« April 2020 | Main | June 2020 »

May 2020の記事

05/31/2020

月齢5.7(と6.7)

新型コロナ禍&自粛規制の5月も最終日となった。↓5/28晩の月齢5.7の月↓
↓月齢5.7(L-RGB)↓

此の画像は白黒モードで撮ったもの(下1)をL画像とし、続けてカラーモードで撮ったもの(下2)をRGBとして、ステライメージでL-RGB合成した。/しかし、カラーモードだけで撮ったものと、画面をパッと見た感じではそんなに差が感じられない。(-_-;)/なので、普段はどちらかのモードのみで撮って済ませている。
↓同、白黒L画像↓

↓同、カラー画像↓

Continue reading "月齢5.7(と6.7)"

| | Comments (0)

05/30/2020

5/30太陽Hα&可視光像

5/30,9時半過ぎの太陽Hα像※画像をクリックすると別窓に拡大表示※北東縁裏側でフレア発生を繰り返していた箇所(可視光破線赤丸部分)が此方側へ姿を現した。ただ、可視光像では白斑部分が確認できるものの黒点は見当たらない。29日にMクラスのフレアがあったということなので着目したい。周縁の紅炎は、この活動域と関わると思われる低い噴出が連なり、少し北に外れた箇所にもループ状噴出。南東側にも噴出がある。対して西側は低調で5時方向以外は目につく噴出が無い。

↓全体(カラー1)↓5/30,9h38m

↓全体(疑似カラー)↓

↓全体(カラー2)↓

↓全体(白黒)↓

↓可視光像(全体)無黒点↓

↓同2(北東側)↓

↓追記へ続きます↓

Continue reading "5/30太陽Hα&可視光像"

| | Comments (0)

05/29/2020

5/29太陽Hα像

5/29,9時過ぎの太陽Hα像※画像をクリックすると別窓に拡大表示※昨日と変わらず本体は無黒点。周縁の紅炎は北東縁や南東縁などに噴出あるが、いずれも小規模。ただ、どちらもあっさり目視確認できたので明るさはあるようだ。北東縁の裏側のフレアは今日も続いているらしい。もうすぐ地球側へ回って来るので北東縁側に注目したい。

↓全体(カラー1)↓5/29,9h8m

↓全体(疑似カラー)↓

↓全体(カラー2)↓

↓全体(白黒)↓

↓追記へ続きます↓

Continue reading "5/29太陽Hα像"

| | Comments (0)

今が目撃好機>宵の水星

5/28晩、というか19時半過ぎ。北西低空の水星↓
↓全景(医王山上空)↓

↓同、文字入り↓

先週末の頃は金星と接近しており見つけやすかったが、日を追うごとに金星から離れてしまい、ある意味で探し辛くなった。しかし金星は内合に向けてどんどん低くなるのに対し、水星は6月初めの東方最大離角に向けて高度を上げ空が暗くなる20時を過ぎても北西天に残るようになり、そういう意味では見つけやすくなった。ふたご座αカストルの右下、ぎょしゃ座αカペラの左におり、20時頃になると空も暗くなるので裸眼でも目視確認できるようになる。水星を未だ見たこと無い方はこの機会にぜひ。>文字入り画像を参考にしてください。いきなり肉眼で探すよりも小型の低倍率双眼鏡で探した方が見つけやすいと思う。
↓水星付近↓

【データ】5/28西天の水星/2020年5月28日19時45分〜/Nikon1V1(ISO400,Pオート、RAW-TIF)/1Nikkor10mm,F2.8絞り開放/三脚固定@自宅前
-----------------------------------------------------
<龍吉>!(^^)!北西低空まで開けている場所で見る。現在、水星が北西まで北上しているため20時過ぎてもチャンスがある(^_-)-☆
<はな>=^_^=運転免許証取得程度の視力あれば肉眼でも見つけられる。20時前後が一番見やすいニャー≡^・.・^≡
<ソラ>U.゚ω゚U20時過ぎて時間が経つほど低空になるのでなるべく早めにキャッチしておきたいワン▽・。・▽


HomePage(Nifty)(NSK)星空雑記簿交叉足跡はなの隠れ家すたーりぃないと

| | Comments (0)

