04/07/2020

4/6晩ISS国際宇宙ステーション上空通過

4/6晩19時半過ぎ。ISS国際宇宙ステーションが自宅上空を通過した。(最接近時は約480km上空)/当初は主砲30cm反射望遠鏡による迎撃も予定していたが、間に合わず断念。魚眼レンズによる通過の全経過撮影のみとなってしまった。( ;∀;)>もう少し用意周到に準備すべきであった。↓
↓ISS上空通過全過程↓(MEIKE6.5mm,FishEye画像)

満月間近の月齢13の月が東天高くに上り始めていて空が明るく、恒星の写りが良くないが、著名な星座が判別できる。画面上が北方向、左が東方向。(画像を左クリックして等倍像でみると)西にポツンと明るいのが金星でその直ぐ右に「すばる」が写っている。冬の大三角が西に傾いているのが分かる。
↓上の静止画像7枚で無理矢理パラパラ動画に仕立てたもの↓(YouTube)

» Continue reading

| | Comments (0)

04/06/2020

4/6太陽Hα像

4/6,14時過ぎの太陽Hα像※4/5はタイミング合わず欠測※画像をクリックすると別窓に拡大表示※欠測した昨日、新黒点2759は残念ながら消滅したようで無黒点に戻ってしまった。周縁の紅炎では西縁に比較的目立つ噴出あるものの、他方向は小さな噴出があるだけでまたも寂しい状態に戻った気がした。
↓全体(カラー1)↓4/6,14h10m
↓全体(疑似カラー)↓
↓全体(カラー2)↓
↓全体(白黒)↓
↓追記へ続きます↓

» Continue reading

| | Comments (0)

04/05/2020

4/3未明、北空の2彗星

4/2のISS月面通過迎撃後(4/3掲載)、自宅へ戻り撮影データを移し替え。そのまま処理を終わらせたかったが、晴れているのでいったん止めて星見台へ。C/2019Y4彗星が気になっていた。月明かりが西に残る中で撮影開始したのは日付が替わってからだった。↓
↓C/2019Y4アトラス彗星↓(長辺方向若干トリミング)※いずれも画像上が北方向※

↓同、彗星付近等倍トリミング↓

アトラス彗星は日を追うごとに明るく(大きく)写るようになっている印象。
この後、別のものを対象に選んで撮影をした後、午前3時を回ってからC/2017T2パンスターズ彗星を狙った。周極星としてひと晩中見えるので未だ高さがあるうちに撮った方が良いが、ISS迎撃で夜半前は無理。夜半過ぎると彗星が北極星の下の一番低い位置を通過(下方通過)し始める。星見台から北には自宅があるため低い位置は無理。一番低い位置を通過し終わって、、というか、自宅の影から姿を見せ始めるのを待って撮影した。↓
↓C/2017T2パンスターズ彗星↓(長辺方向若干トリミング)

» Continue reading

| | Comments (0)

«4/4太陽Hα&可視光像