接近/22(土)夏至/24(月)水星東方最大離角/25(火)下弦/28(金)6月うしかい座流星群
-----------------------------------------------------------------------------
iOS版アストロガイド2019を参考にしました※
=============================================================================
【データ】M16わし星雲(上)、M17馬蹄形星雲(下)/2019年5月30日0時47分〜(60秒40枚)/EOS6D(HKIR,ISO3200,RAW→TIF)/WO-Star71(fl=350mm)/LX200赤道儀ステラショット制御STVガイド@自宅星見台HANA
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
<龍吉>(^^)/今年の梅雨はどうなるのやら?気になる(^_-)-☆
<はな>=^_^=昨年は空梅雨&猛暑続きだったニャー≡^・.・^≡
<ソラ>U.゚ω゚U例年並みで推移してほしいワン▽・,・▽


HomePage(Nifty)(NSK)星空雑記簿交叉足跡はなの隠れ家すたーりぃないとハナのWeb天文台

| | Comments (0)

05/30/2019

5/30太陽Hα像

本日5/30,9時の太陽Hα像※いずれも画像をクリックすると別窓拡大表示します※昨日と状況然程変わらず一番目立つのは東縁10時半方向の紅炎。11時方向にも噴出がある。対して西縁は目立たず5時方向に噴出がある程度。本体西側2時方向にダークフィラメント影あり西縁へ近付いているので、明日?明後日?にはこれに伴う噴出が西縁2時方向に現れるかも知れない。

↓全体(カラー1)↓5/30,9h8m

↓全体(擬似カラー)↓

↓東側(カラー1)↓

↓西側(カラー1)↓

↓東側(擬似カラー)↓

↓西側(擬似カラー)↓

追記へ続きます↓

Continue reading "5/30太陽Hα像"

| | Comments (0)

M8干潟、M20三裂、「猫の手」星雲

昨夜5/29遅くに撮影した↓M8干潟星雲、M20三裂星雲、「猫の手」星雲↓

↓同、長辺方向トリミング↓

冬の代表星雲がオリオン星雲とすれば、夏の代表星雲はこのM8干潟星雲であろう。結構な大きさと明るさで迫力があり、小口径ファインダーや双眼鏡でもあっさりとその存在が確認できる。そのM8の直ぐ上(北)のM20三裂星雲はM8ほどの大きさは無いが、口径10cm程度の望遠鏡低倍率で観るとちゃんと星雲が暗黒星雲で3,4部分に別れているのが分かる。/いずれも、なるべく夜空が暗い場所での観察がお薦め。肉眼ではせいぜい位置確認程度だが、小口径低倍率望遠鏡or双眼鏡で(大きい口径の場合は中倍率で)観察してみて欲しい。
【データ】M8,M20,猫の手/2019年5月29日23時35分〜(60秒62枚)/EOS6D(HKIR,ISO3200,RAW→TIF)/WO-Star71(fl=350mm)/LX200赤道儀ステラショット制御STVガイド@自宅星見台HANA


昨年8/5に同じ機材&カメラで撮影したもの↓

Continue reading "M8干潟、M20三裂、「猫の手」星雲"

| | Comments (0)

05/29/2019

5/29太陽Hα像

本日5/29,9時の太陽Hα像※いずれも画像をクリックすると別窓拡大表示します※昨日5/28は曇雨天のため欠測※一番目立つのは東縁11時方向の紅炎で目視確認もできた。その下10時方向にも紅炎がある。対して西縁は目立たない感じだが4時方向にごく淡いけれども広がりある噴出がある。本体中央付近に黒点を伴わぬ活動域があるが、24日東側に現れ、25日は外輪山状の明るい白斑?を伴う領域が中央付近へ回ってきたと思われる。

↓全体(カラー1)↓5/29,9h3m

↓全体(擬似カラー)↓

↓東側(カラー1)↓

↓西側(カラー1)↓

↓東側(擬似カラー)↓

↓西側(擬似カラー)↓

追記へ続きます↓

Continue reading "5/29太陽Hα像"

| | Comments (0)

05/28/2019

5/24系外星雲M83南の回転花火

5/24晩に撮影した↓系外星雲M83↓中央付近トリミング

↓同、長辺方向トリミング↓

M83はうみへび座にあるFace onタイプの系外星雲で、「南の回転花火」とも言われる。(通常「回転花火」といえば先日掲載したおおぐま座のM101をさす)/北半球からはM83の南中光度が低いため、北の地方ほど撮影条件は厳しくなる。それでもω星団やケンタウルスAよりも高度があり、絶望的な低空とは言えないのだが。
【データ】M83/2019年5月24日22時17分〜(60秒18枚)/EOSkissX7(ISO3200,RAW-TIF)/BKP200反射+コマコレ(fl=800mm)/NJP赤道儀ステラショット制御SS-oneガイド@自宅星見台HANA
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
<龍吉>!(^^)!以前にもM83は撮影した記憶ある?が、その画像見当たらぬ(^_-)-☆
<はな>=^_^=加齢とともに記憶が怪しくなったんじゃニャいの?≡^・.・^≡
<ソラ>U.゚ω゚Uけっこう明るい星雲みたいだワン▽・。・▽


HomePage(Nifty)(NSK)星空雑記簿交叉足跡はなの隠れ家すたーりぃないとハナのWeb天文台

| | Comments (0)