05/28/2020

5/28太陽Hα像

5/28,10時半の太陽Hα像※画像をクリックすると別窓に拡大表示※久しぶりの自宅観察。天候も安定し時間的余裕もあったので気になっていたフィルター角度を弄ってみた。しかし、何かしっくりこない。しばらく試行錯誤しそう。/本体は無黒点だがところどころダークフィラメント影がある。周縁の紅炎は、彼方此方に小規模な噴出が上がっている。宇宙天気ニュースによると未明に北東縁の裏側でフレアあったとのこと。此方側へ回って来るのが楽しみだ。

↓全体(カラー1)↓5/28,10h35m
↓全体(疑似カラー)↓
↓全体(カラー2)↓
↓全体(白黒)↓

↓追記へ続きます↓

Continue reading "5/28太陽Hα像"

| | Comments (0)

05/27/2020

5/27太陽Hα像

5/27,9時半前の太陽Hα像※5/25雲越し強行観察すれど写り酷く断念。5/26欠測※画像をクリックすると別窓に拡大表示※本体は無黒点。周縁の紅炎は南東側の噴出が比較的目につき目視確認もできた。反対側北西側には淡いながらも背の高い噴出が上がっていた。高さは無いものの南西側にも噴出群があった。

↓全体(カラー1)↓5/27,9h18m
↓全体(疑似カラー)↓
↓全体(カラー2)↓
↓全体(白黒)↓

↓追記へ続きます↓

Continue reading "5/27太陽Hα像"

| | Comments (0)

05/26/2020

5/13系外星雲M58

5/13晩。M61,M60,M59に続いて撮影した系外星雲M58↓
↓M58付近ほぼ全景(by C11)↓

↓同、文字入り画像↓

Continue reading "5/13系外星雲M58"

| | Comments (0)

05/25/2020

2年前5/24,ISS月面通過@宝達志水-2

その2:↓元動画↓

流れる時刻音はGPS同期前の初期状態であるため、実際の通過時刻とは一致していない。(しばらくGPS時刻表示装置を使っていなかったため、同期するのに数分かかった)/動画開始から約10秒後、画面右下から左上へサーっとISSの白い物体が通り過ぎる。
元動画から通過部分のコマを静止画に戻し、スタックして↓通過全体(静止画像)↓を作成した。

↓迎撃地にて1↓

Continue reading "2年前5/24,ISS月面通過@宝達志水-2"

| | Comments (0)

2年前5/24,ISS月面通過@宝達志水-1

5月も下旬になると、梅雨のハシリか?気象学上は「晴れ」でも薄曇りの天気が多くなる。実は、6/4の水星東方最大離角をひかえ、太陽が沈んだ西空に水星を肉眼で見つけるのに適した時期なのだが、なかなか天気が味方してくれない。orz
↓と、いうことで過去記事から↓
------------------------------------------------------------
2年前2018年5/24夕方7時直前、ISS国際宇宙ステーションが月面前を通過した。@石川県宝達志水町↓通過全体(静止画像)↓

4/19(@朝日町)に続き、金井飛行士搭乗中のISS国際宇宙ステーションの月面通過を隣県宝達志水町で捉えることができた。
↓同、1200ドット平方等倍その4↓ISS通過は、その1:画面右下(南西)から、その4:左上(北東)方向(=下から上の順)

↓同、1200ドット平方等倍その3↓

↓同、1200ドット平方等倍その2↓

Continue reading "2年前5/24,ISS月面通過@宝達志水-1"

| | Comments (0)

05/24/2020

5/24太陽Hα像

5/24,10時過ぎの太陽Hα像※画像をクリックすると別窓に拡大表示※本体子午線付近北側の活動域の白斑部分が薄れて分からなくなっていた。周縁の紅炎では昨日目についた南東側の噴出が衰え、高さは無いものの北東側にいくつが噴出が連なっていた。昨日、北西側にあったごく淡い噴出群はまだ残っており辛うじてその姿が写った。

↓全体(カラー1)↓5/24,10h7m

↓全体(疑似カラー)↓

↓全体(カラー2)↓

↓全体(白黒)↓

↓追記へ続きます↓

Continue reading "5/24太陽Hα像"

| | Comments (0)

