« May 2023 | Main | July 2023 »

June 2023の記事

06/29/2023

6/29太陽Hα&可視光像

6/29,8時半過ぎの太陽Hα&可視光像※各画像をクリックすると別窓に等倍表示します※可視光黒点は3339,3340,3341,3345,3354,3355群=6群に減ったが、昨日から急激に発達し大きくなった3354群の存在感がそれを帳消しにしている感がある。ダークフィラメントは例の逆S字影が北西側へ回り小さくなっており、他にも小さいものを確認。周縁の紅炎は、南西縁、北西縁、南東縁に噴出上がっていたが、大きく目につく紅炎は見当たらなかった。
↓Hα全体像(カラー1)8h47m↓

↓可視光全体像(白黒)8h34m↓

↓Hα全体像(白黒)↓
O2048204815306120506
↓Hα全体像(カラー2)↓

Continue reading "6/29太陽Hα&可視光像"

| | Comments (0)

06/28/2023

6/28太陽Hα&可視光像

6/28,10時半の太陽Hα&可視光像※6/27は天候とタイミング合わず欠測※各画像をクリックすると別窓に等倍表示します※可視光黒点は3339,3340,3341,3345,3348,3351,3354,3355群の計8群。何と言っても3354群が正面付近へ回ってきたこともあり大きく成長し目立っていた。ダークフィラメントは例の?型の影が西側へ回り太眉?髭?状になっていた。周縁の紅炎は明るさはともかく小さいものばかりで、東縁には殆ど噴出見られないのが気になった。
↓Hα全体像(カラー1)10h21m↓

↓可視光全体像(白黒)10h32m↓

↓Hα全体像(白黒)↓
O2048204815305640239
↓Hα全体像(カラー2)↓

Continue reading "6/28太陽Hα&可視光像"

| | Comments (0)

06/26/2023

6/26太陽Hα&可視光像

6/26,9時前の太陽Hα&可視光像※各画像をクリックすると別窓に等倍表示します※可視光黒点は3337,3338,3339,3340,3341,33345,3347,3351,3353群と無番号新黒点2群で計11群。多くは西側へ回っており、東側に新黒点登場が望まれる。正面3341群などでC級フレア発生とのこと。ダークフィラメントは正面北に例の?型の影があり、他にも北東側や南半球中緯度帯に影を確認。周縁の紅炎は昨日南東縁で噴き飛んだ辺りは未だ噴出あれど小さくなり、北西縁に3箇所ほど明るい紅炎が噴いていた。
↓Hα全体像(カラー1)8h57m↓

↓可視光全体像(白黒)8h56m↓

↓Hα全体像(白黒)↓
O2048204815304844516
↓Hα全体像(カラー2)↓

Continue reading "6/26太陽Hα&可視光像"

| | Comments (0)

06/25/2023

6/25太陽Hα&可視光像

6/25,9時半前の太陽Hα&可視光像※各画像をクリックすると別窓に等倍表示します※可視光黒点は3335,3337,3338,3339,3340,3341,3345,3346,3347,3349,3351,3352,3353群で無番号黒点無しの13群で賑やかだが、目につくのは中央付近の3341群など数群。逆S字というより「?」マーク形ダークフィラメントは中央子午線付近で健在。周縁の紅炎では、東南東、南南東縁などに目につく噴出あり。中でも南南東7時方向の噴出は観察の約1時間前辺りから高く噴き上がっていたようで、観察時は高く伸びたのはいいが拡散して淡くなっていた。南6時側にひょろりと伸びたものと、さらに淡く8時側に細く伸びた噴出の間に主峰が残っていた。白黒では判然としないので下の黄カラー像※で確認のほど。
↓Hα全体像(カラー1)9h20m↓

↓可視光全体像(白黒)9h16m↓

↓Hα全体像(白黒)↓
O2048204815304385400
↓Hα全体像(カラー2)↓

Continue reading "6/25太陽Hα&可視光像"

| | Comments (0)

06/24/2023

6/24太陽Hα&可視光像

6/24,9時の太陽Hα&可視光像※各画像をクリックすると別窓に等倍表示します※可視光黒点は3335,3337,3338,3339,3340,3341,3345,3346群と無番号新黒点4つで12群となり大変賑やか。中でも中央子午線付近の3339,3340群と3335,3341群などが目につく。ダークフィラメントは、3340群東の逆S字の影が昨日よりも中央へ回ってきたこともあり目立った。周縁の紅炎は、南東縁、南西縁に点在する噴出が目につき、対して北半球周縁は噴出見当たらず。
↓Hα全体像(カラー1)8h48m↓

