11/27/2020

11/27太陽Hα&可視光像

11/27午前の太陽Hα可視光像※11/26は天候不良で欠測※各画像をクリックすると等倍画像を別窓表示※2785黒点と2786黒点は正面へ回り始め、見かけ上さらに大きく感じるようになっていた。中でも2786はかなり大きく感じた。/周縁の紅炎は、昨日より大人しくなったものの、いずれの方向にも噴出が上がっていた。
↓Hα全体像(カラー1)↓9h52m

↓全体像(可視光)↓11h10m

※始めHα像を2ショット撮ったところで雲に阻まれ、待っても雲が次々に現れるため(@中ノ江)、約1時間後、止む無く観察場所を才川七へ変更した。ただ、シーイングは中ノ江の方が良かった。そのためHα像と可視光像では観察時刻と場所にズレが生じた。
↓Hα全体像(白黒)↓

↓同(カラー2)↓

» Continue reading

| | Comments (0)

11/26/2020

連続太陽観察と黄雲火星騒動の陰で2つ

思わぬ連続太陽観察記録と火星大砂嵐発生に追われて投稿保留となっていた画像2つ。
【1】野口宇宙飛行士搭乗中のISS国際宇宙ステーションの上空通過↓魚眼全天画像↓

↓同、通過中の7コマを無理矢理毎秒1コマ動画にしたもの↓

通過直前まで全天ほぼ雲に覆われており、拡大撮影用の望遠鏡を出す気になれず魚眼レンズによる通過経路撮影しかできなかった。皮肉なことに通過後ほぼ雲が切れた。せめて10分早く回復していれば何とかなったかも知れない。野口飛行士は半年ほどISSに滞在とのこと。リベンジする機会があればいい。(そうそう、111/27に月面通過がある)
【2】11/24朝、C/2020S3エラスムス彗星↓

» Continue reading

| | Comments (0)

11/25/2020

11/25太陽Hα&可視光像

11/25,10時半の太陽Hα可視光像※各画像をクリックすると等倍画像を別窓表示※北東側の2784黒点は消滅しHα像で活動域を残すのみ。南東縁の新2785黒点と2786黒点が目立ち、特に2786黒点は大きさがある。可視光像では半暗部が複雑に取り囲んでいる様子がうかがえる。/周縁の紅炎では南東縁の噴出が広く目立っており、他方向もチラホラ噴出あって賑やかさを戻しつつあるのかなと感じた。
↓Hα全体像(カラー1)↓10h25m

↓全体像(可視光)↓10h30m

↓Hα全体像(白黒)↓
↓同(カラー2)↓

» Continue reading

| | Comments (0)

«11/24太陽Hα&可視光像