リベンジ成る>水金接近

5/23夕方。前日5/22雲に阻まれ捉えられなかった「金星と水星超接近」のリベンジを行った。多少千切れ雲はあるものの薄く肉眼でも金星はすぐ目についた。19時半を過ぎ、かなり薄暗くなった頃、肉眼で水星も何とか見分けられるようになった。久しぶりに肉眼での水星確認。近くに金星がなかったら見つけるのに苦労したことだろう。
時間の経過とともに金星は低くなり医王山にかなり近づいたが、水星は金星の左上位置に居るので未だ少し余裕がある。未だ空が明るいうちは8倍42mm口径の双眼鏡を使い金星位置から水星を確認していた。手持ちには丁度良い質量の双眼鏡ながら、それでもかなり欠けた金星の形が分かったのには驚かされた。
↓19時41分、1枚撮り↓全体画像※この頃から水星を肉眼確認

同↓水星・金星付近トリミング(文字入り)

↓19時24分〜156分まで水星&金星の軌跡↓全体画像

Continue reading "リベンジ成る>水金接近"

| | Comments (0)

05/23/2020

5/23太陽Hα&可視光像

5/23,11時半前の太陽Hα&可視光像※画像をクリックすると別窓に拡大表示※白斑を伴う活動域は子午線付近北側(地球から見て一番大きく見える位置)に達していたが、その白斑が淡く薄れ、昨日有ったという小さな黒点も消滅してしまったらしい。周縁の紅炎では東側7時半方向の噴出が比較的明るく目立っていた。その反対側西2時方向には小さ目ながらもごく淡い紅炎がいくつも連なるように噴いていた。

↓全体(カラー1)↓5/23,11h17m

↓全体(疑似カラー)↓

↓全体(カラー2)↓

↓全体(白黒)↓

↓追記へ続きます↓

Continue reading "5/23太陽Hα&可視光像"

| | Comments (0)

5/22雲に阻まれ、、>水金接近

昨夜5/22は宵の明星金星に水星が超接近する(=明るい金星のすぐそばなので日ごろ見つけにくい水星が見やすくなる)ので期待していた。が、結果は以下の通り、医王山上空に絶えず雲が発生し続け、明るい金星すら肉眼でも見つけにくい状況で金星しかとらえられず水星は分からずじまいに終わった。
↓矢印が金星の軌跡↓全体画像その1

同↓金星付近トリミング

↓矢印が金星の軌跡↓全体画像その2

Continue reading "5/22雲に阻まれ、、>水金接近"

| | Comments (0)

05/22/2020

5/22太陽Hα像

5/22,9時半前の太陽Hα像※5/21は天候不良で欠測※画像をクリックすると別窓に拡大表示※NICT情報によると、本体北東側、白斑を伴う活動域には非常に小さな黒点ありとのことだが、可視光像は撮っておらず、また撮ったにしても小口径なので不詳である。周縁の紅炎は10時半、2時半、7時半方向に比較的目につく噴出がある。そのうち西側のものは明るく湾曲した形が印象的な噴出だった。

↓全体(カラー1)↓5/22,9h21m

↓全体(疑似カラー)↓

↓全体(カラー2)↓

↓全体(白黒)↓

↓追記へ続きます↓

Continue reading "5/22太陽Hα像"

| | Comments (0)

05/21/2020

1年前SN in M100

M61に現れた超新星SN2020jfoが話題になったが、ちょうど1年前は系外星雲M100に超新星が現れた。↓SN(Super NOVA)in M100↓5/7撮影↓全体画像

同↓中央付近トリミング

【データ】SN in M100/2019年5月7日23時7分(60秒12枚)/EOSkissX7(ISO3200,RAW-TIF)/C9.25+0.63RD(fl=1480mm)/NJP赤道儀ステラショット制御SS-oneガイド@自宅星見台HANA


↓同、5/23撮影(等倍トリミング)↓暗くなったようで判然としない。

Continue reading "1年前SN in M100"

| | Comments (0)

05/20/2020

5/20昼の太陽Hα像

5/20昼の太陽Hα像※画像をクリックすると別窓に拡大表示※本体北東側の白斑を伴う活動域は徐々に正面へ回り始め、いつ新黒点が現れてもおかしくない状況だが未だ現れていない様子。昨日もう一つ東側に小さな白斑を伴う活動域あったが、それに続いて同規模?程度の活動域が東縁に現れていた。/周縁の紅炎では、北東縁の噴出が瀑布の如く横に広がっており、他方、南西縁の噴出は広がりは無いものの噴出の尖った先端から反対側へ滴が垂れるような形状があり、いずれも興味深い様相を呈していた。入れ代わり立ち代わり雲が往来するため観察継続できなかったのが惜しい。

