05/25/2017

5/23晩、衛星イオ潜入

↓5/23晩の木星。ちょうど衛星イオが木星の裏側へ回り込んで見えなくなる(潜入)ところを捉えた※↓

【1】UT1254接近中のイオ(左下)

【2】UT1304木星裏側へ回り始めたイオ(左下)

【3】UT1306木星裏側に隠れる寸前(左下)

【4】UT1307完全に隠れてしまった。

【5】UT1309同上

【6】UT1313同上

※木星画像は望遠鏡視界と同じ「逆像」表示です※
相変わらずシャープさに欠ける木星画像ですが、衛星イオが木星裏側へ隠れるところを捉えた記録ということで、どうかお目こぼしを。m(_ _)m
※イオはガリレオ衛星の中では一番木星本体に近い軌道を回っているので、木星への潜入(や出現)はそれほど珍しい現象ではない。
【データ】FireCapture v2.5 Settings
Telescope=C9.25,x3Barlow,NJP eq.mount/Camera=ZWO ASI224MC
Filter=RGB/Profile=Jupiter/Diameter=41.57"/Magnitude=-2.30
CMI=89.8° CMII=200.1° CMIII=331.4°(during mid of capture)
FocalLength=5800mm/Resolution=0.13"/Filename=2017-05-23-1306_3-RGB.ser
Date=170523/Start(UT)=130542.005/Mid(UT)=130622.009/End(UT)=130702.013
Duration=80.008s/Framescaptured=2878/Filetype=SER/Binning=no
ROI=464x400/ROI(Offset)=584x312/FPS(avg.)=35/Shutter=19.64ms/Gain=320(53%)
Gamma=50/USBTraffic=82/WRed=52/WBlue=95/Noise(avg.deviation)=n/a
Limit=80Seconds/Sensortemperature=29.4℃
================================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)星空雑記簿交叉足跡はなの隠れ家すたーりぃないとハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

05/24/2017

5/20未明、ペリカン

5/20未明に撮影した↓ペリカン星雲(Pelican Nebula IC5067〜5070)↓

薄雲?黄砂?PM2.5?orこれらの複合か?透明度不良で、天頂付近が少しマシな星空だった。#すぐ左隣の北アメリカ星雲と一緒に並べて写せばよいものを、、(苦笑)
【データ】ペリカン星雲/2017年5月20日1時4分〜(60秒30枚)/EOSkissX7改(ISO3200,RAW)/BORG100ED,F4屈折(fl=400mm)/LX200赤道儀(STV自動ガイド)@自宅星見台HANA↓

Continue reading "5/20未明、ペリカン"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

05/23/2017

5/23未明71P/クラーク彗星

昨晩5/22も雲とPM2.5?の影響で透明度悪かったが21日晩ほど酷くはなかった。南低空のさそり座アンタレス付近に表記の周期彗星71P(クラーク彗星)が居るということで、口径10cm,F4屈折で検出を試みた。↓71P/クラーク彗星↓

※いずれも画面上が北方向※
この辺りは、写真に撮るとアンタレス周辺の散光星雲や暗黒星雲がカラフルに写ることで知られている。71Pがその暗黒帯から逃れて南の糠星密集地帯へ出たところで、糠星と紛らわしく見つけにくい。まだ暗黒帯を通過中の時の方がパッと見つけやすかったのではないかと思う。
↓X2Drizzle画像

↓同、等倍トリミング

現在11等台らしい?が、周囲の糠星と区別し難いながらも写野中央に確認は出来た。ひとえにステラショットによる自動導入と導入補正機能のおかげだと思う。透明度の良い状況下、大口径で明るい光学系で撮られた画像では画面2時方向へ尾があるのが確認できる。機会あればC9.25などで狙ってみたい。
【データ】71P/クラーク彗星/2017年5月22日15時54分(UT)〜(60秒23枚)/EOSkissX7(ISO3200,RAW)/BORG100ED,F4屈折(fl~400mm)/LX200赤道儀(STV自動ガイド)@自宅星見台HANA
================================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)星空雑記簿交叉足跡はなの隠れ家すたーりぃないとハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

