« June 2023 | Main | August 2023 »

July 2023の記事

07/30/2023

7/30太陽Hα&可視光像

7/30,8時半の太陽Hα&可視光像※各画像をクリックすると別窓に等倍表示します※可視光黒点は3379,3380,3384,3385,3386,3387,3388,3389,3390,3391群と無番号新黒点2群で計12群。一番目立つのは正面に近付いた3386群で、次いで3380群。ダークフィラメントは北東側3387群近くの影が目についた。周縁の紅炎は、前日同様に東及び南東、南西、北西縁にそれぞれ明るい噴出上がっていた。特に北西縁の噴出は何やら重なったような形状で興味深かった。
↓Hα全体像(カラー1)8h33m↓

↓可視光全体像(白黒)8h28m↓

↓Hα全体像(白黒)↓
O2048204815319271923
↓Hα全体像(カラー2)↓

Continue reading "7/30太陽Hα&可視光像"

| | Comments (0)

07/29/2023

7/29太陽Hα&可視光像

7/29,9時半前の太陽Hα&可視光像※各画像をクリックすると別窓に等倍表示します※可視光黒点は3377,3379,3380,3385,3386,3387,3388,3389,3390群で計9群。南東側3386群が一番目立っており、近くのダークフィラメント影も目につく。周縁の紅炎は、南東、南西、北西縁にそれぞれ明るい噴出上がっていた。
↓Hα全体像(カラー1)8h12m↓

↓可視光全体像(白黒)8h20m↓

↓Hα全体像(白黒)↓
O2350235015318708861
↓Hα全体像(カラー2)↓

Continue reading "7/29太陽Hα&可視光像"

| | Comments (0)

07/28/2023

7/28太陽Hα&可視光像

7/28,9時半前の太陽Hα&可視光像※各画像をクリックすると別窓に等倍表示します※可視光黒点は3377,3379,3380,3384,3385,3386,3387,3388,3389群と無番号新黒点1群で10群。北東側の大きなループ状影は少し衰えた感もあるが、正面へ回り始めて目立っていた。周縁の紅炎は、東側、西縁、南南東縁にそれぞれ特徴的な形状の噴出が上がっており楽しめた。
↓Hα全体像(カラー1)9h22m↓

↓可視光全体像(白黒)9h15m↓

↓Hα全体像(白黒)↓
O2300230015318139541
↓Hα全体像(カラー2)↓

Continue reading "7/28太陽Hα&可視光像"

| | Comments (0)

07/27/2023

7/27太陽Hα&可視光像

7/27,9時半前の太陽Hα&可視光像※各画像をクリックすると別窓に等倍表示します※可視光黒点は3376,3377,3379,3380,3382,3384,3385,3386群と無番号新黒点2群で10群。ダークフィラメントは北東側にかなり大きなループ状影が目立っていて、南東縁の紅炎から太陽本体へそのまま繋がって伸びる影も印象的だった。周縁の紅炎は、東縁側の紅炎噴出が何箇所かあり、西縁には噴出が千切れたように浮かんでいる箇所があった。
↓Hα全体像(カラー1)9h11m↓

↓可視光全体像(白黒)9h17m↓

↓Hα全体像(白黒)↓
O2048204815317731329
↓Hα全体像(カラー2)↓

Continue reading "7/27太陽Hα&可視光像"

| | Comments (0)

07/26/2023

7/26太陽Hα&可視光像

7/26,9時の太陽Hα&可視光像※各画像をクリックすると別窓に等倍表示します※可視光黒点は3373,3376,3377,3378,3379,3380,3382,3383,3384群と無番号新黒点2群で11群。ダークフィラメントは北中緯度帯に何本も影あるのを確認。周縁の紅炎は南東縁や西縁に数本の噴出あがっており賑わっていたが、昨日よりは大人しくなったと感じた。
↓Hα全体像(カラー1)9h4m↓

↓可視光全体像(白黒)9h1m↓

↓Hα全体像(白黒)↓
O2048204815317337288
↓Hα全体像(カラー2)↓

Continue reading "7/26太陽Hα&可視光像"

| | Comments (0)