05/27/2019

5/27太陽Hα像

本日5/27,11時過ぎの太陽Hα像※いずれも画像をクリックすると別窓拡大表示します※昨日5/26も晴れていたが、あまりの猛暑続きを口実に観察せず欠測日とした。(-_-;)/25日は北東縁10時半方向に明るい紅炎が3つほど噴いていたが、今日は見えなくなっていた。代わって西縁2時方向にツリー状の比較的目立つ紅炎が噴いていた。同2時半方向にも淡い紅炎噴出がある。本体10時方向にあった外輪山のような形状の明るいフレア?はさらに中央付近へ少し近付いたがあまり目立たない感じ。


↓全体(カラー1)↓5/27,9h37m

↓全体(擬似カラー)↓

↓東側(カラー1)↓

↓西側(カラー1)↓

↓東側(擬似カラー)↓

↓西側(擬似カラー)↓

追記へ続きます↓

Continue reading "5/27太陽Hα像"

| | Comments (0)

05/26/2019

5/26未明Ⅿ20三裂星雲

本日5/26未明に撮影した↓M20三裂星雲(左右トリミング)↓

【データ】M20三裂星雲/2019年5月26日0時33分〜(60秒13枚)/ASI1600MCC(-15℃,Gain16/25,Gamma5/10,TIF)/C11+0.75RC(fl=2100mm)/NJP赤道儀ステラショット制御SS-oneガイド@自宅星見台HANA
大気の透明度今一つ良くないが南東低空へ望遠鏡を向けた。C11直焦点での大写しを試みたが、結果、星像に締まりがない大味画像となった。(-_-;)


↓2年前7/14に撮影したもの↓(M20,M8,猫の手付近)

【データ】M8干潟星雲、M20三裂星雲、猫の手/2017年7月14日21時04分〜(60秒14枚)/EOS6D(HKIR,ISO3200,RAW)/BORG100ED(fl=400MM)/LX200赤道儀STVガイド@自宅星見台HANA

↓5年前5/20に撮影したもの↓

Continue reading "5/26未明Ⅿ20三裂星雲"

| | Comments (0)

05/25/2019

5/25太陽Hα像

本日5/25,11時過ぎの太陽Hα像※いずれも画像をクリックすると別窓拡大表示します※相変わらず太陽は低調だが、北東縁10時半方向に明るい紅炎が3つほど噴いており、目視でも確認できた。西縁2時半〜3時方向にも淡い紅炎噴出がある。昨日10時方向の縁近くに見えた小さな明るい部分(小フレア?)は少し正面側へ回ってきたこともあって、明るい部分が外輪山のような形状になっているのが画像から分かる。

↓全体(カラー1)↓5/25,11h15m

↓全体(擬似カラー)↓

↓東側(カラー1)↓

↓西側(カラー1)↓

↓東側(擬似カラー)↓

↓西側(擬似カラー)↓

追記へ続きます↓

Continue reading "5/25太陽Hα像"

| | Comments (0)

5/24,M101回転花火

昨日5/24深夜に撮影した系外星雲M101(回転花火)↓全体画像(トリミング無し)

同↓中央付近トリミング

それにしても「回転花火」とはよく言ったものだと感心する。このように渦巻き系外星雲を真正面から見る場合を「Face on」と言う。
【データ】M101回転花火/2019年5月24日23時26分〜(60秒32枚)/EOSkissX7(ISO3200,RAW-TIF)/BKP200反射+コマコレ(fl=800mm)/NJP赤道儀ステラショット制御SS-oneガイド@自宅星見台HANA


↓同、4年前4/22にBKP300反射&QHY9sで撮影したもの↓

【データ】系外星雲M101(白黒ポジ)/2015年4月22日22時39分〜(L,30秒×11枚)/QHY9(-40℃,FITS)/BKP300,F5反射+コマコレ(fl=1500mm)直焦点/EQ8赤道儀+6cm屈折(QHY5LII,PHD2)@自宅星見台HANA

↓同、2年前5/2未明にC9.25で撮影したもの(中央トリミング)↓

【データ】M101回転花火/2017年5月2日0時10分〜(120秒34枚)/ASI1600MCC(-15℃,Gain300,Gamma80,FIT)/C9.25(fl=1763mm)/NJP赤道儀+5cmファインダー屈折(ASI120MM,PHD2)@自宅星見台HANA
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
<龍吉>!(^^)!20cm反射と30cm反射で撮ったM101画像を並べてみた(^_-)-☆
<はな>=^_^=口径で優位な30cmだけど使い勝手は20cmが有利だニャー≡^・.・^≡
<ソラ>U.゚ω゚U口径で30cmに負けるけど20cm級の方が価格面や実用面で有利だワン▽・。・▽
HomePage(Nifty)(NSK)星空雑記簿交叉足跡はなの隠れ家すたーりぃないとハナのWeb天文台

| | Comments (0)

05/24/2019

5/24太陽Hα像

本日5/24,9時半の太陽Hα像※いずれも画像をクリックすると別窓拡大表示します※相変わらず無黒点状態。周縁の紅炎どれも小さく目ぼしい噴出何処にもない。5月はずっと好天続きなのに太陽活動超低調なのが残念。/本体10時方向外縁近くに小さく明るい箇所(フレア?)が見られたが、、。

