04/19/2019

4/16晩、月齢11.1

4/16晩、今冬に送風ファン改造したC11で撮影した↓月齢11.1の月(逆像表示)↓

シーイングは比較的良かったようで月周縁のメラメラはあまり感じなかった。例によって動画20秒ショット横着撮影で済ませた。送風ファンによる効果も加わっていれば有難いのだが。


以下、合成に使った画像↓月面1↓

Continue reading "4/16晩、月齢11.1"

| | Comments (0)

04/18/2019

4/18太陽Hα像4/17

本日4/18,9時前の太陽Hα像※ここのところ太陽Hα記事が続くので、昨日4/17薄雲越しに観察した太陽Hα像は「追記」に載せます※いずれも画像をクリックすると別窓拡大表示します※2738黒点は西縁へ近付き始めた。NICT情報などによればこの2738黒点の東側に新2739黒点っ群(ペア黒点)があるらしいが、小さいのか、判然としなかった。周縁の紅炎では11時方向の噴出が比較的目立っていた。

↓全体(カラー1)↓4/18,8h52m

↓全体(擬似カラー)↓

↓東側(カラー1)↓

↓西側(カラー1)↓

↓東側(擬似カラー)↓

↓西側(擬似カラー)↓

↓全体(白黒)↓

↓全体(カラー2)↓

↓東側等倍(白黒)↓

↓西側等倍(白黒)↓

↓東側等倍(カラー2)

↓西側等倍(カラー2)↓

↓Registax画面:北側↓

↓Registax画面:西側↓

↓出先で観察↓

↓同2↓

【データ】4/18太陽Hα像/2019年4月18日8時52分(1/40sec,48%)/LumixG7(ISO800,4K,MP4,30fps,18秒間)/LUNT60THa+1.4テレコン(fl=700mm)/卓上小型フォーク赤道儀@小矢部市新西
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
<龍吉>!(^^)!予想に反して、一昨日とほぼ同様の快晴天となった。(^_-)-☆
<はな>=^_^=ニュースによれば今年一番の暖かい日だったそうニャリ≡^・.・^≡
<ソラ>U.゚ω゚U今日位の暖かさなら画面できるけど暑いのは苦手だワン▽・。・▽

Continue reading "4/18太陽Hα像4/17"

| | Comments (0)

04/17/2019

4/16太陽Hα像

4/16の太陽Hα像※いずれも画像をクリックすると別窓拡大表示します※朝から快晴天が晩まで続いた。2738黒点はさらに西側へ回り見かけ上は小さくなってきたが、実際は然程衰退してないように思う。本体中央上のダークフィラメント影も健在だ。周縁の紅炎は目立つものは無いが周縁あちこちに点在している。


↓全体(カラー1)↓4/16,8h53m

↓全体(擬似カラー)↓

↓東側(カラー1)↓

↓西側(カラー1)↓

↓東側(擬似カラー)↓

↓西側(擬似カラー)↓

↓全体(白黒)↓

↓全体(カラー2)↓

↓東側(白黒)↓

↓西側(白黒)↓

↓東側(カラー2)↓
↓西側(カラー2)↓

【データ】4/16太陽Hα/2019年4月16日8時53分(1/40sec,50%)/LumixG7(ISO800,4K,MP4,30fps,6秒間)/LUNT60THa+1.4テレコン(fl=700mm)/卓上小型フォーク赤道儀@小矢部市新西

Continue reading "4/16太陽Hα像"

| | Comments (0)

04/16/2019

4/15晩、月齢10.2

昨晩4/15,超久しぶりにBKP300を使用して撮影した↓月齢10.2の月(逆像表示)↓

シーイングは並。月周縁を見るとメラメラしていたが拡大ではなく直焦点で留めることで誤魔化した。風で鏡筒が揺すられる恐れがあり20秒3ショット横着撮影で済ませた。それでも1ショット30fps,600コマ効果で1枚撮りより遥かにマシ?。


