05/15/2021

10日連続観察タイ記録達成5/15

5/15,9時頃の太陽Hα&可視光像※各画像クリックで別窓拡大表示します※今日で10日間連続観察タイ記録達成。/可視光像で2822黒点西側に小さな黒点が現れているのを確認。南東側にも微小新黒点あるらしいがこれは見落とした。/周縁の紅炎で南東縁のものは目視確認できたが、いずれも小さいものばかりでパッとしない。
↓Hα全体像(カラー1)↓8h51m

↓可視光全体像(白黒)↓9h3m

↓Hα全体像(白黒)↓

↓同(カラー2)↓

Continue reading "10日連続観察タイ記録達成5/15"

| | Comments (0)

05/14/2021

5/14太陽Hα&可視光像

5/14昼の太陽Hα&可視光像※各画像クリックで別窓拡大表示します※今日で9日連続、明日で10日間連続観察タイ記録達成だが、どうなるやら。/2822,2823黒点は子午線西側へ向かい始めたところだが大きさ感じず。西へ回るにつれ小さくなっていくのかも。/周縁の紅炎は目立つ噴出見当たらず昨日より大人しくなった印象。彼方此方に小規模な噴出は上がっている。
↓Hα全体像(カラー1)↓12h27m

↓可視光全体像(白黒)↓12h35m

↓Hα全体像(白黒)↓

↓同(カラー2)↓

Continue reading "5/14太陽Hα&可視光像"

| | Comments (0)

05/13/2021

5/13太陽Hα像

5/13,14時の太陽Hα像※各画像クリックで別窓拡大表示します※午前中は晴れ間あれど別用でタイミング合わず午後から撮影。直ぐに雲が張り出し、Hα像1ショットめ前半(約10秒)撮影中に雲が邪魔してアウト。なので可視光像撮る余裕なし。たった1ショットSERデータをいつもの半分250コマに切り取りAS!3&Registax処理。/2822,2823は子午線付近ながら然程パッとせず(特に2823)このまま小さくなるのかも?。なお、東縁近くに活動域らしき箇所がある。周縁の紅炎は南東と南南西縁の噴出が目につく程度で、他にも噴いていたがいずれも小さく目立たず。
↓Hα全体像(カラー1)↓13h57m

↓Hα全体像(白黒)↓

↓同(カラー2)↓

Continue reading "5/13太陽Hα像"

| | Comments (0)

05/12/2021

5/12太陽Hα&可視光像

5/12,15時半過ぎの太陽Hα&可視光像※各画像クリックで別窓拡大表示します※昨夜遅く南西縁の紅炎が派手に噴いているのをSDO画像で知り、天候も含め本日朝まで維持してくれることを期待したが、日暈を伴う薄雲に阻まれ午前中の観察叶わず。orz/結局、午後遅く雲の隙間から辛うじて観察となった。シーイングも宜しくなくとりあえず記録できただけ。/2822黒点は子午線付近へ到達し、2823黒点もそれに続いているが、見かけは昨日よりむしろ小さくなった?感じなのが残念。南西縁に昨日深夜大化けし噴き飛んだ残骸?形跡?が淡く残っていた。他には南東縁に5,6本の林立と北西縁の噴出などを確認。
↓Hα全体像(カラー1)↓15h39m

↓可視光全体像(白黒)↓15h46m

↓Hα全体像(白黒)↓

↓同(カラー2)↓

Continue reading "5/12太陽Hα&可視光像"

| | Comments (0)

05/11/2021

5/11太陽Hα&可視光像

5/11,9時前の太陽Hα&可視光像※各画像クリックで別窓拡大表示します※2822黒点南東の新黒点に2823の番号が付いた。此方側へ回り始めて2822同様大きく見えるようになった。Hα像では両者共その活動域に明るい部分を伴っている。周縁の紅炎は、昨日東縁の尖山状だった噴出が今日は太いループ状となっていた。明るさもあり、南南西の噴出と同様、あっさり目視確認できた。この噴出の西側に小さいながらも何本もの噴出が連なり賑やかに感じた。
↓Hα全体像(カラー1)↓8h47m

↓可視光全体像(白黒)↓8h55m※上が2822,左下2823

↓Hα全体像(白黒)↓

↓同(カラー2)↓

Continue reading "5/11太陽Hα&可視光像"

| | Comments (0)