05/22/2017

5/22未明SN2017eaw in NGC6946

昨晩は薄雲とPM2.5?の影響で透明度が非常に悪かった。少しまともに星が見えるのは天頂付近ぐらいなものだった。条件良くないが↓NGC6946(超新星SN2017eaw)を狙ってみた。↓by C9.25

※いずれも画面上が北方向※
↓by BORG100ED

↓同、等倍トリミング

悪条件にも関わらずあっさりSN2017eawが写った。12等級ということなので、条件さえ整えばカメラ望遠レンズでの撮影も可能と思われる。
【データ上】NGC6946/2017年5月22日1時9分〜(2分18枚)/ASI1600MCC(-15℃,Gain15/25,Gamma7/10,TIF)/C9.25(fl=1763mm)/NJP赤道儀(PHD2)
【データ中下】2017年5月22日1時18分〜(1分30枚)/EOSkissX7(ISO3200,RAW)/BORG100ED,F4屈折(fl=400mm)/LX200赤道儀(STV)@自宅星見台HANA
================================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)星空雑記簿交叉足跡はなの隠れ家すたーりぃないとハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

05/21/2017

5/20木星@黒部

昨夜は黒部市吉田科学館の定例観察会(天文教室)があった。その会場で撮影した木星画像↓5/20晩の木星@黒部↓

【1】UT1112

【2】UT1137

【3】UT1153

【4】UT1154

【5】UT1200(=JST21h00m)

【6】UT1201

【7】UT1208

【8】撮像中のFireCapture画面

【9】16bitSER動画をスタック中のAS!3画面

【10】AS!3から引き継いで初期処理中のRegistax画面

※木星画像は望遠鏡視界と同じ「逆像」表示です※
移動しての観察ということで久しぶりにMead178MC(7吋マクフトスカセグレン望遠鏡)で撮影した。口径小さい方が上空大気状態の影響を受けにくいことを改めて実感した。気流状態は並み(普通)だったがそれなりに細部まで表出してきた。ただ、初期処理画面では微細に見えていたのに出来上がりはイマイチ、イマニ。木星自転補正(デロテーション)へかける以前の課題が残っていそうだ。
【共通データ】2017年5月20日20時12分〜21時08分頃/Mead178MC,X2Barlow/ZWO ASI224MC(Gain300,Gamma50,18ms)80秒、約4000コマ中25%〜50%を抽出/ADVX赤道儀@黒部市吉田科学館前広場
================================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)星空雑記簿交叉足跡はなの隠れ家すたーりぃないとハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

05/20/2017

C/2015V2 Johnson彗星イオンテール

5/18深夜のC/2017V2 Johnson彗星 by C9.25(1763mm)↓※画像はいずれも上が北方向※

よく見ると淡いながらも本体から真下6時方向(南)へイオンの尾がスーッと伸びているのが分かる。長くはないが2時方向に伸びたダストの尾も徐々に太くなり存在感が増してきた。
↓同 by BORG100ED(400mm)↓

(拙い処理術のため)中焦点ではイオンの尾がはっきりしない。
【データ(上)】C/2015V2 Johnson彗星/2017年5月18日23時07分〜(60秒30枚)/ASI1600MCC(-20℃,Gain300,Gamma80,FIT)/C9.25(fl=1763mm)/NJP赤道儀(PHD2)@自宅星見台HANA
【データ(下)】C/2015V2 Johnson彗星/2017年5月18日23時35分〜(60秒30枚)/EOSkissX'(ISO3200,RAW)/BORG100ED,F4屈折(fl=400mm)/LX200赤道儀(STV)@自宅星見台HANA
================================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)星空雑記簿交叉足跡はなの隠れ家すたーりぃないとハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