↓全体(カラー1)↓5/20,12h51m
↓全体(疑似カラー)↓
↓全体(カラー2)↓
↓全体(白黒)↓

↓追記へ続きます↓

Continue reading "5/20昼の太陽Hα像"

| | Comments (0)

05/19/2020

5/19太陽Hα&可視光像

5/19,昼過ぎの太陽Hα像※5/15〜5/18は天候不良及びタイミング合わず欠測※画像をクリックすると別窓に拡大表示※5日ぶりの太陽観察は飛騨地方の地震発生と重なった。野外観察中、超久しぶりに携帯から警報音が鳴り、注意深く待機したが揺れを感じるに至らなかった。帰宅後、家人に聞くと揺れはあったとのこと。おそらく震度1以下だったのだろう。/本体は無黒点ながら北東側にはっきりした白斑を伴う活動域があった。東側にも小さな白斑があるようだった。/周縁の紅炎は11時方向に目立つ噴出があり大きさはさることながら形状の変化が気になり、継続観察したくなったが、雲が邪魔することがあり断念した。(約2時間後、突風を伴う雨という荒れた天候になった)他にも淡いながらも東側が賑やかな印象で、西側は5時方向に比較的目につく噴出がある程度だった。

↓全体(カラー1)↓5/19,13h12m

↓全体(疑似カラー)↓

↓全体(カラー2)↓

↓全体(白黒)↓

↓追記へ続きます↓

Continue reading "5/19太陽Hα&可視光像"

| | Comments (0)

05/18/2020

5/13系外星雲M59

5月も後半に入った。梅雨入り1か月前とはいえ天候に見放されている。ということで、5/13晩。M61,M60に続いて撮影した系外星雲M59↓
↓M59付近ほぼ全景(by C11)↓

↓同、文字入り画像(近くの系外星雲を調べてみた)↓

M59は前回投稿したM60のすぐ近くにあり、fl=1000mm程度であれば4/3版でも両者同一写野に収まる。(135フルサイズ版であればfl=2000mmでも同一写野左右に収められる筈)実視等級9.6等、約6000万光年の彼方にある楕円型系外星雲。
↓M59付近クローズアップ↓

【データ】M59/2020年5月13日22時50分〜(30秒12枚)/ASI1600MCC(-10℃,Gain408,Fit→Tif)/C11+0.75RC(fl=2100mm)/NJP赤道儀ステラショット制御SS-oneガイド@自宅星見台HANA
-----------------------------------------------------
<龍吉>!(^^)!かみのけ座〜おとめ座にかけては系外星雲の宝庫であるが、目視確認するには口径が必要。写真なら小口径でも捉えやすい(^_-)-☆
<はな>=^_^=ネコの鋭眼でも望遠鏡使わないことには確認無理だろうニャー≡^・.・^≡
<ソラ>U.゚ω゚U距離が遠くなるほど恒星よりも系外星雲の数が増えるワン▽・。・▽


HomePage(Nifty)(NSK)星空雑記簿交叉足跡はなの隠れ家すたーりぃないと

| | Comments (0)

05/17/2020

5/13系外星雲M60ほか

5/13晩。超新星が現れているM61に続き、近くの系外星雲M60を撮影した。
↓M660付近ほぼ全景(by C11)↓

↓同、文字入り画像(近くの系外星雲を調べてみた)↓

上画像のように、M60の直ぐ右上(北西)にはNGC4647がある。M60は実視等級8.8等の楕円星雲で約6000万光年の彼方、NGC4647は実視等級11.94等の渦状星雲で約6300万光年の距離にある。いずれも「おとめ座銀河団(系外星雲群)」に属しており、この界隈には多くの系外星雲が散らばっている。
↓M60付近クローズアップ↓

