12/03/2022

12/3太陽Hα&可視光像

12/3,11時前の太陽Hα&可視光像※11/29,30,12/1.2は天候不良等で欠測※各画像をクリックすると別窓に等倍像を表示します※体調不良?もあり4日間ブランク空いてしまった。/可視光黒点は3153,3154,3155,3156群と無番号新黒点2つで計6群。殆どは東側に展開しており、3153群がひときわ目立っていた。ダークフィラメントは、南東及び北東中緯度帯付近などに点在。周縁の紅炎はやや低調な中、西南西縁の大きく広がった噴出が目についた。
↓全体像(カラー1)10h54m↓

↓可視光全体像(白黒)10h58m↓

↓全体像(白黒)↓

↓全体像(カラー2)↓

» Continue reading

| | Comments (0)

11/29/2022

話題の29/P>ボケボケ

昨夜は曇り予想が外れて晴れ間あり。>(平日なのに夜更かしして)火星狙うも気流最悪でアウト。>晴れ間から透明度ある星空がスッキリ見える。=DeepSkyObjectへ方針変更。>で、バースト?とかで話題の29P/Schwassmann-Wachmann1(2019)を狙った。現在、ふたご座α星=兄カストルの膝辺りに居る。
↓【1】中央の光芒が29P/Schwassmann-Wachmann1(2019)↓カラー

これをSKY-MAP.ORG(http://www.wikisky.org/)から同じ写野付近を探し出し、近くの似た明るさの恒星に等級を入れて比べようとしたもの。↓
↓【2】同上やや白黒、文字入り↓

↓【1】画像の中央、彗星付近を等倍トリミングしたもの↓

» Continue reading

| | Comments (0)

11/28/2022

11/28太陽Hα&可視光像

11/28,正午の太陽Hα&可視光像※各画像をクリックすると別窓に等倍像を表示します※10時頃より晴れ間が広がったもののシーイング不良でカメラのビューファインダーでも太陽輪郭のメラメラが分かるほど。orz/可視光黒点は3147,3149,3151,3152群で3147群は南西縁に辛うじて残っており明日には裏へ隠れそう。ダークフィラメントは、中央やや西の影が濃く一番目立っていた。周縁の紅炎は前回同様やや低調で、南東縁のものが山脈状に広がり目につく程度で、他には北東縁、南西縁に噴出あるも小さめ。
↓全体像(カラー1)11h57m↓

↓可視光全体像(白黒)12h0m↓

↓全体像(白黒)↓

↓全体像(カラー2)↓

» Continue reading

| | Comments (0)

«11/27太陽Hα&可視光像