↓全体(カラー1)↓5/24,9h30m

↓全体(擬似カラー)↓

↓東側(カラー1)↓

↓西側(カラー1)↓

↓東側(擬似カラー)↓

↓西側(擬似カラー)↓

追記へ続きます↓

Continue reading "5/24太陽Hα像"

| | Comments (0)

SN in M100(5/7→5/23)

系外星雲M100に現れた超新星SN(Super NOVA)in M100↓5/7撮影↓全体画像

同↓中央付近トリミング

【データ】SN in M100/2019年5月7日23時7分(60秒12枚)/EOSkissX7(ISO3200,RAW-TIF)/C9.25+0.63RD(fl=1480mm)/NJP赤道儀ステラショット制御SS-oneガイド@自宅星見台HANA


↓同、昨夜5/23撮影(等倍トリミング)↓暗くなったようで判然としない。

↓同(周囲のみトリミング)↓

※掲載画像はいずれも上が北方向※なお、昨夜はPM2.5で?透明度不良だった。
【データ】SN in M100その後/2019年5月23日21時51分〜(60秒17枚)/EOS_X7(ISO3200,RAW-TIF)/BKP200+コマコレ(fl=800mm)/EM200赤道儀ステラショット制御SS-oneガイド@自宅星見台HANA
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
<龍吉>!(^^)!系外星雲の超新星探索は20cm級以上で可能と言われるが、、(^_-)-☆
<はな>=^_^=いつ、何処で現れるか分からないしニャー≡^・.・^≡
<ソラ>U.゚ω゚U地味だけど日常的でこまめな観察の継続が鍵なんだろうな▽・。・▽
HomePage(Nifty)(NSK)星空雑記簿交叉足跡はなの隠れ家すたーりぃないとハナのWeb天文台

| | Comments (0)

05/23/2019

5/23太陽Hα像

本日5/23,9時過ぎの太陽Hα像※いずれも画像をクリックすると別窓拡大表示します※晴天というか暑い日が続く。相変わらず太陽活動は低調で、無黒点状態、かつ、周縁の紅炎も目ぼしいのが何処にも見当たらない状態。寂しい状態が続いている。

↓全体(カラー1)↓5/23,9h7m

↓全体(擬似カラー)↓

↓東側(カラー1)↓

↓西側(カラー1)↓

↓東側(擬似カラー)↓

↓西側(擬似カラー)↓

追記へ続きます↓

Continue reading "5/23太陽Hα像"

| | Comments (0)

NGC5128ケンタウルス座A

昨夜5/22月が上る前に撮影した↓ケンタウルス座A(NGC5128)↓(×3Drizzle左右トリミング)

透明度は今一つだったが南に雲が無かったので南中し始めていたケンタウルス座A※を撮影した。この少し下に我が家からは南限の星団=ω星団があり、南の山稜すれすれに南中する。そのω星団にしようか?少し迷ったが今回は見送った。
↓同(×2Drizzle左右トリミング)

↓同(元画像:周囲トリミング)

見た通りfl=400mm原板ではあまりに小さいので×2,×3拡大処理した。それでも小さい(笑)>この時期になると、いつかは長焦点で狙いたいと思いつつ今回も実現できなかった。(-_-;)
【データ】NGC5128ケンタウルス座A(x3Drizzle)/2019年5月22日20時42分〜(60秒70枚)/EOS6D(HKIR,ISO1600,RAW-TIF)/BORG100ED(fl=400mm)/LX200赤道儀ステラショット制御STVガイド@自宅星見台HANA
※ケンタウルス座A(NGC5128)は二つの小宇宙が衝突しており、宇宙からの電波源の一つとしても知られている。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
<龍吉>!(^^)!今から思うとω星団にすれば良かった、と後悔(^_-)-☆
<はな>=^_^=南低空過ぎて、見られる機会が限られるからニャー≡^・.・^≡
<ソラ>U.゚ω゚U中央に暗黒帯あるのは衝突してるからかな?▽・。・▽


HomePage(Nifty)(NSK)星空雑記簿交叉足跡はなの隠れ家すたーりぃないとハナのWeb天文台

| | Comments (0)

05/22/2019

5/22太陽Hα像

本日5/22,11時前の太陽Hα像※いずれも画像をクリックすると別窓拡大表示します※5月は好天続きで今のところ欠測日は2日間で留まっている。残念なのは太陽活動が低調なこと。昨日まで5時方向に噴いていた紅炎はすっかり小さく目立たなくなってしまった。=周縁の紅炎は小規模トゲ状のものばかりとなり、とても寂しい状態となった。

↓全体(カラー1)↓5/22,10h48m

↓全体(擬似カラー)↓

↓東側(カラー1)↓

↓西側(カラー1)↓

↓東側(擬似カラー)↓

↓西側(擬似カラー)↓

追記へ続きます↓

Continue reading "5/22太陽Hα像"

| | Comments (0)

05/21/2019

7年前5/21金環食

ちょうど7年前の2012年5月21日、金環日食があった。自宅では少しのことで「金環」にならないということと、天候が今一つはっきりしなかったことから急遽隣県へ移動して観察した。↓以下、当時のブログ記事から↓


【1:拡大静止画編】↓第2接触直後↓

↓金環食「最大」前↓

自宅も晴れたと聞き後悔したが、移動して良かったと思う。
何故なら「金環」を目撃できたから。
【1:データ】2012年5月21日07時34分(320分の1秒)/オリンパスE-30(ISO100,RAW)/タカハシFC-60屈折直焦点500mm/高橋EM-10赤道儀ノータッチ@長野県佐久市、道の駅ほっとぱーく浅科