↓可視光全体像(白黒)9h24m↓

↓Hα全体像(白黒)↓
O2048204815303923930
↓Hα全体像(カラー2)↓

Continue reading "6/24太陽Hα&可視光像"

| | Comments (0)

06/23/2023

6/23太陽Hα&可視光像

6/23,9時の太陽Hα&可視光像※6/21,6/22は曇雨天のため欠測※各画像をクリックすると別窓に等倍表示します※可視光黒点は3333,3335,3337,3338,3339,3340,3341,3344,3345,3346群=10群と無番号新黒点6群で計16群と大変賑やかながら、目につくのは5群ほど。このうち、3341群は午前8時半にM級フレア発生し、たまたま撮影準備中で3341群一帯がひどく明るくなるのを目撃したものの、直後に雲通過に邪魔され撮影できず。残念なことをしたが久しぶりにフレア発生を目撃できて良かった。ダークフィラメントは3340群の東隣に逆S字状の影が目についた。周縁の紅炎は、南東縁の明るく高い噴出が目に止まり、南西縁にも高さはないものの横に広がる噴出がいくつか上がっていた。
↓Hα全体像(カラー1)9h16m↓

↓可視光全体像(白黒)8h43m↓

↓Hα全体像(白黒)↓
O2048204815303923579
↓Hα全体像(カラー2)↓

Continue reading "6/23太陽Hα&可視光像"

| | Comments (0)

06/22/2023

6/19,Starlink衛星集団通過

6月19日20時54分〜57分、鉄腕監視カメラ(西天用、北天用)が北西天→北東天へStarlink衛星の隊列通過を捉えた。米国SpaceX社が始めた通信衛星を使ったインターネットサービスで、ほぼ地球全体をカバーするため数多くの通信衛星が地球上空約550kmの高さを回っている。打ち上げが始まった頃、夕方の北西空で目撃した記憶があるが、今回は今年になって始めた流星キャッチ用の監視カメラ(AtomCam2)が、この衛星たちを捉えていた。
↓北天を通過するStarlink衛星↓(YouTubeより)※SP音量注意、等倍速3分余

※画面左隅から現れたStarlink衛星の光が一列になってゆっくると北天を右(北東)へ移動する※
↓同、上動画から得た4800フレームの静止画を比較明合成した静止画像↓
O1920108015303601917
※ほぼ同じ軌道上を一列に、、とはいえ、実際には少し広がりがあり光跡に幅がある※
現在も定期的に通信衛星の打ち上げが続いていており、一回で約50個の小型衛星(約2百数十kg)が打ち上げられ、それがほぼ同じ軌道を一列に隊列を組んで周回する。既にその数約5000個に達している。この人工衛星は自ら光らないが、太陽光を反射する。この事が問題視され、現在は太陽光の反射を軽減した(衛星を黒くする?)型に改良されたという。↓北西天を上昇するStarlink衛星↓(YouTubeより)※等倍速1分余

Continue reading "6/19,Starlink衛星集団通過"

| | Comments (2)

06/21/2023

6/17黒部定例観察会-1

6/21夏至の日。朝は青空あったものの、8時頃には雲が多くなり観察不能。↓同日朝の東天タイムラプス

↑夏至の太陽が左下隅から登場↑が、程なく雲優勢に orz>ということで、6/17(土)黒部市吉田科学館、月例観察会場での成果を載せる。
↓暗くなる頃、宵の明星=金星(右下)と火星(左上)が見える↓

↑iPhone12手持ち半固定撮影↑
↓M101に現れた超新星(SN2023ixf)の現状↓
O1200120015302592101
↑発見後1か月を過ぎたが、それほど光度は落ちていないようで、あっさり写った。↑
↓以下、月例観察会のスナップ↓

Continue reading "6/17黒部定例観察会-1"

| | Comments (0)

06/20/2023

6/20太陽Hα&可視光像

6/20,8時半過ぎの太陽Hα&可視光像※各画像をクリックすると別窓に等倍表示します※可視光黒点は3332,3333,3335,3336,3338,3339,3340,3341,3342群と無番号新黒点1群で計10群。ダークフィラメントは主に南半球中緯度帯の3333,3335,3339などの黒点群周辺に影を確認。周縁の紅炎は昨日北西縁にあった複雑な紅炎が噴き飛び?浮かんでいた。また、南西縁や南東縁、北東縁にそれぞれ噴出上がっていた。
↓Hα全体像(カラー1)8h37m↓