07/25/2023

7/25太陽Hα&可視光像

7/25,9時の太陽Hα&可視光像※各画像をクリックすると別窓に等倍表示します※可視光黒点は3372,3373,3376,3377,3378,3379,3380,3381,3382,3383群で計10群。ダークフィラメントは北側中緯度帯に数本、南半球中緯度帯にも影を確認。周縁の紅炎は、東側7時方向から10時方向にかけて噴出群がずらり並んで壮観だったが、西3時方向の噴出はエビの如く丸まった形状が目を惹いた。
↓Hα全体像(カラー1)9h2m↓

↓可視光全体像(白黒)9h7m↓

↓Hα全体像(白黒)↓
O2048204815317321358
↓Hα全体像(カラー2)↓

Continue reading "7/25太陽Hα&可視光像"

| | Comments (0)

07/24/2023

7/24太陽Hα&可視光像

7/24,9時半前の太陽Hα&可視光像※各画像をクリックすると別窓に等倍表示します※可視光黒点は3372,3373,3376,3377,3378、3379,3380群と無番号新黒点1群で計8群。多くは半暗部を伴うしっかりした黒点群で可視光像も賑やかに感じた。ダークフィラメントは南北中緯度帯にそれぞれいくつか影を確認。周縁の紅炎は、昨日同様、東側が賑やかで特に9時方向の噴出群は複雑に絡み合って横へ広がっているのが印象的だった。
↓Hα全体像(カラー1)9h27m↓

↓可視光全体像(白黒)9h23m↓

↓Hα全体像(白黒)↓
O2048204815316437047
↓Hα全体像(カラー2)↓

Continue reading "7/24太陽Hα&可視光像"

| | Comments (0)

07/23/2023

7/23太陽Hα&可視光像

7/23,9時前の太陽Hα&可視光像※各画像をクリックすると別窓に等倍表示します※可視光黒点は3372,3373,3376,3377,3378,3379群と無番号新黒点2群で計8群。とびきり大きく目立つ群はないものの無番号新黒点以外は半暗部などを伴いそこそこの大きさがある。ダークフィラメントは3373,3376群近くや南中緯度帯にも影を確認。周縁の紅炎は、東側10時、11時方向や西側3時方向に明るい噴出上がっており、他にも淡いのやら小さいのやら何方かというと東側が賑やかな印象を受けた。
↓Hα全体像(カラー1)8h50m↓

↓可視光全体像(白黒)8h53m↓

↓Hα全体像(白黒)↓
O2048204815316012258
↓Hα全体像(カラー2)↓

Continue reading "7/23太陽Hα&可視光像"

| | Comments (0)

07/22/2023

7/22太陽Hα&可視光像

7/22,9時前の太陽Hα&可視光像※各画像をクリックすると別窓に等倍表示します※可視光黒点は3372,3373,3376,3377,3378,3379群で昨日と変わらず。昼に3372群及び3373群でM級フレアあったらしいが朝の観察なので不詳。ダークフィラメントは北東側の大きなループ状影や中央南の影が健在で、昨日から少し西へ回っただけ。周縁の紅炎は東縁に高さは無いが横にナイアガラ瀑布の如き広がった噴出が印象的で、他に北北東、北北西縁にも噴出。西縁は淡い噴出が浮かんだように残っていた。
↓Hα全体像(カラー1)8h48m↓

↓可視光全体像(白黒)8h43m↓

↓Hα全体像(白黒)↓
O2300230015315662805
↓Hα全体像(カラー2)↓

Continue reading "7/22太陽Hα&可視光像"

| | Comments (0)

07/21/2023

7/21太陽Hα像

7/21昼の太陽Hα像※各画像をクリックすると別窓に等倍表示します※可視光黒点は3372,3373,3376,3377,3378,3379群で計6群。(雲間の観察でタイミング合わず、可視光像撮影不能にてHα像で代用)ダークフィラメントは北東側に大きなループ状の影があり、中央南にも1本の影。周縁の紅炎は、北東及び北西縁に複数の噴出。西縁に淡いながらも噴出が千切れたようになっている箇所あり。淡い噴出が東裏にあるようだった。
↓Hα全体像(カラー1)12h8m↓