05/19/2017

5/19未明SN2017eaw in NGC6946

本日未明、渦中のNGC6946を捉えた↓SN2017eaw in NGC6946↓※画像はいずれも上が北方向※

↓昨年11/7にC11(fl=2100mm)で撮影したNGC6996↓

※赤丸枠付近が超新星位置※

Continue reading "5/19未明SN2017eaw in NGC6946"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

05/18/2017

5/18未明41P(NexGuide復活)

本日5/18未明の↓41P/タットル・ジャコビニ・クレサック彗星↓

(長辺方向トリミング、画面上が北方向)全体としては50分近く同彗星を1分連写を続けたが、途中、雲通過のため10枚(10分)余りが没になり、背景の星像が途切れた。
昨夜は前半雲が多く木星撮影は断念した。ここのところ天候に阻まれ続け星見できてなかったので諦めきれず、深夜になって雲の切れ間が少し空き出したのを見計らって同彗星を狙った。41Pは徐々に淡く暗くなっているようで本体部分も拡散状。
【データ】41P/2017年5月18日0時13分〜(60秒34枚)/EOSkissX7(ISO3200,RAW)/WO-Star71(fl=350mm)/EM10赤道儀改(NexGuide)@自宅前↓

Continue reading "5/18未明41P(NexGuide復活)"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

05/17/2017

再々処理>3/12木星

相変わらず不調の木星ですが、上空気流は2か月前の3/12未明が一番条件良かったようだ。/ということで懲りずに再々挑戦してみた。(※同一時間の画像が含まれていますが処理方法を変えている)↓3/12未明の木星↓

【1】UT1542
【2】UT1635

【3】UT1635-2

【4】UT1635-3

【5】UT1638

【6】UT1638-2

【7】UT1639

【8】UT1639-2

【9】UT1641

【10】UT1641-2

好条件だったにも関わらず×2Barlowを使用していて拡大率が低いようだ。言い訳として、気流状態思わしくない日が続いていて、強拡大する気になれなかった、そこまで思いが至らなかった、ということにしておこう。
【共通データ】2017年3月12日0時42分〜1時41分頃/C9.25SCT,X2Barlow/ZWO ASI224MC(Gain225-285,Gamma50,17.5ms)90秒、約6000コマ中25%〜40%を抽出/NJP赤道儀@自宅星見台HANA
================================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)星空雑記簿交叉足跡はなの隠れ家すたーりぃないとハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

05/16/2017

4/30未明NGC6992網状星雲

4/30未明に撮影した↓NGC6992網状星雲↓(長辺方向トリミング)

ステラショット導入だと6992中心部に合わせるためか、このfl長だと下側(南側)が一部ケラレてしまうようだ。>鏡筒方向を少し南へ振ってシフトさせるか、縦構図に変更する必要がある。
【データ】NGC6992(網状星雲)/2017年4月30日2時35分〜(45秒35枚)/EOSkissX7改(ISO3200,RAW)/BORG100ED,F4(fl=400mm)屈折/LX200赤道儀改、放置追尾@自宅星見台HANA
なお、網状星雲の東部分(下画像で右部分)だけなので、中央や西側も含めた網状星雲全体(下画像)を得るには分割撮影で合成するか、やや短焦点&フォーマット広い光学系で撮影する必要がある。
----------3年前9/22撮影の↓網状星雲(全体)↓----------

【データ】2014年9月22日22時54分〜(2分露光×21枚DSSスタック)/FS60C+0.85RC(fl約300mm)直焦点/富士X-T1(ISO3200,RAW→TIF)/ペンタックス75赤道儀ノータッチ@自宅
----------↓ちょうど1年前の今日5/16早朝に撮影した網状星雲↓----------

【データ】網状星雲NGC6992/2016年5月16日2時57分〜(60秒×12枚スタック)/EOSkissX7改(ISO3200,RAW)/PENTAX105EDHF+0.77RC(fl=540mm)直焦点/LX200赤道儀+5cmファインダー(QHY5LII)@自宅星見台HANA
================================================================================================================
HomePage(Nifty)(NSK)星空雑記簿交叉足跡はなの隠れ家すたーりぃないとハナのWeb天文台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