↓可視光全体像(白黒)8h43m↓

↓Hα全体像(白黒)↓
O2048204815302099082
↓Hα全体像(カラー2)↓

Continue reading "6/20太陽Hα&可視光像"

| | Comments (0)

06/19/2023

6/19太陽Hα&可視光像

梅雨の中休み3日め、6/19,9時の太陽Hα&可視光像※各画像をクリックすると別窓に等倍表示します※可視光黒点は3331,3332,3333,3335,3336,3338,3339,3340群に無番号小黒点2群で計10群。一番大きいのは中央に回ってきた3335群で、未だ西に居る3339群も期待できるやも?。ダークフィラメントは、南西中緯度帯にループ状の影が目についた。周縁のプロミネンスでは、今回、南西縁の2つが明るく目立ち、4時方向のループが大きく見事。淡いながらも南東縁と北西縁にも広がりのある噴出が上がっていた。
↓Hα全体像(カラー1)8h53m↓

↓可視光全体像(白黒)9h9m↓

↓Hα全体像(白黒)↓
O2048204815301713180
↓Hα全体像(カラー2)↓

Continue reading "6/19太陽Hα&可視光像"

| | Comments (0)

06/18/2023

6/18太陽Hα&可視光像

6/18昼の太陽Hα&可視光像※各画像をクリックすると別窓に等倍表示します※可視光黒点は3331,3333,3335,3336,3338,3339群と無番号新黒点2つで8群。ダークフィラメントは、昨日中央付近にあったループ状の影が少し西へ回ったものの健在。ほかにもいくつかの影を確認。周縁の紅炎は、南西縁に明るい噴出が目につき、南南東縁には淡いが横に広い刷毛状の噴出が出ているのを確認した。
↓Hα全体像(カラー1)12h48m↓

↓可視光全体像(白黒)12h44m↓

↓Hα全体像(白黒)↓
O2048204815300990375
↓Hα全体像(カラー2)↓

Continue reading "6/18太陽Hα&可視光像"

| | Comments (0)

06/17/2023

6/17太陽Hα&可視光像

6/17,9時半の太陽Hα&可視光像※各画像をクリックすると別窓に等倍表示します※可視光黒点は3329,3331,3333,3334,3335,3336,3337,3338群で8群。ダークフィラメントは北西側、南西側に比較的大きな影があり、やや南寄り中央付近にはっきりしたループ状の影が目についた。周縁の紅炎は、南西縁と南東縁に噴出が上がっていた。
↓Hα全体像(カラー1)9h37m↓

↓可視光全体像(白黒)9h29m↓

↓Hα全体像(白黒)↓
O2408216015300990137
↓Hα全体像(カラー2)↓

Continue reading "6/17太陽Hα&可視光像"

| | Comments (0)

06/16/2023

6/16太陽Hα&可視光像

6/16,13時の太陽Hα&可視光像※6/14,6/15は荒天で欠測※各画像をクリックすると別窓に等倍表示します※可視光黒点は3329,3331,3333,3334,3335,3336,3337,3338群で計8群。強いて言えば3333群と3335群が比較的目につく程度。ダークフィラメントは南半球子午線中央付近に数個の濃い影が目立ち、次いで北西側に大きめな2本の影、南西側にも1本の影を確認。周縁の紅炎は西縁と南西縁にそれぞれ明るく小さめな噴出あるものの、対して東側には噴出見当たらず低調だった。
↓Hα全体像(カラー1)13h0m↓

↓可視光全体像(白黒)13h20m↓

↓Hα全体像(白黒)↓
O2048204815300025287
↓Hα全体像(カラー2)↓

Continue reading "6/16太陽Hα&可視光像"

| | Comments (0)

06/14/2023

6月上旬の流星2(北天・南天編)

今日は如何にも梅雨に入っていると実感するような天気だった。=太陽観察は断念。>ということで、6/1〜6/7の流星たち(北天・南天編)です↓
↓6/1未明1時35分に現れた明るい流星(北監視カメラ)↓
O1920108015299142311
↓流星出現時の合成動画↓

↓6/4未明1時39分、南天に現れた流星(南監視カメラ)↓

↓流星出現時の元動画↓

↓6/5晩21時29分、南天に現れた流星(南監視カメラ)↓

Continue reading "6月上旬の流星2(北天・南天編)"

| | Comments (0)

