02/29/2024

2/29太陽Hα&可視光像

2月29日9時半の太陽Hα&可視光像※各画像をクリックすると別窓に等倍表示します※3日間連続して雲の隙間からの観察。/黒点群は3590,3591,3592,3594,3595,3596、3597群で1群増え7群になったが小さい群で昨日と大差なし。一番目につく3590群はさらに北西隅へ近付いた。ダークフィラメントは南東側の太く濃い影が目についた。周縁の紅炎は、あちこち噴出が賑やかで、中でも南極方向に3、4本比較的高く伸びた噴出が目にとまった。
↓Hα全体像(カラー)↓

↓可視光全体像(黒点)↓

↓Hα全体像(白黒)↓
O2048203115407597541

» Continue reading

| | Comments (0)

02/28/2024

2/28太陽Hα&可視光像

2月28日の太陽Hα&可視光像※各画像をクリックすると別窓に等倍表示します※昨日同様雲間からの観察でHα光は9時半頃に観察できたものの可視光は午後になってしまった。/黒点群は3590,3591,3592,3594,3595,3596群で昨日と変わらず。一番目立つ3590群はさらに西へ近付いたが、そこそこの大きさを保っている。また、3594群辺りが白く明るくなっていてフレア発生か?と思ったほど。ダークフィラメントはその3594群と西ー中央北寄りなどに濃い影を確認。周縁の紅炎は、0時、1時方向や6時半方向に明るい噴出が上がっていた。
↓Hα全体像(カラー)↓

↓可視光全体像(黒点)↓

↓Hα全体像(白黒)↓
O2380238015407199258

» Continue reading

| | Comments (0)

02/27/2024

2/27太陽Hα&可視光像

2月27日14時半の太陽Hα&可視光像※2/19〜2/26は荒天に邪魔され及び短い冬の晴れ間とタイミング合わず欠測>9日ぶりの観察※黒点群は3590,3591,3592,3594,3595,3596群で6群。一番目立つ3590群は西へ近付いたがまだ結構な大きさを保っていた。フレア発生も盛んだったらしいが観察できずに終わりそう。ダークフィラメントはその3590群周囲と中央北寄りに濃い影をいくつか確認。周縁の紅炎で目につく大きな噴出は無いものの、どの方向にも様々な形状の噴出上がっていた。ごくごく淡いながらも南西縁にひょろっとしたのが噴いていた。
↓Hα全体像(カラー)↓

↓可視光全体像(黒点)↓

↓Hα全体像(白黒)↓
O2048204815406799442

» Continue reading

| | Comments (0)

«近況>Atomcamによる流星監視2