↓黒点全体像(白黒)12h8m↓

↓Hα全体像(白黒)↓
O2300230015315682883
↓Hα全体像(カラー2)↓

Continue reading "7/21太陽Hα像"

| | Comments (0)

07/20/2023

7/20太陽Hα&可視光像

7/20昼の太陽Hα&可視光像像※7/19は雨雲に阻まれ欠測※各画像をクリックすると別窓に等倍表示します※可視光黒点は3372,3373,3374,3376,3377,3378、3379群で計7群。ほぼ正面の3372群や南東側3373群、南西縁の3363群が目についた。ダークフィラメントは北東側にループ状の濃い影が目立っていた。周縁の紅炎は、南西縁の大きな噴出が明るく目立ち、北北西縁、北北東縁にも明るい噴出。北西縁に淡いのやら小さいのが林立していた。本日明け方に大規模フィラメント噴出ありとのことだったが、昼近くまで雲に邪魔され観察できず残念。噴き出した北西縁辺りに淡い紅炎噴いていたが、5時間後の観察では何とも手遅れ感があり不詳。
↓Hα全体像(カラー1)12h42m↓

↓可視光全体像(白黒)12h35m↓

↓Hα全体像(白黒)↓
O2048204815314839242
↓Hα全体像(カラー2)↓

Continue reading "7/20太陽Hα&可視光像"

| | Comments (0)

07/18/2023

7/18太陽Hα&可視光像

7/18,10時過ぎ太陽Hα&可視光像※各画像をクリックすると別窓に等倍表示します※可視光黒点は3363,3371,3372,3373,3374,3375,3376,3377群と無番号新黒点1群で計9群。一番目につくのは中央の3372群だが、南西縁に達している3363群で今朝M級フレア発生し、1時間半後とはいえ明るい活動域や紅炎噴出が確認できた。ダークフィラメントは3373群近くに影を確認。周縁の紅炎は、飛び切り目立つ噴出は無いものの、各方向に山型の紅炎が噴いており、先に述べた3363群近く南西縁に、水面に落ちた滴が花を開いた如く幾筋も明るく光っているのが目に止まった。
↓Hα全体像(カラー1)10h14m↓

↓可視光全体像(白黒)10h11m↓

↓Hα全体像(白黒)↓
O2200220015314848726
↓Hα全体像(カラー2)↓

Continue reading "7/18太陽Hα&可視光像"

| | Comments (0)

07/17/2023

7/17太陽Hα&可視光像

7/17,9時半前の太陽Hα&可視光像※各画像をクリックすると別窓に等倍表示します※可視光黒点は3363,3371,3372,3373,3374群と無番号新黒点4群で計9群。ダークフィラメントは中央西寄り北中緯度帯のループ影が千切れているのを確認。周縁の紅炎は北東縁と南西縁に比較的明るめな噴出。9時半方向のごく淡く浮かんだようなものが未だ写っていた。
↓Hα全体像(カラー1)9h19,20m↓

↓可視光全体像(白黒)9h24m↓

↓Hα全体像(白黒)↓
O2048204815314863388
↓Hα全体像(カラー2)↓

Continue reading "7/17太陽Hα&可視光像"

| | Comments (0)

07/16/2023

7/16太陽Hα&可視光像

7/16,9時半過ぎの太陽Hα&可視光像※各画像をクリックすると別窓に等倍表示します※可視光黒点は3363,3367,3371,3372,3373,3374群と無番号新黒点2群で計8群。目につくのは3363群と3372群。ダークフィラメントは中央北中緯度付近のループ影と3363群南に太く濃く短い影。周縁の紅炎は7/15とあまり変わらず、9時半方向の淡く漂ったモノが残っていた。
↓Hα全体像(カラー1)9h33m↓