【データ】M60/2020年5月13日23時3分〜(30秒15枚)/ASI1600MCC(-10℃,Gain408,Fit→Tif)/C11+0.75RC(fl=2100mm)/NJP赤道儀ステラショット制御SS-oneガイド@自宅星見台HANA
-----------------------------------------------------
<龍吉>!(^^)!かみのけ座〜おとめ座にかけて系外星雲がたくさん集まっていて興味深い。(^_-)-☆
<はな>=^_^=系外星雲とは我が銀河系以外星雲であり、別称「島宇宙」とか「小宇宙」とか言われるニャー≡^・.・^≡
<ソラ>U.゚ω゚Uウィキペディア等ではおとめ座銀河団となっているが、我が銀河系と紛らわしいので系外星雲群にして欲しいワン▽・。・▽


HomePage(Nifty)(NSK)星空雑記簿交叉足跡はなの隠れ家すたーりぃないと

| | Comments (0)

05/16/2020

5/13,SN2020jfo in M61

5/13晩。5/12晩に続き、超新星SN2020jfoが現れているM61を撮影した。
↓M61付近等倍トリミング↓

↓同、超新星マーカー入り↓

↓ほぼ全景(by C11)↓

Continue reading "5/13,SN2020jfo in M61"

| | Comments (0)

05/15/2020

5年前5/15,ISS日面通過@丸岡町

以下、今から5年前の5/15,10時42分58-59秒、ISS国際宇宙ステーションの日面通過@福井県丸岡町(再掲載)です。
--------------------------------------------------
↓望遠鏡直焦点/太陽面通過中を高速連写→4コマを比較暗合成したもの↓

通過中の4コマ

Continue reading "5年前5/15,ISS日面通過@丸岡町"

| | Comments (0)

05/14/2020

5/14太陽Hα像

5/14,9時半過ぎの太陽Hα像※画像をクリックすると別窓に拡大表示※相変わらず無黒点で寂しい状態が続く太陽。ただ、周縁の紅炎は昨日同様に賑やか。11時方向の噴出は高さを増し、5時方向の噴出は横に広がっていた。他にも淡い噴出がいくつか目についた。

↓全体(カラー1)↓5/14,9h35m

↓全体(疑似カラー)↓

↓全体(カラー2)↓

↓全体(白黒)↓

↓追記へ続きます↓

Continue reading "5/14太陽Hα像"

| | Comments (0)

05/13/2020

5/13太陽Hα像

5/13昼過ぎの太陽Hα像※画像をクリックすると別窓に拡大表示※本体は無黒点が続き寂しい状態。周縁の紅炎は昨日より回復?して、南北(11時半、5時半)方向と東方向に比較的目につく噴出が上がっていた。西方向にもごく淡い噴出があった。

↓全体(カラー1)↓5/13,13h29m

↓全体(疑似カラー)↓

↓全体(カラー2)↓

↓全体(白黒)↓

↓追記へ続きます↓

Continue reading "5/13太陽Hα像"

| | Comments (0)

SN2020jfo in M61

5/12晩はPM2.5の影響で透明度悪かったが、気になるM61を撮影した。現在、超新星SN2020jfoが現れている。
↓SN2020jfo in M61(by C11長辺方向トリミング)↓

↓同2,マーカー入り↓

口径7cm,F5屈折鏡でも写っている↓M61付近等倍トリミング↓

Continue reading "SN2020jfo in M61"

| | Comments (0)

05/12/2020

5/12太陽Hα像

5/12朝の太陽Hα像※画像をクリックすると別窓に拡大表示※今日も本体は無黒点だったが、ダークフィラメント影が点在している。昨日は南東側にはっきりした影あったものは今日は並みの状態に戻っていた。風は殆ど無くピントも慎重に合わせたので昨日のようなボケ画像にはならなかったが、周縁の紅炎に目ぼしい噴出が1つもなくスベスベに近い状態で大変寂しい状態となっている。

↓全体(カラー1)↓5/12,8h31m

↓全体(疑似カラー)↓

↓全体(カラー2)↓

↓全体(白黒)↓

↓追記へ続きます↓

Continue reading "5/12太陽Hα像"

| | Comments (0)

05/11/2020

5/11太陽Hα像

5/11昼の太陽Hα像※5/9,5/10は欠測※画像をクリックすると別窓に拡大表示※本体無黒点状態が続いているようだ。画面左下(南東側)にはっきりしたダークフィラメント影がある。何時まで保つか、、。少し風があったのとピント不良が影響して紅炎の写りが全く悪いので何とも言い難いが、少なくともド派手で明るく大きなプロミネンスは見当たらない。