【2:広角静止画編】↓「始まりから終了まで」↓

↓トリミング拡大↓

ほぼ全過程を雲に邪魔されずに済んでよかった。
【データ】2012年5月21日06時20分※詳細は調査中(250分の1秒)/ニコンD700(ISO100,RAW)/Nikkor28mmF2.8→F4@長野県佐久市、道の駅ほっとぱーく浅科
↓追記へ続きます↓

Continue reading "7年前5/21金環食"

| | Comments (0)

5/21太陽Hα像

本日5/21,13時の太陽Hα像※いずれも画像をクリックすると別窓拡大表示します※午前中雨天だったが次第に回復し、10時頃には晴れ間が見られるようになった。で、昼休みに観察。/本体は再び無黒点状態。比較的大きかった5時方向の紅炎も昨日より幾分小さくなった気がした。

↓全体(カラー1)↓5/21,13h4m

↓全体(擬似カラー)↓

↓東側(カラー1)↓

↓西側(カラー1)↓

↓東側(擬似カラー)↓

↓西側(擬似カラー)↓

追記へ続きます↓

Continue reading "5/21太陽Hα像"

| | Comments (0)

05/20/2019

5/20太陽Hα像

本日5/20,10時半過ぎの太陽Hα像※いずれも画像をクリックすると別窓拡大表示します※昨晩から上空大気の状態悪く、朝からは強風が吹き荒れ、さらには雲の切れ間を待っての観察となった。2741黒点が西裏へ回り、再び無黒点状態。今のところ東から新たな黒点が出る気配は感じられない。同方向に見えていた紅炎噴出も低く小さい形状を残すのみ。昨日5時方向に淡いながらも比較的目立つ紅炎が噴いていたが、今日も大きく健在な様子。

↓全体(カラー1)↓5/20,10h40m

↓全体(擬似カラー)↓

↓東側(カラー1)↓

↓西側(カラー1)↓

↓東側(擬似カラー)↓

↓西側(擬似カラー)↓

追記へ続きます↓

Continue reading "5/20太陽Hα像"

| | Comments (0)

令和初満月

「令和」初の満月↓月齢14.6↓※5/19に日付替わった前晩が満月で、実際には少し西側(右側)が欠け始めている※

いつものように月を2つに分けて動画撮影し、それぞれを静止画化して1枚の月画像にするつもりだったが、、
↓元動画(月面北部)↓(8cm,F15屈折で撮影)

↓元動画(月面南部)↓(8cm,F15屈折で撮影)

あまりに大気状態が悪く、メラメラ状態 orz>一応、静止画化してみたが予想通りボケボケ画像にしかならない。>止む無く6cm屈折短焦点(FC60,fl=500mm)で余白を残した小さい月面動画を撮影し静止画化した。これだけ状態悪いと静止画1枚撮りで十分。
【データ】月齢14.6/2019年5月19日23時4分(1/320sec,75%)/LumixG7(ISO200,4K,MP4,30fps,20秒×2)/高橋FC60(fl=500mm)/SynScan改GPD赤道儀@自宅前
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
<龍吉>!(^^)!あまりに酷い上空大気状態!天気崩れるの必至(^_-)-☆
<はな>=^_^=あちゃー!これは酷いニャー≡^・.・^≡
<ソラ>U.゚ω゚Uこれじゃあ望遠鏡不要な状態だワン▽・。・▽


HomePage(Nifty)(NSK)星空雑記簿交叉足跡はなの隠れ家すたーりぃないとハナのWeb天文台

| | Comments (0)

05/19/2019

5/19太陽Hα像

本日5/19,9時前の太陽Hα像※いずれも画像をクリックすると別窓拡大表示します※2741黒点が西縁へ到達していたが、ひょっとすると既に太陽の裏へ回ったのか?判然としない。昨日まで同方向に見えていた紅炎噴出も元の活動域が裏へ回り、いずれも低く小さくなっていた。ただ5時方向に淡いながらも比較的目立つ紅炎が噴いている。東縁は小さなトゲ状の噴出が散見される程度で、新たな活動域が現れる兆しは感じられない。

↓全体(カラー1)↓5/19,8h46m

↓全体(擬似カラー)↓

↓東側(カラー1)↓

↓西側(カラー1)↓

↓東側(擬似カラー)↓

↓西側(擬似カラー)↓

追記へ続きます↓

Continue reading "5/19太陽Hα像"

| | Comments (0)

5/18太陽Hα像

5/18,10時前の太陽Hα像※いずれも画像をクリックすると別窓拡大表示します※前日とあまり変わらぬ状態だが、2741黒点は西縁へほぼ到達。明日以降、2741黒点も裏側へ隠れてしまうと再び無黒点状態に名sる公算が大。その西縁には比較的大きめの紅炎が噴いていた。東縁にも2か所紅炎噴出がある。薄雲越しだったがいくつかの明るい紅炎は目視確認できた。

↓全体(カラー1)↓5/18,9h51m

↓全体(擬似カラー)↓

↓東側(カラー1)↓

↓西側(カラー1)↓

↓東側(擬似カラー)↓

↓西側(擬似カラー)↓

追記へ続きます↓

Continue reading "5/18太陽Hα像"

| | Comments (0)