↓可視光全体像(白黒)9h44m↓

↓Hα全体像(白黒)↓
O2300230015316101194
↓Hα全体像(カラー2)↓

Continue reading "7/16太陽Hα&可視光像"

| | Comments (0)

07/15/2023

7/15太陽Hα&可視光像

7/15昼の太陽Hα&可視光像※7/14は天候に恵まれず欠測※各画像をクリックすると別窓に等倍表示します※可視光黒点は3363,3367,3371,3372,3373,3374群で計6群。一番目につくのは南東側3363群で次いで3372群。ダークフィラメントは中央子午線北中緯度、南中緯度付近にループ状影。周縁の紅炎は、北東及び南東縁に噴出、淡いながら9時半方向に噴出物がぽっかり浮かんだようになっていた。
↓Hα全体像(カラー1)12h42m↓

↓可視光全体像(白黒)12h26m↓

↓Hα全体像(白黒)↓
O2048204815316083375
↓Hα全体像(カラー2)↓

Continue reading "7/15太陽Hα&可視光像"

| | Comments (0)

07/14/2023

1年前同期M17馬蹄形星雲

昨日7/13未明の豪雨・雷雨により市内砂子谷地区で同地区市議さんが土砂崩れに巻き込まれ亡くなられた。心よりお悔やみ申し上げます。報道では地区民に避難を呼びかけ、、とのことだが、深夜1時の避難は却って危ない。<氏が巻き込まれた土砂崩れ倒壊家屋は空き家とのことで、避難呼びかけと言うよりは、日ごろからこの空き家のことを気にかけていらっしゃったのではないか?と推察する。/また、この時期よくマスコミがこぞって「未曽有の災害」「異常気象」といった文言を使うのがとても気になる。山崩れの報道映像を視ると多くは杉林が根こそぎ崩れている。広葉樹や天然木の山が崩れる例はあまり無いのでは?=直接的には林野政策が関係する。また、地方では空き家が目立つようになって久しい。地方は疲弊の一途をたどっている=国の政策に問題は無いのか?/先進国の中で食糧自給率低い、資源殆ど無い我が国の弱点を各国はちゃんと見抜いている。
-----(さて、↑こんなこと↑を載せるブログではないので、、)-----
本日14日は、降雨さほどでなかったものの、曇り空の蒸し暑い日で太陽観察不能
----------↓で、過去の記事から↓(昨年7/14記事の再掲載)↓----------
7/14午前中は弱い日差しが届く瞬間もあったがタイミング合わず太陽観察は断念。
>先月18日黒部で撮った↓M17馬蹄形星雲(BKP200&533MCp)↓
※各画像を左クリックすると別窓拡大表示します※

【データ】2022年6月18日21時31分〜(15秒8枚)/ASI533MCp(−10℃,Gain480,Shutter15sec.FIT)/BKP200反射+コマコレ(fl=800mm)/ステラショット制御EQ6p赤道儀ノータッチガイド@黒部市吉田科学館前
-----↓5年前に撮影したM17馬蹄形星雲(C9.25&ASI1600MCC)-----

Continue reading "1年前同期M17馬蹄形星雲"

| | Comments (0)

07/13/2023

7/13太陽Hα&可視光像

7/13,11時半前の太陽Hα&可視光像像※各画像をクリックすると別窓に等倍表示します※可視光黒点は3361,3362,3363,3364,3367,3368,3370,3371,3372群で9群。一番目につくのは3363群だが、北東縁に現れたばかりの3372群が目につくようになってきた。同黒点付近でM級フレア発生したらしい。ダークフィラメントは3363群南や3372群西(中央寄り)、3370群近くの影など。周縁の紅炎は、雲越し故ぱっとしないが、南極付近の淡い噴出や北北東及び南東などに噴出あるようだった。
↓Hα全体像(カラー1)11h18m↓

↓可視光全体像(白黒)11h27m↓

↓Hα全体像(白黒)↓
O2200220015312166482
↓Hα全体像(カラー2)↓

Continue reading "7/13太陽Hα&可視光像"

| | Comments (0)

