05/05/2024

5/5こどもの日の太陽Hα&可視光像

5/5こどもの日、10時過ぎの太陽Hα&可視光像※各画像をクリックすると別窓に等倍表示します※連休後半は晴天が続き、好調に推移していた。この日は黒部市吉田科学館で毎年恒例の天文イベント行事が行われており、野外では太陽観察会が催された。その脇での観察。/可視光黒点は3661,3662,3663,3664,3665,3666,3667群と無番号新黒点2群で9群。北西側へ回り始めた3663群で今朝M級フレア発生したとのこと。ダークフィラメントは南西側の太い影が目立っていた。周縁の紅炎では南東側に2本、太い水柱の様な噴出が目につき、他にも噴出が10時、4時、5時方向などに上がっていて久しぶりに賑やかに感じた。
↓Hα全体像(カラー)↓

↓可視光全体像(黒点)↓

↓全体像(白黒)↓
O2048204815436194028

Continue reading "5/5こどもの日の太陽Hα&可視光像"

| | Comments (0)

04/30/2024

C/2023 A3(紫金山-アトラス)彗星

4/28未明に撮影したC/2023 A3(紫金山-アトラス)彗星↓9月末に近日点通過=太陽に0.4AU※まで接近し、0等まで明るくなるのでは?と期待されている。撮影時おとめ座中央付近におり、光度約10等。画像を見ると左やや下(南東)方向へ尾が伸びているのが分かる。※AU=天文単位=地球⇔太陽間を1とする。
↓全体像↓

↓中央トリミング像↓
O1200120015432678763
↓等光度コントア像↓

Continue reading "C/2023 A3(紫金山-アトラス)彗星"

| | Comments (0)

04/29/2024

4/29太陽Hα&可視光像

4/29,10時の太陽Hα&可視光像※各画像をクリックすると別窓に等倍表示します※薄雲越しの観察で、午後からは雲が厚くなり観察不能になった。/可視光黒点は3652,3654,3655,3660群と無番号新黒点1群で5群に減った。観察時刻直前に3654群でM級フレア発生したようで、Hα光では同黒点付近が白く明るく写っていた。ダークフィラメントは南東側の大きく太い影が此方側へ回りこんで結構目立ってた。周縁の紅炎で目につくような噴出は見当たらず、南西側に並みの大きさの明るいのが2つ噴いている程度。
↓Hα全体像(カラー)↓

↓可視光全体像(黒点)↓

↓全体像(白黒)↓
O2048204815432335173

Continue reading "4/29太陽Hα&可視光像"

| | Comments (0)

04/26/2024

4/26太陽Hα&可視光像

4/26,9時の太陽Hα&可視光像※各画像をクリックすると別窓に等倍表示します※午前中は黄砂の影響なく青空で透明度あり気持ちよく観察できた。/可視光黒点は3643,3644,3646,3648,3652,3654,3655,3658,3659群で9群に減ったが寂しくは感じず。ダークフィラメントは彼方此方に影を確認。周縁の紅炎は、昨日南東縁に目立っていた明るく大きな噴出は衰えたものの南側の噴出跡が残っており、7時、4時半、2時方向にもそこそこの大きさの明るい噴出が噴いていた。
↓Hα全体像(カラー)↓

↓可視光全体像(黒点)↓

↓全体像(白黒)↓
O2048204815430847096

Continue reading "4/26太陽Hα&可視光像"

| | Comments (0)

04/25/2024

4/25太陽Hα&可視光像

4/25昼の太陽Hα&可視光像※4/21〜4/24は晴れ間が無く欠測※各画像をクリックすると別窓に等倍表示します※5日ぶりの観察。ようやく晴れ間とタイミングが合った。/可視光黒点は3639,3643,3644,3645,3646,3647,3648,3652,3654,3655,3656,3657,3658群と無番号新黒点1群で計14群と賑やかな状態が続いていた。西縁3645群でM級フレア頻発とのこと。ダークフィラメントは中央付近と北半球中緯度帯、南西縁付近に大小の影を確認。周縁の紅炎では、南東縁の明るく大きな噴出2つが目立っていた。
↓Hα全体像(カラー)↓

↓可視光全体像(黒点)↓

↓全体像(白黒)↓
O2048204815430553621

Continue reading "4/25太陽Hα&可視光像"

| | Comments (0)

