« 9/4太陽Hα像 | Main | 9/5太陽Hα像 »

09/05/2020

LUNT鏡復活再生

9/5,9時過ぎの太陽Hα像(番外:LUNT太陽鏡復活再生編)
※画像をクリックすると別窓に拡大表示※太陽・月撮影用に使っているカメラ(LumixG7)が不調では観察に支障が、、ということで、久しぶりにCMOSカメラ(ASI178MM)で試写してみた。↓全体像(白黒L)↓※南東部完全露光オーバー(白飛び)※
↓以下、部分拡大

<

↓北東側↓

↓北西側↓

やはりデジ一眼よりもCMOSカメラの方がクッキリ写る。


【データ】FireCapture v2.6 Settings
------------------------------------
LUNT60THa(fl=500mm)on LX200eq.Mt/Camera=ZWO ASI178MM
Filter=L/Profile=Sun/Date=050920/Start(UT)=003044.561
Mid(UT)=003116.337/End(UT)=003148.113/Duration=63.552s
Frames captured=500/FileType=SER/Binning=no
ROI=2104x2080/ROI(Offset)=608x0/FPS(avg.)=7
Shutter=3.500ms/Gain=100(19%)/Gamma=50
Histogramm(min)=0/Histogramm(max)=255/Histogramm=100%
Sensor temperature=42.5°C/Obs.Kenji Yoshio
↓西側↓

m(_ _)mこの部分(南東側)は白飛びのため欠如m(_ _)m
CMOSカメラ(白黒)は、感度高く優秀だが
所謂ラチチュード(諧調)が狭い。
というか、全体的に露光オーバーになり、
画面左下(南東側)が極端に白く飛んで
しまい、白飛び部分は再現不能のため、
このように南東部分が一部欠けた画像に
なってしまった。
↓南西側↓

この撮影データを見ると、fps=7程度で留まっている。その為、たかだか500コマの画像を得るのに1分以上かかっている。どうやらCMOSカメラがUSB2.0としてしか認識されてないためらしい。ソフトウェアが旧いのかも知れない。最新版に入れ替える必要あるかも知れない。


【1】Before
9/4記事でカメラが絶不調?と書いたが、今日の観察前に、
もしや?と思い、LUNT太陽鏡の接眼部から天頂プリズム部分を外し、
中のフィルターを点検してみた。
結果、フィルター表面にシミ?のような曇りが発生していた>【1】
これでは視野が暗く見辛いのは当然。早速、取り出したフィルターの
表面を「洗顔クリーム?(嘘)※」で磨いてみた。
>あっさり「曇り」を消すことができ、ピカピカになった。【2】
再び天頂プリズム部分に取り付ける【3】
【2】After-1
【3】After-2

※おそらく細かな研磨剤が入ったクリーム?ペースト状のもの。責任は負えないので商品名は伏せます。※
このブルー系熱線吸収フィルターの汚れ?シミ?を拭き取った(と言うよりは擦り取った)ことで、再びスッキリ明るく見えるようになった。撮影時のピント合わせも楽にできるようになった。めでたし、めでたし。
-------------------------------------------------------------
<龍吉>!(^^)!CMOSカメラがUSB2.0でしか動作してないことが判明=別問題発生(^_-)-☆
<はな>=^_^=考えられる原因としてソフトウェアの対応とカメラやPCとの相性?なのかニャー≡^・.・^≡
<ソラ>U.゚ω゚U何とかUSB3.0で動作させてfps値をもっと上げたいワン▽・。・▽


ソラとはなのWeb天文台 - にほんブログ村HomePage(Nifty)(NSK)星空雑記簿交叉足跡はなの隠れ家すたーりぃないと

|

« 9/4太陽Hα像 | Main | 9/5太陽Hα像 »

天文・星空」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 9/4太陽Hα像 | Main | 9/5太陽Hα像 »