07/12/2023

7/12太陽Hα&可視光像

7/12,9時過ぎ(雷雨前)の可視光像と13時過ぎ(雷雨後)の太陽Hα像※各画像をクリックすると別窓に等倍表示します※可視光黒点は3360,3361,3362,3363,3364,3366,3367,3368,3369,3370,3671,3672群で12群。中央子午線に到達した3363群が目立っていた。北東縁3372群を始めとして3364,3366,3368群などでフレア頻発したらしい。ダークフィラメントは3363群南の濃い影を始めとして北東側などに目につく影を確認。また、南極近くに小規模ながらダークフィラメント影がそのまま紅炎に繋がっている箇所を確認。周縁の紅炎は南東縁、北東縁、西縁に噴出上がっているものの、目につくような大きな噴出は見当たらず。
↓Hα全体像(カラー1)13h11m↓

↓可視光全体像(白黒)9h2m↓

↓Hα全体像(白黒)↓13h11m
O2048204815311557139
↓Hα全体像(カラー2)↓13h11m

Continue reading "7/12太陽Hα&可視光像"

| | Comments (0)

07/11/2023

7/11太陽Hα&可視光像

7/11,9時半前の太陽Hα&可視光像像※各画像をクリックすると別窓に等倍表示します※可視光黒点は3360,3361,3362,3363,3364,3366,3367,3368,3369,3370群と北東縁の無番号新黒点1群で計11群。中央子午線に近付いた3363群が目についた。この群だけでなく3361群や3358群などでフレア発生したらしい。ダークフィラメントは3363群南に太く濃い影が目立っていた。周縁の紅炎はどの方向にも噴出上がっているものの、高さが今一つで小さく、あまり目につく噴出ないのが残念。
↓Hα全体像(カラー1)9h22m↓

↓可視光全体像(白黒)9h27m↓

↓Hα全体像(白黒)↓
O2280228015311547304
↓Hα全体像(カラー2)↓

Continue reading "7/11太陽Hα&可視光像"

| | Comments (0)

07/10/2023

7/10雲間の太陽Hα像

7/10,10時半過ぎの太陽Hα像(観察可能時間短く可視光観察は断念)※各画像をクリックすると別窓に等倍表示します※可視光黒点は3358,3359,3360,3361,3362,3363,3364,3365,3366,3367,3368,3369群と無番号新黒点1群で計13群。一番目につくのは南東側3363群。この群と3358,3359群のダークフィラメント影が目についた。周縁の紅炎は、南東縁8時方向に比較的背の高い大きな噴出、6時半方向に横に広がる噴出群が目につき、西縁にもいくつか小さいのが目についた。雲間の観察で待ち時間長い割に観察時間短く、シーイングも不良でストレスたまる観察だった。
↓Hα全体像(カラー1)10h41m↓

↓黒点群(白黒)10h41m↓

↓Hα全体像(白黒)↓
O2200209915310723610
↓Hα全体像(カラー2)↓

Continue reading "7/10雲間の太陽Hα像"

| | Comments (0)

07/07/2023

7/7太陽Hα&可視光像

7/7,11時の太陽Hα像と10時の可視光像※各画像をクリックすると別窓に等倍表示します※当初自宅では雲越しだったので、久しぶりに隣市へ野外観察してみた。※可視光黒点は33553358,3359,3360,3361,3362,3363群と無番号新黒点2群で計9群。正面寄りの3359群や3361群よりも、南東縁に現れたばかりの3363群の方がさらに大きく今後に期待がもてそう。ダークフィラメントは3358群のループ状の影も目を惹いたが、南東側中緯度付近など、いくつか太い影を確認。周縁の紅炎では、北北西0時半方向の細くカーブした影を目視でもあっさり確認し、南東縁7時方向には低い山脈状の噴出が目に止まった。/薄雲越しのため、Hα像は自宅へ戻ってから撮り直した。そのため1時間のブランクが生じた。
↓Hα全体像(カラー1)11h1m↓