05/18/2019

(平成最後?)系外星雲M109

連休前半の4/29未明に撮った系外星雲M109←平成最後の系外星雲撮影?↓

↓中央部等倍トリミング↓

この晩が平成最後の星雲観察?かも(笑)/位置はおおぐま座γ星(北斗七星の3番目の星)の近くにあり、見た通り棒渦巻き型に分類される系外星雲。
【データ】M109/2019年4月29日0時15分〜(90秒10枚)/ASI1600MCC(−15℃,Gain350,Gamma50,FIT)/BKP300+コマコレ(fl=1500mm)/EQ8赤道儀ステラショット制御SS-oneガイド@自宅星見台HANA
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
<龍吉>!(^^)!系外星雲を「銀河」とも言うが、狭義の意味は我が銀河系をさす。(^_-)-☆
<はな>=^_^=我が銀河系以外の系外星雲も「銀河」と言うと紛らわしいニャー≡^・.・^≡
<ソラ>U.゚ω゚U同じ成り立ちでも系外星雲の方が銀河系と区別しやすいワン▽・。・▽


HomePage(Nifty)(NSK)星空雑記簿交叉足跡はなの隠れ家すたーりぃないとハナのWeb天文台

| | Comments (0)

05/17/2019

5/17太陽Hα像

本日5/17,10時前の太陽Hα像※いずれも画像をクリックすると別窓拡大表示します※2741黒点はさらに西縁へ近付いた。その先に2740黒点活動域と関連する紅炎?が噴いていた。東縁にも小規模な紅炎噴出が見られる。

↓全体(カラー1)↓5/17,9h48m

↓全体(擬似カラー)↓

↓東側(カラー1)↓

↓西側(カラー1)↓

↓東側(擬似カラー)↓

↓西側(擬似カラー)↓

追記へ続きます。

Continue reading "5/17太陽Hα像"

| | Comments (0)

5/16月齢11.5

昨晩5/16に撮影した月(月齢11.5全体像)↓

合成に使った2画像

↓東側↓

↓西側↓

雲の切れ間から撮影できた。しかし撮影した元動画を見ると上空大気の影響を受けて月全体が揺れていた。口径大きくても細部写らないパターン?と言い訳して、小口径屈折望遠鏡で横着&撮り逃げした。
【データ】月齢11.5/2019年5月16日8時9分(1/125sec,80%)/LumixG7(ISO200,4K,MP4,30fps,20秒×2Shot)/スコープテック8cm,F15アクロマート屈折(fl=1200mm)/GPD赤道儀SynScan改@自宅前
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
<龍吉>!(^^)!準備は手早くできたが雲が除けてくれず待たされた。(^_-)-☆
<はな>=^_^=この望遠鏡、月全体には手軽で良いかもニャー≡^・.・^≡
<ソラ>U.゚ω゚U価格も比較的手ごろだワン▽・。・▽

HomePage(Nifty)(NSK)星空雑記簿交叉足跡はなの隠れ家すたーりぃないとハナのWeb天文台

| | Comments (0)

05/16/2019

5/16太陽Hα像

本日5/16,9時過の太陽Hα像※いずれも画像をクリックすると別窓拡大表示します※2741黒点も西縁に近付き、見かけの大きさも小さくなった。昨日2時方向に見えた刷毛状の広がりある紅炎は裏側へ回っているのか?小さくなった。その下、3時方向に2740黒点活動域に関係すると思われる紅炎が噴いている。

↓全体(カラー1)↓5/16,9h1m

↓全体(擬似カラー)↓

↓東側(カラー1)↓

↓西側(カラー1)↓

↓東側(擬似カラー)↓

↓西側(擬似カラー)↓

追記へ続く↓

Continue reading "5/16太陽Hα像"

| | Comments (0)

5/15月齢10.5

昨晩5/15雲越しに撮影した月(月齢10.5全体像)↓

以下、合成に使った月画像↓北側↓

↓南側↓

雲通過の影響(南北両者の輝度の違い?鮮鋭度の違い?)で継ぎ目が出てしまった。加えて、どちらかというと南側にクレーターの凸凹が多いことも影響したように思う。
【データ】月齢10.5/2019年5月15日20時8分(1/50sec,25-32%)/LumixG7(ISO800,4K,MP4,30fps,20秒間)/スコープテック80mm,F15アクロマート屈折(fl=1200mm)/GPD赤道儀SynScan改@自宅前
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
<龍吉>!(^^)!雲が通過する中で強行したがやはり影響が出てしまった(^_-)-☆
<はな>=^_^=特に北側のショットが雲の影響を受けているニャー≡^・.・^≡
<ソラ>U.゚ω゚U雲通過の影響って想像以上だワン▽・。・▽


HomePage(Nifty)(NSK)星空雑記簿交叉足跡はなの隠れ家すたーりぃないとハナのWeb天文台

| | Comments (0)

05/15/2019

5/15太陽Hα像

本日5/15,10時過ぎの太陽Hα像※いずれも画像をクリックすると別窓拡大表示します※2740黒点は西縁にほぼ達したようだが、位置がよく分からない。2741黒点も西側へ回り始めて幾分小さくなってきた感じ。周縁では西縁2時方向に刷毛のような横に広がった紅炎が噴いているのが目に付いた。