06/13/2023

6/13太陽Hα&可視光像

6/13,10時半の太陽Hα&可視光像※6/11,6/12は曇雨天で欠測※各画像をクリックすると別窓に等倍表示します※可視光黒点は3326,3327,3329,3331の4群に東側の小さな無番号小黒点3群で計7群。いずれもやや小さめで少し寂しい感じ。ダークフィラメントは北半球より南半球中緯度帯に何本も影があり賑やかだった。周縁の紅炎は、何と言っても北北西縁に高く伸びた噴出が明るく目につき、モニター画面でもはっきり確認できた。
↓Hα全体像(カラー1)10h33m↓

↓可視光全体像(白黒)10h28m↓

↓Hα全体像(白黒)↓
O2048204815298532740
↓Hα全体像(カラー2)↓

Continue reading "6/13太陽Hα&可視光像"

| | Comments (0)

06/12/2023

6月上旬の流星(北天編)

北陸地方も梅雨入りとなった。雨は上がったがどんより曇り空=太陽観察は断念。>ということで、6/3〜6/6の流星たち(北天編)です↓
↓6/3-6/4に現れた流星(北監視カメラ)↓
O1920108015298021330
↓流星出現時の合成動画↓

↓一番明るい流星出現時の動画↓

↓6/5-6/6に現れた流星(北監視カメラ)↓

Continue reading "6月上旬の流星(北天編)"

| | Comments (0)

06/10/2023

6/10太陽Hα&可視光像

6/10,11時半の太陽Hα&可視光像※各画像をクリックすると別窓に等倍表示します※可視光黒点は3320,3321,3323,3326,3327,3329,3331,3332群と南東縁無番号新黒点1つで計9群。ダークフィラメントは、3327群南の濃い影が目につき、3331群や3329群近くの影も目に止まった。周縁の紅炎は、南東側の噴出はやや収まり、代わって北西縁の噴出が目立っていた。
↓Hα全体像(カラー1)11h32m↓

↓可視光全体像(白黒)11h26m↓

↓Hα全体像(白黒)↓
O2048204815297474322
↓Hα全体像(カラー2)↓

Continue reading "6/10太陽Hα&可視光像"

| | Comments (0)

06/09/2023

6/9太陽Hα&可視光像

6/9,14時半前の太陽Hα&可視光像※各画像をクリックすると別窓に等倍表示します※可視光黒点は3320,3321,3323,3326,3327,3329,3330,3331,3332群で計9群。ダークフィラメントは北高緯度帯の太い影、3327群近くの濃い影などが目についた。周縁の紅炎は、南東縁のアーチ状の大きな噴出が目立っていた。
↓Hα全体像(カラー1)14h14m↓

↓可視光全体像(白黒)14h30m↓

↓Hα全体像(白黒)↓
O2048204815297461063
↓Hα全体像(カラー2)↓

Continue reading "6/9太陽Hα&可視光像"

| | Comments (0)

06/07/2023

6/7太陽Hα&可視光像

6/7,8時半の太陽Hα&可視光像※各画像をクリックすると別窓に等倍表示します※可視光黒点は3320,3321,3323,3326,3327,3329,3330群に無番号新黒点4つで計11群に増加。目立つ程ではないにせよ賑やかになった。ダークフィラメントは3320群左上の影、北北東縁に端を発する?北高緯度帯の幅広影などが目についた。周縁の紅炎は北東縁に淡く大きめの噴出、北北縁と南西縁にそれぞれ明るい噴出上がっていた。
↓Hα全体像(カラー1)8h25m↓

↓可視光全体像(白黒)8h33m↓

↓Hα全体像(白黒)↓
O2048204815295723927
↓Hα全体像(カラー2)↓

Continue reading "6/7太陽Hα&可視光像"

| | Comments (0)

06/06/2023

6/6太陽Hα&可視光像

6/6,11時前の太陽Hα&可視光像※各画像をクリックすると別窓に等倍表示します※可視光黒点は3320,3321,3323,3325,3326,3327群と無番号新黒点3つで計9群。中央子午線(正面)の3323,3321群などは目につくが、2320,2325群と新黒点は小さく目立たず。ダークフィラメントは2319群周辺や2320群左などに影を確認。北東高緯度縁から淡く右へ広がる影も確認できた。周縁の紅炎は、先の北東縁ダークフィラメント始まり付近と南西縁に噴出上がっており、北西縁にも小さな噴出群あるも、東縁〜南東縁に目につくものは無かった。
↓Hα全体像(カラー1)10h49m↓

↓可視光全体像(白黒)10h47m↓

↓Hα全体像(白黒)↓
O2048204815295062067
↓Hα全体像(カラー2)↓

Continue reading "6/6太陽Hα&可視光像"

| | Comments (0)