↓全体(カラー1)↓5/11,11h45m

↓全体(疑似カラー)↓

↓全体(カラー2)↓

↓全体(白黒)↓

↓追記へ続きます↓

Continue reading "5/11太陽Hα像"

| | Comments (0)

05/10/2020

5/1月齢8.3

5/1晩の月齢8.3(全体像)↓

↓月齢8.3北側部分↓

↓同、南側↓

Continue reading "5/1月齢8.3"

| | Comments (0)

05/09/2020

4/30月齢7.3

4/30晩の月例7.3(全体像)↓

上画像を元にKeynote,PowerPointを経て動画化してみたもの↓(YouTube)↓

↓月齢7.3北側部分↓

Continue reading "4/30月齢7.3"

| | Comments (0)

05/08/2020

5/8太陽Hα像

5/8昼の太陽Hα像※画像をクリックすると別窓に拡大表示※今日も本体は無黒点だが、ダークフィラメント影らしき箇所がチラホラ。周縁の主な紅炎は、東側が活発で9時、11時方向の噴出が小さ目ながら見事だった。西側には目ぼしい噴出はなかった。

↓全体(カラー1)↓5/8,12h3m

↓全体(疑似カラー)↓

↓全体(カラー2)↓

↓全体(白黒)↓

↓追記へ続きます↓

Continue reading "5/8太陽Hα像"

| | Comments (0)

05/07/2020

5/7太陽Hα&可視光像

5/7昼の太陽Hα&可視光像※5/3-5/6はタイミング合わず欠測※画像をクリックすると別窓に拡大表示※欠測している間に本体無黒点となっていた。彼方此方にダークフィラメント影がある。周縁の主な紅炎は、北、東、西方向に噴出があり、特に西側には2本淡くて薄いベールのように広がった噴出がある。

↓全体(カラー1)↓5/7,12h36?
↓全体(疑似カラー)↓
↓全体(カラー2)↓
↓全体(白黒)↓

↓追記へ続きます↓

Continue reading "5/7太陽Hα&可視光像"

| | Comments (0)

05/06/2020

4/29月齢6.3(テレコン有無)

5/6は午前中は雨混じりの天候。午後遅くなって太陽が顔を出したが時すでに遅し。ということで↓4/29晩に撮影した月齢6.3の月↓

↓北側部分↓

↓同、中央部分↓

↓同、南側部分↓

実際にはギリギリ南北2ショットに分けて撮影したが、追記テレコン無しと比べるため横幅2048ドット等倍でもはみ出さない3枚分割にした。
【データ】月齢6.3/2020年4月29日19時39分(1/40sec,60%)/LumixG7(ISO800,4K,MP4,30fps,30秒2shot)/長光60アクロ屈折+1.4テレコン(fl=1680mm)/AR-1赤道儀@自宅前
次に↓テレコン無しで撮ったもの↓

Continue reading "4/29月齢6.3(テレコン有無)"

| | Comments (0)

05/05/2020

3年前5/5,彗星2つ(STV復活)

【再掲】3年前5/5こどもの日に撮影した彗星2つ
------------------------------------------------------------
[1]↓C/2015V2 Johnson彗星↓

[2]↓41P タットル・ジャコビニ・クレサック彗星↓

月明かりの中、撮影を強行した。今回は両者とも光学系と露光条件を統一した。処理もなるべく合わせるようにした。/Johnson彗星は本体部分集光し明るく感じ、尾もしっかり確認できる。41Pは拡散している感じ。
【データ上】C/2015V2 Johnson/2017年5月5日23時24分〜(30秒40枚)/EOSkissX7(ISO3200,RAW)/BORG100ED,F4(fl=400mm)/LX200改+miniBORG50(STV)@自宅星見台HANA
【データ下】41P/23時54分〜(30秒40枚)/他は上と同じ
------------------------------------------------------------
★オートガイダーSTV復活★↓撮影に使用したSTVオートガイダー↓

Continue reading "3年前5/5,彗星2つ(STV復活)"

| | Comments (0)

05/04/2020

4/28月齢5.4

4/28晩に撮影した月齢5.4の月↓
今日は朝から晴れ。初夏と言うより真夏の日差しだったが、昼過ぎから雲が多くなってしまった。昼休みに期待していたが、太陽を遮った雲が動かず、結局待ち時間無くなり太陽観察は諦めざるを得なかった。と、いうこともあり先月4/28に撮影した月(5.4)画像。↓