↓全体(カラー1)↓5/15,10h13m

↓全体(擬似カラー)↓

↓東側(カラー1)↓

↓西側(カラー1)↓

↓東側(擬似カラー)↓

↓西側(擬似カラー)↓

追記へ続きます↓

Continue reading "5/15太陽Hα像"

| | Comments (0)

5/3未明M57リング星雲

連休最中の5/3未明に撮ったこと座のM57リング星雲↓

あまりに小さいので↓中央部等倍トリミング↓

此方の方が令和初の星雲観察?らしい(笑)/オートガイダー絶不調により、(これも令和初の)短時間露光×多数枚&放置追尾とした。(汗)
【データ】M57/2019年5月3日0時51分〜(10秒121枚)/ASI1600MCC(-15℃,Gain350,Gamma50,SER-TIF)/BKP300+コマコレ(fl=1500mm)/EQ8赤道儀ステラショット制御、放置追尾@自宅星見台HANA


↓3年前4月に遊星用CMOSカメラで撮影したM57※逆像表示※↓

【データ】M57リング星雲by224MC/2016年4月18日3時20分〜(8秒×90枚)/ASI224MC/C11直焦点/EM-200赤道儀放置追尾@自宅星見台HANA
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
<龍吉>!(^^)!惑星状とか小さな星雲には遊星用カメラがいいかも(^_-)-☆
<はな>=^_^=対象が明るければ応用できるニャー≡^・.・^≡
<ソラ>U.゚ω゚U確かにリング状になっているワン▽・。・▽

HomePage(Nifty)(NSK)星空雑記簿交叉足跡はなの隠れ家すたーりぃないとハナのWeb天文台

| | Comments (0)

05/14/2019

5/3未明M27亜鈴星雲

連休最中の5/3未明に撮ったM27亜鈴星雲↓

↓中央部等倍トリミング↓

ひょっとしたら、令和初の星雲観察かも?(笑)/オートガイダー絶不調で止む無く短時間露光×多数枚&放置追尾とした。(-_-;)
【データ】M27/2019年5月3日1時18分〜(15秒89枚)/ASI1600MCC(-15℃,Gain350,Gamma50,SER-TIF)/BKP300+コマコレ(fl=1500mm)/EQ8赤道儀ステラショット制御、放置追尾@自宅星見台HANA


↓昨年6月に撮影したM27↓

【データ】M27/2018年6月22日2時12分〜(90秒14枚)/EOSkissX7(ISO1600,RAW)/BKP200+コマコレ(fl=800mm)/ADVX赤道儀ステラショット制御&MGENガイド@自宅前
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
<龍吉>!(^^)!BKP300は集光力で勝るが鏡筒に風が当たるとふらつくのが欠点(^_-)-☆
<はな>=^_^=鏡筒が太くてまともに風を受けるからニャー≡^・.・^≡
<ソラ>U.゚ω゚U風除けを設けたら緩和できるかも知れないワン▽・。・▽

HomePage(Nifty)(NSK)星空雑記簿交叉足跡はなの隠れ家すたーりぃないとハナのWeb天文台

| | Comments (0)

5/13太陽Hα像

5/13昼の太陽Hα像※いずれも画像をクリックすると別窓拡大表示します※後発の2741黒点が太陽中央(正面)=一番大きく見える位置に達したが、思ったほど大きくない感じがした。2740黒点は西へ移動し辛うじて位置が分かる程度となった。周縁の紅炎では小規模ながらも東縁8時方向や西縁2時半方向に比較的目立つ噴出がある。

↓全体(カラー1)↓5/13,13h3m

↓全体(擬似カラー)↓

↓東側(カラー1)↓

↓西側(カラー1)↓

↓東側(擬似カラー)↓

↓西側(擬似カラー)↓

追記へ続きます

Continue reading "5/13太陽Hα像"

| | Comments (0)

05/13/2019

5/10月齢5.5

5/10晩、月齢5.5の月※いずれも画像をクリックすると別窓拡大表示します※
前晩に南北2ショットで1枚にしようとしたら、南端部がケラレてしまった。なので用心して南北はなるべく上下を空けて中央付近を加え3枚で合成した。ただ、5/11月齢6.5(掲載済)のように慎重に余白と重ね合わせ部分を見極めれば2枚でも合成可能。
↓全体(3枚合成)↓


以下、ICE合成に使用した月面3枚
↓月面北側↓

↓月面中央部↓

↓月面南部↓

【データ】月齢5.5/2019年5月10日20時1-2分(1/100sec,75%)/LumixG7(ISO800,4K,MP4,30fps,20秒3ショット)/スコープテック8cm,F15アクロマート屈折(fl=1200mm)/GPD赤道儀SynScan改@自宅前
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
<龍吉>!(^^)!2枚分割で収まるはず、とは思っていても、、(^_-)-☆
<はな>=^_^=合成してくれるのはPCなので融通利かないニャリ≡^・.・^≡
<ソラ>U.゚ω゚U使う側が機械(PC)に忖度するとは、、(笑)▽・。・▽

HomePage(Nifty)(NSK)星空雑記簿交叉足跡はなの隠れ家すたーりぃないとハナのWeb天文台

| | Comments (0)

05/12/2019

5/12太陽Hα像

本日5/12昼の太陽Hα像※いずれも画像をクリックすると別窓拡大表示します※昨日と大差ない感じ。不可解な横方向の明度ムラは出なかった。(ホッ)/後発の2741黒点がほぼ中央(正面)に達し、一番大きく見える位置に居る。周縁の紅炎はやや小規模ながらも東西あちこち噴いていて賑やかに感じる。