06/05/2023

6/5太陽Hα&可視光像

6/5,9時前の太陽Hα&可視光像※各画像をクリックすると別窓に等倍表示します※可視光黒点は3319,3320,3321,3323,3325,3326,3327群と無番号新黒点1つで計8群。南中にさしかかった3321,3323群が目立っていた。ダークフィラメントでは、昨日まで南西側にあった濃く太い影が昨夕噴き飛び、跡形なくなっていた。北及び南中緯度帯やや東寄りにそれぞれ1本影を確認。北東高緯度縁から淡く広がりある影が右へ伸びていた。周縁の紅炎は、北西及び南西縁にそこそこの噴出が上がっていたものの、東側は小さく目立たず寂しい状態。
↓Hα全体像(カラー1)8h50m↓

↓可視光全体像(白黒)8h42m↓

↓Hα全体像(白黒)↓
O2048204815294594847
↓Hα全体像(カラー2)↓

Continue reading "6/5太陽Hα&可視光像"

| | Comments (0)

06/04/2023

6/4太陽Hα&可視光像

6/4,10時半の太陽Hα&可視光像※各画像をクリックすると別窓に等倍表示します※可視光黒点は3319,3320,3321,3323,3324,3325,3326群と東縁の無番号新黒点2群で計9群。南東縁で小規模フレアあったらしいが見逃し。ダークフィラメントは南東側の大きく太く濃い影が今日も目についた。プロミネンスは、南西及び北西縁に複数の並みの噴出あるものの、東側は小さく背の低い噴出ばかりで低調。南東縁に小さくてやや淡い噴出群が比較的目につく程度。
↓Hα全体像(カラー1)10h20m↓

↓可視光全体像(白黒)10h27m↓

↓Hα全体像(白黒)↓
O2200208015293645558_20230604230501
↓Hα全体像(カラー2)↓

Continue reading "6/4太陽Hα&可視光像"

| | Comments (0)

06/03/2023

6/3太陽Hα&可視光像

6/3昼の太陽Hαと10時半の可視光像※6/2は雨のため欠測※各画像をクリックすると別窓に等倍表示します※可視光黒点は西縁に半分以上隠れた3315群と3318,3319,3320,3321,3323,3324,3325,3326群に東縁の無番号新黒点1つで計10群。3323群ではC級フレア発生とのこと。ダークフィラメントは南東側へ回り始めた大きく太い影が目立っていた。周縁のプロミネンスは北東、北西、南西縁にそれぞれ噴出上がっていたが、いずれも小さく目立つ程のものは見当たらず。今回はHα像のみ久しぶりにCMOSカメラ178MMを使用した。いつものミラーレス機による画像と比較掲載したが、精細さではCMOSカメラ優位であることが分かるかと思う。
↓Hα全体像(カラー1)12h50m↓

↓可視光全体像(白黒)10h44m↓

↓Hα全体像(白黒)↓12h50m
O2200208015293645558
↓Hα全体像(カラー2)↓12h50m

Continue reading "6/3太陽Hα&可視光像"

| | Comments (0)

06/02/2023

5/31晩〜6/1未明の火球&流星

台風と前線の影響で雨の一日=太陽観察は断念。>ということで、5/31晩〜6/1未明の火球&流星たち(北天編)↓
↓5/31-6/1に現れた火球と流星(北監視カメラ)↓
O1920108015293209563
↓火球と明るい流星出現時の動画2shot合成↓

この火球は、能登半島西沖に現れたものと推察される
↓西監視カメラでも捉えていた↓

↓同、火球出現時の元動画↓

Continue reading "5/31晩〜6/1未明の火球&流星"

| | Comments (0)

06/01/2023

6/1太陽Hα&可視光像

6/1,9時半の太陽Hα&可視光像※各画像をクリックすると別窓に等倍表示します※可視光黒点は3313,3315,3317,3318,3319,3320,3321,3322,3323群と北東縁の無番号新黒点で計10群。今朝、東縁の3323新黒点でM級フレア発生とのこと。その約2時間余り後の観察。ダークフィラメントは太く濃い影2本が中央南付近で目立つ。プロミネンスは、西縁の大きな噴出が形状変えたものの引き続き目立ち、北東縁の尖山状プロミネンスなどは昨日とあまり変わらない感じ。
↓Hα全体像(カラー1)9h25m↓

↓可視光全体像(白黒)9h20m↓

↓Hα全体像(白黒)↓
O2048204815292601256
↓Hα全体像(カラー2)↓

Continue reading "6/1太陽Hα&可視光像"

| | Comments (0)

« May 2023 | Main | July 2023 »