以下、合成に使った画像↓月面南部↓

↓同、月面中央部↓

↓同、月面北部↓

【データ】4/15,月齢10.2/2019年4月15日22時40分〜(1/400sec,50%×3ショット合成)/LumixG7(ISO200,4K,MP4,30fps,20秒間)/BKP300(fl1500mm)/EQ8@自宅星見台HANA
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
<龍吉>!(^^)!月面横着撮りで誤魔化したが、BKP300は風に弱い!orz
<はな>=^_^=は寒さに超弱いニャー≡^・.・^≡
<ソラ>U.゚ω゚U風や寒さには無問題だワン▽・。・▽

HomePage(Nifty)(NSK)星空雑記簿交叉足跡はなの隠れ家すたーりぃないとハナのWeb天文台

| | Comments (0)

04/15/2019

4/15太陽Hα像

4/15の太陽Hα像※いずれも画像をクリックすると別窓拡大表示します※新黒点2738は西側へ回っているが活動域はそこそこ面積がある。本体中央上にダークフィラメント髭の影がある。周縁の紅炎は東縁8時半と西縁3時方向に比較的明るい噴出がある。5時と11時方向にも小さいトゲ状噴出がある。

↓全体(カラー1)↓4/15,9h21m

↓全体(擬似カラー)↓

↓東側(カラー1)↓

↓西側(カラー1)↓

↓東側(擬似カラー)↓

↓西側(擬似カラー)↓

↓全体(白黒)↓

↓全体(カラー2)↓

↓東側(白黒)↓

↓西側(白黒)↓

↓東側(カラー2)

↓西側(カラー2)↓

【データ】4/15太陽Hα/2019年4月15日9時21分(1/40sec,37%)/LumixG7(ISO800,4K,MP4,30fps,6秒間)/LUNT60THa+1.4テレコン(fl=700mm)/卓上小型フォーク赤道儀@市内中ノ江地区

Continue reading "4/15太陽Hα像"

| | Comments (0)

04/14/2019

4/13太陽Hα像

4/13の太陽Hα像※いずれも画像をクリックすると別窓拡大表示します※新黒点2738はほぼ太陽の正面に達し、大きく見えている。周縁の紅炎はいずれも小さい。4時半方向にごく淡い噴出があるようにも思える。

↓全体(カラー1)↓4/13,10h51m

↓全体(擬似カラー)↓

↓東側(カラー1)↓

↓西側(カラー1)↓

↓東側(擬似カラー)↓

↓西側(擬似カラー)↓

↓全体(白黒)↓

↓全体(カラー2)↓

↓東側(白黒)↓

↓西側(白黒)↓

↓東側(カラー2)

↓西側(カラー2)↓

【データ】4/13太陽Hα/2019年4月13日10時51分(1/40sec,58%)/LumixG7(ISO800,4K,MP4,30fps,18秒間)/LUNT60THa+1.4テレコン(fl=700mm)/卓上小型フォーク赤道儀@市内田屋地区

Continue reading "4/13太陽Hα像"

| | Comments (0)

04/13/2019

4/12太陽Hα像

4/12の太陽Hα像※いずれも画像をクリックすると別窓拡大表示します※3日ぶりの太陽Hα観察※新黒点2738は中央付近へ進出。見かけ上は大きく見えているが、黒点自体はさほど発達していないように思われる。周縁の紅炎はいずれも小さいものばかりで、前回大きく見えた西縁の紅炎は裏側へ回ったようだ。


↓全体(カラー1)↓4/12,11h41m

↓全体(擬似カラー)↓

↓東側(カラー1)↓

↓西側(カラー1)↓

↓東側(擬似カラー)↓

↓西側(擬似カラー)↓

↓全体(白黒)↓

↓全体(カラー2)↓

↓東側(白黒)↓

↓西側(白黒)↓

↓東側(カラー2)
↓西側(カラー2)↓
【データ】4/12太陽Hα像/2019年4月12日11時41分(1/40sec,70%)/LumixG7(ISO800,4K,MP4,30fps,18秒間)/LUNT60THa+1.4テレコン(fl=700mm)/卓上小型フォーク赤道儀@自宅横