↓全体(カラー1)↓5/12,12h32m

↓全体(擬似カラー)↓

↓東側(カラー1)↓

↓西側(カラー1)↓

↓東側(擬似カラー)↓

↓西側(擬似カラー)↓

追記へ続く

Continue reading "5/12太陽Hα像"

| | Comments (0)

5/11月齢6.5

此処のところ太陽Hα画像ばかり続き、他天体は観てないのか?と飽きられてしまいそうだ。m(_ _)m
で、連投↓今宵の月(月齢6.5)↓(口径8cm,F15アクロマート屈折鏡で撮影)

中口径以上の望遠鏡に遊星用CMOSカメラを使った本格的撮影に比べるべくもないが、簡便な機材と横着な方法故に稼働率は高い。(笑)/それでいて同じデジ一眼による1枚撮りor複数枚コンポジット画像よりも解像感はある。(自画自賛)
↓ICE合成に使用した1/2枚(月面北側)↓

↓同2/2(月面南側)↓

【データ】月齢6.5(全体)/2019年5月11日19時57分(1/200sec,65-78%)/LumixG7(ISO800,4K,MP4,30fps,20秒×2ショット)/スコープテック8cm,F15アクロマート屈折(fl=1200mm)/GPD赤道儀SynScan改@自宅前


HomePage(Nifty)(NSK)星空雑記簿交叉足跡はなの隠れ家すたーりぃないとハナのWeb天文台

| | Comments (0)

05/11/2019

5/11太陽Hα像

本日5/11昼の太陽Hα像※いずれも画像をクリックすると別窓拡大表示します※何故か画像横方向に明度ムラが生じている。2740黒点は衰え小さくなったが消滅はしていない。明るく光る部分を伴う2741黒点は健在だが、若干衰えたような気もする。周縁の紅炎は、東方向に見えていたのが小さく見えなくなり、西縁には淡いながらも比較的目立つのが噴いていた。

↓全体(カラー1)↓5/11,12h27m

↓全体(擬似カラー)↓

↓東側(カラー1)↓

↓西側(カラー1)↓

↓東側(擬似カラー)↓

↓西側(擬似カラー)↓

↓追記へ続きます↓

Continue reading "5/11太陽Hα像"

| | Comments (0)

05/10/2019

5/10太陽Hα像

本日5/10,10時の太陽Hα像※いずれも画像をクリックすると別窓拡大表示します※2740黒点は中央付近まで到達したが、衰えて小さくなり辛うじて見える程度。うっかりすると見逃すくらいだ。これに対し、後発の2741黒点はすぐに気づく大きさがあり周囲に外輪山の如く明るい部分を伴っている。/周縁部の紅炎は昨日より少し衰えた?印象があり、東縁10時半方向の紅炎も淡くなった気がした。

↓全体(カラー1)↓5/9,9h2m

↓全体(擬似カラー)↓

↓東側(カラー1)↓

↓西側(カラー1)↓

↓東側(擬似カラー)↓

↓西側(擬似カラー)↓

追記へ続きます

Continue reading "5/10太陽Hα像"

| | Comments (0)

05/09/2019

5/9太陽Hα像

本日5/9,9時の太陽Hα像※いずれも画像をクリックすると別窓拡大表示します※2740黒点は中央付近へ進出したが、見かけの大きさは後発の2741黒点に負けている。2741黒点は東側に防波堤のような明るい部分を伴っている。NICT情報によれば14時41分、C4.6以上のフレア発生とのこと。観察して5時間余り後のことで見逃した。/周縁部の紅炎は昨日とあまり変わらないが東縁10時半方向に比較的目立つ紅炎がある。裏側にそれなりに大きい活動域があるように感じられ、期待している。西縁2時半方向にも淡い噴出が現れている。

↓全体(カラー1)↓5/9,9h2m

↓全体(擬似カラー)↓

↓東側(カラー1)↓

↓西側(カラー1)↓

↓東側(擬似カラー)↓

↓西側(擬似カラー)↓

↓続きます↓

Continue reading "5/9太陽Hα像"

| | Comments (0)

05/08/2019

5/8太陽Hα像

本日5/8,9時過ぎの太陽Hα像※いずれも画像をクリックすると別窓拡大表示します※2740黒点は中央付近へ向け進出中。昨日現れた2741黒点がその後を追うように続いている。未だ周縁部から離れ始めたばかりなのに2740黒点と変わらぬ大きさに見えることから、実際には2741黒点の方が大きいのではないかと思われる。周縁部の紅炎は北東側噴出のいくつかは目視確認できた。西側にもやや淡いが比較的目立つ噴出が見られる。

↓全体(カラー1)↓5/8,9h11m

↓全体(擬似カラー)↓

↓東側(カラー1)↓

↓西側(カラー1)↓

↓東側(擬似カラー)↓

↓西側(擬似カラー)↓

続きます↓

Continue reading "5/8太陽Hα像"

| | Comments (0)