04/20/2024

4/20太陽Hα&可視光像

4/20朝の太陽Hα&可視光像※各画像をクリックすると別窓に等倍表示します※黄砂の影響がようやく薄らいだ。/可視光黒点は3636,3637,3638,3639,3641,3643,3644,3645,3646,3647,3648,3655群と無番号新黒点2群で計14群と賑やかな状態。ダークフィラメントは南北中緯度帯、東側に大小の濃い影数本を確認。周縁の紅炎は南東縁(3枚め)の明るい樹木状の紅炎、北西縁、南西縁に低く広がった明るい紅炎が噴いていたが、昨日、南東縁の大きな噴出痕は残っていなかった。
↓Hα全体像(カラー)↓

↓可視光全体像(黒点)↓

↓全体像(白黒)↓
O2048204815428625610

Continue reading "4/20太陽Hα&可視光像"

| | Comments (0)

04/19/2024

4/19太陽Hα&可視光像

4/19,9時半過ぎの太陽Hα&可視光像※4/18は黄砂と曇天で欠測※各画像をクリックすると別窓に等倍表示します※観察2時間ほど前には南東縁に大きなループのプロミネンスが見られたらしいが、黄砂と雲に阻まれ、雲が切れるのを待ってたら9時過ぎていた。/可視光黒点は3634,3635,3636,3638,3639,3641,3643,3644,3645,3646,3647,3648群と無番号新黒点2群で計14群もあり賑やか。ダークフィラメントは南東側3645,3647群付近に大小の影が目立ち、北東側3639群付近にも影を確認。しかし、何と言っても今日のハイライトは南東縁のプロミネンスで(上にも書いたように)もう2時間早くから観察出来ていたら、、と思った。それでも南東縁に噴出の名残が色濃く残っていた。

↓Hα全体像(カラー)↓

↓可視光全体像(黒点)↓

↓全体像(白黒)↓
O2048204815428008528

Continue reading "4/19太陽Hα&可視光像"

| | Comments (0)

04/17/2024

4/17太陽Hα&可視光像

4/17昼の太陽Hα&可視光像※各画像をクリックすると別窓に等倍表示します※可視光黒点は3633,3634,3635,3636,3637,3638,3639,3641,3642,3643,3644群と東縁の無番号新黒点1群で計12群あり(中には見落とす程小さい群あるものの)そこそこ大きさがある群も多く賑やかに感じる。ダークフィラメントは3643群付近に長く濃い影が目についた。周縁の紅炎は、高さは然程無いものの東縁に明るく広がった噴出、南西縁や北西縁にも明るい噴出があり、淡いながらも1時半方向には噴出塊が確認できた。
↓Hα全体像(カラー)↓

↓可視光全体像(黒点)↓

↓全体像(白黒)↓
O2048204815427322173

Continue reading "4/17太陽Hα&可視光像"

| | Comments (0)

04/14/2024

4/14太陽Hα&可視光像

4/14,11時前の太陽Hα&可視光像※各画像をクリックすると別窓に等倍表示します※可視光黒点は3628,3633,3634,3635,3636,3637,3638群と無番号新黒点3群で計10群。その中で一番目立つのは3634群。ダークフィラメントは北東側に大きなΩ型の影が目立っていた。まるで五箇山地方の民謡「こきりこ」を踊るときに使う「ささら」を思わせる。周縁の紅炎で目立つほど大きな噴出は無いが、各方向に並みの噴出が上がっていた。11時半(JST)頃、南東(左下)の3637黒点群でM4.3の中規模フレア発生とのこと。
↓Hα全体像(カラー)↓

↓可視光全体像(黒点)↓

↓全体像(白黒)↓
O2048204815430049133

Continue reading "4/14太陽Hα&可視光像"

| | Comments (0)

04/13/2024

4/13太陽Hα&可視光像

4/13,10時の太陽Hα&可視光像※各画像をクリックすると別窓に等倍表示します※可視光黒点は3628,3633,3634,3635,3636群で計5群。数は少ないが、目につく大きさがある黒点群が多い。ダークフィラメントは北東縁に大きなΩ型の影が登場していた。周縁の紅炎は、目立って大きな噴出は無いが、各方向そこそこの噴出上がっており、その中で一番目についたのは南西縁の噴出だった。
↓Hα全体像(カラー)↓

↓可視光全体像(黒点)↓

↓全体像(白黒)↓
O2048204815430075895

Continue reading "4/13太陽Hα&可視光像"

| | Comments (0)

より以前の記事一覧