Continue reading "4/12太陽Hα像"

| | Comments (0)

04/09/2019

4/8太陽Hα像(新黒点2738)

4/8の太陽Hα像※いずれも画像をクリックすると別窓拡大表示します※7日は欠測。/新黒点2738が東に姿を現していた。未だ東縁から出たところだが大きく、あっさり目視確認できた。可視不能となった2737黒点は西縁へ近付き活動領域が分かる程度。周縁の紅炎は西縁2時半方向のものが明るく面白い形状を見せていた。これも目視確認できた。

↓全体(カラー1)↓4/8,12h46m

↓全体(擬似カラー)↓

↓東側(カラー1)↓

↓西側(カラー1)↓

↓東側(擬似カラー)↓

↓西側(擬似カラー)↓

↓全体(白黒)↓

↓全体(カラー2)↓

↓東側(白黒)↓

↓西側(白黒)↓

↓東側(カラー2)

↓西側(カラー2)↓

【データ】4/8太陽Hα像/2019年4月8日12時46分(1/40sec,40%)/LumixG7(ISO800,4K,MP4,30fps,18秒間)/LUNT60THa+1.4テレコン(fl=700mm)/卓上小型フォーク赤道儀@自宅前

Continue reading "4/8太陽Hα像(新黒点2738)"

| | Comments (0)

04/08/2019

4/5南天の夏空銀河(Sequator試行)

平成最後の4月もあと3週間余り。4/5明け方、既に夏の銀河(天の川)が東天に姿を現し、夏の代表星座「さそり座」が早々と南中過ぎようしていた。↓さそり座、いて座↓
↓30秒1枚撮り画像↓30秒露光だと(超広角レンズなので)星は殆ど流れない。(※原板では少し流れている)

↓30秒10枚から作成した通常の「流し撮り」画像(日周運動で星が流れて写る)↓

カメラを三脚固定して撮影すると、(地上景色は動かないが)星空は30秒×10枚≒5分間の間に日周運動で移動するため西方向(=画面左→右)へ流れて写る。そこで、星空も地上景色と同様に動かさずに留める処理手法が編み出され、近年「星景写真」として広く知られるようになった。当初はフォトショップ等を使って(撮影時もさることながら)高度な処理技法が用いられてきた。「Sequator」はごく最近(昨年)登場したもので、従来の高度な処理テクニックを必要とせず簡単に星が動かない写真を作成できる画像合成ツール。詳しくは「Sequator」で検索してほしい。
↓30秒露光15枚(約8分間)を「Sequator」を使って星も流れないように留めた画像↓

↓30秒34枚から作成した画像↓

Continue reading "4/5南天の夏空銀河(Sequator試行)"

| | Comments (0)

04/07/2019

4/6太陽Hα像

4/6の太陽Hα像※いずれも画像をクリックすると別窓拡大表示します※5日連続の太陽Hα観察。相変わらず少し白く霞んだ空だが晴れには変わりない。/2737黒点は可視不能となった=見えなくなったらしいが活動領域だけは分かる。周縁の紅炎は東西方向と南縁に噴いているのが分かるがさほど大きくは無い。

↓全体(カラー1)↓4/5,14h19m

↓全体(擬似カラー)↓

↓東側(カラー1)↓

↓西側(カラー1)↓

↓東側(擬似カラー)↓

↓西側(擬似カラー)↓

↓全体(白黒)↓

↓全体(カラー2)↓

↓東側(白黒)↓

↓西側(白黒)↓

↓東側(カラー2)

↓西側(カラー2)↓

【データ】4/6太陽Hα像/2019年4月6日8時51分(1/40sec,46%)/LumixG7(ISO800,4K,MP4,30fps,18秒間)/LUNT60THa+1.4テレコン(fl=700mm)/卓上小型フォーク赤道儀@市内立野原西

Continue reading "4/6太陽Hα像"

| | Comments (0)

より以前の記事一覧