05/07/2019

5/7太陽Hα像

本日5/7,9時の太陽Hα像※いずれも画像をクリックすると別窓拡大表示します※2740黒点に続いて東縁10時方向に2741黒点が現れた。同黒点に伴う活動域が裏側まで続いているようにも見え、小フレア発生する2740黒点と併せて今後しばらく楽しめそうだ。周縁部の紅炎は北東側が比較的目立っているが、他は小さなトゲ状の噴出が見られる程度。4時半方向に紅炎が噴き飛んだ?淡く小さな痕跡が残っているようだ。

↓全体(カラー1)↓5/7,8h52m

↓全体(擬似カラー)↓

↓東側(カラー1)↓

↓西側(カラー1)↓

↓東側(擬似カラー)↓

↓西側(擬似カラー)↓

続きます↓

Continue reading "5/7太陽Hα像"

| | Comments (0)

05/06/2019

4/28晩M97ふくろう星雲

4/28晩に撮影した↓M97ふくろう星雲↓

↓同、等倍トリミング像↓

カラーCMOSカメラを利用しているのに撮影時の設定を間違えたために得られたデータは白黒のまま。何でも時々使っておかないと忘れてしまう、という典型。(-_-;)
【データ】白黒M97/2019年4月28日23時2分〜(90秒37枚)/ASI1600MCC(-15℃,Gain350,Gamma50,SER-TIF)/BKP300反射+コマコレ(fl=1500mm)/EQ8赤道儀ステラショット制御SS-oneガイド@自宅星見台HANA


↓3年前2/19に撮影したもの(GS200RC+富士X-T1)↓

Continue reading "4/28晩M97ふくろう星雲"

| | Comments (0)

05/05/2019

5/5こどもの日の太陽Hα像

本日5/5午後の太陽Hα像※いずれも画像をクリックすると別窓拡大表示します※4日連続の太陽観察。/東縁10時方向に現れた黒点は2740の番号が付いた。周囲に明るい部分(小フレア)が見られる。周縁部の紅炎は、この10時方向の他に、8時半と5時、2時半方向に小規模な噴出が見られる。薄雲越しで透明度やや不良。

↓全体(カラー1)↓5/5,14h10m

↓全体(擬似カラー)↓

↓東側(カラー1)↓

↓西側(カラー1)↓

↓東側(擬似カラー)↓

↓西側(擬似カラー)↓

続きます↓

Continue reading "5/5こどもの日の太陽Hα像"

| | Comments (0)

05/04/2019

5/4太陽Hα像@加賀市

5/4,9時の太陽Hα像※いずれも画像をクリックすると別窓拡大表示します※3日連続の太陽観察。/東縁10時方向にやっと黒点群が現れた。回帰黒点らしいが周囲に明るい部分(小フレア?)を伴っている。周縁部紅炎も、この10時方向の他に前日とほぼ同じ個所に小規模な噴出が見られる。なお、この日はISS国際宇宙ステーションが太陽面前を通過するというので隣県石川県加賀市まで出かけてきた。撮影もうまくいったが、処理段階で元動画から多数枚静止画へ変換する際に失敗し、肝心の元動画を失ってしまった。orz
そのショックで立ち直れず、ブログ更新も遅れた。( ;∀;)


↓全体(カラー1)↓5/4,9h2m

↓全体(擬似カラー)↓

↓東側(カラー1)↓
↓西側(カラー1)↓

↓東側(擬似カラー)↓

↓西側(擬似カラー)↓

↓全体(白黒)↓

↓全体(カラー2)↓

↓東側等倍(白黒)↓

↓西側等倍(白黒)↓

↓東側等倍(カラー2)↓

↓西側等倍(カラー2)↓

続きます↓

Continue reading "5/4太陽Hα像@加賀市"

| | Comments (0)

05/03/2019

5/3太陽Hα像

5/3昼の太陽Hα像※いずれも画像をクリックすると別窓拡大表示します※昨日に続き2日連続の太陽観察。/相変わらず無黒点状態が続いているが、周縁部の紅炎ではいきなり目視確認できるものが東西に噴いており、特に東縁10時方向のものは目立つ大きさは無いものの見応えあるものだった。

↓全体(カラー1)↓5/3,12h37m

↓全体(擬似カラー)↓

↓東側(カラー1)↓

↓西側(カラー1)↓

↓東側(擬似カラー)↓

↓西側(擬似カラー)↓

追記へ続きます↓

Continue reading "5/3太陽Hα像"

| | Comments (0)

05/02/2019

令和元年5月初の太陽Hα像

5/2昼の太陽Hα像※いずれも画像をクリックすると別窓拡大表示します※令和元年5月初の太陽観察となった。/引き続き無黒点状態が続いているようだが、本体北側にダークフィラメントと思しき箇所あり。周縁の紅炎は、北東縁11時方向と西縁3時方向のが比較的大きいようだった。

↓全体(カラー1)↓5/2,12h30m

↓全体(擬似カラー)↓

↓東側(カラー1)↓

↓西側(カラー1)↓

↓東側(擬似カラー)↓

↓西側(擬似カラー)↓

追記へ続きます↓

Continue reading "令和元年5月初の太陽Hα像"

| | Comments (0)

05/01/2019

平成最後の星見>アンタレス付近

平成最後の星見となった4/29晩-30未明に撮影した↓さそり座α星アンタレス付近↓

↓同、その東(左)側↓

↓上2枚をMicrosoftICEで一枚に繋いだもの↓

Continue reading "平成最後の星見>アンタレス付近"

| | Comments (0)

« April 2019 | Main | June 2019 »