欠け際中央付近に目立っている3クレーターは、上から順縫にテオフィルス、キュリッロス、カタリーナ。その南東側の深い渓谷?形状は、「アルタイ断崖」
↓月齢5.4北側部分↓

Continue reading "4/28月齢5.4"

| | Comments (0)

05/03/2020

比較>月と金星(4/27)

4/27晩に撮影した月齢4.3の月と金星↓
今日は朝から薄曇りで推移し、時折晴れ間もあったがうまくタイミング合わず、太陽連続観察は6日間で終わった。そういうこともあろうかと先月末に撮影した月と金星画像。
この日、月と金星は見かけ上比較的近い位置に居た。その両者を同じ望遠鏡とカメラで撮影し、縮尺率が同じになるよう注意しつつ、月画像に金星画像を重ねてみた。↓

実際の大きさでは地球とよく似た質量をもつ金星の方が月よりも大きいが、見かけの大きさでは地球からの距離が近い月の方が大きく見える。
月も金星も自ら光ることは無く太陽の光に照らされた部分が明るく見える。=太陽光が届かない箇所は影となる。この日、距離は違えど月と金星は地球から見てほぼ同じ方向(太陽の東側)にあり=太陽光に同じような角度で照らされ、相対的にどちらも同じような欠け方をしている。
↓金星画像↓※等倍1200ドット平方※この画像は月画像と縮尺が異なる※

Continue reading "比較>月と金星(4/27)"

| | Comments (0)

05/02/2020

5/2太陽Hα&可視光像

5/2昼の太陽Hα&可視光像※画像をクリックすると別窓に拡大表示※6日連続観察。昨日は確認できた2760群(破線赤丸)は活動域は残るものの黒点は確認できなかった。同じく2762群(実線赤丸)も周囲の白く明るい部分は確認できるも黒点は不明。既に西縁到達し明日には裏側へ隠れるので無黒点に戻る可能性が大。北東側に現れたという2763群に至っては未確認のままで終わってしまった。orz/周縁の紅炎は引き続き東側の噴出が比較的目についた。

↓全体(カラー1)↓5/2,12h31m

↓全体(疑似カラー)↓

↓全体(カラー2)↓

↓全体(白黒)↓

↓追記へ続きます↓

Continue reading "5/2太陽Hα&可視光像"

| | Comments (0)

05/01/2020

5/1太陽Hα&可視光像

5/1昼の太陽Hα&可視光像※画像をクリックすると別窓に拡大表示※5日連続観察。本日も黒点に変動があった。北東側に新たな25期新黒点が現れ2763の番号が付いたという。しかし早くも衰えたらしく拙可視光画像(破線赤丸付近)では確認に至らず。同じく25期の2762黒点は西縁に近づき、周囲の白く明るい部分は目につくものの、肝心の黒点は定かでは無かった。復活した2760黒点はあっさり確認できたものの昨日よりは衰えていた。周縁の紅炎は昨日同様、8時方向の噴出が目についたが、先端部が広がり樹木のような形をしていた。

↓全体(カラー1)↓5/1,12h51m

↓全体(疑似カラー)↓

↓全体(カラー2)↓

↓全体(白黒)↓

↓追記へ続きます↓

Continue reading "5/1太陽Hα&可視光像"

| | Comments (0)

実写版>5月の星空案内

↓(魚眼)東天に天の川↓>5月15日だと午前1時頃の南空(上旬は2時頃、下旬は0時頃)

-----------------------------------------------------------------------------
1(金)上弦、八十八夜/3(日)憲法記念日/5(火)立夏、C/2017T2近日点通過/6(水)みずがめ座η流星群/7(木)〇満月/8(金)こと座η流星群/中旬:木星と土星が接近/12(月)月が木星へ接近/13(火)月が土星へ接近/14(木)下弦/15(金)月が火星へ接近/20(水)小満/22(金)水星と金星が最接近/23(土)●新月/29(金)月面X/30(土)上弦
-----------------------------------------------------------------------------
iOS版アストロガイド2020を参考にしました※

Continue reading "実写版>5月の星空案内"

| | Comments (0)

« April 2020 | Main | June 2020 »