↓可視光全体像(白黒)9h56m↓

↓Hα全体像(白黒)↓
O2250225015309470281
↓Hα全体像(カラー2)↓

Continue reading "7/7太陽Hα&可視光像"

| | Comments (0)

07/06/2023

7/6太陽Hα&可視光像

7/6,8時半の太陽Hα&可視光像※7/5は曇雨天で欠測※各画像をクリックすると別窓に等倍表示します※可視光黒点は3355,3357,3358,3359,3360,3361,3362群と無番号新黒点2群で計9群。中央子午線付近に達したこともあり中でも3359群が一番大きく見える。ダークフィラメントは3358群近くに大きなループ状噴出の影がひときわ目立っていた。周縁の紅炎は、南東縁、北西縁に山型?ピラミッド型の噴出、2時方向には横に広がった螺旋型?噴出が上がっていた。
↓Hα全体像(カラー1)8h34m↓

↓可視光全体像(白黒)8h28m↓

↓Hα全体像(白黒)↓
O2200220015308972113
↓Hα全体像(カラー2)↓

Continue reading "7/6太陽Hα&可視光像"

| | Comments (0)

07/04/2023

7/4太陽Hα&可視光像

7/4,10時前の太陽Hα&可視光像※各画像をクリックすると別窓に等倍表示します※可視光黒点は3354,3357,3358,3359,3360群と無番号新黒点2群で計7群。西縁に達したとはいえ3354群が目につく。東側3358群や3360群でフレア発生しており白く明るい部分が確認できる。ダークフィラメント南半球中緯度正面及び南西側に太い影を確認。周縁の紅炎は北西縁や南東縁に噴出確認できたものの目立つには至らない状況。/6月の黒点出現が現25期で最大を記録し24期MAXを抜いたとのこと。/今回から白黒178MMに変更、SI9による処理過程も見直した。またまた試行錯誤が続きそうな悪寒。
↓Hα全体像(赤―白)9h46m↓

↓可視光全体像(白黒)9h57m↓

↓Hα全体像(白黒)↓
O2250225015308148057
↓Hα全体像(黒体輻射)↓

Continue reading "7/4太陽Hα&可視光像"

| | Comments (0)

07/03/2023

7/3太陽Hα&可視光像

7/3午前の太陽Hα&可視光像※各画像をクリックすると別窓に等倍表示します※可視光黒点は3354,3356,3357,3358,3359,3360群と無番号新黒点1群で計7群。西縁近くの3354群が一番目立つが、午前9時にX級フレア発生とのこと。観察は約40分後だが、白く明るい部分が目につく程度。もう30分早く観察出来ればよかったが、雲が多く回復待っていて出遅れた。ダークフィラメントは3358,3359群辺りと南半球中緯度正面付近にそこそこの影を確認、東縁、南東縁にも紅炎噴出があり、今後に期待したい。
↓Hα全体像(カラー1)9h39m↓

↓可視光全体像(白黒)10h15m↓

↓Hα全体像(白黒)↓
O2048204815307888910
↓Hα全体像(カラー2)↓

Continue reading "7/3太陽Hα&可視光像"

| | Comments (0)

07/02/2023

7/2太陽Hα像&可視光像

7/2,正午の太陽Hα&10時半の可視光像※6/30,7/1は降雨と曇天で欠測※各画像をクリックすると別窓に等倍表示します※可視光黒点は3354,3355,3356,3357,3358,3359群と無番号新黒点2群で8群。西縁へ近付いたとはいえ3354群だけが目立っている。ダークフィラメントは小さいもの数個を確認程度。周縁の紅炎は、南西縁、北西縁に噴出上がっていたが、東側は目につく紅炎は見当たらず。
↓Hα全体像(カラー1)11h59m↓

↓可視光全体像(白黒)10h29m↓

↓Hα全体像(白黒)↓
O2048204815307883298
↓Hα全体像(カラー2)↓

Continue reading "7/2太陽Hα像&可視光像"

| | Comments (0)

« June 2023 | Main | August 2023 »