05/10/2021

5/10太陽Hα&可視光像

5/10,9時の太陽Hα&可視光像※各画像クリックで別窓拡大表示します※可視光像では2822黒点の左下(南東)に無番号の新黒点が現れていた。Hα像では該当箇所が明るくなっていた。本体南中緯度付近の長く伸びたS字状のダークフィラメント影や北東縁のひょろっとねじれた紅炎噴出は消えたか?確認できなかった。周縁の紅炎は、昨日とさほど変わらないが少し大人しくなった印象。ただし、東縁のピラミッド状噴出はあっさり目視確認できた。
↓Hα全体像(カラー1)↓8h51m

↓可視光全体像(白黒)↓8h56m

↓Hα全体像(白黒)↓

↓同(カラー2)↓

Continue reading "5/10太陽Hα&可視光像"

| | Comments (0)

05/09/2021

5/9昼の太陽Hα&可視光像

5/9昼の太陽Hα&可視光像※各画像クリックで別窓拡大表示します※今日も朝から田園スポーツなれど予定より早く午前中に終了し、昼食直後の観察。/黄砂と強風の影響有り→くぼ地へ移動し地上風は回避すれど上空気流悪く北東縁のひょろっと長く伸びた紅炎細部は精細さに欠ける。可視光像では2822黒点が地球側へ回り始め面積拡大し全貌が次第に見えてきた。本体南中緯度付近の長く伸びたS字状のダークフィラメント影は健在。周縁の紅炎は北東縁の細長い噴出の他にも南東、南西、北西縁に大きさは無いものの明るい噴出が上がっていた。
↓Hα全体像(カラー1)↓13h0m

↓可視光全体像(白黒)↓13h04m

↓Hα全体像(白黒)↓

↓同(カラー2)↓

Continue reading "5/9昼の太陽Hα&可視光像"

| | Comments (0)

05/08/2021

5/8昼の太陽Hα像

5/8昼の太陽Hα像※各画像クリックで別窓拡大表示します※朝から晴れたが田園スポーツと重なり昼休み時間に撮影。薄雲で太陽は日暈を被っていたが観察強行。but,可視光像撮る余裕無し。/宇宙天気ニュースによると北東縁の新黒点は2822の番号が付き、本日4時(JST)にM3.9フレア発生とのこと。それから8時間以上過ぎているが2822黒点の周りは若干明るくなっていた。また、本体南東中緯度付近に長く伸びたS字状のダークフィラメント影があった。(Registax画像の破線赤丸)上空薄雲の影響受けて分かりにくいかも知れないが、周縁の紅炎は小さく淡いながらも彼方此方に相当数噴出が上がっていた。
↓Hα全体像(カラー1)↓12h28m

↓Hα全体像(白黒)↓

↓同(カラー2)↓

Continue reading "5/8昼の太陽Hα像"

| | Comments (0)

05/07/2021

5/7日没前の太陽Hα像

5/7,日没前の太陽Hα像※各画像クリックで別窓拡大表示します※朝から快曇だったが日暮れ頃になって晴れた。日没迫った西低空でメラメラ状態故、ピント合わせる余裕なく前日のままHα像だけ数ショット撮影した。/宇宙天気予報では北東縁に新黒点登場とのことだが、可視光撮れず不詳。おそらくRegistax画面ハードコピー像の破線赤丸付近か?と思われる。周縁の紅炎は彼方此方噴いており中には目視確認できる噴出もあったが、如何せん大気メラメラ状態で解像度不良。とりあえず5/7の太陽Hα記録として掲載。
↓Hα全体像(カラー1)↓17h48m

↓Hα全体像(白黒)↓

↓同(カラー2)↓

Continue reading "5/7日没前の太陽Hα像"

| | Comments (0)

05/06/2021

5/6太陽Hα&可視光像

5/6,10時半前の太陽Hα&可視光像※5/5は天候不良で欠測※各画像クリックで別窓拡大表示します※朝から好天。8時前に東縁裏でフレア発生し、東縁に噴出上ったらしいが、あいにく朝ドラ「おちょやん」視ていて見逃す。FaceBookでフレア発生を知ったのは午後になってからだった。orz/可視光像撮れど無黒点。周縁の紅炎は彼方此方噴いていたが小さいトゲ状のものばかりで目を引くものは無し。>今回のフレア発生領域は、明日には東縁(地球側)に姿を現すので今後に期待したい。
↓Hα全体像(カラー1)↓10h21m

↓可視光全体像(白黒)↓10h29m※無黒点※

↓Hα全体像(白黒)↓

↓同(カラー2)↓

Continue reading "5/6太陽Hα&可視光像"

| | Comments (0)

より以前の記事一覧